Adobe FlashのLinux 64bitサポートが再開されるが再生支援機能は使えず – フリーのGnashとLightsparkは絶賛対応中

Adobe FlashのLinux 64bitバージョンのサポートが再開される。

phoronix.com 64-bit Adobe Flash Linux Support Is Back Posted by Michael Larabel on September 16, 2010 より。

2010年初頭にAdobeは64bit LinuxでのFlash Playerサポートを止めるという幾分奇妙な決定をしたが、現在彼らは64bitバージョンのLinux、Mac OS X、Windowsの各OS用Flash Playerのリリースを再開した。

Adobe Labs経由のリリース情報によると、現在コードネーム「Square」と呼ばれている次世代Flash開発のマイルストーンバージョンはx86 64bit上で動作するWindows/Mac/Linux OSと64bit対応ウェブブラウザにネイティブサポートを提供する。

現在Flash「Square」マイルストーンバージョンが提供するその他の特徴は、つい最近ベータバージョンとしてリリースされたMicrosoft Internet Explorer9でサポートされたハードウエア支援機能が追加されたWindowsバージョンのみである。Adobe Flash Player Linuxバージョンは何のハードウエア動画再生支援機能も無い状態が続いている。AdobeのリードLinuxエンジニアはLinux video APIについて大言壮語を吐いたが、使用するのに適切に見えるVA-APIもしくはVDPAUインターフェース経由のサポートは結局未だに実現されていない。

この興味深い新しいAdobe Flash beta for x86/x86_64 LinuxバージョンはAdobe labsから見つけてダウンロードできる。またGnashLightsparkはFlash/SWF形式再生の代替ソフトウエアとして存在しているが、双方とも64bit LinuxやVA-APIを利用したハードウエア動画再生支援機能がハードウエアとデバイスドライバによりサポートされている。

—-

ワロタw オープンソースのFlashプレイヤーであるGnash 0.8.8はVA-API対応やFFmpeg、GStreamerの切り替えに対応し、Youtube完全対応しているのにw

AMDの公式ブログで「Bulldozer」の20の質問パート2 バカ訳すみません

AMDの公式ブログで「Bulldozer」の20の質問パート2

  • 同じモジュール内でコア同士の「プログラム可能な」同期機能はある?またもし自分のマルチスレッドアルゴリズムを互いのスレッドに近いペアを組むことで性能を上げることはできるの?
    – Edward Yang

    • うん、良い質問だ。
    • 基本的にはOSがスレッドのスケジュールを管理する。WindowsやLinuxなら効果的にBulldozerのコア間のスケジュールをこなすよ。
    • OSは最高性能か最高ワットパフォーマンスのどちらを優先させるかでコア性能をブースとさせるよ。
    • だけど違うモジュールで最高性能をだすために自分でスケジューリングできるよ。
    • 二つの整数演算コアは完全に別れており、実行パイプラインはL1キャッシュではデータ共有されない。これはソフト側で最適化する必要はないから。
    • L2キャッシュは二つの整数演算コアで共有されており、同時に実行パイプラインから読むことができるが書込はどちらか一つのみなんで注意ね。
    • ということは、二つのスレッドが共有するL2キャッシュにフィットするようなデータを自分でセットすることが可能。これで性能がより向上するだろう。
    • 忘れないでほしいのは他のコアのこと。データ共有のメリットと次の実行可能なコアにデータを送るためのメリットを天秤にかける必要があるよ。
    • 通常すぐに実行可能なスレッドの側に次のスレッドを準備しておくことが良い。
    • もしマルチスレッドアプリケーションがL2キャッシュ向けに最適化していないかL3キャッシュ向けに最適化している場合、はっきりとスレッドを分けたほうが良い。努力しない方がいいよ。そうしなくてもスケジューラが最適に実行するから。
  • Bulldozerで違うモジュールの二つのコアで実行する場合と同じモジュールで二つのスレッドを実行する場合どのくらい性能がアップするの?
    – Simon

    • Hot Chip22でプレゼンした資料を見て。CMP(Chip MultiProsessing 複数のコアチップを一つのコアに納めた単純な方法)と比較して、二つの整数演算コアでの性能は大体80%向上する。
    • けどこれはリソースを共有しているから出せる性能。
    • CMPはいくつか欠点があり、それは熱とダイサイズが大きくなること。そのため性能が消費電力により制限されてしまう。
    • 簡単に考えて、4シリンダの300馬力と6シリンダーの360馬力のエンジンではどちらが排気ガスが少ない?
    • シリンダーあたりの馬力比は、75馬力/4シリンダーと60馬力/6シリンダーとなり、4シリンダーの方がシリンダーあたりの性能が高い。
    • けどエンジン全体で見ると、4シリンダのエンジンは低い性能で高いコストになり、より排気ガスが多くなるよ。
  • 現在IntelのNehalem EXベースの8ソケット64コアサーバをIBMとHPが出しているよね。Bulldozerベースのサーバではスケーラビリティをどのように出すことができるの?
    – David Roff

    • Bulldozerは現在の「Maranello」「San Marino/Adelaide」プラットフォームに適しているね。
    • 「Maranello」は4CPUをサポートしている高性能プラットフォーム。
    • 「Maranello」プラットフォームと16コア「Interlagos」プロセッサを組み合わせると4ソケット×16コア=64コアになるよ。
    • IDCによると、8ソケットのx86プラットフォーム市場は26%落ち込んでいる。
    • 2009年が不況だからだというなら、2007年や2008年の8ソケットx86プラットフォーム市場と比べると横ばい。
    • すなわち市場は成長していないんだよ。この事は結構市場にインパクトを与えられるんだよ。
    • 8ソケット64コアではメモリ搭載に必要な面積が大きくなるが、4ソケットだと低価格で小さいサイズ、低消費電力になる。
    • Bulldozerは2011年にこれを実現するからよろしくー。
  • 性能を見る限りだと、Bulldozerは一般・ビジネス向けCPUに求められる消費電力制御を持っていない様に見えるよ。現在のマルチコアユーザが乗り換える意味のある新しい特徴はないの?Bulldozerが現在ビジネスに求められている新しい消費電力削減機能を細かく説明できる?
    – Jeremy Stewart

    • 「Maranello」プラットフォーム向けの現在出荷中のOpteron 6100シリーズにBulldozerが備えている電力削減機能は既に組み込み済み。
    • 既に公式ブログには書いたけど、現在のマルチコアプロセッサの水準を上げる性能を提供するよ。
    • 私たちは動的共有及び動的リソース配分を備えた消費電力に効果的なマイクロアーキテクチャを実装しているよ。高速なクロックとパワーゲーティングを活用してね。
    • プロセッサのチップレベルのコアパワーゲーティングをサポートしているよ。
    • そのOpteron6100の新しい技術はPowerNow!やCoolCore、低電圧DDR3メモリサポートで非常に良い感じ。
    • 33%のコア数増加とより大きなキャッシュで、現在の我々の12コアプロセッサと同じ消費電力なんだよ。

—-

Nehalem EXの言い訳は苦しいな、AMDw。あとJeremy偉そうだぞ。謙虚に質問しろよ。

何故IntelはMcAfeeを買収したのか Semiaccurate.com By Charlie Demerjian氏

semiaccurate.com Why Intel bought McAfee Nothing to do with security by Charlie Demerjian August 20, 2010 より。

何故IntelはMcAfeeを買収したのか

セキュリティと一緒でも何もできない

by Charlie Demerjian

2010年8月20日

IntelのMcAfee買収は素晴らしい相乗効果を生み出し、会社に従う誰もが数多くの同意をしている。そのことについて数多くの意見に反しているが、セキュリティと一緒で七にもできないのである。

Intelの現在の本拠地は企業向けコンピュータ、デスクトップPC、ノートPC、そしてサーバであり、「Best Buy(アメリカの家電製品ディスカウントショップ)」セットの為に必要なマシンは無い。AMDは20%前後の市場シェアを擁しているが、その大部分は彼らが所有している市場の20%以下である。これは両方の会社に販売したチップの平均小売価格に跳ね返ってくる。企業向けには価値で買い物をする傾向があり、一般消費者は価格で買い物をする傾向がある。IntelのMcAfee買収は演出できる価値を付け加える。

その付加価値はセキュリティではなく、私はIntelがまもなくかつてよりむしろMcAfeeの部門を削ぎ落し始めるだろうと予測している。Intelは管理しやすいソフトウエアとしてMcAfeeを買収し、特にVpro/AMT(※IntelのPC管理システムのこと。管理者による遠隔操作やソフトウエアバージョン管理、インストール状況をネットワーク経由で一元管理できる技術)との統合を目指している。彼らは中規模の市場への売り込みのあと、Fortune500リスト企業向けの大規模パッケージを販売する。Intelは今HPやDell、IBMの管理ソリューションに焦点を合わせ競合するつもりであり、それは彼らに好意的な会社を含む数多くの摩擦を引き起こすであろう。

だがどのように彼らの76億8,000万ドルもの買収金額に貢献するだろうか?簡単である。彼らはこの合併が成功した場合またたく間に売上に貢献するだろう。Intelは大きな会社に人を送り込んでこう言う、「もしあなたがたが『ナンダカヨクワカラナイ』チップセットを買うのなら、あなたはより上位CPUを手に入れられる。もしあなたが『ナンダカヨクワカラナイ+2』を買うならばVpro/AMTを付け加えられたより上位のCPUを手に入れられるだろう。Vpro/AMTはあなたがたのPCのを管理するのに、医療保険の相互運用性と責任に関する法律や、SOX法、ボツリヌス菌毒による顔のしわ取り施術やタリバンのイスラム法42番などからVpro無しマシンに比べて3分の1のコストで実現する。

かつて管理はPCを所有する上乗せされるコストとして素早く対抗する力であり、これは難しい販売ではない。もしあなたが同じスピードの『ナンダカヨクワカラナイ』と『ナンダカヨクワカラナイ+2』チップセットの価格に違いに気づいたのなら、ほんの少しのドルであり、それはたった25ドルと書かれているだろう。それらの二つのチップの間の違いは100%人為的なものであり、まったくもって単純な茶色いヒューズであり、Intelのコストは0ドルであり、プラスもマイナスもない。

本質的にもし彼らがあなたに+2チップを高額で売りつけることが出来たら、あなたはIntelの年間2億ドルのチップ売上に加担することになり、そして25%の割合で高額で売りつけられたチップに加担しており、あなたは52億5,000万ドルの追加利益を見て取れるだろう。もしMcAfeeが高額で売りつけるきっかけを作ることができるのなら、それはまたたく間にペイするだろう。この相乗効果は計り知れない。

ちょっとしたメモとして、IntelはアンチウィルスプログラムをVpro/AMT 1.0で動作させようと試行し、無様にも失敗した。その考えは単純であり、あなたは画面上に文字が飛び回ったり
それらがCPUやメモリを乗っ取る前に危害をもたらすコードを遮断するフィルタをチップセットで実行させようということである。その考えは明快でシャレているが、Intelの管理者には「誤検出」という文言を理解していなかった様に見える。結果得られるものに、かれらはそれについてそれ以上話そうとせず、いくつかの良識ある人々は黙り込む。家に帰るよう促されているメッセージには、ハードウエアはセキュリティにとって合わない場所であると書かれている。

最後に、InteのMcAfee買収には非の打ち所のない判断力を感じさせ、市場の最も儲かる部分と全体的に相乗効果をもたらし、そしてとても素早く動いている。それは自身の非常に短い注文のためにお金を支払い、そして企業向けコンピュータ分野の勢力図を書き換える非常に良いチャンスである。それはまたDellやHP、IBMやいくつかの巨大なソフトウエア会社に砂をかけることになるだろう。それが表しているたった一つの出来事は何者にもセキュリティ向上は行わせられないといういことである。

ノート:もしあなたが自身のPCをよりセキュリティを向上させ安全にしたい場合、あなたはSemiAccurate提供の簡単なセキュリティロックダウンチェックリストを使うことでセキュリティ問題の99%を排除することができる。

セキュリティロックダウンチェックリスト 開始

ステップ1:□Windowsを廃棄する

セキュリティロックダウンチェックリスト 終了

—-

ワロタ。Intelにとって何でもいいから1ドルでも付加価値となる文言が追加できるチップなら数百万ドルの利益になるということか。

AMD Developer Inside Trackエピソード12 AMD SimNowの導入方法

All of AMD ADIT Episode #12 Introduction to AMD SimNow August 18 2010 by Sharon Troia より。

AMD Developer Inside Trackエピソード12 AMD SimNowの導入方法

こんなソフトウエアがあるとはしらなんだ。

AMDの新しいCPUではXOPやAVXに対応しているが、そのCPUやマザーボードを開発する際に必要なシミュレータらしい。名前はAMD SimNow™。

  • Bit slice DES(暗号化アルゴリズムの一種で、演算時最も時間のかかる部分を最適化するためビット入出力を減らして処理時間を削減する手法)に有効なXOP命令の導入
  • AVX命令群のシミュレート

動作環境は下記の通り。

  • OS Distribution
    • Any of the following 64-Bit Linux distributions. SuSE 9 Pro and newer
    • RedHat 64Bit Enterprise 3 and above
    • Fedora Core 2 and newer.
    • SuSE 9.1 or newer for AMD64 (recommended)
    • Windows® XP Professional x64 Edition OR Windows Server 2003 x64 Edition.
  • Memory
    • Approx. 64MB of memory, plus Approx. 150 MB of memory for each simulated processor, plus the amount of simulated RAM
  • Processor
    • AMD Athlon™ 64 or AMD Opteron™.

ダウンロードはAMD SimNow™ Simulatorのページより。

Intelの次世代SoCのATOMプラットフォームではフルHDTV再生をサポートする

xbitlabs.com Next-Gen Intel Atom SoC to Support Full-HD Video. Intel Medfield Details Revealed: Graphics Performance Set to Improve [08/18/2010 11:14 PM] by Anton Shilov より。

Intelの次世代SoCのATOMプラットフォームではフルHDTV再生をサポートする

Intelの「Medfielsd」の詳細が公開された。グラフィクス性能の改善に本気で取り組む。

by Anton Shilov

2010年8月18日

Intelの次世代ATOMベースのSoC(System On Chips)製品は大幅なグラフィクス性能の改善を特徴とするであろう。そのデバイス、コードネーム「Medfield」と呼ばれるモバイルプラットフォームは、720p動画のエンコード能力があり、1080pの解像度の動画をデコードできる予定である。

IntelのInfoworldウェブサイト(※英文)によって見つけられたIntelのウェブサイトにうっかり掲載されてしまったドキュメント(※英文)によると、「Medfiled」プラットフォームは前世代「Meniow」や現世代「Moorestown」プラットフォームと同様にスマートフォンやタブレット端末、その他超小型携帯デバイスにより適しているとされる。そのSoC自身はサイズが144mm^2のみであり現在の「Moorestown」が32nmプロセス製造より恩恵を受けている低スタンバイ電力より低い電力となり、その製品はIntelのPowerVR SGX535グラフィクスコアである「Menlow」プラットフォームと比較してグラフィクス性能が4倍に向上するだろう。

目下のところIntelの「Penwell」SoCで「Avantel Passage」コアロジックで構成される「Medfield」がMicrosoft Windows OSをサポートするかどうかはっきりしない。Intelの「Moorestown」はIntelとNokiaの「MeeGo」プラットフォームを動作させるLinuxのいろいろなビルドのみをサポートしており、それはそのSoCで使うことができるアプリケーションの数を大幅に減らしてしまっている。

「Medfield」が720pの動画エンコードおよび1080pの解像度の動画再生能力を有する事実から成り立つことは、その製品をBlu-rayディスクプレーヤや、HDTVのセットトップボックス(STB)などのような家庭内の様々な一般向け家電製品に内蔵されると予想することが論理的である。事実、「MeeGo」プラットフォームはタブレット型端末やスマートフォンだけでなくネットブックやSTBなどその他低消費電力デバイスを動作させる能力を持っている。

Intelはこのニュースに関してコメントしなかった。

—-

Intelのグラフィクス性能の本気度は携帯端末向けのチップで発揮させるのか。PowerVRアーキテクチャなら従来のIntelチップセット内蔵GPUより実績あるからそっちの方が手っ取り早いかと。nVidiaははますますビジネス領域を縮小されそう。

うわさ nVidiaはタブレット型端末のために新しいチップを作るのにTransmetaの技術を使う?

xbitlabs.com Nvidia Uses Transmeta Technology to Create New Chip for Tablets – Rumours. Nvidia Reportedly Works with Transmeta’s Code-Morphing Software [08/16/2010 04:20 PM] by Anton Shilov より。

うわさ nVidiaはタブレット型端末のために新しいチップを作るのにTransmetaの技術を使う?

by Anton Shilov

nVidiaは伝えられるところによれば、タブレット型端末やその他の小型モバイルデバイス市場でIntelのAtomマイクロプロセッサに対して競争するため、Transmetaによって開発された独自のコードモーフィングソフトウエア技術を利用したチップを開発しているという。

だけれどもnVidiaは自身のTegraシリーズSoCデバイスを2年前からリリースしており、そのプロジェクトは大変成功しているようには未だ見えない。いくつかの自社製品採用獲得はあるが、Texas InstrumentsやQualcomm、そしてその他のような競合他社はARMベースのSOCを携帯電話やタブレット型端末、セットトップボックスやその他低消費電力デバイス製品の最も巨大な供給会社として製品を出荷し続けている。nVidiaはその潜在能力を有するTegraファミリーラインナップの改良を続けている。しかしいくつかの非公式のソースはSanta Clara、カリフォルニアを起点とした会社もまたチップを開発中であり、それはx86アーキテクチャ業界でIntelのAtomベースSoCに対して接戦を繰り広げるであろうと主張している。

Bloombergニュース配信社によって引用されたその非公式ソースからの情報(※英文)は、nVidiaは「Intelのチップが動作する方法を複製したソフトウエアを使うTransmetaによって開発された技術を活用する」プロジェクトが進行していると主張している。nVidiaはTransmetaから特許を自身のものとして以来、これは会社が非x86チップをx86チップとして機能させることが可能なコードモーフィングソフトウエア初期の指標であろう。TransmetaがCrusoeやEfficeonマイクロプロセッサで普及に失敗したあとの2番目の挑戦である。そのSoCは伝えられるところによればタブレット型端末向けとして設計されている。

Google AndroidやNokia/Intel Meegoその他タブレット型端末向けのOSの多くの潜在能力を考慮するなら、(デスクトップPCやノートPCと異なり)Microsoft Windows OSの要求に激しく答える必要は無い。その結果として伝統的なPCに気まずくもx86を必要とすることもない。それ故、nVidiaがWindowsやそれを覆う数多くのコードモーフィングに確実に挑戦することは予想以上に驚くことである。

nVidiaがx86アーキテクチャをエミュレートするコンピューティングを保有するかどうかは完全にはっきりしているわけでなはい。ARMアーキテクチャベースのプロセッサは一般的にAMDやIntelのx86チップと比較して低性能であると受け止められており、かつてもし最も最新のARM設計によりx86をエミュレートすることが可能なら、最終的な性能は酷いことになるであろう。またnVidiaのスカラー型Geforce GPUでx86をエミュレートすることは良いアイデアには見えない。

それに加えてTransmetaのコードモーフィングソフトウエアは消費電力減少のための非常に洗練された技術であり、彼らがそれを使用することはnVidia TegraのみでなくGeforce、Quadro
、Teslaやその他の製品群の為だけに使われるということは無いと考えるのが論理的である。

nVidiaはこのニュースに対してコメントしていない。

—-

この手があったか。nVidiaやるなあ。TransmetaLinusが在籍していたことでも知られた会社で、低消費電力が得意としていたが、CPU以外のチップセットがかなり電力食いかつCPUが低性能で、結局IntelやAMDが低消費電力CPUやチップセットを開発してシェアを確保できず資産売却&知的財産売却で解散した会社。

Crusoe採用の富士通ノートPCが欲しかったんだよな、当時。

Micorsoftのサポートが終了したWindows XP SP2にLNKアップデート(KB2286198)を無理矢理インストールする方法

blog.f-secure.jp Windows XP SP2にLNKアップデート(KB2286198)をインストールする方法 より。

Windowsのショートカットファイルの脆弱性攻撃を回避するパッチが公開 されているが、Windows XP SP3のみ適用可能で、Micorsoftのサポートが終了したWindows XP SP2にLNKアップデート(KB2286198)を無理矢理インストールする方法がある。それは下記の二つ。

  1. レジストリを書き換えてパッチを当てる。
    regeditを起動し、「HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Windows」を開く。
    そして「CSDVersion」をDWORD値「200」から「300」に編集し再起動。
    するとMicrosoft提供のSP3向けパッチシステムをSP2にインストールが可能とのこと。
  2. Windows XP Embedded 用セキュリティ更新プログラム (KB2286198)を使うことでレジストリをいじることなくインストール可能。

まあ余程のことがなければSP3にアップデートする方が賢いが。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx で Wine + winetricks + Internet Explorer 8を試すが動作せず

wine-reviews.net winetricks 20100731 released adds Safari and IE 8 support Written by Tom Wickline Monday, 02 August 2010 03:44 より。

2010年7月31日リリースされたwinetricksでは、Linux環境でWineを使いMicrosoft Internet Explorer 8のインストールが可能になったとのことで早速試す。

まずはwinetricksを起動する。

$ winetricks &

しばらくするとwinetricksのウィンドウが表示されるので、リストをスクロールして「ie 8」にチェックを入れてOKボタンを押す。

するとターミナル上にスクリプトが動作することが確認できる。自動的にInternet Explorer 8インストーラをダウンロードしwine環境でインストーラを実行している様子がわかる。

だが私の環境ではここまで動作した後Wineが「Program Error」ダイアログを表示してエラーを起こし終了してしまう。

ちなみにInternet Explorer 6は正常にインストールが完了し起動・動作している。そのため一旦.wine/ディレクトリを削除して新しい環境にしないといけないかもしれない。

Windows 2000はサポート終了だがショートカット脆弱性はそのまま

エフセキュアブログ Windows 2000終了のお知らせ より。

Windowsのショートカットファイルのゼロデイ攻撃を回避する「Fix It」公開で書いた脆弱性は、サポートが既に終了したWindows 2000でも有効。だがパッチは当然配布されないのでゼロデイ攻撃をそのまま受けてしまう。

Windows2000で攻撃を受け外部から侵入されてしまう動画がリンク先に掲載されている。

マイクロソフト日本法人の調べで国内には15万台ものWindows2000マシンがまだ稼働中とのこと。

今すぐにもWindows2000マシンは電源を落とすか、サポート対象のOSに乗り換える方が良い。

Windowsのショートカットファイルのゼロデイ攻撃を回避する「Fix It」公開 更新2010年8月3日 脆弱性を修正するパッチ公開

so-net マイクロソフト、ショートカットのゼロデイ攻撃を回避する「Fix It」公開 より。

Windowsのショートカットファイルを細工し、アイコンを表示すると、任意のコードが実行可能となる問題。物理メディア経由で限られた攻撃のみだとされたが、ネット経由でも同様の攻撃が可能であると分かり、OLE埋込みなどをサポートするMS-Officeファイルでも攻撃が可能であることが判明した。

解決方法は二つ。

  1. ショートカット用のアイコン表示の無効化
  2. WebClientサービスの無効化

1はレジストリを書き換えて脆弱性そのものを無効化する方法。こちらが有効。2はUSBメモリやネットワーク共有ドライブ経由の攻撃には無意味。Windows Home Serverなど個人でも自宅でメディアサーバを稼働させる時代なのでMicrosoftのセキュリティアップデートを待たずに対策すべし。サポート技術情報2286198のページ中央にある「Enable workaround」の「Microsoft® Fix It」ボタンをクリックしそのまま実行するかファイルを保存して実行すればよい。

なお、このパッチを当てるとショートカットがすべて白紙のアイコンになるため、各ウィルススキャンソフトウエア会社が無償でショートカット利用ウィルス検知ソフトの配布を始めている。

更新2010年8月3日 脆弱性を修正するパッチ公開

Microsoft Updateにセキュリティパッチが登場した。詳細は下記のページを参照。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-aug.mspx