WesternDigital製HDD WD20EARSの667GBプラッタバージョンを購入

ツクモオンラインショップ よりタイムセールで2TBのWesnternDigital製ハードディスクWD20EARS 667GBプラッタ×3枚バージョンを8,980円で購入した。到着したらUbuntu Lucid Lynx 10.04 マシンの3ware 9500s-12 に接続してRAID6に追加する予定。

なおWD20EARSの従来500Gプラッタと新667GBプラッタの違いは下記の通り。

  • 新667GBプラッタはWD15EARSの外装で基板レイアウトも同じらしい。
  • プラッタ枚数が4枚から3枚に減少。
  • プラッタの軸端にディクスがぶれない様に固定するStableTracが無い(4プラッタのみのため)
  • 消費電力は同じか微増。
  • AFT(Advanced Format Technology)やヘッダ退避機構IntelliPark、省電力機構IntelliPowerは従来と同様。
  • 回転数はIntelliPowerの為可変なので非公開だが、従来と同じ5000RPM前後らしい。

従来RAIDアレイは性能や相性問題回避のため同じメーカー・型番のハードディスクが良いとされていた。

ハードディスクの性能のボトルネックが解消された今、同じ環境で運用しているRAIDアレイで、特定メーカー・型番のハードディスクを集中して利用すると故障原因や平均故障時間が同じように集中しやすいという経験がある。

なので私は適度にメーカーや型番を分散させたハードディスクを利用してRAIDアレイを構築している。

WesternDigital社製WD20EARSのマイナーバージョンアップ製品が登場

WesternDigital社製WD20EARSのマイナーバージョンアップ製品が登場

従来品WD20EARSは500Gプラッタ×4枚にStableStac(プラッタのブレ防止機能)搭載。

新WD20EARSは666Gプラッタ×3枚にStableStac無し。

従来品は既に9,860円〜16,800円の在庫処分として価格が下がっている。WD20EARSの4プラッタ品を10,980円×5台を5月5日に購入してまだRAIDアレイの構築が完了していないのにハードディスクの価格が下がるとorzになる。

私は666Gプラッタ採用は2.5TB(2.3TiB)が6月に登場する予兆とみている(内部資料のロードマップでもそう記載されているし)。HGSTはSAS法人向けで2.5TB〜3TB製品を出すようだし、本格的な動きは6月にあるかも。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのパーティション操作コマンドpartedのバージョンがアップしたのでAFT採用ハードディスクで論理セクタと物理セクタの正常な値が取得できると思っていたが、論理・物理セクタともに512byte/sectorとしが表示されず、エミュレーション経由の値のみで物理セクタの値は取得できなかった。これは今後に期待。