何故IntelはMcAfeeを買収したのか Semiaccurate.com By Charlie Demerjian氏

semiaccurate.com Why Intel bought McAfee Nothing to do with security by Charlie Demerjian August 20, 2010 より。

何故IntelはMcAfeeを買収したのか

セキュリティと一緒でも何もできない

by Charlie Demerjian

2010年8月20日

IntelのMcAfee買収は素晴らしい相乗効果を生み出し、会社に従う誰もが数多くの同意をしている。そのことについて数多くの意見に反しているが、セキュリティと一緒で七にもできないのである。

Intelの現在の本拠地は企業向けコンピュータ、デスクトップPC、ノートPC、そしてサーバであり、「Best Buy(アメリカの家電製品ディスカウントショップ)」セットの為に必要なマシンは無い。AMDは20%前後の市場シェアを擁しているが、その大部分は彼らが所有している市場の20%以下である。これは両方の会社に販売したチップの平均小売価格に跳ね返ってくる。企業向けには価値で買い物をする傾向があり、一般消費者は価格で買い物をする傾向がある。IntelのMcAfee買収は演出できる価値を付け加える。

その付加価値はセキュリティではなく、私はIntelがまもなくかつてよりむしろMcAfeeの部門を削ぎ落し始めるだろうと予測している。Intelは管理しやすいソフトウエアとしてMcAfeeを買収し、特にVpro/AMT(※IntelのPC管理システムのこと。管理者による遠隔操作やソフトウエアバージョン管理、インストール状況をネットワーク経由で一元管理できる技術)との統合を目指している。彼らは中規模の市場への売り込みのあと、Fortune500リスト企業向けの大規模パッケージを販売する。Intelは今HPやDell、IBMの管理ソリューションに焦点を合わせ競合するつもりであり、それは彼らに好意的な会社を含む数多くの摩擦を引き起こすであろう。

だがどのように彼らの76億8,000万ドルもの買収金額に貢献するだろうか?簡単である。彼らはこの合併が成功した場合またたく間に売上に貢献するだろう。Intelは大きな会社に人を送り込んでこう言う、「もしあなたがたが『ナンダカヨクワカラナイ』チップセットを買うのなら、あなたはより上位CPUを手に入れられる。もしあなたが『ナンダカヨクワカラナイ+2』を買うならばVpro/AMTを付け加えられたより上位のCPUを手に入れられるだろう。Vpro/AMTはあなたがたのPCのを管理するのに、医療保険の相互運用性と責任に関する法律や、SOX法、ボツリヌス菌毒による顔のしわ取り施術やタリバンのイスラム法42番などからVpro無しマシンに比べて3分の1のコストで実現する。

かつて管理はPCを所有する上乗せされるコストとして素早く対抗する力であり、これは難しい販売ではない。もしあなたが同じスピードの『ナンダカヨクワカラナイ』と『ナンダカヨクワカラナイ+2』チップセットの価格に違いに気づいたのなら、ほんの少しのドルであり、それはたった25ドルと書かれているだろう。それらの二つのチップの間の違いは100%人為的なものであり、まったくもって単純な茶色いヒューズであり、Intelのコストは0ドルであり、プラスもマイナスもない。

本質的にもし彼らがあなたに+2チップを高額で売りつけることが出来たら、あなたはIntelの年間2億ドルのチップ売上に加担することになり、そして25%の割合で高額で売りつけられたチップに加担しており、あなたは52億5,000万ドルの追加利益を見て取れるだろう。もしMcAfeeが高額で売りつけるきっかけを作ることができるのなら、それはまたたく間にペイするだろう。この相乗効果は計り知れない。

ちょっとしたメモとして、IntelはアンチウィルスプログラムをVpro/AMT 1.0で動作させようと試行し、無様にも失敗した。その考えは単純であり、あなたは画面上に文字が飛び回ったり
それらがCPUやメモリを乗っ取る前に危害をもたらすコードを遮断するフィルタをチップセットで実行させようということである。その考えは明快でシャレているが、Intelの管理者には「誤検出」という文言を理解していなかった様に見える。結果得られるものに、かれらはそれについてそれ以上話そうとせず、いくつかの良識ある人々は黙り込む。家に帰るよう促されているメッセージには、ハードウエアはセキュリティにとって合わない場所であると書かれている。

最後に、InteのMcAfee買収には非の打ち所のない判断力を感じさせ、市場の最も儲かる部分と全体的に相乗効果をもたらし、そしてとても素早く動いている。それは自身の非常に短い注文のためにお金を支払い、そして企業向けコンピュータ分野の勢力図を書き換える非常に良いチャンスである。それはまたDellやHP、IBMやいくつかの巨大なソフトウエア会社に砂をかけることになるだろう。それが表しているたった一つの出来事は何者にもセキュリティ向上は行わせられないといういことである。

ノート:もしあなたが自身のPCをよりセキュリティを向上させ安全にしたい場合、あなたはSemiAccurate提供の簡単なセキュリティロックダウンチェックリストを使うことでセキュリティ問題の99%を排除することができる。

セキュリティロックダウンチェックリスト 開始

ステップ1:□Windowsを廃棄する

セキュリティロックダウンチェックリスト 終了

—-

ワロタ。Intelにとって何でもいいから1ドルでも付加価値となる文言が追加できるチップなら数百万ドルの利益になるということか。

メモリ4Gbps時代へと向かう次世代メモリDDR4 接続バス方法が変更

pc.watch.impress.co.jp 後藤弘茂のWeekly海外ニュース メモリ4Gbps時代へと向かう次世代メモリDDR4

semiaccurate.com DDR4 not expected until 2015 Should start in excess of 2.1GHz by Lars-Göran Nilsson August 16, 2010 より。

概要として、

  • DDR3メモリの次世代DDR4メモリは2012年から2,133Mbpsの速度でスタート。
  • そのため2,133Mbpsから4,266Mbps(4.266Gbps)の転送レートを目指す。
  • DDR3メモリもそれに合わせ高クロックにシフトし、1,866Mbps〜2,133Mbpsになる。
  • そのためDDR4メモリの1,600Mbpsはサーバ・デスクトップ共にスルーされる。
  • 接続方法も従来の1チャネルのメモリコントローラに複数DIMMを接続可能なマルチドロップパスから1チャネルに付き1DIMMというポイントツーポイント接続となる。
  • 結果として接続できるDIMMが減ってしまうため、高価なスイッチングコントローラを搭載するかメモリチップの積層化を行う。
  • またDDR4メモリ駆動電圧は1.2Vから始まるが1.1Vや1.05Vも視野に入れている。

半導体チップの積層化(3次元化)はいつもニュースで耳にするが大量生産に対応できるのだろうか?

うわさ IntelのGPU統合型CPU「Sandy Bridge」向けLGA-2011「Patsburg」チップセットはちょっとした驚きがあるかも

semiaccurate.com Intel’s Patsburg chipset comes with a few unexpected surprises Many not set in stone yet by Lars-Göran Nilsson August 12, 2010 より。

IntelのPatsburgチップセットはちょっとした驚きがあるかも

by Lars-Göran Nilsson

2010年8月12日

概要は下記の通り。。

  • 「Patsburg」チップセットは、GPU統合型CPU「Sandy Bridge」LGA-2011プロセッサ用のチップセット。
  • Intelは伝統的にデスクトップ向けとサーバ向けCPU「Xeon」向けは別々に開発している。
  • だが「Patsburg」チップセットはハイエンドデスクトップ及びミドルレンジサーバ向けとして発表されるかも。
  • そしてPCI ExpressコントローラはCPU内で別チップとして移動するかも。
  • LGA-2011は現在のLGA-1155とは違い、PCI Express 3.0対応を特徴とする。
  • AMDの次世代GPU「Southern Islands」ではPCi Express 3.0に対応する。
  • Intelのストレージインターフェースは10ポート 6Gbps SAS対応SATAを予定しているが、今のところSemiAccurateは新しいチップセットでは2〜3個の6Gbps SATAポート、3GbpsのSATA6個、そして6個のSASポートがチップセット内に独立したコントローラで接続されると見ている。
  • さらにIntelは4つのメモリーコントローラを提供し、さらに「Sandy Bridge」LGA-2011ではメモリ性能が劇的に改善された新しいリングバスを採用するとのこと。
  • CPUは多分QPIバスを利用するだろう。それはLGA-1155プラットホームの2倍のバス帯域を実現するだろう。
  • このことはデスクトップ向けと1チップXeon向けと同じチップセットをIntelが使用することを想像させる。
  • 4つのメモリスロットに15個のSATA/SASコネクタをマザーボードで提供し、EATX向けとしてはメモリスロットが少ない(EATXでは8スロットが一般的)。ATXではメモリスロットは4つだろう。
  • とりあえず信頼できる筋からのうわさだからね。

—-

斜め読みしたので間違いがあるかと。

PCI Express 3.0のバス帯域を実現するためにもチップセットバスをQPIを採用する必要がある点と、メモリコントローラも帯域性能重視でリングバスを採用するかもと言う点が重要かと。メモリがリングバス接続ということでレイテンシが気になるところ。IntelのCPUとAMDのディスクリートGPUは相性が良いw。

うわさ nVidiaの携帯端末向けSystem On Chips「Tegra 3」がテープアウトしたそうだが採用する会社はあるのか?

semiaccurate.com Tegra 3 tapes out Expect the same success as the last two by Charlie Demerjian August 12, 2010 より。

nVidiaの携帯端末向けSoC(System On Chips)の「Tegra 3」がテープアウト(製造工場へ設計図を送り生産工程に入ること)したとのこと。

概要は、

  • 「Tegra 3」はT30とも呼ばれ、製品出荷は2011年中頃になると予想される。
  • 「Tegra 1」はMicrosoftのKinやZune HDで採用されたが販売終了か販売が伸び悩んでいる。
  • 「Tegra 2」はおそらくSonyのPSP2に向けて採用候補らしいが消費電力が大きい問題を解決できないままとのうわさ。価格を30ドル中頃から10~15ドルにディスカウントしているが誰も採用していない。
  • nVidia広報部はこれからも自社製品採用獲得を伝えるが、顧客からの採用キャンセルのニュースを聴き続けるだろう。

あとはいつものCharlieのようにnVidiaをディスっているw。消費電力等の大幅な改善はTegra 3以降といううわさもあるので事業としては継続する意志はある模様。ちなみにCEOのジェンスン・ファンが「Dual Core Tegra 2」というおそろしい製品のことについて語ったインタビューがある。

Intelのより汚いうわさ話はFTCによって綺麗にされた。SemiAccurateのCharlie Demerjian氏記事パート3翻訳

semiaccurate.com More Intel dirt cleaned by the FTC Part 3: Disclosures, burdens of proof, and compilers by Charlie Demerjian August 6, 2010 より。

パート1パート2はこちらから。

Intelのより汚いうわさ話はFTCによって綺麗にされた

パート3 情報公開、証拠の数々、そしてコンパイラ

by Charlie Demerjian

2010年8月6日

SemiAccurateの最後のパートはIntelとFTCの和解文で、Intelに対する最も悪い告発の数々の分析について見ていく。コンパイラでの偽装、技術的な開放性、そして監視について。Intelはこれらのいくつかの改善措置を深刻なまでに骨抜きにさせることが出来た。またそれにもかかわらず更に悪いことに、Intel自身が骨抜きにされてしまった。

■数々の変化、手錠そして証拠の数々

セクションVでは最も興味深いもののの一つに、Intelに対しいくつかの重大な手錠をはめている。底に光が届くことがないくらい充分な深さの穴を掘ることをIntelに強要させられている事すべてである。そしてIntelはそこに座って笑っている。セクションVは、Intelはいつでも、つまり他の競合相手の製品性能を低下させる事がIntelが技術的に有益な目的であるとされているという証明をする必要があり、いかなる場合も変革させると述べている。

nVidiaのGPU製品を骨抜きにしたPCI Expressバスの変更について覚えているだろうか。よろしい、もし再び発生した場合、Intelによって証拠の隠蔽が現在も行われている。母めんどりが神経質にすべてのRed Bull(※清涼飲料水)から動き回って、そして誰かにぶつかるようさがしている最中である。それも強烈に。Intelはその穴から抜け出す必要があり、精神安定剤をめんどりに与え、そして結果踊り出す。それも素早く。そしてそれをしている間かっこよく見せて、そして強くぶち当たる。

このパートは大変不運にも結構な何かをすることができ、Intelを弱気にさせている。もしあなたがIBMで起こったことを思い起こせるのなら、幾人かは罰を与えるのは正当であるといい、IBMがそれらの有名な同意判決を受けた時、同じ事がIntelにも起こっているだけである。もしIntelがそれの2番目を推測し始めるとき、素早くイノベーションを止め、製品群は劣化していく。Intelは競合相手の喉元を素早く欠き切ることができ、そしてそれは非常に恥ずべきことであろう。

だけどもあなたはそれについて嘆いている人々についてAMDやVIA、nVidiaから見つけられないだろう。ほとんどのIntelの競合会社や多くの味方がこれは半導体業界の怪獣の運命からはあまりにも甘すぎるとあなたに語るだろう。Intelは高い確率で同意しないが、これは信じるか信じないかにかかわらず彼らの同意文章であり、同じ場所で終わろうとするダラダラと長期化した法的な戦いに比べればより良いかまたは悪くなる。実際のところ非常に悪くなるように見える。もし何かがIntelの息の根を止め、それがそうなるだろう時、ほかにはただ彼らは文章をチェックし記載するだけである。数十億ドルがここにあり、実際の痛みはなく、ただ野球バットと一緒の母めんどりがいるだけである。

■情報公開と開放性

パートVIに移動して、私たちは情報公開同意について集中するが、同意文章の重要点は他にある。それは原則としてIntelが競合会社にロードマップ(製品計画)やその製品のインターフェースの技術的な詳細を与えるよう命ずる。いくつかの事柄が語られていないが、いくつかのことがより正確で桁外れなことが指示された。

パートVIのA項目中で、Intelは不確かで惑わすようなロードマップを提供してはいけないと言っている。これは重要な要点の中心で、Intelはこれらのことを誠実に実行すべきであると長大な文章量で述べている。これは言わば「目に刺してはいけない」とフォークの警告ラベルのようなもので、あなたはこのような冗長な情報開示が促されていることに疑問を持つ必要がある。けれどもこれらの事柄についてIntelは昔からそのようなプレイをしており、それらはこれからも行われ、間違いを犯すだろう。現代ビジネスとはそのようなものだ。

さらに付け加えて、IntelはNDA(機密保持契約)に従った競合相手に4年以上に渡ってインターフェースの詳細すべてのロードマップを発表する必要がある。それに加え、Intelはそのロードマップとインターフェースについていかなる質問にも誠実に答える必要があり、時間的なマナーを守りながら。Intelは競合相手にサンプルや更新情報、何であれ彼らが合法的なビジネスを目的にしたくない事を提供する必要はない。

パートVIのB項目3には一つのことが突出しているが、その文章はこうだ…「接続が必要な関連するGPUチップを競合会社が開発し、そしてそれが接続する能力があるなら要求されたインターフェースで接続されたメインストリームマイクロプロセッサであると記載する」だれがこの同意文章のセクションについて提案したのかに関して推測できるだろうか?

■コンパイラと汚い仕掛け

パートVIIではすべてコンパイラについて記載されており、それはIntelが否定しているが、すべての人が彼らが行なっていることを知っているすべての事柄についてIntelを非難している。それは要するにいくつかのIntel製品群によく管理されたヨーロッパのタバコのパッケージのようにみえる注意書きが搭載されている。さらにIntelの出資によってIntelのコンパイラで再コンパイルされたソフトウエアの数値に騙された人々の山を築き上げている。

これについてはAMDとの和解文のなかで触れられいているが、解決策はシンプルで、Intelは彼らが自分たちのコンパイラでできることをすることが可能だが、彼らはそのコンパイラが如何なる他の製造会社のCPUのために最適化しないだろうと強調して述べなければならない。Intelはそのコンパイラを利用するすべての顧客に尋ねる必要があり、彼らのコンパイラが金津氏も公平である必要はないと指摘できないか暗に伝えることはできない。あなたは何故具体的に声をあげて伝えないのだろうかと不思議に思う必要がある。

いや、実際のところあなたは不思議に思う必要はないかもしれない。Intelが平たく否定する背景として、IntelのコンパイラはIntel製ではないCPUでは彼らの流儀で最適化されなくなる。Intelはそれをすべての競合他社性の製品と自分たちのコンパイラのテストをすることができないとしているが、どういう訳かあらゆる他の様々なコンパイラ会社は、そのようなテストを実行しているように見える。

その流儀は過去にIntelがCPUの機能を決めるために自身のやり口で明確に妨害している。十分不思議なことに、これは他社製造のCPU上でコードを実行することは単に不利益なだけであった。私たちが言ったように、Intelはこれを拒否しているが、2〜3分間程度バイナリエディタで「もしIntelCPUならXを実行せよ」というような実行文を「もしIntelのCPUでは無いなら、Xを実行せよ」と書き換えると性能が変化することを見てとれるが、なんのクラッシュも起きない。それは衝撃的なことだ。

これがIntelは自身のコンパイラにそのようなことを行うだろうと疑う理由であり、ソフトウエアはそのコンパイラでコンパイルするとベンチマークで突出した数値をはじき出す。そしてその「公平な」業界団体のベンチマークがAMDとVIAに対して直接偏見の目で見せる。Intelは無垢を装い、それについて避難されたとき口を尖らせてふくれっ面を見せる。悲しいことに、たくさんの企業顧客がこの非建設なバイアスについて気がついていなかった。そしてそれがIntelの目的であるように見える。

そのコンパイラはたくさんのワーニングメッセージを出力するだけでなく、FTCとその和解文はいくつものベンチマークがそれに加担していると告発している。セクションVIIで、彼らはIntelにSYSmark、MbileMarkそしてその他名指しされているここの部分に警告文を表示させるよう指導している。それはAMDやVIA、Transmetaやその他数々の会社が何年にも渡って骨抜きにされてきたIntelのシステムで動かされていたことが全く持って素晴らしく開示している。

「性能テストで使われたSYSmarkやMobileMarkのようなソフトウエアやワークロードはコンピュータシステム、コンポーネント、ソフトウエア、操作、そして機能の指標として測定に使われており、Intelのマイクロプロセッサでのみ性能が最適化されている。これらの要素の如何なる様々な変化が結果に変更を引き起こさせる。あなたは購入する予定の他の製品と組み合わせて比較する際に製品の性能を含んだすべての見積りを手助けする第3社の情報や性能テストに助言を求めるべきである。」ろくでもないことだ。子供の使いか?

より問題点を悪くすることに、パートVIIIでではIntelはコンパイラ以外のいくつかのコンパイラで再コンパイルする際の顧客負担分を支払う基金を設立する必要があると記載している。もしあなたが数千万ドルで「Intelコンパイラ返済基金」を設立したいなら、あなたはまた自分自身のコードをコンパイルするのにお金を支払うことになる。もし過去にIntelコンパイラを使っていたのなら。いくつかの制限事項は実行されるだろう。より詳細は「Intelコンパイラ返済基金」の印刷物を読みなさい。

それはIntelはタールと羽を塗りたくる必要があるという辱めであり、それはこのような防護柵で覆われた街をパレードして通り抜けるといういことである。警告文が貼られ、人々は再コンパイル作業を費やし、あけすけにそれは公平なことだと命令されるのか?Intelは彼らの強い主張で言われた公平さから遠いとされる様々な証拠の山や簡単な証明テストより他に彼らの方がふさわしいのだろうか。これらの「不公平な」問題を是正することは「そのようなことをすることではなく」、たくさんの現場レベルで実行することであろう。

■母めんどり、野球バット、そして監視員

最後に最も高い確率で非常に厳しい賠償はカフェインでイライラしている母めんどりのいるパートIXにある。それは委員会はIntelを見渡し監視する一人かそれ以上のの技術コンサルタントを指名することが可能で、Intelはそれについて費用負担する必要がある。その上限は200万ドルで、それはIntelの意地汚い銀行を壊すほどではない。その金額の合計は「強制的に引き上げられたコンサルタント料」で数時間のうちに燃え広げることができ、その方法はNovelにどのようにSCOを破綻に追いやったのかを尋ねるだけで良い(※英文。SCOがLinuxに対して、Novelから買い取ったUNIX関連の権利を侵害しているとして何故かIBMに対して裁判を起こした事件のこと。その訴訟費用はLinux陣営に嫌がらせをするためMicrosoftから出されたという。だがSCOは権利侵害の確かな証拠を法廷で示せず、かつNovelはSCOにUNIX関連の権利を譲渡していないことを法的に証明し、結果IBMに対し敗訴、会社は破産という事件。日本語情報はこちら。)。

私たちが最初に話したことについて言うが、Intelは今誰か、幸運にも独立していて、彼らを見渡し、そして知っている人間を求めている。もし彼らの如何なる競合他社がいくつか欠陥があっても、彼らを支配する方法を教えることが可能な待っているたくさんのカフェインと、野球バットと一緒の母めんどりが今そこにいる。Intelは告発されたが、間抜けにも何一つとして実行できない。

様々な幸運と共に、Intelはそれを行動し完了し、そして公平にプレイするだろう。陰険で不公平な商慣行を使うことなく、彼らは彼らがそれを指定内と主張するまで、彼らは優位に立ち向かうことができる。もし彼らがそれしないなら、コケッコケッと鳴き、ブルブル震えまた鳴き、爆発するだろう。もしその元で留まり、すべてのIntelの技術リソースで可能な限りベストな業務遂行の仕事を実行させるなら、私は彼らの競争に対し不快に思うだろう。

もしこの場所に半導体のパズルをすべて持っている一つの会社があり、誰も行うことができないことを実現できる技術リソースがあり、幸運な経営者がいるのなら、それはIntelのことである。技術的な情報開示、販売に対する制限、情報公開、警告文、そして神経質なめんどりにもかかわらず、Intelは優位に勝つことができる。幸運なことに彼らは次の6年のために代替案を全く持って不快なものとして、それを試し実行するだろう。

—-

以上。こんな長文読む方に負担がかかるなw。そのためか評価されにくい。

「leddownは英文記事を勝手に翻訳しただけであり、このブログ以外で宣伝行為は一切しておりません」

FTCはIntelの足元に火を放ち続ける。SemiAccurateのCharlie Demerjian氏記事パート2翻訳

semiaccurate.com FTC holds Intel’s feet to the fire Part 2: Sales, MCMs and Apple by Charlie Demerjian August 5, 2010 より。

パート1はこちらから。

FTCはIntelの足元に火を放ち続ける。

パート2 販売、MCM(Multi Chip Module 最近のIntelのx86CPUで採用されているパッケージ技術)そしてApple

by Charlie Demerjian

2010年8月5日

SemiAccurateが見たIntelとFTCの和解内容のパート2は、販売方法、リベート、MCM,鳥肌とAppleに開かれたひびを見ていこう。これについてはたくさんのスキャンダルがあり、いくつかの商慣行はあなたに頭痛をおこさせるだろう。

■販売方法とリベート

第IV章の中で、トピックは販売戦略であり、それはAMDとの同意の前にほとんど隠されていた。Intelはそもそも最初から疑いがかけられた振る舞いをしなかったので、合意内容によって引き続き気に触ることもなく陽気に実行した。ふう。

現在法的には禁じられた振る舞い、ふたたび言うが、Intelが競合会社たちを排除するためによく使われた独占、リベート、ディスカウント、その他いろいろなことを行うことは普通であった。今回は、冷ややかな目で見られた小さな谷から伝ってOEM会社や顧客たちが叩いた。だけれどもそこにはいくつかの宝石が転がっている。

最初の場所は第IV章のA項目7で、Intelは殆どに人々が露骨だと思う方法でディスカウントをしていることを禁じている項目である。Intelは確実に売上レベルに到達するときのみディスカウントしているだけに見える。もしIntelが1年間に50,000個以上ののCPUを注文するときにディスカウントを実行するとき、さらに10万個、そして更に15万個とこれらのレベルを設定することは今では実際には許容されない。

第IV章のA項目7には、例えばIntelはCPUの1〜49,999個までは一つあたりの価格を一つの値段の見つけるべきであり、50,000〜99,999個まではディスカウントを実施し、100,000〜149,999個のCPUでまたディスカウントの価格を決めると。Intelがすることができないことは、彼らが他で実行しているように最初の49,999個までのCPUに同じ金額でOEMメーカ先に遡及して提供することである。

この事が些細で掴み所の無い様に思える間、月当たり1万個多めにCPUチップをOEMメーカへ提供するようなことをするため、かつCPUチップを「ただ」で追加させるのに十分な仕入れをすることでディスカウントして提供することからIntelを阻止している。幾人かの人々がSemiAccurateに、IntelはAMDのチップ採用数をOEMメーカ向け販売数の10%と見ており、OEMメーカにこれ以上AMDの製品を購入する必要が無いようにさせるためにCPUを充分なだけ急激にディスカウントしているようだと語った。

この過去にさかのぼったディスカウントは、Intelがそれら新CPUを基本的に0ドルとして価格をつけることができ、そしてそれ以外の販売の90%以上で償却している。もし最初の90%のCPUが1個あたり100ドルで販売されたとしたら、Intel繰り返しこの様に言われて販売される。「私たちはもしあなたが仕入れの10%以上の売上目標に届くだけならば、すべての月の仕入れを10%ディスカウントし、あなたはいいえというだけの愚か者になる必要がある。」

もしOEMメーカがひと月に10万台のPCを提供するのなら、1個あたり100ドルのIntelCPUを9万個手に入れるのに900万ドルのコストがかかる。もしAMDが訪れて、彼らのCPUを1個あたり50ドルで残りの10%分を提供するなら、そのことはそれらのCPUを50万ドルでてにれることであり、OEMメーカのトータルのコストは950万ドルとなる。充分公正である。

その後Intelが訪れて、OEMメーカに対しAMDに変更するよりも追加で1個あたり90ドルで1万個のCPUを提供すると申し出、価格表の10%分をディスカウントする。その10%ディスカウントは顧客のその他の仕入れの90%まで及び、そしてOEMメーカは10万個のCPUを900万ドルで手に入れて取引を終了する。これはマジックだ。Intelは効果的にAMDを締め出し、最大AMDが獲得できるほぼ2倍の価格の平均販売価格を維持できる。

Intelの販売員はあなたの目をじっと見て、彼らはそれら1万個のCPUをOEMメーカに対し1個あたり90ドルで販売したと表向きは話すだろう。事実上だが、彼らはAMDを締め出してOEMメーカに1万個のCPUを提供していた。これは全く持って下品な方法だが法律は破っていない。ともかくその戦術は今は隠されたままである。

■MCMとでこぼこ

第IV章のB項目2に移動して、私たちはnVidiaのいくつかの奇妙な主張について取り上げる。それは、Intelは「コンピュータ製品の関連性のある製品に牽制するために同じようなモデルナンバーを使ってはいけない、またコンピュータ製品向けチップセットと同時に牽制するために対象企業の関連する製品を供給してはいけない、また対象企業に関連するコンピュータチップセットを供給してはいけない。」と述べている。

これは奇妙に見えるだろうが、その事を行うことは「開示された」いくつかの条文と連動した事柄であり、最新の分析では、nVidiaにIntelのMCMへつなげるよう強要させることである。Intelの「Arrandale」や「Clarkdale」MCMにnVidiaのメモリコントローラやGPUを一緒にヒートスプレッダの下に置くことを想像してみると、この考えが理解できる。

nVidiaのIntelに対しての対抗訴訟のなかで、112_200903261953290462.pdfとなめらかにタイトルをつけられたファイルのケース C.A.番号4373-VCSという編集済みの公開文章があり、この文章のトピックは35番目の段落で取り上げられており、それは「Intelと誠実に議論し解決しようと試みて、nVidiaはNvidiaの「Nehalem」互換のチップセットについてライセンスを継続してほしいとして詳細に渡る技術的な説明を提供した。nVidiaはIntelが不当に狭めた定義を用いることでさえ『編集して』チップセットのライセンスを継続するよう弁明し説明した。始め『それは了承できない』とnVidiaの詳細な技術的な説明文章が実際の会合の時に提出された後、Intelは即座にnVidiaのポジションを剥奪するという文章をnVidiaに送った。」

nVidiaがこの為に訪ねていることは、IntelのMCMと一緒についてくるチップの二つのうち一つを置き換えるということである。もしあなたがこれは健全な技術的な提案であると思い、この三つのパートの話(three part story ※英文 nVidiaの半導体設計開発力が以下にヘボいのかを解説している)を読んでみよう。その全体の企みはnVidiaのパッケージテクノロジに依存しており、いくつかは彼らはまだ実現することができない(※英文 FermiアーキテクチャのGeforce GTX480のこと)。もし近い将来ひび割れてでこぼこになった煙のくすぶる半分だけ動いているMCMの山を気がつくのなら、あなたは一人ではない。

nVidiaが約束した目標に到達することに失敗したことは、彼らは暴力的なまでにしゃくにさわっている。私は、もしFTCがnVidiaがパッケージテクノロジを開かれた市場にこの全てを実行させることができなかったとき、その悲劇を買い取るだろうかと不思議に思う。Intelはたくさんの技術を展開し、そして彼らはパッケージテクノロジーの巨匠である。nVidiaはその簡単な技術を適切に実現させることができないが、彼らはそれについて大声で怒鳴るだろう。

第IV章のB項目2ではnVidiaのパーツ無しの物と同じ物をnVidiaの部品と一緒になったCPUをMCMと呼ぶことからIntelに再発防止をさせている全てのについて書かれている。Intelの製品のネーミングが人にわかり易くしている間に(※英文)簡単に行う方法がある。Intelのパーツと一緒になったいかなるCPUは、nVidiaのチップと一緒にそれらを載せた等しいパーツより一つだけいくつかネーミングすることが可能になるだろう。より大きいことは良い事である。、いいかい、この場合、より大きいことは信頼性よりも良い事であるのだろう。

私はある未来を見ることができる。Intelの二つのチップが入った「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.785と、それと同等なIntelとnVidiaのハイブリッドモデルとして「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.7804ooOOO00O0Oo 型番00OoO930729/i33%&ARZ2125-NV=-HT1946+++ATHを。もし会社が所構わずすべての商標登録済みの製品を使わないのなら、SemiAccurateは市場ファンドの否定からIntelにこれらの同意をやめさせることができるとは思わない。

■Appleの壊れた自由

その他の爆弾は、第IV章のB項目8にあるAMDのCPUをAppleに採用の自由を与えることである。どのように?それはいかなる会社もIntelが技術的に支払われるのに充分な期間もしくは最初の製品が桁外れの支援を得て利益をえた時から30ヶ月のみ排他的な同意を可能とし「桁外れの支援」の提供を受けられると記載されている。

現在のPC業界における暗い秘密の一つはAppleはマザーボードを作らず、彼らは最も大きなIntelのホワイト(もしくはシルバー)ボックス(※PCショップなどで販売されている
ノーブランド・もしくはショップブランドのPC)販売業者ということである。Intelは群を抜いた偉大なマザーボードを製造しており、アップルは巨大な、いやそれ以上に大きな発注を行うことで信頼性を低下させたそれらに可愛らしいパッケージを施して包み隠している。MacBook Airを思い出せるか?あなたがそれについて認めるまでの類まれな技術的特徴はいくつかの機能が省かれたIntel Metroラップトップボードより勝るところは何もない。

それは二つの理由によってAMDのCPUがAppleの製品の中に入ることことは無い。最初の理由はAMDのCPUにはIntelのCPUと比較して全ての製品がそろっているわけでなく、特にそれはモバイルサイドで見られる。iMacがPhenomII HEが良い居所になるであろうと予測している間、その休みは公平に見ても不適応である。これは完全にAMD側の失態であり、彼らが新しいCPUコアを手に入れた時か、少なくともCPUコアの問題を見通すことがAppleにとって切実な理由が出るまでは修正することはないだろう。

それらのやむを得ない理由はLlanoであろう。その問題はあなたがAMDに、いつもAppleに入り込む可能性について尋ねるときであり、彼らはその事で動いているということを丁重に返答するだろうし、そして「独占的同意が…」とつぶやきながら歩き去っていくであろう。これらの同意について尋ねるとき、その要点は素早くすりかえられるであろう。

同意条項の様々な種類が現在効果的に隠蔽されており、私たちは来年にはLlanoを採用したiMacを見れるだろうか? ただしIntelは出来る限りグラフィクス部分と一緒に含めたがっており、私たちはおそらく実現するだろうと考えている。それらの規約が公的に失われた後までにIntelにグラフィクスについて真剣に捉えてくれるまであなたは息を止め続けていられないだろう。

パート3では、証拠の隠蔽、コンパイラ、そして技術的な監視について述べる。

—-

間違いだらけ。エキサイト翻訳より悪いかも。それでもパート3を読みたいのなら止めません。

「leddownは英文記事を勝手に翻訳しただけであり、このブログ以外で宣伝行為は一切しておりません」

FTCはIntelの足元に火を放ち続ける。

パート2 販売、MCM(Multi Chip Module 最近のIntelのx86CPUで採用されているパッケージ技術)そしてApple

by Charlie Demerjian
2010年8月5日

SemiAccurateが見たIntelとFTCの和解内容のパート2は、販売方法、リベート、MCM,鳥肌とAppleに開かれたひびを見ていこう。これについてはたくさんのスキャンダルがあり、いくつかの商慣行はあなたに頭痛をおこさせるだろう。

■販売方法とリベート

第IV章の中で、トピックは販売戦略であり、それはAMDとの同意の前にほとんど隠されていた。Intelはそもそも最初から疑いがかけられた振る舞いをしなかったので、合意内容によって引き続き気に触ることもなく陽気に実行した。ふう。

現在法的には禁じられた振る舞い、ふたたび言うが、Intelが競合会社たちを排除するためによく使われた独占、リベート、ディスカウント、その他いろいろなことを行うことは普通であった。今回は、冷ややかな目で見られた小さな谷から伝ってOEM会社や顧客たちが叩いた。だけれどもそこにはいくつかの宝石が転がっている。

最初の場所は第IV章のA項目7で、Intelは殆どに人々が露骨だと思う方法でディスカウントをしていることを禁じている項目である。Intelは確実に売上レベルに到達するときのみディスカウントしているだけに見える。もしIntelが1年間に50,000個以上ののCPUを注文するときにディスカウントを実行するとき、さらに10万個、そして更に15万個とこれらのレベルを設定することは今では実際には許容されない。

第IV章のA項目7には、例えばIntelはCPUの1〜49,999個までは一つあたりの価格を一つの値段の見つけるべきであり、50,000〜99,999個まではディスカウントを実施し、100,000〜149,999個のCPUでまたディスカウントの価格を決めると。Intelがすることができないことは、彼らが他で実行しているように最初の49,999個までのCPUに同じ金額でOEM先に遡及して提供することである。

この事が些細で掴み所の無い様に思える間、月当たり1万個多めにCPUチップをOEMへ提供するようなことをするため、かつCPUチップを「ただ」で追加させるのに十分な仕入れをすることでディスカウントして提供することからIntelを阻止している。幾人かの人々がSemiAccurateに、IntelはAMDのチップ採用数をOEM向け販売数の10%と見ており、OEMにこれ以上AMDの製品を購入する必要が無いようにさせるためにCPUを充分なだけ急激にディスカウントしているようだと語った。

この過去にさかのぼったディスカウントは、Intelがそれら新CPUを基本的に0ドルとして価格をつけることができ、そしてそれ以外の販売の90%以上で償却している。もし最初の90%のCPUが1個あたり100ドルで販売されたとしたら、Intel繰り返しこの様に言われて販売される。「私たちはもしあなたが仕入れの10%以上の売上目標に届くだけならば、すべての月の仕入れを10%ディスカウントし、あなたはいいえというだけの愚か者になる必要がある。」

もしOEMがひと月に10万台のPCを提供するのなら、1個あたり100ドルのIntelCPUを9万個手に入れるのに900万ドルのコストがかかる。もしAMDが訪れて、彼らのCPUを1個あたり50ドルで残りの10%分を提供するなら、そのことはそれらのCPUを50万ドルでてにれることであり、OEMのトータルのコストは950万ドルとなる。充分公正である。

その後Intelが訪れて、OEMに対しAMDに変更するよりも追加で1個あたり90ドルで1万個のCPUを提供すると申し出、価格表の10%分をディスカウントする。その10%ディスカウントは顧客のその他の仕入れの90%まで及び、そしてOEMは10万個のCPUを900万ドルで手に入れて取引を終了する。これはマジックだ。Intelは効果的にAMDを締め出し、最大AMDが獲得できるほぼ2倍の価格の平均販売価格を維持できる。

Intelの販売員はあなたの目をじっと見て、彼らはそれら1万個のCPUをOEMに対し1個あたり90ドルで販売したと表向きは話すだろう。事実上だが、彼らはAMDを湿出してEOMに1万個のCPUを提供していた。これは全く持って下品な方法だが法律は破っていない。ともかくその戦術は今は隠されたままである。

MCMとでこぼこ

第IV章のB項目2に移動して、私たちはnVidiaのいくつかの奇妙な主張について取り上げる。それは、Intelは「コンピュータ製品の関連性のある製品に牽制するために同じようなモデルナンバーを使ってはいけない、またコンピュータ製品向けチップセットと同時に牽制するために対象企業の関連する製品を供給してはいけない、また対象企業に関連するコンピュータチップセットを供給してはいけない。」と述べている。

これは奇妙に見えるだろうが、その事を行うことは「開示された」いくつかの条文と連動した事柄であり、最新の分析では、nVidiaにIntelのMCMへつなげるよう強要させることである。Intelの「Arrandale」や「Clarkdale」MCMにnVidiaのメモリコントローラやGPUを一緒にヒートスプレッダの下に置くことを想像してみると、この考えが理解できる。

nVidiaのIntelに対しての対抗訴訟のなかで、112_200903261953290462.pdfとなめらかにタイトルをつけられたファイルのケース C.A.番号4373-VCSという編集済みの公開文章があり、この文章のトピックは35番目の段落で取り上げられており、それは「Intelと誠実に議論し解決しようと試みて、nVidiaはNvidiaの「Nehalem」互換のチップセットについてライセンスを継続してほしいとして詳細に渡る技術的な説明を提供した。nVidiaはIntelが不当に狭めた定義を用いることでさえ『編集して』チップセットのライセンスを継続するよう弁明し説明した。始め『それは了承できない』とnVidiaの詳細な技術的な説明文章が実際の会合の時に提出された後、Intelは即座にnVidiaのポジションを剥奪するという文章をnVidiaに送った。」

nVidiaがこの為に訪ねていることは、IntelのMCMと一緒についてくるチップの二つのうち一つを置き換えるということである。もしあなたがこれは健全な技術的な提案であると思い、この三つのパートの話を読んでみよう。その全体の企みはnVidiaのパッケージテクノロジに依存しており、いくつかは彼らはまだ実現することができない。もし近い将来ひび割れてでこぼこになった煙のくすぶる半分だけ動いているMCMの山を気がつくのなら、あなたは一人ではない。

nVidiaが約束した目標に到達することに失敗したことは、彼らは暴力的なまでにしゃくにさわっている。私は、もしFTCがnVidiaがパッケージテクノロジを開かれた市場にこの全てを実行させることができなかったとき、その悲劇を買い取るだろうかと不思議に思う。Intelはたくさんの技術を展開し、そして彼らはパッケージテクノロジーの巨匠である。nVidiaはその簡単な技術を適切に実現させることができないが、彼らはそれについて大声で怒鳴るだろう。

第IV章のB項目2ではnVidiaのパーツ無しの物と同じ物をnVidiaの部品と一緒になったCPUをMCMと呼ぶことからIntelに再発防止をさせている全てのについて書かれている。Intelの製品のネーミングが人にわかり易くしている間に簡単に行う方法がある。Intelのパーツと一緒になったいかなるCPUは、nVidiaのチップと一緒にそれらを載せた等しいパーツより一つだけいくつかネーミングすることが可能になるだろう。より大きいことは良い事である。、いいかい、この場合、より大きいことは信頼性よりも良い事であるのだろう。

私はある未来を見ることができる。Intelの二つのチップが入った「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.785と、それと同等なIntelとnVidiaのハイブリッドモデルとして「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.7804ooOOO00O0Oo 型番00OoO930729/i33%&ARZ2125-NV=-HT1946+++ATHを。もし会社が所構わずすべての商標登録済みの製品を使わないのなら、SemiAccurateは市場ファンドの否定からIntelにこれらの同意をやめさせることができるとは思わない。

■アップルの壊れた自由

その他の爆弾は、第IV章のB項目8にあるAMDのCPUをAppleに採用の自由を与えることである。どのように?それはいかなる会社もIntelが技術的に支払われるのに充分な期間もしくは最初の製品が桁外れの支援を得て利益をえた時から30ヶ月のみ排他的な同意を可能とし「桁外れの支援」の提供を受けられると記載されている。

現在のPC業界における暗い秘密の一つはAppleはマザーボードを作らず、彼らは最も大きなIntelのホワイト(もしくはシルバー)ボックス(※PCショップなどで販売されている
ノーブランド・もしくはショップブランドのPC)販売業者ということである。Intelは群を抜いた偉大なマザーボードを製造しており、アップルは巨大な、いやそれ以上に大きな発注を行うことで信頼性を低下させたそれらに可愛らしいパッケージを施して包み隠している。MacBook Airを思い出せるか?あなたがそれについて認めるまでの類まれな技術的特徴はいくつかの機能が省かれたIntel Metroラップトップボードより勝るところは何もない。

それは二つの理由によってAMDのCPUがAppleの製品の中に入ることことは無い。最初の理由はAMDのCPUにはIntelのCPUと比較して全ての製品がそろっているわけでなく、特にそれはモバイルサイドで見られる。iMacがPhenomII HEが良い居所になるであろうと予測している間、その休みは公平に見ても不適応である。これは完全にAMD側の失態であり、彼らが新しいCPUコアを手に入れた時か、少なくともCPUコアの問題を見通すことがAppleにとって切実な理由が出るまでは修正することはないだろう。

それらのやむを得ない理由はLlanoであろう。その問題はあなたがAMDに、いつもAppleに入り込む可能性について尋ねるときであり、彼らはその事で動いているということを丁重に返答するだろうし、そして「独占的同意…」とつぶやきながら歩き去っていくであろう。これらの同意について尋ねるとき、その要点は素早くすりかえられるであろう。

同意条項の様々な種類が現在効果的に隠蔽されており、私たちは来年にはLlanoを採用したiMacを見れるだろうか? ただしIntelは出来る限りグラフィクス部分と一緒に含めたがっており、私たちはおそらく実現するだろうと考えている。それらの規約が公的に失われた後までにIntelにグラフィクスについて真剣に捉えてくれるまであなたは息を止め続けていられないだろう。

パート3では、証拠の隠蔽、コンパイラ、そして技術的な監視について述べる。

IntelがFTC(連邦取引委員会)と和解。VIAとnVidiaに勝利をもたらす…?

semiaccurate.com Intel settles with the FTC, Via and Nvidia win big Part 1: PCI busses, fabbing, and hens with baseball bats by Charlie Demerjian August 4, 2010

マイコミジャーナル Intelが連邦取引委員会と和解、競争阻害と不公正取引をめぐる訴訟 より。

簡単に概要のみを。

  • FTCとIntelの間で和解が成立した。
  • それはPCIバスなどに制限をかけることが不当競争行為に当たるということらしい。ただしPCI Express2.0では無さそう。
  • IntelのAtomや各種CPUに接続するPCIバスやPCI Expressの性能に制限をつけることを禁ずるという。
  • その結果、ディスクリートGPUカードを主力としているnVidiaは何を逃れてビジネスを続けられるということ。
  • またx86関連のIntel/AMDが所有している各種ライセンスや特許をVIAは2018年まで利用可能。その結果NanoなどのCPUビジネスは存続可能になる。
  • Intel Compilerで、Intel以外のCPUの場合最適化を行わず意図的にプログラムが遅くなるようにすることを今後止めること。

IntelはSandybridgeというAMD FusionAPUにあたるSoCを発表しているが、nVidiaが直接のビジネス上の障害に成りうるので和解は大勝利ということか。またVIAも当分はx86ビジネスを続けられるということ。AMDのCPUの件については、Intelのコンパイラで自社製品ではないものに最適化する必要はないけど、意図的に遅くするのはどうかと。Charlie氏の記事の翻訳はこちらからどうぞ。

うわさ nVidiaのノートPC向けGT425MはFermiアーキテクチャかG218のリネームか? 更新 2010年9月3日

semiaccurate.com Nvidia GT 425M tips up in listings GF108 or renamed G218, that is the question by Charlie Demerjian August 3, 2010 より。

うわさ nVidia GT 425Mがリストに載せられた

GF108なのかG218のリネームなのか、それが問題だ。

nVidiaは古いリネームゲームを企んでるのか、また世界で2番目に熱いGPUのローンチについてだろうか、いずれにしてもnVidiaのノートPC向けGPU GT 425Mは混沌の度合いを増したようだ。

これではDirectX10と書かれている。

これは何も言及していない。

これは特に記載はない。

最後の情報もまた曖昧だ。

手短に話すが、あなたが上記で見たように、新しいnVidia GT 425Mについてモバイル部分では1GBのGDDR3メモリとのたくさんの記述がある。ほとんど記載された内容はDirectX10デバイスか特に記載されていない様に見える。ついにDirectX11として記載されているものが一つあるが、それはまだ何の情報も書かれていない。それらすべてはAsusの新しい17インチノートPCである。

GF106は9月13日に登場する予定であり、GF108は「GF106の前に」登場する予定であったが、過去と現在の間になにかあったのか。あなたはもしこれがおろかにもGF108のカットダウンされたものであるか、またはG21xのリネーム品であるか不思議に思うべきである。GDDR3メモリ採用はそれがG21xであることを示唆しており、GF10x製品はGDDR5のみである。もしnVidiaがGDDR3メモリのGF10xを推進しているとしたら、それはIntelのグラフィクス性能の首元を厳しく見張っているのであろう。それはどちらかを補完するものではない。

ともかく、この世界はGPUについてあくびが出るまで長くは待たない。最新のFermiチップから出た熱であなたの足が焼かれて「ひーっ」と叫んでひどくがっかりさせられることに備えよう。

—-

Charlie曰く、FermiアーキテクチャのノートPCだとしたらどんだけ熱いんだよ!?ということかと。そうじゃなくてもすでにDirectX11でのモバイル向けGPUを消費者は求めているが、どうやらAMD/ATIのみが製品を供給できそうだ。Intelもあの性能ではねえ。

更新 2010年9月3日

nVidiaのノートPC向けGPU Geforce 400Mシリーズが登場した。最上位GPUである480Mの消費電力は100Wとのこと。

うわさ nVidia Tegraのジェネラルマネージャーであるマイク・レイフィールドが更迭される?

Semiaccurate.com Whispers say Mike Rayfield out at Nvidia. Tegra is still doing well, just ask Nvidia. by Charlie Demerjian August 2, 2010 より。

nVidiaからマイク・レイフィールドに出て行けとささやく。

TegraはまだよくやっているとnVidiaは答えるだけ。

亀裂がnVidiaのTegra部門に見え始めている。いくつかのより巨大な枝にぶら下がって縮小し、キーパーソンにはドアが見え始める。ロードマップの大改革と共に、混乱のために正しい形式を取るであろう。

最も大きいニュースはSemiAccurateがTegraで知られているモバイルビジネス部門のジェネラルマネージャーのマイク・レイフィールドはこれ以上nVidiaにはいられないとから聞いたことである。ただし表向きは彼はまだ雇用されているが、nVidiaの複数のソースは彼は長期休暇を取るよう求められていて、解雇ではない。そして彼のオフィスは彼がビーチで飲み物を飲む前に空っぽになった。私たちは彼がおそらくまだ表向きは給与を貰い、ほとんど契約上の理由のためであると確信している。

なぜジェネラルマネージャーが出ていかなければならないのか?二つの原因として、成果物と売上である。成果物側は全く持って明確で、Tegraは全く持って酷い騒ぎであり、Tegra2は計画の背後に、酷い出来で公約した消費電力目標を遥かに上回る出来という状況である。そのチップは要するにいくつかの鍵となる市場から締め出せされて、シリコンチップが多くの会社の手に入った途端熱いじゃがいものように落とされてしまった。nVidiaは簡単に納品できず、コンペでも同様である。

これらの数々の失敗はシリコンチップが設計段階で成功を約束された目的を守れなかったことが直接の結果である。もう十分であり、プロモーションはnVidiaによって終了するであろう。その時点でボールを落として、最終的には張本人である人間が責任を取るため探し出され、即座に確固とした行動を取るであろう。

私たちが聞いている事から、nVidia経営者がチップセット部門とTegra部門を一緒にしたとき、チップセット部門の人間は経営者がロードマップを言ったとき「なんて恐ろしい」と思い、完全に再検討するよう呼びかけた。Tegra3の後まで長い期間考え、何も影響することが起こりそうにもないことをどうか記憶して欲しい。人々は輪に入って再検討はすべきだがなかなかできなかった結果であったという。

それは私たちに売上の失敗という2番目の原因を思い起こさせる。私たちは言い続けたこととして、nVidiaは公約したスペックによってすべての場所で自社製品採用を勝ち取ったが彼らは単純に届けることができなかった。自社製品採用はただ設計図だけで、シリコンチップを届けるまでであった。複数の会社からのソースは、SemiAccurateに同じような話を話す。nVidiaはスペックを公約した、そして公約に合致したシリコンチップを届けることができなかった。そんな訳でTegraはふるい落とされ、ここにプランB(代替案)が置かれた。もしあなたがその流れのより詳細を求めているのなら、SamsungとTegraデバイスで起こった出来事(※英文。SamsungがTegraの消費電力量が大きすぎるので採用を見送ったという話。日本語訳はトランキの小部屋を参照下さい。)を見るといいだろう。

十中八九PSP2の件(※英文。Tegra2が相変わらず大消費電力でSonyが怒っているという件。)でそれはラクダの背中で確実に壊れた価値のないものになった。それはメインチップとしてTegraの変種を採用しており、そして私たちはnVidiaが納品したシリコンチップはソニーが今現在のところひどく不快なものとして見ていると聞いた。複数のソースはいずれにせよ今回は採用されないかただソニーに不満をぶつけられるだけであると伝えている。

結局、Tegra担当のジェネラルマネージャーは追い出された。nVidia広報部は誇らしげに語る自社製品が採用されたどうしようもない大多数の製品群は煙のようにふき消されるであろう。そしてそれは既に起こっている。そしてそれはMicrosoftのKin(※英文。日本語情報はitmedia.co.jpを参照。)である。それを一層悪いこととして、私たちは将来「ビッグな自社製品採用獲得」ということがまたまな板の上に置かれるのを聞くだろう。夢をそろそろ諦める時だが、それについて始めることに現実的になれないまま数十億ドルが費やされるであろう。

—-

細かな言い回しは間違いが多いと思う。話半分で読んで。簡単にいうと「Tegraの開発に失敗した」ということ。そりゃPCのチップセットしか作ってこなかった技術者に組み込み系の携帯デバイスチップを開発するノウハウなんて無いでしょう。当たり前のことかと。更に設計変更はTegra3の後までできないと。CharlieはnVidia広報部をこてんぱんにディスってますな。

ひとりごと:この記事のURIを勝手に貼っても全く構わないが(こちらも許可なく訳しているんで)、本人が貼っているわけではないと一言添えて書き込んで。2ちゃんねるで宣伝扱いされたのは心外なんで。

nVidia PC版PhysXはわざと遅く動作するようコンパイルされている

2ちゃんねる自作版Geforce葬儀場スレより。

下記サイト参照(英文)。
http://techreport.com/discussions.x/19216

http://www.semiaccurate.com/2010/07/07/nvidia-purposefully-hobbles-physx-cpu/

http://realworldtech.com/page.cfm?ArticleID=RWT070510142143&p=1

要点は、ゲーム内で様々なものの動きをリアルに表現する物理演算エンジンで、nVidiaが2008年に買収したPhysXが意図的にnVidiaハードウエア以外では遅く動作するようコンパイルされているとの情報。

・PC版PhysXはCPUを用いる場合いまどきシングルスレッド動作。
・GPUが無い場合x87浮動小数点演算機能(オプコード)を大量に使用している
・この機能は既に古臭く、5年前からAMDはSSEを使用することを推奨している
・SSEを使用すると容易にx87浮動小数点機能より1.5~2倍速くなる
・PC版PhysXではSSEを使用していない
・コンソール向けゲームではPhysXはPowerPC AltiVecインストラクションを使用している。
・PowerPC AltiVecはSSEに非常によく似たコマンド群。
・PC版PhysXはシングルスレッドでさえ2倍遅くなるようされている。
・nVidiaが怠けているのには、CPUに比べてGPUを使用したPhysXにパフォーマンス的に優位に見せるよう嘘をつくため。
・PhysXロゴはnVidiaのハードウエアがゲーム上アドバンテージとしてセールスポイントにする意図があるが、nVidiaのハードウエア以外すべてで遅くなる。

さらにSemiaccurateでは「CPUをマルチスレッドかつSSEをフル活用するとGPU単体より最大16倍w速くなる」とのこと。

ちなみにPhysXを開発したAGEIA元社長はnVidiaからAMDに移籍している。