Ubuntu Linux kernel-ppaにLinuxカーネル2.6.36が登場

http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/daily/ より。

Ubuntu linux 10.10 Maverick Meeakat用Linuxカーネルバージョン2.6.36がdebパッケージでダウンロード可能。

現在linux-headersと共にインストール中。

changelogはkernel.orgから読んで。

更新

カーネルバージョンアップデート後正常に起動し、xorg-edgers Radeonドライバも問題なく動作。ただしVirutalbox-oseは起動するが、vmware-playerは例のごとくiommc.cで関数名の書き換えが必要かつvmware起動毎にカーネルモジュールを再コンパイルする現象が発生したので2.6.36の使用は一旦終了。

Ubunu Linux 10.04 Lucid LynxのLinuxカーネルのセキュリティアップデート2.6.32-24.41がきた

Ubunu Linux 10.04 Lucid LynxのLinuxカーネルのセキュリティアップデート2.6.32-24.39が、アップデートマネージャで2.6-32-24.41にアップデート可能。

その他xorg-edgersのxserver-xorg-video-radeonやmesa-driなどもアップデートが来ている。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid LynxでAsus M2A-VMにDell U2711 Flat Panel MonitorをDVI-Dデュアルリンク接続

さてこれまでHyundaiの1280×1.204 pixels の液晶モニタを使っていたが、仕事の関係で16:9のモニタが必要になった。

だが一般的な2万円前後の1920×1080 pixelsのモニタには不満を持っていた。

  1. 横の解像度は高いが縦の解像度が低い。これは1024pixels→1080pixelsだとほとんど変化がない。縦1200pixelsのモニタも同様。
  2. 低価格のTN液晶では見る角度により色の変化が激しすぎる。これは大きなモニタほど顕著になる。右下や左下でホワイトバランスが異なって見える。
  3. 液晶表面のグレア加工は画像のコントラストを際立たせて美しく見せる効果があるが環境によっては映り込みがひどくてコントラストに弱い画面の読み取りが難しくなる。
  4. Asus M2A-VMのチップセットであるAMD 690Gのグラフィクスの最大解像度が2560x1440pixelsなので一度試して見たかった。

そこで様々なメーカの液晶モニタを調べたところ、Dell U2711 Flat Panel Monitorが合致していた。

  • 解像度が2560×1440 pixelsと一般的な液晶の1920×1080 pixelsより一回り高い。
  • インターフェースにDisplayport x1、DVI-D x2、VGA D-sub x1、Compositeなど多彩。特にDisplayportは今後GPUボードを買い換えたときに有効になるだろう。
  • 液晶がIPS液晶で見る角度による色の変化が少ない。多少はあるが。
  • 液晶表面の映り込みがないノングレア加工で環境に左右されずにモニタを見ることができる。

購入は8月に価格が下がった段階で5%クーポンを利用した。49,800円前後の出費で済んだのはお買い得であった。

さて注文が8月3日、到着予定は8月12日だったが何故か本日8月5日に届くという嬉しい誤算があった。配送会社のページではまだ東京の倉庫にあると表示されていたのだが…。

今まで利用していた液晶モニタは妻に進呈。さっそくUbuntu Linux 10.04 マシンに接続する。

最終的には何も設定等を書き換えずにxserverで最大解像度2560×1440が利用できたのだが、つまずいた点をいくつか列挙する。

  • Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxを使用。Linuxカーネルは2.6.32-24-preempt、カーネルモードセットは有効、xorg-edgers Radeonドライバを使用。
  • ASUS M2A-VMのDVI-D接続ではPOST画面・BIOS画面が出力されない(BIOS version 5001)ので、まずはVGA端子とDVI端子の両方をM2A-VMと接続する。
  • Ubuntu Linux起動後、XサーバはVGA接続認識で最大解像度が1600×1200になった。
  • GNOMEメニューの「システム」→「設定」→「モニタ」を選んで、「すべてのモニタで同じ画像」チェックボックスを外す。これが重要。二つの端子につないでいるので、デュアルディスプレイとして認識する。
  • 次に「モニタの検出」ボタンを押して新しいモニタが検出されたら、新しいDVI接続のモニタの最大解像度が2560×1440となるので変更し、「有効」ラジオボタンをクリック、もう一方のVGA接続のモニタは「無効」ラジオボタンをクリックする。そして「適用」ボタンを押す。
  • 「適用」ボタンを押した後、U2711のメニューから「Input Sources」→「DVI-D1」でDVI接続表示に切り替え、正常に表示されたらそのまますぐにUbuntu Linuxを一度電源を落とし、VGA接続をM2A-VMから外しDVI接続のみにする。
  • その後、再起動するとBIOS画面は表示されないが起動していることがBEEP音でわかる。しばらくするとカーネルモードセットにより起動端末画面、Ubuntuロゴ画面が最大解像度で表示される。
  • 最後にGDMが表示され、ログインすると正常にデスクトップが表示された。
  • Compiz-fusionは設定を有効にしても、実際には無効になるので注意。

使ってみた印象は、「とにかくでかい・眩しい・デスクトップが広い・熱いw」

  • 眩しい件はBrightnessを下げて対応。数値は0〜10ぐらい。
  • デスクトップが広い件はマウスカーソルの速度と加速度をあげて対応。
  • Dell U2711付属のUSBハブに差し込んだUSBメモリ・メモリカードリーダに差し込んだSDカード共にUbuntu Linuxで正常にデバイス認識した。
  • gnome-panelがどうやら横幅最大1920pixelsまでしか認識できないようで、パネルの右側が途中で切れて表示されずパネル上のアイコンが表示されないなど横2560pixelsでの表示がうまくいかない。対応方法として、ログイン後gnome-panelの上で右クリックし「プロパティ」から表示位置を適当に移動させると正常に描画される。
  • 他のブログで指摘されている液晶表面の油膜感・ギラ粒感は、30cm以内に画面を近づけると分かるが気になることは一切無い。灰色の部分で感じる程度。

なお、Dellから2010年9月には30インチ2560×1600 pixelsのU3011が登場するという噂もある。ただし私のPCデスクには載る大きさではないのでDell U3011の検討は見送った。

セットアップ後は、GIMPカラーマネジメントAdobeRGBとU2711のICCプロファイルを設定した。

多分M2A-VMでDVIの最大解像度+Ubunt Linuxのレポートはネットでも初めてかも。

追記 2010年8月8日 Dell U2711の工場設定モード(ファクトリーモード)の表示方法

  • 電源を切った状態で 2番目と4番目のボタンに触れたまま電源ボタンを押す。
  • するとボタンのランプがすべて光った状態でPCの画面が表示される。
  • 一番上のボタンに触れると工場設定モードが表示される。だが普段は使わないので下手にいじらないこと。
  • また電源を切った状態で2番目と3番目のボタンに触れたまま電源を入れるとバックライトの点灯時間と電源投入回数が表示される。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのppa xorg-edgerドライバの更新頻度が増えている

7月の終りからUbuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのppa xorg-edgerドライバの更新頻度が増えている。

Ubuntu Linux 10.10 Maverick MeeakatのリリースやLinux kernel 2.6.35の正式リリースに合わせてX.org本体のアップデート作業が山場を迎えているのかもしれない。

そういえばxorg-edger Radeonドライバの導入方法をメモしていなかった。

詳しくはwiki.cchtml.comを参照。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid LynxのRadeonドライバは下記の通りで導入可能。

$ sudo add-apt-repository ppa:xorg-edgers/ppa
$ sudo apt-get update

以上。あとX.orgのRadeon、RadeonHDドライバの開発進捗状況は下記ページを参照。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx カーネル 2.6.32-24-preempt + Radeon 1:6.13.99+git20100722.cd9351b0-0ubuntu0sarvatt~lucid xorg-edgerドライバでCompiz-fusion不具合 その後解決

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx カーネル 2.6.32-24-preempt でAMD 690Gチップセットを利用しているが、 Radeon 1:6.13.99+git20100722.cd9351b0-0ubuntu0sarvatt~lucid xorg-edgerドライバにバージョンアップすると、Compiz-fusionで画面描画が更新されなくなる問題が発生している。

マウスカーソルは反応するが、ウィンドウの再描画などが行われずデスクトップが静止画のような状態のままである。仮想デスクトップを移動しているアニメーションの間はデスクトップの再描画が行われているので、ドライバの問題であろう。

まずはLinux カーネルをUbuntu Linux kernel-ppa mainline から 2.6.34.1-maverick_amd64 にアップデートして様子を見る。

するとsyslogに豪快にエラーログを吐きながら起動するが、Compiz-fusionに切り替え自体に失敗したとダイアログに表示される。

しょうがないのでカーネルを元のバージョンに戻して、xorg-edgerドライバがバージョンアップするまで旧バージョンを使用するかCompiz-fusionを使わないかにする。

更新 2010年7月24日

xorg-edgerドライバで大量アップデート。

Radeonドライバは1:6.13.99+git20100723.aca0a866-0ubuntu0sarvatt~lucidとなった。またmesa-glxやmesa-driなどもアップデート対象。

アップデート後再起動したが、Compiz-fusionが使えないままである。何か大きな変化でもあったのだろうか。

更新 2010年7月25日

xorg-edgerのmesa-glx、mesa-driのアップデートが来た。RadeonドライバのCompiz-fusion問題は解消し、正常に動作中。結果としてはlibgl1-mesa-*関連のライブラリの問題だったようだ。早めのアップデートをお薦めする。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx AMD 690G Radeonグラフィクスでカーネルモードドライバを有効化する

Ubuntu Linux 9.10から10.04にバージョンアップした際に自動的にAMD 690G Radeonのカーネルモードドライバが有効にされたが、起動時にフリーズするため無効化していた。

今回カーネルとxorg-edgerドライバのバージョンアップを行なった上でRadeonカーネルモードドライバが動作するか検証した。なおすべてオープンソースドライバで確認したため、プロプライエタリのfglrxドライバは不明である。

カーネルバージョンは2.6.32-23-preempt、xorg-edgerのRadeonドライバは6.13.99+git20100709.06691376-0を利用。マザーボードはいつもの通りAsus M2A-VM。

まずは2箇所設定ファイルを修正する。

$ sudo vi /etc/default/grub

にてテキストエディタでファイルを開き、下記の行の「nomodeset」を削除した。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”splash nomodeset”

修正後にgrubのアップデートを行う。

$ sudo update-grub

次にRadeonドライバの設定。

$ sudo vi /etc/modprobe.d/radeon-kms.conf

にて下記の行を「0」→「1」と書き換えてカーネルモードドライバを有効化する。

options radeon modeset=1

そして再起動する。

再起動時にgrubの表示後VGA 640×480 60Hzのコンソールでブートプロセスログが表示されたあと画面がちらついてUbuntuロゴが1280×1024@75Hzの解像度で表示された。ちゃんと液晶モニタのDDC(Display Data Channel)経由でEDID(Extended Display Identification Data)を読み出し解像度とリフレッシュレートを設定したようだ。

gdmを表示する際に一瞬画面がちらついたが正常に表示され、ログイン後もCompiz-fusionが利用出来た。

正常に動作すると見てよいだろう。

ただ何かの表示で画面全体がちらつくことがごくまれにあった。いつもどおりsyslogを確認すると下記のログが出力されていた。

Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607917] [drm:edid_is_valid] *ERROR* Raw EDID:
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607923] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607925] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607927] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607929] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607931] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607933] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607935] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607936] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607938]
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607941] radeon 0000:01:05.0: HDMI Type A-1: EDID invalid.
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607947] [drm:radeon_dvi_detect] *ERROR* HDMI Type A-1: probed a monitor but no|invalid EDID

ログを読むと、「radeonのHDMI Type A-1のEDIDが不正だよ。drm Radeon DVI端子検出時にモニタを確認したところEDIDが無いか不正確だよ。」と書かれている。

現在液晶モニタはVGA D-sub15ピン接続でDVI端子には何も接続していないのでエラー内容の通りである。なので無視しても問題ない。