Southern Islands、Kepler、そしてApple A6 プロセッサの謎が解けた Semiaccurate Charlie Demerjian氏

Semiaccurate.com Southern Islands, Kepler, and Apple’s A6 process puzzle outed It all makes sense now By Charlie Demerjian より。

Southern Islands、Kepler、そしてApple A6 プロセッサの謎が解けた

たった今全てが判明する

By Charlie Demerjian

TSMCの28nm HKMGプロセスの最初のかけらは先週のSemiConにて公開され、全てが判明した。ChipworksはXilinx Kinetex-7 FPGAを手に入れ、作業テーブルの上でいくつかの秘密を暴露した。

もしあなたが思い出せるのなら、AMDはSemiAccurateを含む殆どの人々の予想よりもSouthern Islandsチップが早く製造ラインにのり、今四半期にさえ可能であると予測した。その現実的な疑問はそれらのチップがTSMCの40nm SiONもしくは28nm HKMGプロセスのどちらで製造されているかということである。40nm は大きく、熱く、南の島といういよりは火山島を思わせる制限があり、28nm SHP HKMGプロセスは直近の第1四半期まではサポートしないというのが最も良いケースであった。これらのショートストーリーではSouthern Islandsでは使われないということが最もらしいというものである。

28nm LPの名前で知られる28nm SiONをそのまま放置され、低消費電力ARMベースのSoCの為に存続が可能であったが、高い消費電力のGPUでは使えなかった。SiONのジオメトリがリークすることはなかった。Chipworksの良友は、SemiConのブースに入りそのもスターを手に入れた。それらは28nm TSMCプロセスをベースにしたFPGAの一部の情報を手に入れただけだが、それらの発見から何を予測できるのか?並べてみる。

出典: semiaccurate.com

これらのショートストーリーは他のプロセスのことであり、一つは数多く語られていない28nm HPLか28nm 低電力HKMGである。それはXilinxが使用しており、Appleのチップが最もらしく、AMDが確実にほとんどのラインを使用しているだろうということである。もし全ての詳細をホッしているのなら、Chipworksブログ記事を読むと良い。そしてもしレポートを購入したいのなら購入ページに行くと良い。低消費電力プロセスはほとんどの人が思っているほど必要性に意味はなく、単にそのプロセスが高性能プロセスに比べてことのあるスイートスポットを手に入れることができるからである。

私達のニュースソースはTSMC 28nm HPプロセスはこれまでの間あまりうまくいっていないと言い、彼らのスタンスがはっきりしたSemiCon前にチェックしている。二つのプロセスの大きな違いといえば、SiGeはより確実であり、HPプロセスはまた問題を抱えている状況のように見える。

GPUチップにとってに意味のあるプロセスは非常に単純であり、40nm SiONプロセスよりもより良いが、28nm HPプロセスとしてセグメントを統合されることはないだろう。
もしあなたが自分のチップのために使うことができるのなら、AMDはそれらを使うことができるし、あなたはHPプロセスが立ち上がる6ヶ月後まで待つことは出来ないだろう。

最近の第1四半期では多分、Keplerのために28nm HPプロセスラインの一部がが使用されるように見える。一つの関連事項は、低消費電力プロセスは低動作クロックを意味しやすく、Nvidiaはベースクロックの2倍の速度でシェーダーを動作させ、AMDがそれらのことを2倍付近で動作させるだろう。このことはNvidiaのアーキテクチャがまだ固まらない間にAMDが28nm HPLを使うことが可能になる点がキーになるであろう。

ショートストーリーとして、AMDはSouthern Islandsをまもなく登場させ、NvidiaはいくつかのローエンドSIパーツをTSMCの28nm HPプロセスで組むことが可能になるだろう。私達は第3四半期はNvidiaが痛みを伴う経験をするだろうと知っており、そしてその情報は第4四半期の間には繰り返しより鋭くなるであろう。Chipworksに謝意を伝え、私達は今それらのピースがラインナップされるのか知っていることになる。

————

ひさびさなんで変な訳文になって読みにくいです。すみません。これならGoogle翻訳が読みやすいかも。

広告

AMDの次世代GPU Radeon HD6000シリーズのローンチが遅延し、その間にnVidiaはGPU価格を更に下げる

digitimes.com AMD to delay the launch of Radeon HD 6000 series, while Nvidia drops GPU price Monica Chen, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES [Tuesday 28 September 2010] より。

AMDは次世代GPUであるRadeon HD6000シリーズ(Southern Islands)のローンチスケジュールを当初の2010年10月12日から11月に延期したとの情報がグラフィクスカード市場から伝えられた。

複数のニュースソースは、このチャンスを捉えてnVidiaは新しいエントリー向けGPUを10月に既存のGPU価格より切り下げてローンチし市場シェアを取り戻す意向である。

AMDとnVidiaの双方は自身のGPU製品のローンチスケジュールについてコメントを拒否している。

TSMCがGPU向け32nmプロセスのR&Dをスキップし、直接28nmプロセスのR&Dを行うため、AMDは自身の計画を修正し新しいRadeon HD6000シリーズを40nmに合わせて継続することを決定した。だがそのため新GPUの構造とプロセスは既存のHD5000シリーズに近いと市場関係者は新製品は少し保守的な製品になると語っている。

その反応に対し、nVidiaは新しいエントリー向けGPUであるGeforce GT430を10月にローンチする計画であり、Geforce GT220およびGTX460 768MBグラフィクスカードの価格を切り下げることにした。

—-
nVidiaは誰得なGPUカードの価格を下げるんだなw

更新2010年10月2日

dititimesから記事が。2010年10月19日台湾で開催されるAMD’s Technical Forum and Exhibition 2010 でRadeon HD6000シリーズが公開されるとのこと。ここの記事はなんか玉石の差が大きすぎるな。

AMDの次世代GPU「Southern Islands」は実は「Northern Islands」だった? By SemiAccurate Charlie Demerjian氏記事

semiaccurate.com What is AMD’s Northern Islands? A look at what is coming in October by Charlie Demerjian September 6, 2010 より。

最新のやられてしまったことは、AMDがATIを再び切り捨てる(※英文)だけでなくRadeon HD6000シリーズについてだって?このストーリーは長く複雑で、以前まで見えていたことが少しだけいくつかのことがより明快になったことである。

私たちがSemiAccurateとして大変悪かったと謝罪する、それは「Southern Islands」(以下SI)の名前についてである。いいや、SIは本物であり、数カ月前から現在まで「Northern Islands」(以下NI)と呼ばれていた28nmプロセスのチップのことである。日付や機能、そして我々の話したことは置いておいて、ただチップのファミリーネームを入れ替えるだけである。

なぜ?そのことについてはTSMCが非難を受けるべきである。私たちの話しは、AMDが32nmプロセスのNIのテープアウト前にTSMCが32nmプロセスをキャンセル(※英文)した所から始まる。幾人かの人々はそのクソッタレな決定にもちろんカナダ人のような気品あるマナーで大騒ぎしながら暴れたが、あなたは何をすることができた?nVidiaが同じように病気を移されたような発言を行なったが、彼らはテープアウトに近づくことができなくなってしまった。

それは混乱の中からスタートした。32nm NIの一部は「Cozumel」「Kauai」「Ibiza」と呼ばれ(※英文)、それらは突然瞬いた。次の一時しのぎは同じ時期に私たちがSIという名前を聞いたチップについてであり、それはその週占い師に私たちの占いをしてもらった。そのバックアップとして、政府向けHDデコーダボックスが一時しのぎのファミリーとして新しいコードネームを混乱させた。

その一時しのぎのファミリーには最初なんの名前もついていなかったが、その後NI-40と呼ばれるようになり、その後再びNIとだけ呼ばれた。28nmの情報と同じ時期に始まったこれらのことはぷかぷか浮き始め、不幸なことにデコーダがぐずり始めた。私たちはそのファミリーネームを間違ってしまったが、すべてが間違っているわけではない。

内部的に、新しいコードネームとして、「Cayman」「Bats」(※英文)という筋書きが置かれ、その後結局NIラインに再びと称された。私にまだ何かある?もしそうじゃないのなら、いいだろう、わたしはまた間違ってしまった。ともかくそれは私たちが困惑した部分であり理由である。

「Barts」はNIファミリであり、なぜそれらが?ええと、それらは実に単純で、彼らは本気になって「Evergreen」ファミリーをやり直している。その大幅な変化はシェーダー内に秘密があり、それらは4つのシンプルシェーダに1つの複合スシェーダの組み合わせから4つの同じ機能(※ミディアム)の複合シェーダになった。これはの圧倒的な演算量を単純な演算を行う古い方法より遅くならないようにするべきであるが、複合命令(※VLIWのことか?)のほとんどはまた高速に動作する。

その理由として新しい「均等な機能」のシェーダは組み合わせて同じ時間に一つのことしか行うことができないと要約することができるが、それら以上のことがあり、彼らはシェーダ数をより多く入れることができた。かつてGPUはマシンのスループットに支配され、デバイスのレイテンシには行き着かなかったがあなたはその違いを確認できず、それはいくつかの種類の命令がより速く動作するようになっただけであろう。

それらは多分構造的なものか2倍ほど少しだけ遅くなるが、サンプル品のリークがまもなく浮いているサイドデッキの攻撃店を探している。nVidiaがCESでFermiがHeaven benchmarkで多くの箇所でHD5870よりも速いことをプレゼンテーションしていたことを思い出せるか?売上や地位がどのようにして追われたか(※英文)を覚えているか?本物のベンチマーク数値を待って、絶望的に早口のビッググリーンFUD砲(※nVidia広報部によるネガティブキャンペーンのこと)について心配する必要はない。

かつてのシェーダ数は従来のグループの80%となり、いくらかスペースを削減でき、AMDが長い時間かけて最適化したスペースを上部に持ってきている。下部にはわずかばかり大きくなったシェーダがあるが、最終的な結果は従来の4+1シェーダグループよりも新しい4シェーダクラスタがよりスペースが小さく、より速くなる。

アンコア部、もしくは少なくともシェーダ以外も同じように強化され、それは特に強調すべき効果的な強化となっている。最終結果、シェーダの活用の非常に役立つことになり、性能はそれらによりまた増加されている。いくつかのシェーダグループが投入され、NIファミリーは特筆すべき性能向上となる。

HD6000シリーズがローンチされるのは何時かって?それは10月12日であるという噂があちこちで流布しているが、それはローンチ日ではない。10月12日には、HD6000シリーズ関連のイベントが行われるが、それはスケジュール上10月25日の±1日〜2日までカードは販売されないだろう。

その時何がローンチされるのかって?現在AMDがラインナップの穴を開けている175ドル〜250ドルレンジの商品からローンチされ、そこには仮定としてHD6700シリーズがあてられるだろう。驚くべきちょっとした偶然で、それは最初にローンチされることは確実で、その後すぐにHD6800およびHD6900シリーズがそれに続く。2011年初頭には、エントリー向けカードがあとからラインナップに埋められ、そしてそれらはローンチを完了するだろう。28nmプロセスがやってくるまでは。そのとき本当に興味深いことになる。

近い将来に話を戻すと、HD6000シリーズのローンチは基本的に市場に存在するnVidiaのチャンスを埋没させてしまうだろう。緑色のチームはすでに現在のAMD Radeon HD5000シリーズより高コスト構造になっており、最後の手段として、価格下落およびキックバックにより現在の活気のない売上に成功をもたらす必要がある。AMDはその間常に最高価格を維持し続けているが、HD5700シリーズは少しだけゆっくりと値を下げている。

あたかもAMDが部屋に入り込んで彼らの新しいチップをPCのスロットに挿入するようにnVidiaの希望と夢に酷い仕打ちをするだろう。事実、AMDがしていることは確実にnVidiaの儲ける必要のある利益を破壊しており、同じ時期にAMDの在庫は空になっている。

AMDは現在HD5000シリーズを運転席に載せており、nVidiaの競合製品であるGTX400シリーズを2週間以内でHD6000シリーズに置き換えることを実行するだろう。AMDはHD6000シリーズのラインナップが完全に揃うまでの間、開いた穴を従来製品の値下げで対応することができるが、その間、nVidiaは何の反応もできない。

AMDはDirectX11へ最初に対応する競争にHD5000シリーズでたやすくnVidiaに勝利した。HD6000シリーズでは、かれらはより多くの利益と経営状況、そして性能で2度勝利するだろう。TSMCの28nmプロセスが始まるまではnVidiaには何のチャンスもない。しかしその情報は既に少しずつ漏れだしていて、それらことからほんの少しも罵倒されることは予測できない。

—-

Charlie反省文w。この文のすこしまとまりのない部分はvr-zone.comでわかりやすく整理され解説されているが、残念なことにスペースが足りないため翻訳することができない Byフェルマー w。

AMDの次世代GPU「Southern Islands」ファミリーの「Cayman」と「Caicos」の写真がリーク?

vr-zone.com AMD Cayman and Caicos Pictures Leaked Published on Monday, September 6 2010 4:57 pm by Sub より。

「Cayman」と「Caicos」のエンジニアサンプリング品の画像がChiphellによってリークされた。最初のリークは「Cayman XT」である。いくつかの噂ではRadeon HD6870として製品化されると言われている。パット見、「Cayman XT」サンプル品はサイドに赤い稲妻を模したラインが引かれ、Radeon HD5870に非常によく似ているように見える。このカードは5つのディスプレイインターフェースが特徴である。

その他にリークした画像は「Caicos」で、噂ではRadeon HD6300シリーズとして製品化されると言われている。このサンプル品はロープロファイルでヒートシンクのみで、スモールケースやHTPC向けだと思われる。Radeon HD6000シリーズのエントリー向けカードは1GBのDDR3メモリで64bitメモリインターフェース以上である。コアクロックは650MHz、メモリクロックは800MHzと言及されている。Fusion世代の最初のアプローチとして、AMDはエントリー向けディスクリートGPUカードの商品化を諦めていない。

強く言及するが、これらは単にエンジニアリングサンプル品であり、最終製品バージョンとは確実に異なる。

参照元 : Chiphell, Chiphell

—-

とうとうAMDの次世代GPU「Southern Islands」のカード写真のリークが始まった。ATIロゴがシロッコファンに貼られているのは、AMDが最近ATIブランドを終息させたことに関連しそれ以前にGPUカードが配布されていたことを示唆している。

うわさ nVidia Geforce GT430は10月12日にリリースされる? ただしその頃にはRadeon HD6700が…

vr-zone.com [Rumour] NVIDIA GeForce GT 430 releasing October 12th Published on Tuesday, August 31 2010 9:32 pm by Sub より。

概要として、

  • 9月13日にnVidiaからGeforce GTS450がリリースされるが、10月13日にGT430がリリースされるらしい。
  • GT430はGF108ベースのGF100(Fermi)アーキテクチャの下位向けチップ。
  • 1GBのGDDR3メモリ、128bit以上のメモリ接続、細かい詳細は不明だがストリームプロセッサ数は96と思われる。
  • 情報はトルコのDonanimhaberから。
  • GF430の性能は前世代のGT220とGT240の間らしい。
  • 価格は長い間100ドル以下と言われていたが、実際100ドルを下回りそう。
  • GT240のGDDR5バージョンが現在70ドル〜80ドルの範囲。
  • もちろんDirectX11はサポートされているが、既にその価格層にはAMD Radeon HD5670があり、GT240より遅いGT430では勝負にならない。
  • 既に競合相手としてRadeon HD6700が10月中旬に登場する予定である。

参照元:Donanimhaber

—-

もうnVidia Geforce GF100の下位製品なんて興味無いw

うわさ AMD Radeon HD6700シリーズは256bitでリリースされる? HD5770〜HD5850間の製品ギャップを解消

vr-zone.com [Rumour] AMD Radeon HD 6700 Series to feature 256-bit memory Published on Wednesday, September 1 2010 5:27 pm by Sub より。

概要として、

  • 情報はトルコのDonanimhaberから。
  • AMD Radeon HD6700シリーズは256bitメモリインターフェースを特徴とする。
  • これは現行のHD5700の128bitの倍のバス幅である。
  • HD5700とHD5800では致命的な性能差がある。そのために一番性能の悪いHD5830がそのギャップを埋めていた。
  • AMDはメインストリーム向けGPUのx700番台を高性能のx800番台に近づけるため性能を上げることを決定した。
  • HD6700シリーズは予想として、比較的遅いメモリクロックである1200MHzか現在のHD5800シリーズと同じクロックになるだろう。
  • そしてHD6800シリーズは非常に早い1600MHzになるだろう。この速度は典型的なnVidia Geforce 400シリーズのGPUカードの2倍近い速度である。
  • 速度が速くなったHD6700シリーズがHD6000ファミリ全体に与える影響としていくつか挙げられる。
  • 一つは、現在HD5400、HD5500シリーズが位置している70ドル〜100ドルの市場をつかみとることになる。
  • そしてHD6600シリーズが現在のHD5700シリーズの低価格向けチップを置き換えることになるだろう。
  • またHD6700シリーズはHD5770やHD5830を置き換えるだろう。
  • AMDは現在のHD5000シリーズが抱えている150ドル〜300ドルの価格層向けの製品ギャップをたった一つの低性能の製品で埋めることを望んでいない。
  • HD6700はHD5000シリーズのスイートスポットである180ドル〜250ドルの価格層向け製品に新たな選択肢を提供する。
  • Radeon HD6700カードが登場するまで1ヶ月ちょっとである。リリーススケジュールは10月13日。

参照元:Donanimhaber

—-

この分析は面白い。HD5830が位置する価格層を拡充するというAMDの戦略が見て取れる。

うわさ Radeon HD6870はシングルGPU最速のベンチマークスコアをたたき出す?

vr-zone.com More Radeon HD 6870 Benchmarks Leaked Published on Monday, August 30 2010 12:30 am by Sub より。

概要として、

  • Radeon HD6870のベンチマーク情報が追加で中国のサイトから流れた。
  • 前回の3DMark VantageのスコアはX12092とデュアルGPUのRadeon HD5970に近いスコアであった。
  • パフォーマンススコアはP24499とnVidia Geforce GTX480より20%高い。
  • 今回はCrysisと Unigine’s Heaven Benchmarkの二つのスコア。
  • CrysisはVery High設定で1980×1200 4xAAでは29.57〜43.55FPS。IQ設定もHighの状態。
  • Radeon HD6870の「最低」のFPSはRadeon HD5870やGeforce GTX480の「平均」のFPSと同じ値。
  • Unigine’s Heaven テッセレーションはRadeon HD5000シリーズの大きな弱点の一つであった。
  • Geforce GTX400はテッセレーションでは非常に良いスコアをたたき出す。GTX480はHD5870に比べ75%も早い。
  • Unigine’s Heavenの1920×1200 4xAA Extreme設定ではGTX480は900+、HD5870は500+のスコア。
  • だがRadeon HD6870は驚異の922のスコアである。
  • だが前述二つのGPUのスコアはUnigine’s Heaven 2.0で、HD6870はUnigine’s Heaven 2.1である。
  • AMDは真剣にテッセレーションの性能を克服している。
  • もしこれらの数字が本当なら、一般的な予想の範囲を超える。
  • Radeon HD6870はシングルGPUで最速に位置するが、AMDの戦略はスモールダイサイズ/デュアルGPUなのである。
  • すべてのスクリーンショットはPCinlife(※中文)にある。

—-

AMD、GPU関連ではIntelとnVidiaに対して容赦ないなw

うわさ AMD Radeon HD6870の3DMark Vantageのベンチマークがリークした?

vr-zone.com Alleged ATI Radeon HD 6870 3DMark Vantage Benchmark leaked Published on Friday, August 27 2010 1:58 pm by Sub より。

うわさ AMD Radeon HD6870の3DMark Vantageのベンチマークがリークした?

概要として、

  • GPU-Zの表示は HD6870である。
  • 3DMark VantageのRadeon HD6870のスコアは X11963。
  • Geforce GTX480はX10000以下。
  • Radeon HD5870はX9000ぐらい。
  • GPU-ZではGPU IDは6178。この事からコードネームは「Cayman XT」かも。
  • あくまでもうわさレベルだから。

—-

私の勝手な妄想では、すでにHD6000シリーズはカードベンダーやゲームディベロッパーにES品が配布されていると考えているが、そろそろHD6000シリーズのリーク情報が出回るだろうか。

AMD/ATI デバイスドライバCatalyst10.8に次世代GPU「Southern Islands」のコードネームが記載されている。

ATI Southern Islands codenames spotted in Catalyst 10.8 Published on Thursday, August 26 2010 1:48 pm by Sub より。

AMD/ATI デバイスドライバCatalyst10.8に次世代GPU「Southern Islands」のコードネームが記載されている。

AMDの最新ドライバCatalyst10.8がリリースされ、大量の性能向上を提供し、最新のブラウザに搭載されている3D表示を行うライブラリWebGLアクセラレーションで使用されるOpenGL ES2.0など新しい機能が提供されている。だけれどもCatalyst10.8にはまたいくつかの新しいコードネーム群がリストされており、それは次世代GPU「Southern Islands」製品に言及していると観るのが最も適切である。大変興味深いことに、すべてのコードネームには接頭辞として「NI」が使われており、次次世代GPU「Northern Islands」を思わせる。いくつかの暴露されたコードネームは「Cayman」「Antilles」「Blackcomb」である。
以下にそのリストを記載する。

223,CAYMAN GL XT (6700),NI CAYMAN
224,CAYMAN GL XT (6701),NI CAYMAN
225,CAYMAN GL XT (6702),NI CAYMAN
226,CAYMAN GL XT (6703),NI CAYMAN
227,CAYMAN GL PRO (6704),NI CAYMAN
228,CAYMAN GL PRO (6705),NI CAYMAN
229,CAYMAN GL (6706),NI CAYMAN
230,CAYMAN GL LE (6707),NI CAYMAN
231,CAYMAN GL (6708),NI CAYMAN
232,CAYMAN GL (6709),NI CAYMAN
233,CAYMAN XT (6718),NI CAYMAN
234,CAYMAN PRO (6719),NI CAYMAN
235,ANTILLES PRO (671C),NI CAYMAN
236,ANTILLES XT (671D),NI CAYMAN
237,BLACKCOMB XT/PRO (6720),NI BLACKCOMB
238,BLACKCOMB LP (6721),NI BLACKCOMB
239,BLACKCOMB XT/PRO Gemini (6724),NI BLACKCOMB
240,BLACKCOMB LP Gemini (6725),NI BLACKCOMB
241,BARTS GL XT (6728),NI BARTS
242,BARTS GL PRO (6729),NI BARTS
243,BARTS XT (6738),NI BARTS
244,BARTS PRO (6739),NI BARTS
245,WHISTLER XT (6740),NI WHISTLER
246,WHISTLER PRO/LP (6741),NI WHISTLER
247,WHISTLER XT/PRO Gemini (6744),NI WHISTLER
248,WHISTLER LP Gemini (6745),NI WHISTLER
249,ONEGA (6750),NI TURKS
250,TURKS XT (6758),NI TURKS
251,TURKS PRO (6759),NI TURKS
252,SEYMOUR XT/PRO (6760),NI SEYMOUR
253,SEYMOUR LP (6761),NI SEYMOUR
254,SEYMOUR XT/PRO Gemini (6764),NI SEYMOUR
255,SEYMOUR LP Gemini (6765),NI SEYMOUR
256,CAICOS GL PRO (6768),NI CAICOS
257,CASPIAN PRO (6770),NI CAICOS
258,CAICOS PRO (6779),NI CAICOS

最も多く記載されているコードネームは「Cayman」である。ほとんどは「Cayman」ベースのカードだが、接尾辞に「GL」がついており、暗に「FirePro」製品をほのめかしている。「Cayman XT」及び「Cayman Pro」が含まれているが、それはデスクトップ向け製品だと思われる。次に「Antilles Pro」及び「Antilles XT」は「Cayman」の下のクラスの製品である。それは「Cayman」のノートPC向け製品であると思われる。

次は「Blackcomb」だが、4つと6つの派生物が見て取れる。「Blackcomb XT/PRO」そして「Blackcomb LP」である。コードネームがXT、PROそしてLE(例えば、HD5870、HD5850、HD5830はCypress XT、Cypress PRO、Cypress LEと対応している)が見て取れる。LEはLPの置き換えだという可能性があるが、LPはまた「LowPower(低消費電力)」を表す。最も興味深いことは「Blackcomb」製品群と同じ「Gemini」バージョンがあることであり、それは間違いなくデュアルGPUを表している。

「Barts」は私たちがそれについて聞いたことのある別のコードネームである。それは「GL/FirePro」形式で書かれており、「Barts XT」および「Barts Pro」も同じようにはデスクトップPC及びノートPC向けである可能性がある。

次は「Whistler」である。「Blackcomb」に近く、XT/Pro、LPそしてGeminiバージョンという点は同じである。

次の下位クラスは「Turks」であり、「Onega」とも表記され、「Turks XT」「Turks PRO」である。「Seymour」は「Blackcomb」や「Whistler」と同様にXT/Pro、LP及びGeminiバージョンがある。

最後に、「Caicos」は「Caicos GL PRO」、「Caicos PRO」である。「Turks」のように「Caicos」はクラス内の2番目のコードネームである。

大量のコードネームが記載されたのはこれが初めてのことである。総合的に見て私たちは7つのサブクラスと10種類のコードネームを知った。また3つのコードネームはデュアルGPUを表しており、それは一つ以上であると推測される(一つはデスクトップPC向け、一つはノートPC向け)。デスクトップ、ワークステーション、ノートPCに加えて、確実に組込み向けおよびFireStream製品群の記述がされている。また10のコードネーム群は数が多く、それらは一つの世代をカバーし置き換えることを示唆しているか、または二つの世代の製品について記載されているのだろう。それはすべてのコードネームを「Southern Islands」で置き換えられず、「Norhtern Islands」がいくつか含まれている。

大変興味深いことに、ほとんどのコードネームは西インド諸島にある島々を指している。地理位置的に、これらの「Cayman」島(「Antilles」諸島に属している)、「Barts」島、「Turks」島、「Caicos」島、「Seymour」島は実在の「Southern Islands」であり、最も南に位置している。「Northern Islands」に属する島は、「Whistler/Blackcomb」と名付けられた島は「Whistler」島と「Blackcomb」島のみである。ちなみにMicrosoftによってそれらのコードネームは以前使われていた。上記の「Whistler」と「Blackcomb」「Caicos」は一緒に名付けられ、それらは同じチップの派生物(多分デスクトップ及びノートPC向け)であることを示唆している。これらの地理的な分類は逸話によってであり、彼らがいくつか考えた結果であると思われる。

私たちは「Southern Islands」リリースに徐々に近づいており、それらについて重要な僅かなことがわかった。コードネームは多くをばらすことはないが、AMDが大変多くの異なるGPUを開発していることを公開している。今回誰でもコードネームによりそれらの製品予想を語ることができる。

—-
これらのことから推論すると、既にカードベンダーやゲームディベロッパーには「Southern Islands」のES品は配布されている可能性がある。実際現在の「Evergreen」Radeon HD5000シリーズは2009年7月には配布されていたとの情報があるし。

うわさ nVidiaがGF108ベースのGeforce GT430を2010年9月中に投入する? ニュース元 Fudzilla

vr-zone.com [Rumour] NVIDIA preparing GeForce GT 430 Published on Monday, August 23 2010 7:15 pm by Sub より。

うわさ nVidiaがGeforce GT430を準備中?

by Sub

2010年8月23日

nVidiaの次の製品リリースは9月13日のGF106ベースであるGeforce GTS450(※英文)だと広く信じられている。FudzillaはnVidiaは派生物であるGT430を準備しているとレポートしている。興味深いことに、彼らはまたGTS450に言及している。これはGTS450との違いがあるかどうか、新しいリネーム製品なのか、または単純にタイプミスなのかもしれない。GT430は100ドル未満市場をターゲットとしたGF108ベースであると考えるのが最も適切であろう。

GT430のコアクロックは700MHzである。私たちはシェーダクロックを1,400MHzと予想しているが、シェーダ数は不明なままである。96ストリームプロセッサ数はかつてGF108のうわさで流れた数である。メモリインターフェースは128bitでメモリクロックは900MHzである。メモリ規格がGDDR3かGDDR5かどうかは言及されていない。

GT430のチップサイズは29mm×29mmと言及されており、それは841mm^2と同じであり、それは確実に間違っている。多分これはチップのみのサイズではなくダイパッケージを含んだ全体のサイズと考えるのが適当であろう。GF108は以前に130mm^2と見積もられている(※英文)。

nVidiaはうわさでは製品ラインにいくつかのカードを追加するようだ。 512ストリームプロセッサのGF100や、SPをすべて動作可能にしたGF104、デュアルGF104、2種類のGF106そして最後にGF108である。もし彼らが残りが見えるのならリリースするのであろう。GT430はGTS450の後にリリースするであろう。その場合は私たちは10月から11月の時間枠の中で行われると予測している。

参照元: Fudzilla

—-

いまあちこちで出回っているnVidia Geforce GT430についてのニュースの分析である。ソース元がFudzillaなので話半分で読んで
2010年10月にはAMDの次世代GPU「Southern Islands」HD6000シリーズが登場するといううわさもあるがnVidia大丈夫か?