Southern Islands、Kepler、そしてApple A6 プロセッサの謎が解けた Semiaccurate Charlie Demerjian氏

Semiaccurate.com Southern Islands, Kepler, and Apple’s A6 process puzzle outed It all makes sense now By Charlie Demerjian より。

Southern Islands、Kepler、そしてApple A6 プロセッサの謎が解けた

たった今全てが判明する

By Charlie Demerjian

TSMCの28nm HKMGプロセスの最初のかけらは先週のSemiConにて公開され、全てが判明した。ChipworksはXilinx Kinetex-7 FPGAを手に入れ、作業テーブルの上でいくつかの秘密を暴露した。

もしあなたが思い出せるのなら、AMDはSemiAccurateを含む殆どの人々の予想よりもSouthern Islandsチップが早く製造ラインにのり、今四半期にさえ可能であると予測した。その現実的な疑問はそれらのチップがTSMCの40nm SiONもしくは28nm HKMGプロセスのどちらで製造されているかということである。40nm は大きく、熱く、南の島といういよりは火山島を思わせる制限があり、28nm SHP HKMGプロセスは直近の第1四半期まではサポートしないというのが最も良いケースであった。これらのショートストーリーではSouthern Islandsでは使われないということが最もらしいというものである。

28nm LPの名前で知られる28nm SiONをそのまま放置され、低消費電力ARMベースのSoCの為に存続が可能であったが、高い消費電力のGPUでは使えなかった。SiONのジオメトリがリークすることはなかった。Chipworksの良友は、SemiConのブースに入りそのもスターを手に入れた。それらは28nm TSMCプロセスをベースにしたFPGAの一部の情報を手に入れただけだが、それらの発見から何を予測できるのか?並べてみる。

出典: semiaccurate.com

これらのショートストーリーは他のプロセスのことであり、一つは数多く語られていない28nm HPLか28nm 低電力HKMGである。それはXilinxが使用しており、Appleのチップが最もらしく、AMDが確実にほとんどのラインを使用しているだろうということである。もし全ての詳細をホッしているのなら、Chipworksブログ記事を読むと良い。そしてもしレポートを購入したいのなら購入ページに行くと良い。低消費電力プロセスはほとんどの人が思っているほど必要性に意味はなく、単にそのプロセスが高性能プロセスに比べてことのあるスイートスポットを手に入れることができるからである。

私達のニュースソースはTSMC 28nm HPプロセスはこれまでの間あまりうまくいっていないと言い、彼らのスタンスがはっきりしたSemiCon前にチェックしている。二つのプロセスの大きな違いといえば、SiGeはより確実であり、HPプロセスはまた問題を抱えている状況のように見える。

GPUチップにとってに意味のあるプロセスは非常に単純であり、40nm SiONプロセスよりもより良いが、28nm HPプロセスとしてセグメントを統合されることはないだろう。
もしあなたが自分のチップのために使うことができるのなら、AMDはそれらを使うことができるし、あなたはHPプロセスが立ち上がる6ヶ月後まで待つことは出来ないだろう。

最近の第1四半期では多分、Keplerのために28nm HPプロセスラインの一部がが使用されるように見える。一つの関連事項は、低消費電力プロセスは低動作クロックを意味しやすく、Nvidiaはベースクロックの2倍の速度でシェーダーを動作させ、AMDがそれらのことを2倍付近で動作させるだろう。このことはNvidiaのアーキテクチャがまだ固まらない間にAMDが28nm HPLを使うことが可能になる点がキーになるであろう。

ショートストーリーとして、AMDはSouthern Islandsをまもなく登場させ、NvidiaはいくつかのローエンドSIパーツをTSMCの28nm HPプロセスで組むことが可能になるだろう。私達は第3四半期はNvidiaが痛みを伴う経験をするだろうと知っており、そしてその情報は第4四半期の間には繰り返しより鋭くなるであろう。Chipworksに謝意を伝え、私達は今それらのピースがラインナップされるのか知っていることになる。

————

ひさびさなんで変な訳文になって読みにくいです。すみません。これならGoogle翻訳が読みやすいかも。

うわさ AMD Radeon HD6870が2010年11月に登場 – チップ製造は非常に良好 SemiAccurate Charile Demerjian氏記事

AMD’s 6870 coming in November Early silicon doing very well by Charlie Demerjian September 24, 2010 より。

AMDのHD6870は11月にやってくる

初期シリコン製造は非常にうまくいっている
Charlie Demerjian
2010年9月24日

ATIが、おっとすまないAMDは、HD6870をうまく軌道に乗せているようである。早くもAMD中央からは二つの大きな情報が手に入った。

私たちは既にATIの、またすまないAMDの最初のシリーズである「Northern Islands」ファミリーの「Barts」が既にテープアウトしたことを伝えた。「Barts」はミドルレンジでNvidia GF104/GTX460に正面から対抗するために作られており、それはHD6770と呼ばれている。それはまもなく出荷準備をしており、強豪相手を消し去る予定である。

「Barts」の兄である「Cayman」は「Barts」の1ヶ月以内にテープアウトし、それは「Barts」から1ヶ月後に通りを埋め尽くすと予想している。これは11月の中旬から下旬にかけてHD6870として店に並ぶだろう。SemiAccurateのソースは私たちにそれが正確に起きることを話している。

OEMへの発送は「Barts」HD6770が通りを埋め尽くす時期に出荷開始される予定である。これは2週間〜4週間後のブラックフライデー(感謝祭翌日)に合わせるだろう。ブラックフライデー以前の噂は適切でなく、このカードは本当に出荷され、nVidiaが2009年にFermiを本物としてモックアップを掲げたときとは違う

この出来事ののもう一つの側面は、前回と異なり最後が870の数値以外のカードが今回は非常に大量に供給されているということである。それは既に需要に応じて初期の在庫不足が生じた時から、周辺のウエハース供給が非常に多く、頂点に達し歩留まりも非常によく、最初の工場からでたシリコンウエハースはHD5870/Cypressが同じラインで製造されたときよりも遥かに歩留まりが良くなっている。

結論として11月には「Northern Islands」カードのHD6800とHD6700の両方共非常に大量に供給されるだろう。もし需要が正常な場合、デュアル「Cayman」カードであるHD6900「Antilles」は2010年末よりも前に市場に登場するだろう。もしHD6870の需要が高すぎる場合、HD6970は適切に供給ができるようになるまで少しだけ登場が遅れるだろう。ATI、おっとまたまたすまないAMDは前回の件からそれについて強く学んでいる。

暇なのなら、2010年残りの時期はGPUのスタートポイントとして非常に興奮するだろう。そして2011年初旬もいい感じだろう。もしあなたがnVidiaの株式を保有しているのなら、あまり楽しめないだろうが。

うわさ nVidiaがGlobal FoundriesにTegraの生産を委託する? – TSMCからの報復はあるのか By SemiAccurate Charlie Demerjian氏記事

Nvidia signs up with Global Foundries TSMC not the only one anymore by Charlie Demerjian September 21, 2010 より。

nVidiaはGlobal Foudriesと契約した

TSMCはもはやたった一つのパートナーではない。
by Charlie Demerjian
2010年9月21日

nVidiaがTSMCを唯一のファウンドリパートナーとして癒着してきたが綺麗に剥がれた。nVidiaのCEOであるJen-HsunがIntel互換のx86チップを製造しないと頑なに主張していた。不幸にも、この文章は彼が2009年にFermiのモックアップを本物として掲げていたことと同じことが起きた。nVidiaのCEOはTSMCについて「最も友好的な国家」のようだと自慢するのが好きで、ファウンドリのロイヤリティが理由である。その利益はより大きな恩恵を与えていたが、誠実という言葉はnVidiaのメッセージからは読み取れない。SemiAccurateはTSMCから永続的なロイヤリティを宣誓していた時でさえnVidiaはGlobal Foudriesと交渉を行っていた証拠を見てきた。

交渉から1年も立たないうちに、nVidiaはGlobal Foudriesと最終的に契約したように見える。その理由は謎としてまだ多少隠されているが、それはGPUの為ではなく、ニュースソースはほぼ確実にTegraとARMベースチップのためであると語っている。

Global FoundriesはARMと非常に密に連携しており、SOI製造能力を持ち、次世代及び次次世代プロセッサについて競合他社から一つ抜きん出ているように見える。Global Foundriesは多分28nmプロセスの生産能力の余剰が殆ど無く、様々なボリュームの製品出荷のために低い生産量で長い時間生産されるだろうTegraはその余剰に完全にフィットする。

もしこのニュースが忠誠心のない輩からのリークならば、緑色のボーイたちはいくつか整合の取れない疑問を受けることを意味する。自身のファウンドリパートナーを騙すことを軽く見ていないだろうが、私はまだ罵声の嵐いっぱいの岩塩が充満したショットガンで暴言を撃ちまくるMorris Chang(TSMC元会長・台湾半導体業界の最重鎮)を見ていない。私はどんなことがあろうとnVidiaがファウンドリからの数多くのサービスを失うのを見るだろう。それは恐らく昨年まで彼らについて誠実だった会社が受けるより良い仕打ちであるが、なぜ会社の長期間のトレンドを破壊するのだろうか?

—-
ありゃー、またnVidiaやっちゃったよ。2009年のモック以降まただよ。こんな簡単に関係を崩してもいいのかな?

AMDの次世代GPUの「Barts」のメモリコントローラについて妄想してみる

semiaccurate.com Northern Islands Barts benefits to moar, bigger? by Stephen Werner September 20, 2010 より。

概要は下記の通り。

  • AMD Radeon HD6770について非常に期待されているが、いったいどのくらいの価格帯なのか?
  • Radeon HD6770もしくは「Barts」は256bitメモリインターフェースと噂されているが従来のRadeonの価格帯では128bitが通例だった。
  • 製造コストを上げてまでAMDは256bitを採用するのか、HD5770「Juniper」の2倍の帯域が必要なのか見ていこう。
  • まずはRadeon HD5770のGPU動作周波数とメモリ周波数を調整する。Crysisと3DMark Vantageの数値から見ていく。実際にはDDR5のECCによる帯域への影響が結果として出るかもしれない。
  • メモリクロックをテストが失敗しない数値まで増加させた。結果数値は動かない。ベンチマークを他の日にもう一度動かしても数値は動かないので結果には自信がある。

Vantageは8.3%のメモリクロックまでで不具合を起こした。 **全体の合計より大きい点に注意

  • これらのテストではAMD PhenomII X4 3.2GHz、4GBメモリ、Windows7 64bitを使い、CPUのボトルネックが発生していないことを似たようなベンチマークを使って確認している。
  • 結果GPUのオーバークロックはメモリのオーバークロックより効果的であり、DDR5のECCによる帯域への結果は出ていない。結果として合計で35%の性能向上ができた。
  • 興味深い点はCrysisのスコアである。GPUとメモリのオーバークロックは個別にオーバークロックしたときの合計よりも性能向上につながる。
  • この結果からHD5770はバランスの良い製品であるという明快な結果が出た。

他のGPUでも試す。

  • HD4890は二つのチップを載せているが、DirectX11対応ではない。もちろんメモリコントローラも既に古い。
  • 理論的にはHD5770とHD4890の間にはメモリ帯域により20%の性能差がある。
  • HD4890をだしたのはメモリコントローラの違いを測定するためではなく、メモリ帯域がHD5770の76.8GB/secに対して124.8GB/secと67%大きい点で比べた。
  • 注意して表の数値を比べてみて欲しい。二つのGPUボードには20%の性能差がある。

  • 興味深い点はHD4890のメモリ帯域により性能が100%拡大しているわけではないところである。それでも30%〜40%の性能向上は見られるのだが、HD4890はHD4870よりメモリは遅い。
  • HD4870はHD5770より50%もメモリ帯域が大きいが、これ以上速いメモリが必要ではない。よってメモリを速くしても少ししか性能は上昇しない。
  • 更にnVidia Geforce 9600GTと9800GTで比較する。両方とも256bitメモリコントローラである。スペックか下記のとおり。

  • 9800GTは9600GTにほとんどの点で優っており、9800GTのテクセルフィルレートや浮動小数点演算能力は9600GTに比べ62%も上である。
  • メモリフィルレートは9800GTと9800GTXはほぼ同じである。
  • 一般的に9800GTは9600GTより15%性能が上であり、その結果メモリの帯域上昇による全体の性能上昇は小さいことがわかる。

メモリ帯域増加によるコスト

  • X-bit labsはRV770のメモリコントローラサイズを4,000万〜4,500万トランジスタと計算している。これはRV770の全体のトランジスタ数の5%未満である。
  • RV770とJuniperは似ている点があり、メモリ帯域が増加することによりトランジスタ数が増加していない点である。
  • この意味はJuniperのメモリコントローラが2,200万トランジスタか全体のトランジスタ数の2%前後であることがわかる。
  • ダイサイズに何が占有しているかはわからないが、一般的なメモリコントローラのトランジスタ密度を知らなくてもある程度のトランジスタ数を見積もることができる。
  • ポイントとして、「メモリコントローラーは128bitと256bitでダイサイズの影響は殆ど無い」ということである。
  • ダイサイズのコストはその大きさが小さくなると歩留まりが少しだけ上がる。もしPCB基板のコストが1層あたり10ドル上がるとした場合、コストの大半はPCB基板が占めるだろう。
  • 9800GTと9600GTを比較することにより、シェーダ数とテクスチャユニット数が性能向上に有効な点がわかる。メモリコントローラを2倍にしてもダイサイズ上では2%〜10%の間に留まるだろう。
  • シェーダ数とテクスチャユニット数の増加は性能向上もあるがダイサイズを大きくしてしまう。だがほとんどのコストを占めるPCB基板のコスト上昇は抑えられる。
  • 数多くの選択肢からどの道を行くのかを決めており、AMDとnVidiaは自身のパートナーの粗利を壊すことなく自身の粗利を確保しているだろう。
  • 歩留まりは予測され決定される必要があり、適切なコストは目標としている性能カテゴリの主要な要素であり、バランスが必要である。

「Barts」は256bitメモリコントローラか否か

  • 「Barts」の競合製品が何であるか思い出すことは非常に重要だ。それはnVidia Geforce 460GTXで、「256bitメモリコントローラ」を持っている。
  • AMDがそのような製品に128bitメモリコントローラを採用した製品で競争することは無いだろう。
  • 「Cayman」シリーズのDDR5メモリコントローラが「Barts」の1,600MHz(x4)であり、25%しかメモリ帯域が大きくない点がそれを示している。
  • もし40%以上のメモリ帯域を上乗せしても全体の性能は10%未満であろう。
  • 256bitメモリコントローラは確かに20%の性能向上をもたらす。
  • ただ確かな点は「Barts」は他のアーキテクチャ改善を行っているだろう。より多くのメモリ帯域は性能向上を提供するが、GPUとメモリクロックを一緒に上昇させたときの素晴らしい性能向上を思い出して欲しい。

最後に誰もが新しいアーキテクチャはダイサイズが小さくなるとメモリ帯域の制限により性能が制限されてしまうだろうと思うが、より大きなメモリコントローラは「Barts」シリーズに性能改善の多大なる貢献をするだろう。

AMDは同意しているかって?あと数週間でわかるよ。

—-

とりあえずスケジュールがHD5000シリーズ時より1ヶ月遅れているようなので2010年10月頃発表・月末販売開始か?

AMDのモバイル向け「Bobcat」アーキテクチャ仕様のGPU統合型CPU「Zacate」の動作写真 by SemiAccurate Chalie Demerjian氏記事

AMD Shows off Bobcat systems Not quite IDF 2010: Shiny shiny things by Charlie Demerjian September 13, 2010 より。

AMDは「Bobcat」システムを公開した。

IDF 2010まで待てない : 非常に輝かしい偉業
By Charlie Demerjian

2010年9月13日

ここにいくつかのAMD「Bobcat」プラットフォームの動作写真があり、特に「Zacate」CPUがゲーム「City of Heroes: Going Rogue」が動作している画像がある。またCPUそのもののいくつかのチーズケーキショット画像がある。楽しんでくれ。

「Zacate」プラットフォーム

「Zacate」CPU写真

「City of Heroes」は滑らかに動作し、また我々が見たデモは何の描画引っ掛かりも不具合もなかった。これは統合型GPUが思われているより大きく変化しているとみるべきである。

AMDの次世代GPU「Southern Islands」は実は「Northern Islands」だった? By SemiAccurate Charlie Demerjian氏記事

semiaccurate.com What is AMD’s Northern Islands? A look at what is coming in October by Charlie Demerjian September 6, 2010 より。

最新のやられてしまったことは、AMDがATIを再び切り捨てる(※英文)だけでなくRadeon HD6000シリーズについてだって?このストーリーは長く複雑で、以前まで見えていたことが少しだけいくつかのことがより明快になったことである。

私たちがSemiAccurateとして大変悪かったと謝罪する、それは「Southern Islands」(以下SI)の名前についてである。いいや、SIは本物であり、数カ月前から現在まで「Northern Islands」(以下NI)と呼ばれていた28nmプロセスのチップのことである。日付や機能、そして我々の話したことは置いておいて、ただチップのファミリーネームを入れ替えるだけである。

なぜ?そのことについてはTSMCが非難を受けるべきである。私たちの話しは、AMDが32nmプロセスのNIのテープアウト前にTSMCが32nmプロセスをキャンセル(※英文)した所から始まる。幾人かの人々はそのクソッタレな決定にもちろんカナダ人のような気品あるマナーで大騒ぎしながら暴れたが、あなたは何をすることができた?nVidiaが同じように病気を移されたような発言を行なったが、彼らはテープアウトに近づくことができなくなってしまった。

それは混乱の中からスタートした。32nm NIの一部は「Cozumel」「Kauai」「Ibiza」と呼ばれ(※英文)、それらは突然瞬いた。次の一時しのぎは同じ時期に私たちがSIという名前を聞いたチップについてであり、それはその週占い師に私たちの占いをしてもらった。そのバックアップとして、政府向けHDデコーダボックスが一時しのぎのファミリーとして新しいコードネームを混乱させた。

その一時しのぎのファミリーには最初なんの名前もついていなかったが、その後NI-40と呼ばれるようになり、その後再びNIとだけ呼ばれた。28nmの情報と同じ時期に始まったこれらのことはぷかぷか浮き始め、不幸なことにデコーダがぐずり始めた。私たちはそのファミリーネームを間違ってしまったが、すべてが間違っているわけではない。

内部的に、新しいコードネームとして、「Cayman」「Bats」(※英文)という筋書きが置かれ、その後結局NIラインに再びと称された。私にまだ何かある?もしそうじゃないのなら、いいだろう、わたしはまた間違ってしまった。ともかくそれは私たちが困惑した部分であり理由である。

「Barts」はNIファミリであり、なぜそれらが?ええと、それらは実に単純で、彼らは本気になって「Evergreen」ファミリーをやり直している。その大幅な変化はシェーダー内に秘密があり、それらは4つのシンプルシェーダに1つの複合スシェーダの組み合わせから4つの同じ機能(※ミディアム)の複合シェーダになった。これはの圧倒的な演算量を単純な演算を行う古い方法より遅くならないようにするべきであるが、複合命令(※VLIWのことか?)のほとんどはまた高速に動作する。

その理由として新しい「均等な機能」のシェーダは組み合わせて同じ時間に一つのことしか行うことができないと要約することができるが、それら以上のことがあり、彼らはシェーダ数をより多く入れることができた。かつてGPUはマシンのスループットに支配され、デバイスのレイテンシには行き着かなかったがあなたはその違いを確認できず、それはいくつかの種類の命令がより速く動作するようになっただけであろう。

それらは多分構造的なものか2倍ほど少しだけ遅くなるが、サンプル品のリークがまもなく浮いているサイドデッキの攻撃店を探している。nVidiaがCESでFermiがHeaven benchmarkで多くの箇所でHD5870よりも速いことをプレゼンテーションしていたことを思い出せるか?売上や地位がどのようにして追われたか(※英文)を覚えているか?本物のベンチマーク数値を待って、絶望的に早口のビッググリーンFUD砲(※nVidia広報部によるネガティブキャンペーンのこと)について心配する必要はない。

かつてのシェーダ数は従来のグループの80%となり、いくらかスペースを削減でき、AMDが長い時間かけて最適化したスペースを上部に持ってきている。下部にはわずかばかり大きくなったシェーダがあるが、最終的な結果は従来の4+1シェーダグループよりも新しい4シェーダクラスタがよりスペースが小さく、より速くなる。

アンコア部、もしくは少なくともシェーダ以外も同じように強化され、それは特に強調すべき効果的な強化となっている。最終結果、シェーダの活用の非常に役立つことになり、性能はそれらによりまた増加されている。いくつかのシェーダグループが投入され、NIファミリーは特筆すべき性能向上となる。

HD6000シリーズがローンチされるのは何時かって?それは10月12日であるという噂があちこちで流布しているが、それはローンチ日ではない。10月12日には、HD6000シリーズ関連のイベントが行われるが、それはスケジュール上10月25日の±1日〜2日までカードは販売されないだろう。

その時何がローンチされるのかって?現在AMDがラインナップの穴を開けている175ドル〜250ドルレンジの商品からローンチされ、そこには仮定としてHD6700シリーズがあてられるだろう。驚くべきちょっとした偶然で、それは最初にローンチされることは確実で、その後すぐにHD6800およびHD6900シリーズがそれに続く。2011年初頭には、エントリー向けカードがあとからラインナップに埋められ、そしてそれらはローンチを完了するだろう。28nmプロセスがやってくるまでは。そのとき本当に興味深いことになる。

近い将来に話を戻すと、HD6000シリーズのローンチは基本的に市場に存在するnVidiaのチャンスを埋没させてしまうだろう。緑色のチームはすでに現在のAMD Radeon HD5000シリーズより高コスト構造になっており、最後の手段として、価格下落およびキックバックにより現在の活気のない売上に成功をもたらす必要がある。AMDはその間常に最高価格を維持し続けているが、HD5700シリーズは少しだけゆっくりと値を下げている。

あたかもAMDが部屋に入り込んで彼らの新しいチップをPCのスロットに挿入するようにnVidiaの希望と夢に酷い仕打ちをするだろう。事実、AMDがしていることは確実にnVidiaの儲ける必要のある利益を破壊しており、同じ時期にAMDの在庫は空になっている。

AMDは現在HD5000シリーズを運転席に載せており、nVidiaの競合製品であるGTX400シリーズを2週間以内でHD6000シリーズに置き換えることを実行するだろう。AMDはHD6000シリーズのラインナップが完全に揃うまでの間、開いた穴を従来製品の値下げで対応することができるが、その間、nVidiaは何の反応もできない。

AMDはDirectX11へ最初に対応する競争にHD5000シリーズでたやすくnVidiaに勝利した。HD6000シリーズでは、かれらはより多くの利益と経営状況、そして性能で2度勝利するだろう。TSMCの28nmプロセスが始まるまではnVidiaには何のチャンスもない。しかしその情報は既に少しずつ漏れだしていて、それらことからほんの少しも罵倒されることは予測できない。

—-

Charlie反省文w。この文のすこしまとまりのない部分はvr-zone.comでわかりやすく整理され解説されているが、残念なことにスペースが足りないため翻訳することができない Byフェルマー w。

半導体製造会社GlobalFoundriesが将来の技術を語る。SemiAccurate.com by Charlie Demerjian氏

semiaccurate.com Global Foundries talks future technologies GTC 2010: 450mm, stacking and diversity by Charlie Demerjian September 1, 2010 より。

GlobalFoundriesが将来の技術を語る。

Grobal Technology Conference 2010 : 450mmウエハース,積層技術そして地理的多様性

by Charlie Demerjian

2010年9月1日

GlobalFoundries(以下GloFo)はGTCと称されるGlobal Technology Conferenceを開催し、自身の会社について少しだけ話始めた。それは何のビッグバンもないが、たくさんの細々したことを大量のスライドと共に話し始めた。

Doug Grouseが最初に話し始め、彼はGloFlがこれまでやってきたいくつかのテクノロジについて話始めた。これらの箇条書きはGlofoが短期〜中期に計画していることを見るための窓である。

最初に話されたことはHigh-k Metal Gates(HKMG)であったが、これは既によく知られている。それはFinFets(集積回路基板上に二つのゲートを持ったトランジスタを非平面に実装する方法)に従っており、GloFoが多くは語らなかったいくつかの事である。一つ彼らは本当にこのルートを通ろうとしているのだろうか不思議に思う必要があり、その事は最近プレス関連には語られなかったが、技術的な進行状況のための信頼のある指標にならない。

それらの技術から、次の2番目は450mmウエハースと3DICs(3次元構造の集積回路)の話であり、それらはほとんどの人々が考えていた一緒に結び付けられるより離れている。450mmウエハースは死んだことについて語られ、我々はすべて知っており愛しているそれは標準的な300mmウエハースよりウエハーあたり2倍の面積がある。3DICsはより興味が惹かれ、このbuzzwordはたくさんの技術をカバーしており、それらの全ては「ダイスタッキング」技術という言葉で記述することが可能である。これはシリコンビア(集積回路で回路同士を接続するための楔)を通して基板接続することが可能であり、様々な問題を解決するかできないかのこれからの技術群の束である。

これが重要であることは携帯電話や小型機器はより一層の性能とより少ない基板面積が求められていることである。もしあなたがスタックされた(積層構造)のDRAMかflashメモリをCPU上に
載せることができたら、より小さな携帯電話を作ることが可能である。GloFoはこの問題に対しとりわけ語ろうとしなかったが、いくつかのワッチャー達には静かすぎた。それはほんの少しの箇条書きで、GloFoはその問題を度外視しているわけではないことをデモした。

その基調講演の最後のキーポイントは、供給の継続性である。GloFoは現在工場群に二つのクラスターをお有し、一つがシンガポールとその他はドイツにある。近い将来、ニューヨークがそのリストに加わる予定であり、GlobalFoudriesを真にグローバルにする。いくつかのバイヤーや政府は地理的に狭い地域に世界中の主要な製造工場が集まっていることについていくらか神経質になっている。一つは常軌を逸した嵐や軍事衝突、または災害が小型機器の部品の世界的な供給に深刻なダメージを与えるからである。もしあなたの会社がこれらのチップに依存しているのなら、これらのことで眠ることができないと思う。

3つの国の3つの工場群と共に、GloFoは単独の問題が彼らの製品今日急に影響を與えることはないと非常に強く主張している。いくつかのバイヤー達は、これは部品価格やGloFoの技術よりも重要な問題であるとしている。GloFoは技術と地理的な多様性を持った真にグローバルな企業となる。

—-

やはり製品の供給問題がAMD関連の製品の売上拡大の足かせであると認識しているのか。あのIntel Pentium4ですら潤沢な供給量で発熱量などの問題があっても採用されていたからな。

うわさ FacebookがARMベースのサーバを採用した? SemiAccurate.com Charlie Demerjian氏

semiaccurate.com Facebook is the first to jump into ARM servers Tectonic change of our time by Charlie Demerjian August 23, 2010 より。

うわさ Facebookがx86ベースからARMベースサーバへ最初にジャンプした?

概要として、

  • FacebookがオレゴンデータセンターでARMベースアーキテクチャのサーバの置換えを始めた。
  • もしこのうわさが本当なら、ARMベースサーバを置き換え、x86サーバを近くの川に投げ込んでいる。
  • うわさの発端はオースティンにあるSmooth-Stone(※英文)である。SuperMicroにもいくつかのうわさがある。
  • これはARMCPUが「充分早い」と言うことであり、疑問としてはワットパフォーマンス及びスレッドパフォーマンスである。
  • Intel/AMDのx86CPUはより多いスレッドをより多い消費電力で動作させる。
  • スレッドあたりの消費電力は少なくともFacebookのPHPベースシステムではARMでは少なくて済む。
  • だけれどもIntelは愚かに恐怖すると思うのは数多くものXeonCPUが多大な消費電力のために潜在的に置き換えらることでもなく、それはAtomで勝利することでもない。実際彼らはARMインストラクションセットアーキテクチャがライバルであるとは直接答えなかった。
  • もしFacebookの実験が良い結果になるのなら、データセンター内で同じように置き換えが始まり、価格を圧縮するだろう。
  • 実際のところFacebookは実験ではなくARMに移行し、そしてより先見性のある代替品に置き換えるだろう。
  • この事はデータセンター内で変化し、あなたはその結果をまだ見ることはないだろう。

—-

斜め読み失礼。最近噂のARMベースサーバですか。かつてのmipsやSPARCなど様々なCPUがサーバで動作していた時代に回帰する感じだろうか。
なおTransmetaは省電力サーバとして生き残りをはかろうとして失敗したが、AMDの「Bulldozer」アーキテクチャは一般向けは浮動小数点演算を、サーバ向けは整数演算を重視されるようになると予想を立て各演算コアを分離独立して動作するようなモジュールアーキテクチャを採用している。

うわさ AMDのCPU価格が下げられると共に新モデルが登場する?

semiaccurate.com AMD quietly drops CPU prices No huge discounts by Lars-Göran Nilsson August 17, 2010 より。

AMDが静かにCPUの価格を下げる。

大幅なディスカウントは無し

by Lars-Göran Nilsson

2010年8月17日

先日AMDは多くのPhenomIIやAthlonIIシリーズの価格を下げたが、一番大きな下げ幅でもほんの18.9%である。いくつかのモデルでは99セント以下の値下げで、一つのモデルは4ドルの上昇であった。私たちはあなたが価格変化を簡単に眺められるように数を集めて表にしたが、そこには何の興奮するような事柄はなかった。

いくつかの価格調整は私たちは限定的なモデルの終了を見ることができると提案する。例えば、PhenomII X2 550、550 Black Edition、555 Black Editionはすべて1,000小発注時の単価は87ドルとなっている。同じようにPhenomII X4 925、X4 945、そしてX4 955 Black Edtitionでもすべて単価が139ドルである。

※表の出典はsemiaccurate.comより。

私たちはAthlon II X4 630、635、640が現在すべて単価99ドルであることからAthlonIIでも同じ事が起きていると見ている。Athlon II X4 435、440、445もまた等しく単価74ドルであり、AthlonII X2 245、250、255もすべて単価64ドルである。

※表の出典はsemiaccurate.comより。

実際にバーゲンでヒドイ目に合うことはないが、AMDの標準的なAthlon IIプロセッサの新しい価格は100ドルを割っている。いくつかの低消費電力モデルは未だ効果であるが、いずれにせよそれらのモデルの価格が高価であることは一般的な消費者向け市場として意図されたわけではない。すべてのデュアルコアPhenomIIプロセッサはまた現在100ドル未満で、最も高価な4コアでもほんの159ドルで、残りのモデルも139ドルと完全にバーゲン向け価格である。6コアモデルには多くのディスカウントは見られなかったが、しかし再びそれらが未だにAMDのフラッグシップモデルであると予想するのは難しい。

私たちはいくつかの新しいモデルが来月前半に情報が来ると見ているが、AMDはそのロードマップを変更し、3種類の6コアプロセッサがロードマップに登場し、Phenom II X6 1035T、1045T、1075Tとはっきりと書かれ、そしてそれらは現行の2モデルの間に割って入ることになる。私たちはまた同時に早い段階でPhenom II X4 970、PhenomII X2 560が登場すると見ている。いくつかのAthlonIIの新モデルはまた現在から年末の間に登場すると見ているが、私たちはそれらが登場する具体的なタイムラインは判らない。

—-

とうとうPhenomII X4 945が在庫処分に入ったか。店頭で安くなったらAsus M2A-VM用に一つ購入するかな?

うわさ nVidiaがx86チップを発表する…?

semiaccurate.com Nvidia announces x86 chip We told you so… by Charlie Demerjian August 17, 2010 より。

概要として、

  • nVidiaがMorgan Stanley conferenceでx86チップをアナウンスしたそうだが情報のソースが見当たらない。
  • The Inquireからの情報だがよく判らない。
  • とにかく何も確実なことは判らない。

それでわかったことは、

semiaccurate.com Details emerge about Nvidia’s x86 CPU Details, lawyers, and execution by Charlie Demerjian August 17, 2010 より。

  • どうやら正体は「T50」こと「Tegra 5」らしい。
  • Tegra 5はARM A9CPUアーキテクチャだが、x86アーキテクチャを動作させる場合、技術的な点と法的な点で問題がある。
  • 技術的な問題点は、ARM A9は低消費電力のIntel ATOMクラスの演算能力だが、Transmetaのコードモーフィングを利用して期待される性能は得られるのか。
  • 法的な問題点としては、AMDやVIAはガチガチにx86アーキテクチャの基本的な特許を持っている。
  • さらに先日のIntelとFTCとの和解文章では、「x86アーキテクチャ互換マイクロプロセッサの製造に関する交渉をすることを認めているが、エミュレーションを含む非互換のマイクロプロセッサにx86アーキテクチャを動作させることを除いている」事が明記されており、実際には難しいのでは?

—-

斜め読み失礼。個人的にはnVidiaのx86互換チップは楽しみである。