うわさ FacebookがARMベースのサーバを採用した? SemiAccurate.com Charlie Demerjian氏

semiaccurate.com Facebook is the first to jump into ARM servers Tectonic change of our time by Charlie Demerjian August 23, 2010 より。

うわさ Facebookがx86ベースからARMベースサーバへ最初にジャンプした?

概要として、

  • FacebookがオレゴンデータセンターでARMベースアーキテクチャのサーバの置換えを始めた。
  • もしこのうわさが本当なら、ARMベースサーバを置き換え、x86サーバを近くの川に投げ込んでいる。
  • うわさの発端はオースティンにあるSmooth-Stone(※英文)である。SuperMicroにもいくつかのうわさがある。
  • これはARMCPUが「充分早い」と言うことであり、疑問としてはワットパフォーマンス及びスレッドパフォーマンスである。
  • Intel/AMDのx86CPUはより多いスレッドをより多い消費電力で動作させる。
  • スレッドあたりの消費電力は少なくともFacebookのPHPベースシステムではARMでは少なくて済む。
  • だけれどもIntelは愚かに恐怖すると思うのは数多くものXeonCPUが多大な消費電力のために潜在的に置き換えらることでもなく、それはAtomで勝利することでもない。実際彼らはARMインストラクションセットアーキテクチャがライバルであるとは直接答えなかった。
  • もしFacebookの実験が良い結果になるのなら、データセンター内で同じように置き換えが始まり、価格を圧縮するだろう。
  • 実際のところFacebookは実験ではなくARMに移行し、そしてより先見性のある代替品に置き換えるだろう。
  • この事はデータセンター内で変化し、あなたはその結果をまだ見ることはないだろう。

—-

斜め読み失礼。最近噂のARMベースサーバですか。かつてのmipsやSPARCなど様々なCPUがサーバで動作していた時代に回帰する感じだろうか。
なおTransmetaは省電力サーバとして生き残りをはかろうとして失敗したが、AMDの「Bulldozer」アーキテクチャは一般向けは浮動小数点演算を、サーバ向けは整数演算を重視されるようになると予想を立て各演算コアを分離独立して動作するようなモジュールアーキテクチャを採用している。

8コア/12コアOpteron対応のASUS製マザーが発売 最大で24コア環境も

8コア/12コアOpteron対応のASUS製マザーが発売 最大で24コア環境も アキバ総研より。

これまではTyanSupermicroの選択肢のみでしたが、ASUSからもOpteron6000対応のマザーボードが発売されたようです。

ASUS「KGPE-D16」は、8コア/12コアの 新型Opteron「Opteron 6000シリーズ」に対応したマザーボード。CPUソケットとしてSocket G34を2つ搭載し、最大24コア環境を構築できる。対応フォームファクタはラック型(SSI EEB 3.61)で、チップセットはAMD SR5690+SP5100。

そのほかの主な仕様は、拡張スロットがPCI Express x16×4、PCI Express x8×1、PCI×1、PIKE×1。メモリスロットはDIMM×16で、DDR3-1333/1066/800に対応(最大256GB)。オンボードデ バイスとして、VGA、Serial ATA 3Gbps×6、LAN×3(ギガビットLAN×2、Mgmt LAN×1)、USBなどを搭載する。このほか、SASコネクタ×8(別途PIKEカードが必要)も装備。

PCI-X 64bit 1333MHzポートが存在しないのが個人的には残念。ここ2〜3年はWSクラスのマシンを組んでいないので30万円前後で組んでみたいではある。だがその前にDDR3メモリとAMD Radeon HD5870とDell U2711の購入が先かも。