Linuxカーネル2.6.35がリリースされる。ネットワーク負荷軽減機構やH.264ハードウェアデコードサポート

sourceforge.jp Linuxカーネル2.6.35リリース、ネットワーク負荷軽減機構やH.264ハードウェアデコードなどをサポート

linuxfoundation.jp Linux Weather Forecast より。

新しいLinux カーネル 2.6.35の新機能は主に下記の通り。

  • マルチCPU環境でネットワークスループットを向上させる「Receive Packet Steering(RPS)」および「Receive Flow Steering(RFS)」サポート。なお性能がアップするのは8コア以上からなので個人向けへの影響は今後だろう。
    http://lwn.net/Articles/328339/によると下記のとおり性能がアップ。

    • tg3 on 8 core Intel
      Without RPS: 90K tps at 34% CPU
      With RPS: 285K tps at 70% CPU
    • e1000 on 8 core Intel
      Without RPS: 90K tps at 34% CPU
      With RPS: 292K tps at 66% CPU
    • foredeth on 16 core AMD
      Without RPS: 117K tps at 10% CPU
      With RPS: 327K tps at 29% CPU
    • bnx2x on 16 core AMD
      Single queue without RPS: 139K tps at 17% CPU
      Single queue with RPS: 352K tps at 30% CPU
      Multi queue (1 queues per CPU) 204K tps at 12% CPU
      _
  • SGI開発のカーネルデバッグツール「KDB」の追加
  • メモリの断片化を軽減する「Memory compaction」の追加。使用中のメモリページを連続した大きなページに移動することでメモリ使用効率の改善を図るというもの。近年の大容量メモリ搭載システム向け。
  • カーネルモードセットドライバの改善。IntelのG45チップセットなどが備えるH.264およびVC-1デコード機能、Radeonドライバの各種改良など。
  • Btrfsでファイルシステムのキャッシュを通さずに直接I/Oを行う「Direct I/O」をサポート
  • xfsでI/Oが大量に発生した際の遅延ロギングのサポート
  • perfコマンドの改良
  • multiple multicast route tablesのサポート
  • L2TP Version 3(RFC 3931)のサポート
  • ST-Ericssonのモデムで利用されているCommunication CPU to Application CPU Interface(CAIF)プロトコルのサポート
  • ACPI Platform Error Interfaceのサポート(先日のUbuntu Linux 10.10 Maverick Meeakatのニュース参照)
  • Linux Software RAIDのRAID0⇔RAID10,RAID4,RAID5の引継ぎが可能になった。ただしRAID6については記述なし。
  • AMDの新CPU PhenomII X6 1090Tなどで採用された動作コアを減らす代わりに動作クロックを上げる「Turbo CORE」対応のCPUでpowernow-k8の「Turbo Boost」制御が可能となる。

2010年8月2日現在Ubuntu Linux kernel-ppa mainlineには2010年7月31日ビルドバージョンがある。

Linux kernel Changelog 2.6.35の解説は下記のページを参照。

http://kernelnewbies.org/Linux_2_6_35

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx で Promise Supertrak ex8350 stexドライバの不具合情報について 更新2010/7/1

Kernel panic when copying data to Promise Technology, Inc. 80333 [SuperTrak EX8350/EX16350] に登録されていた。

だが、リンク先のkernelのバージョンは2.6.24で、私の利用しているバージョンは2.6.31-21、Lucid Lynxの標準カーネルが(前回の状態で)2.6.32-22。その状態でstexドライバはエラーをログに吐き出す。エンバグが起きているのか?

更新 2010年7月1日

linux-image-2.6.32-23-preemptがリポジトリに来ているのでlinuxカーネルのアップデートを行なった。

初めはsyslogにエラー等は表示されなかったが、12時間ぐらいでまたstexドライバのエラーが大量にログ出力されていた。

ベンチマークをとってみた。

JBOD接続×4でソフトウエアRAID5の速度だが平均読み込み速度は140.1MB/secと少し遅い。バス帯域はPCI Expsress 1.1 x4だから1GB/secなので接続するハードディスクの数が少ないせいか?