Ubuntu Linux kernel-ppaにLinuxカーネル2.6.36が登場

http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/daily/ より。

Ubuntu linux 10.10 Maverick Meeakat用Linuxカーネルバージョン2.6.36がdebパッケージでダウンロード可能。

現在linux-headersと共にインストール中。

changelogはkernel.orgから読んで。

更新

カーネルバージョンアップデート後正常に起動し、xorg-edgers Radeonドライバも問題なく動作。ただしVirutalbox-oseは起動するが、vmware-playerは例のごとくiommc.cで関数名の書き換えが必要かつvmware起動毎にカーネルモジュールを再コンパイルする現象が発生したので2.6.36の使用は一旦終了。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのカーネルバージョン2.6.35でVMware PlayerのVMMonのコンパイルでエラーが発生

カーネルバージョンアップの後、VMware Player 3.0.1のモジュールコンパイルが始まったが、VMMonのコンパイル時にエラーが発生する。

ネットを検索すると、VMware vmmon compilation issues on 64-bit kernel 2.6.35 という記事を発見。

どうやらiommu.c内のiommu_map_range と iommu_unmap_rangeの関数名が iommu_map と iommu_unmap へ変更になったようだ。リンク先の記事を参考にvmmonモジュールを書き換える。

$ cd /tmp
$ tar xvf /usr/lib/vmware/modules/source/vmmon.tar -C /tmp
$ perl -pi -e 's,_range,,' vmmon-only/linux/iommu.c
$ sudo tar cvf /usr/lib/vmware/modules/source/vmmon.tar vmmon-only

その後 vmplayer を起動すると、モジュールコンパイル&インストール確認ダイアログが表示されるのでinstallを選んで実行。

無事完了しVMware Player 3.0.1が起動した。