Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meerkatベータ版のレビュー

journal.mycom.co.jp 【レビュー】 Maverick Meerkatはどこまで型破りか!? Ubuntu 10.10をベータ版で試す 2010/09/13 佐々木宣文 より。

主な変更点は下記の通り。

  • インストーラのUIが変更。テーマは引き続きUbuntu Linux 10.04のLightが使用されているが修正される可能性あり。
  • Linuxカーネルバージョンは2.6.35。
  • GNOME 2.31
  • Btrfsのサポート(標準はext4)
  • Ubuntuソフトウェアセンターの改善
  • 標準の写真管理ツールをShotwellに
  • Evolution 2.30.2の採用
  • マイクロブログクライアントGwibberの改善
  • サウンドインジゲータにRhythmboxのコントロール機能を拡張
  • Ubuntu Oneの使いやすさを向上

個人的にはBtrFSが利用できるようになることでバグの洗い出しが一気に進むのではと期待している。XFSはstack overflow問題が解決できそうにないし、ext4は当分16TiB以上のストレージは作れそうにないし、Redhat GFS・GFS2は大げさだしね。BtrFSのLVMのような動的容量変更がファイルシステムレベルで可能な点、16TiB以上のストレージを扱える点が気に入っている。SSD対応やRAID機能はあまり重視していない。

Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meerkatベータ版が9月2日にリリースされる

Ubuntu 10.10 “Maverick Meerkat” Beta Released Posted by Michael Larabel on September 02, 2010 より。

概要として、

—-

気が早い方は仮想マシンにインストールして試してみてくださいな。リリース時期大ぼけしてすみません。