AMDの次世代GPUの「Barts」のメモリコントローラについて妄想してみる

semiaccurate.com Northern Islands Barts benefits to moar, bigger? by Stephen Werner September 20, 2010 より。

概要は下記の通り。

  • AMD Radeon HD6770について非常に期待されているが、いったいどのくらいの価格帯なのか?
  • Radeon HD6770もしくは「Barts」は256bitメモリインターフェースと噂されているが従来のRadeonの価格帯では128bitが通例だった。
  • 製造コストを上げてまでAMDは256bitを採用するのか、HD5770「Juniper」の2倍の帯域が必要なのか見ていこう。
  • まずはRadeon HD5770のGPU動作周波数とメモリ周波数を調整する。Crysisと3DMark Vantageの数値から見ていく。実際にはDDR5のECCによる帯域への影響が結果として出るかもしれない。
  • メモリクロックをテストが失敗しない数値まで増加させた。結果数値は動かない。ベンチマークを他の日にもう一度動かしても数値は動かないので結果には自信がある。

Vantageは8.3%のメモリクロックまでで不具合を起こした。 **全体の合計より大きい点に注意

  • これらのテストではAMD PhenomII X4 3.2GHz、4GBメモリ、Windows7 64bitを使い、CPUのボトルネックが発生していないことを似たようなベンチマークを使って確認している。
  • 結果GPUのオーバークロックはメモリのオーバークロックより効果的であり、DDR5のECCによる帯域への結果は出ていない。結果として合計で35%の性能向上ができた。
  • 興味深い点はCrysisのスコアである。GPUとメモリのオーバークロックは個別にオーバークロックしたときの合計よりも性能向上につながる。
  • この結果からHD5770はバランスの良い製品であるという明快な結果が出た。

他のGPUでも試す。

  • HD4890は二つのチップを載せているが、DirectX11対応ではない。もちろんメモリコントローラも既に古い。
  • 理論的にはHD5770とHD4890の間にはメモリ帯域により20%の性能差がある。
  • HD4890をだしたのはメモリコントローラの違いを測定するためではなく、メモリ帯域がHD5770の76.8GB/secに対して124.8GB/secと67%大きい点で比べた。
  • 注意して表の数値を比べてみて欲しい。二つのGPUボードには20%の性能差がある。

  • 興味深い点はHD4890のメモリ帯域により性能が100%拡大しているわけではないところである。それでも30%〜40%の性能向上は見られるのだが、HD4890はHD4870よりメモリは遅い。
  • HD4870はHD5770より50%もメモリ帯域が大きいが、これ以上速いメモリが必要ではない。よってメモリを速くしても少ししか性能は上昇しない。
  • 更にnVidia Geforce 9600GTと9800GTで比較する。両方とも256bitメモリコントローラである。スペックか下記のとおり。

  • 9800GTは9600GTにほとんどの点で優っており、9800GTのテクセルフィルレートや浮動小数点演算能力は9600GTに比べ62%も上である。
  • メモリフィルレートは9800GTと9800GTXはほぼ同じである。
  • 一般的に9800GTは9600GTより15%性能が上であり、その結果メモリの帯域上昇による全体の性能上昇は小さいことがわかる。

メモリ帯域増加によるコスト

  • X-bit labsはRV770のメモリコントローラサイズを4,000万〜4,500万トランジスタと計算している。これはRV770の全体のトランジスタ数の5%未満である。
  • RV770とJuniperは似ている点があり、メモリ帯域が増加することによりトランジスタ数が増加していない点である。
  • この意味はJuniperのメモリコントローラが2,200万トランジスタか全体のトランジスタ数の2%前後であることがわかる。
  • ダイサイズに何が占有しているかはわからないが、一般的なメモリコントローラのトランジスタ密度を知らなくてもある程度のトランジスタ数を見積もることができる。
  • ポイントとして、「メモリコントローラーは128bitと256bitでダイサイズの影響は殆ど無い」ということである。
  • ダイサイズのコストはその大きさが小さくなると歩留まりが少しだけ上がる。もしPCB基板のコストが1層あたり10ドル上がるとした場合、コストの大半はPCB基板が占めるだろう。
  • 9800GTと9600GTを比較することにより、シェーダ数とテクスチャユニット数が性能向上に有効な点がわかる。メモリコントローラを2倍にしてもダイサイズ上では2%〜10%の間に留まるだろう。
  • シェーダ数とテクスチャユニット数の増加は性能向上もあるがダイサイズを大きくしてしまう。だがほとんどのコストを占めるPCB基板のコスト上昇は抑えられる。
  • 数多くの選択肢からどの道を行くのかを決めており、AMDとnVidiaは自身のパートナーの粗利を壊すことなく自身の粗利を確保しているだろう。
  • 歩留まりは予測され決定される必要があり、適切なコストは目標としている性能カテゴリの主要な要素であり、バランスが必要である。

「Barts」は256bitメモリコントローラか否か

  • 「Barts」の競合製品が何であるか思い出すことは非常に重要だ。それはnVidia Geforce 460GTXで、「256bitメモリコントローラ」を持っている。
  • AMDがそのような製品に128bitメモリコントローラを採用した製品で競争することは無いだろう。
  • 「Cayman」シリーズのDDR5メモリコントローラが「Barts」の1,600MHz(x4)であり、25%しかメモリ帯域が大きくない点がそれを示している。
  • もし40%以上のメモリ帯域を上乗せしても全体の性能は10%未満であろう。
  • 256bitメモリコントローラは確かに20%の性能向上をもたらす。
  • ただ確かな点は「Barts」は他のアーキテクチャ改善を行っているだろう。より多くのメモリ帯域は性能向上を提供するが、GPUとメモリクロックを一緒に上昇させたときの素晴らしい性能向上を思い出して欲しい。

最後に誰もが新しいアーキテクチャはダイサイズが小さくなるとメモリ帯域の制限により性能が制限されてしまうだろうと思うが、より大きなメモリコントローラは「Barts」シリーズに性能改善の多大なる貢献をするだろう。

AMDは同意しているかって?あと数週間でわかるよ。

—-

とりあえずスケジュールがHD5000シリーズ時より1ヶ月遅れているようなので2010年10月頃発表・月末販売開始か?

うわさ AMDのCPU価格が下げられると共に新モデルが登場する?

semiaccurate.com AMD quietly drops CPU prices No huge discounts by Lars-Göran Nilsson August 17, 2010 より。

AMDが静かにCPUの価格を下げる。

大幅なディスカウントは無し

by Lars-Göran Nilsson

2010年8月17日

先日AMDは多くのPhenomIIやAthlonIIシリーズの価格を下げたが、一番大きな下げ幅でもほんの18.9%である。いくつかのモデルでは99セント以下の値下げで、一つのモデルは4ドルの上昇であった。私たちはあなたが価格変化を簡単に眺められるように数を集めて表にしたが、そこには何の興奮するような事柄はなかった。

いくつかの価格調整は私たちは限定的なモデルの終了を見ることができると提案する。例えば、PhenomII X2 550、550 Black Edition、555 Black Editionはすべて1,000小発注時の単価は87ドルとなっている。同じようにPhenomII X4 925、X4 945、そしてX4 955 Black Edtitionでもすべて単価が139ドルである。

※表の出典はsemiaccurate.comより。

私たちはAthlon II X4 630、635、640が現在すべて単価99ドルであることからAthlonIIでも同じ事が起きていると見ている。Athlon II X4 435、440、445もまた等しく単価74ドルであり、AthlonII X2 245、250、255もすべて単価64ドルである。

※表の出典はsemiaccurate.comより。

実際にバーゲンでヒドイ目に合うことはないが、AMDの標準的なAthlon IIプロセッサの新しい価格は100ドルを割っている。いくつかの低消費電力モデルは未だ効果であるが、いずれにせよそれらのモデルの価格が高価であることは一般的な消費者向け市場として意図されたわけではない。すべてのデュアルコアPhenomIIプロセッサはまた現在100ドル未満で、最も高価な4コアでもほんの159ドルで、残りのモデルも139ドルと完全にバーゲン向け価格である。6コアモデルには多くのディスカウントは見られなかったが、しかし再びそれらが未だにAMDのフラッグシップモデルであると予想するのは難しい。

私たちはいくつかの新しいモデルが来月前半に情報が来ると見ているが、AMDはそのロードマップを変更し、3種類の6コアプロセッサがロードマップに登場し、Phenom II X6 1035T、1045T、1075Tとはっきりと書かれ、そしてそれらは現行の2モデルの間に割って入ることになる。私たちはまた同時に早い段階でPhenom II X4 970、PhenomII X2 560が登場すると見ている。いくつかのAthlonIIの新モデルはまた現在から年末の間に登場すると見ているが、私たちはそれらが登場する具体的なタイムラインは判らない。

—-

とうとうPhenomII X4 945が在庫処分に入ったか。店頭で安くなったらAsus M2A-VM用に一つ購入するかな?

今日香港からDVI-Dケーブルが届いたが…

今日8月18日、家に戻ると香港から注文していたDVI-Dケーブルがエアメールで届いていた

注文日は8月3日。ということで注文日を入れて16日で到着したことになる。

早速Dell D2711液晶モニタに接続したが…

  • マザーボード : Jetway MA3-79GDG COMBO/D
  • CPU : AMD PhenomII X4 955
  • GPU : Radeon HD4850
  • メモリ : DDR3-10600 2GB×2
  • OS : Microsoft Windows Vista Professional 32bit

だが、U2711×Radeon HD4850で2560x1440pixelsの解像度にすると画面全体にドットノイズは表示され、そのドットが時間経過と共に様々な色に変化して見づらいことこの上ない。解像度を1920x1200pixelsにすると正常に表示される。なおVGAでは2048x1156pixelsまでちゃんと出る。

まあ600円のDVI-Dケーブルではそんなものかと。ちゃんとしたケーブルを近くのショップに買いに行こう…。

更新 2010年8月19日

近くのPCショップで、Elecom デュアルリンク対応でWQXGA(解像度:2560×1600dpi)対応DVIデュアルリンク対応ケーブル(3m)(※アフェリエイトリンク)を購入した。しかしたっかいなー。

通常の1920x1200pixels対応のDVI-Dケーブルとの違いは、

  • ケーブルのオスコネクタ部の色が黒ではなく白である。これはDellのモニタ付属のDVI-Dケーブルも同様であった。
  • ケーブルの太さが5mmほど太い。

そして接続。2560x1440pixelsでの接続は成功。前回の画面ノイズも表示されず快適である。

Ubuntu Linux 10.04 + ASUS M2A-VMマシンが暑さでメモリが熱暴走

ここ最近Ubuntu Linuxマシンが突然フリーズする現象に襲われていた。規則性などは特になく突然である。

syslogを読んでもフリーズ前のログに不審な点はなかった。ただ一度だけフリーズする前にPCI Expressに接続しているデバイス全てでタイムアウトエラーを記録していた。

そこでLinuxカーネルのバージョンを2.6.31-21から2.6.32-23や2.6.35-rc2などいろいろ試したがフリーズ現象は変わらず。CPUかチップセットの熱暴走を疑ってPhenom X4 9750やAMD 690G、SB600に風が行き渡るようPCファンを設置したが現象は変わらず。

最後にDDR2-800MHz 2GB×2、1GB×2のメモリにファンで冷却するとフリーズ現象はピタリと止まった。

暑さでコンピュータが不安定な場合CPUやチップセット、増設ボードのみでなくメモリ冷却も気をつけてみるといいかも。

なおJetway MA3-79GDG COMBO/D + PhenomII X4 955BE@3.7GHz 1.4750v + Radeon HD4850 マシンはGPUボードの排熱がCreative Audigyに伝わり再起動がかかったw

ケース側面のカバーを外すと安定動作。本当に趣味のPCいじりは熱との戦いだ。