AMDのFusion APU「Zacate」は2種類で「Brazos」プラットフォームの詳細が明らかに

xbitlabs.com AMD to Offer Two Fusion Zacate Processors for Desktops. AMD Fusion E350 and E240 Getting Ready for the Launch [09/23/2010 12:20 PM] by Anton Shilov より。

AMDは2種類のデスクトップ向け「Zacate」を提供する。

AMD Fusion E350およびE240はローンチ準備中
by Anton Shilov
2010年9月23日

AMDは2010年末にコードネーム「Zacate」のデスクトップPC向けに2種類リリースする。それぞれはTDPは非常に近いが、「Bobcat」アーキテクチャによるx86コア数が異なる。

低消費電力デスクトップPC向けの通称ネットトップ向けには、AMDはデュアルコアZacate E350およびシングルコアZacate E240を提供し、それぞれ統合型DirectX11対応GPUコア、UVD3ビデオエンジン、シングルチャネルPC3-10600(DDR3 1333MHz)メモリコントローラを内蔵し、TDPは18WであるとAMDの計画に近いニュースソースは伝えている。そのチップはBGA FT1パッケージで、マザーボード直付である。

AMDのデスクトップPC向け「Brazos」プラットフォームは、AMD Fusion APU「Zacate」と「Hudson D1」Fusionコントローラハブから成り立ち、PCI Express 2.0 x4バスで接続されており、4つのPCI Expresss x1ポート、PCIバス、6個のSATA 3.0Gbpsポート、14個のUSB2.0ポート、統合型クロックジェネレータが接続されている。RAID、ギガビットイーサネットなどはサポートされないため、「Brazos」プラットフォームは追加チップなしで一般向けデスクトップPCとして販売することは難しいだろう。

AMDのCPUやGPUが既にモデルナンバーまで伝えられているにもかかわらずこれから登場する予定のOntarioベースのFusionAPUの公式なクロックスピードをアナウンスしていない点は注目に値する。そのような秘密主義はカリフォルニアのサニーベルをベースにした企業がZacateとOntarioプロセッサの新しいブランドネームの導入を計画していることの対するものであるというのが妥当だろう。

AMDはOntarioおよびZadateを2010年末に製品出荷を予定し、双方のプロセッサをサポートするBrazosプラットフォームは2011年初旬にローンチする計画である。またAMDパートナーは2011年初旬に新しい技術に対応した最初のデバイス投入を予定している。

AMDはこの件に関し何のコメントもしていない。

AMDとIntelのGPU統合型CPUのプレゼンバトルが来週行われる

All of AMD  AMD to Demonstrate Next Generation PC Experience Powered by AMD Fusion APU Codenamed “Zacate” September 10, 2010 by Steve Howard

semiaccurate.com Sandy Bridge for sale in early 2011 IDF 2011: Less than two weeks in by Charlie Demerjian September 12, 2010

xbitlabs.com AMD to Demonstrate CPU-GPU Chip Live Next Week. AMD to Spoil IDF with Zacate [09/10/2010 03:29 PM] by Anton Shilov より。

概要として、

  • IntelのIntel Developer Forum(以下IDF)が来週行われる。
  • そこで、IntelのGPU統合型CPU「Sandy Bridge」の技術解説が行われる予定。
  • さらにIntelの次世代チップセットはUSB3.0及びSATA 6Gbpsをサポートするとの噂。
  • それに対しAMDは「Bobcat」アーキテクチャベースのGPU統合型CPU「Zacate」の発表をIntelのIDF開催中にぶつける
  • AMDの「Zacate」はFusion APUのデュアルCPUで、18Wの低消費電力で動作する。
  • 「Zacate」のGPU部は、DirectX11にフル対応し、1080pを含むハードウエア動画再生機能UVD3、OpenCL、DirectComputeに対応。
  • 「Zacate」のダイサイズは100mm^2以下との噂がある。

両者の技術発表が楽しみ。IntelのGPUは何時まで経ってもDirectX11に対応できない分AMDに多少有利。まあIntelは多少なんぞ物ともせずにAMD含めて競合他社すべてに対し絶対的優位に立っているが。

うわさ AMDのノートPC向け次世代GPU「Blackcomb」はMobility Radeon HD6000シリーズのフラッグシップか?

vr-zone.com [Rumour] “Blackcomb” is AMD Mobility Radeon HD 6000 Series Flagship Published on Sunday, September 5 2010 1:18 am by Sub より。

DonanimhaberはAMD Mobility Radeon HD6000シリーズのコードネーム「Blackcomb」が陣頭を取るだろうというレポートを発表した。もちろん、「Blackcomb」はデスクトップ向けのチップベースで、おそらく「Barts」か「Cayman」のどちらかだろう。AMDはMobility Radeon HD5000シリーズには「Cypress」を完全にスキップし、Mobility Radeon HD5870には800SPで128bitメモリインターフェースの「Juniper」を充てている。「Blackcomb」は256bitメモリインターフェースが特徴だが、いくつかの機能ユニットが劇的に増加していると予測される。

これは「Blackcomb」が「Cayman」チップに似ているという必要性に意味はなく、おそらくいまだ「Barts」ベースであろう。だけれども、Radeon HD6700の性能を有する「Barts」は256bitメモリインターフェースを特徴とする噂があり、それはHDx700とHDx800の性能ギャップを埋めることになるだろう。それ故我々は「Juniper」が「Cypress」との差よりも「Barts」と「Cayman」との差はより小さいと予測することが可能である。

Mobility Radeon HD6000シリーズは結果として、シリーズ全体の性能を劇的に向上している。だけれどもノートPC向けGPUとして性能が常に制限をかけられる要因があり、私達は新しい製品がMobility Radeon HD5870よりも高い速度であると予測できない。だけれども未だに性能の大幅な工場になることは疑いようがないだろう。しれはまたUVD3やEyefinityを特徴としている。nVidiaは新しくアナウンスしたノートPC向けGeforce 400M製品群ではOptimus技術(GPUを動的に切り替えて消費電力や発熱量を抑える技術)や3D Visionを強くプッシュしており、AMDは競合技術を回答として発表するだろう。

参照元 : Donanimhaber

—-

ノート向けGPUにも劇的な性能向上の兆しが出てきているな。ノートPCが販売の主流の日本では流行るかもしれない。