ブラウザ Opera10.61 Linux版登場

opera.com よりダウンロード可能。Ubuntu Linux用.debパッケージもダウンロード可能。インストール後はメニューが正常に日本語表示される。ただしまだフォント設定が甘いのでこのあたりは各自でCSSを書き換えた方が良いだろう。

今まで問題であったibus-mozc等ibusでの日本語入力が可能になっている。この記事は実際Opera10.61 Ubuntu Linux版から掲載。

ただしYoutube等Flashプラグインも動作するが、amd64版ではoperapluginwrapper-nativeがopera起動時にsyslogに大量にSegment Faultログを吐き出す。

Westerndigital製ハードディスク WD20EARS-00S8B1(500GBプラッタ)の代替保留セクタ数が26に

現在Ubuntu Linux 10.04 Lucid LynxでRAID6アレイで利用中のWesterndigital製WD20EARS-00S8B1(500GBプラッタ)だが、購入したうちの1台が1ヶ月半で代替保留セクタ数が26を数えた。syslogに出力された値は下記の内容。

26 Currently unreadable (pending) sectors

最初は当然0だったが、13→26と非連続で増加している。これは初期不良品にあったのだろうかと思案中。

追加 2010年7月21日〜23日

代替保留セクタが増加しているハードディスクWD20EARSで回復不能なセクタをsyslogに出力していた。

2 Offline uncorrectable sectors

ハードディスク表面に傷がついている可能性大。だが購入したハードディスクの代理店はCFDなので、SMART値変化・劣化は交換保証外だからなぁ。

…と現在23時10分。代替保留セクタが593セクタとでた。もうダメだろう。

更に22日で代替不能セクタが543セクタに増加。来月まで持ちますように…。

と23時7分で代替保留セクタ数が596セクタ。おいおいあと10日持つのか?

23日現在、代替保留セクタが596セクタである。syslogがtimeoutエラーを吐き出しているのでSATAケーブルの問題と確信する。抜けやすくなったSATAケーブルのメスコネクタを無理矢理復活させる方法で挿し直すとピタリとエラーが止まる。550円もしたSATAケーブルが80円のSATAケーブルよりエラー率が高いという寂しい結果となった。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのカーネルでタイムアウトでハングアップしたとログが表示される

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのsyslogに大量にカーネルログが吐き出されていた。

以下の通り。

Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403026] INFO: task jbd2/dm-0-8:1311 blocked for more than 120 seconds.
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403032] “echo 0 > /proc/sys/kernel/hung_task_timeout_secs” disables this message.
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403036] jbd2/dm-2-8   D ffff8800805a9880     0  1311      2 0x00000000
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403042]  ffff880186b65d30 0000000000000046 ffff88005d173430 ffff880188f64f50
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403048]  ffff880186b64000 ffff880186b65fd8 0000000000015bc0 ffff880186b65fd8
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403054]  ffff880196c15bc0 ffff880196c15f80 ffff880186b65fd8 0000000000015bc0
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403059] Call Trace:
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403071]  [<ffffffff8122aa75>] jbd2_journal_commit_transaction+0x1c5/0x12c0
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403078]  [<ffffffff815696e9>] ? sub_preempt_count+0x9/0xa0
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403082]  [<ffffffff81566561>] ? _spin_unlock_irq+0x21/0x50
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403088]  [<ffffffff810580a0>] ? finish_task_switch+0x50/0xd0
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403092]  [<ffffffff815696e9>] ? sub_preempt_count+0x9/0xa0
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403095]  [<ffffffff8156651c>] ? _spin_unlock_irqrestore+0x2c/0x50
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403100]  [<ffffffff81089190>] ? autoremove_wake_function+0x0/0x40
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403106]  [<ffffffff81232747>] kjournald2+0xb7/0x210
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403110]  [<ffffffff81089190>] ? autoremove_wake_function+0x0/0x40
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403114]  [<ffffffff81232690>] ? kjournald2+0x0/0x210
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403118]  [<ffffffff81088da6>] kthread+0x96/0xa0
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403123]  [<ffffffff810142da>] child_rip+0xa/0x20
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403128]  [<ffffffff81088d10>] ? kthread+0x0/0xa0
Jul  9 14:06:07 server kernel: [13200.403132]  [<ffffffff810142d0>] ? child_rip+0x0/0x20

要はRAIDブロックデバイスが120秒間返答なしでタイムアウトでハングしたということらしい。

ハードディスクを確認したところ故障の兆候はなく、単純にファイルコピーの容量が大きくて時間がかかっているときに吐き出されているようだ。そこで下記のURLを参考にsyslog表示を止めた。

http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=517586

方法はsyslog中にも出力されているが、下記の通り。

$ sudo -s

$ echo 0 > /proc/sys/kernel/hung_task_timeout_sec

これでsyslogにカーネルのタイムアウトハングアップのメッセージは表示されなくなる。

Ubuntu 10.04 Lucid Lynxのカーネルバージョンアップ 2.6.35-999.201007011005

http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/daily/2010-07-01-maverick/

より。

先日 Ubuntu Linux のカーネルを2.6.32-23-preempt にアップデートした。今度はethernetコントローラーモジュールでsyslogにOopsと表示されてフリーズしてしまった。

そこでkernel-ppa/mainlineの2010年7月1日ビルドのカーネル2.6.35-999.201007011005をインストール。しばらく様子を見る。