ZFSの開発者Jeff Bonwick氏がOracleを退社 – 元Sunの技術者が歯抜けのように…

journal.mycom.co.jp  ZFS開発者、Oracleを去る 後藤大地 2010年9月30日 より。

概要として、

  • Jeff Bonwick氏はSun microsystems時代からZFSを開発していた。
  • Oracle買収後も会社に残っていたが今回退職することになった。
  • 今後新規事業を立ち上げるかどうかは不明。

ありゃりゃ。またOracleからやめちゃった。せっかくZFSとBtrFSの両方にコミットできる優位な位置につけていたのに。

うわさ ZFSのNative Linux moduleをインドの会社が2010年9月にリリースする?

phoronix.com Native ZFS Is Coming To Linux Next Month Published on August 27, 2010 Written by Michael Larabel より。

概要として、

  • Sun microsystems(現Oracle)がSolaris用に開発していたZFSが来月にはLinuxでNativeで動作するかも。
  • ZFSはSolarisの他に、OpenSolaris FreeBSD NetBSDにCDDLライセンスで提供されている。
  • だが、CDDLはLinuxカーネルのGNU GPLと相容れないためmainline kernelに統合はできなかった。
  • だけど2010年9月にはZFS moduleとしてFUSE無しで公にリリースされるだろう。
  • FUSEはユーザサイドでファイルシステムを動作させる際に有用で、既にZFS on FUSEがLinux向けに提供されている。
  • だがZFS on FUSEは性能面でどうしても劣ってしまう。
  • ちなみにアメリカのローレンスリバモア国立研究所ではLinuxのZFS Naitve実装されたポートがあるが、オープンソースではない。
  • KQ Infotechというインドの会社がNative ZFS Linux moduleを開発している。
  • このKQ InfotechはCDDLのZFSコードを単純にLinuxに移植している。
  • まだOracleからは法的な面の追求は行なっていない様。
  • ローレンスリバモア国立研究所のポートとは異なり、KQ InfotechのZFSバージョンは、ZFS Pool 18である。これはdeduplicationサポートなどは無い。
  • KQ Infotechはまた2010年9月15日前後にソースコードをリリースするとしている。
  • 対応バージョンは64bitのみ。Fedra12及びRed Hat Enterprise Linux 6 Beta 2向けのRPMも提供する。
  • Ubuntu Linux 10.04 LTSもサポートされるが、カーネルのコンパイルから始める必要がある。
  • 最後にZFSをLinux moduleで動作させることは法的に衝突する運命であり、使用に制限がある。KQ Infotechのソースはディストリビューションベンダーには採用されないだろう。
  • KQ Infotechには新しいZFS Pool 21以上に対応させるかどうかはっきりとしない。
  • 数年後にはBtrFS(Oracle開発)などのZFSと競合する次世代ファイルシステムが登場するだろう。

—-
危なくて使えねぇ…。

OpenSolarisとUbuntu Linux 8.04TLSの合体OS「Nexenta Core Platform 3.0」がリリースに

sourceforge.jp OpenSolarisベースのディストリビューション「Nexenta Core Platform 3.0」リリース 2010年08月20日 14:31 より。

概要として、

  • カーネルにOpenSolaris build 134を利用。
  • ユーザランドにUbuntu Linux 8.04 TLSパッケージをベースに使用。
  • 100% native Debian環境なんでアップグレードの多い日も安心。
  • パッケージも13,000以上をリポジトリに用意。
  • ZFSの機能がすべて使える上に、deduplication(※重複除外機能)も利用できるので、ストレージ容量の節約もOK。
  • DTraceも使える。
  • とりあえずデスクトップ環境からサーバ環境まで全部揃えている。
    • dpkg/apt, gcc, binutils, coreutils, perl, python, ruby, Qt libs, GTK libs, etc
    • apache, mysql, postgresql, exim4, etc.
  • VimとGNU Screenは標準装備。
  • ZFSの能力でapt-getを利用したapt-cloneを内蔵。
  • Nexenta Systemsの「NexentaStor」で使用されている。
  • 対応CPUアーキテクチャはx86及びamd64。
  • 必要最低メモリは256MB、2GiB以上のストレージ、CD-ROMドライブなど。
  • いずれカーネルを現在開発中のOpenSolarisのオープンソースプロジェクト「Illumos」に置き換えて、「Nexenta Core Platform 4.0」でリリースする予定。

Nexentaプロジェクト http://nexenta.org/

Nexenta Core Platform 3.0ダウンロード http://nexenta.org/projects/site/wiki/DownloadStable

—-

それよりも「The Adventures of Nexentaman」という紹介コミックにワロタ。現在ダウンロード中。あとでOracle VirtualBox-oseにインストールしてやるw

OpenSolarisのクローズボックス部分をオープンソースに置き換えるプロジェクト「Illumos」が始まる

sourceforge.jp OpenSolarisから派生した「Illumos」プロジェクト始動、OpenSolarisのさらなるオープン化を目指す より。

Illumos」について

  • もともとOpenSolarisのカーネルとユーザランドにGNUツールを組み合わせてネットワークストレージOSを開発した「Nexenta Systems」が始めた。
  • Nexenta OSの特徴はZFSGNUツールの組み合わせによる強固なストレージサーバを可能とする。
  • OpenSolarisはlibc_i18n、NFSロックマネージャ、Crypto Frameworkの一部がクローズドであり、Illumosではこれらをオープンにしていく。
  • クローズドだったlibcや一部のドライバの置 き換え作業中。
  • NFS/CIFSロックマネージャ、kcfモジュール、依存関係解決に取り組み予定。
  • 対応予定アーキテクチャ : x86、amd64、VMware、VirtualBox、SPARC
  • 順次対応予定アーキテクチャ : PowerPC、ARM

OracleがSunを買収した際に、OracleとOpenSolarisコミュニティとの間で行き違いのいざこざが起きており、その後Oracle側から継続を約束するとのメッセージを伝えたという出来事があった。

なかなかおもしろそうなプロジェクトである。

Ext3互換で高度なスナップショット機能を持つファイルシステム「Next3」

open tech jpより

NTTのNILFS2やOracle(sun)のZFSのようなロギング型のファイルシステム?

LVM2のスナップショットの場合はファイルシステムに依存しないので、Next3は補完的に利用可能なところが利点か。

ext4にも対応して欲しい。

余談だが、LinuxでZFSを利用する際にはライセンスの関係上FUSE経由のみで利用可能だが、どうやらZFSをダイレクトに利用可能なプロジェクトがあるようだ。なんでもありだな。