AMDとIntelのGPU統合型CPUのプレゼンバトルが来週行われる

All of AMD  AMD to Demonstrate Next Generation PC Experience Powered by AMD Fusion APU Codenamed “Zacate” September 10, 2010 by Steve Howard

semiaccurate.com Sandy Bridge for sale in early 2011 IDF 2011: Less than two weeks in by Charlie Demerjian September 12, 2010

xbitlabs.com AMD to Demonstrate CPU-GPU Chip Live Next Week. AMD to Spoil IDF with Zacate [09/10/2010 03:29 PM] by Anton Shilov より。

概要として、

  • IntelのIntel Developer Forum(以下IDF)が来週行われる。
  • そこで、IntelのGPU統合型CPU「Sandy Bridge」の技術解説が行われる予定。
  • さらにIntelの次世代チップセットはUSB3.0及びSATA 6Gbpsをサポートするとの噂。
  • それに対しAMDは「Bobcat」アーキテクチャベースのGPU統合型CPU「Zacate」の発表をIntelのIDF開催中にぶつける
  • AMDの「Zacate」はFusion APUのデュアルCPUで、18Wの低消費電力で動作する。
  • 「Zacate」のGPU部は、DirectX11にフル対応し、1080pを含むハードウエア動画再生機能UVD3、OpenCL、DirectComputeに対応。
  • 「Zacate」のダイサイズは100mm^2以下との噂がある。

両者の技術発表が楽しみ。IntelのGPUは何時まで経ってもDirectX11に対応できない分AMDに多少有利。まあIntelは多少なんぞ物ともせずにAMD含めて競合他社すべてに対し絶対的優位に立っているが。

広告

AMDがノートPC向けGPU統合型CPU Fusion APU「Ontario」のダイ写真を公開

xbitlabs.com AMD Shows Off Die Shot of “Ontario” Chip for Netbooks.AMD Discloses Details About Ontario, Zacate [09/08/2010 01:10 PM] by Anton Shilov より。

AMDがノートPC向けGPU統合型CPU Fusion APU「Ontario」のダイ写真を公開

AMDは「Ontario」と「Zacate」の詳細を公開する。

by Anton Shilov

2010年9月8日

AMDは2011年初頭に販売を行う予定の低消費電力デバイスAPUのダイ写真を公開した。見たところ、AMDの低消費電力APUには2種類あるようだ。ネットブックやウルトラモバイルデバイス向けの「Ontario」の他に、低コストノートPC向けに設計された「Zacate」である。

AMDの低消費電力APUである「Ontario」と「Zacate」は一般的に似たような設計や能力がある。両方の低消費電力APUのバージョンは二つの「Bobcat」x86コアとDirectX11、DirectCompute、OpenCLに完全対応したコードネーム「Cedar」と呼ばれるグラフィクス演算デバイスからなる。二つのAPUはまた1920×1080(1080p フルHD)の解像度を含むHD動画のハードウエア再生支援を持つ新しいUVDが含まれている。

「Ontario」と「Zacate」の二つのプロセッサの主な違いは消費電力量である。「Ontaril」はちょうど9Wの熱設計電力量(TDP)であり、ネットブック屋に多様な小型デバイス向けであり、「Zacate」は18WのTDPでネットブック市場で戦う予定である。これは「Ontario」はより低い動作クロックにより消費電力量を低減するよりアグレッシブな技術を取り入れている。また二つのチップは非常に小さなダイサイズである。

そのダイ画像は、チップの「ホットスポット」が激しく隠されており、その画像自身競合相手から守るため実際の部分を多く見ることはできない。だけれどもL2キャッシュセルがダイ画像の上部に位置するのが見え、画像中央の正規構造ははっきりと見えない。

AMDは「Ontario」と「Zacate」マイクロプロセッサを今年末には増産する予定であり、「Brazos」プラットフォームが二つのCPUをサポートするために来年早々までにローンチする予定である。またAMDパートナーたちは2011年早々の新しい技術が用いられた最初のデバイスの能力について紹介されているだろう。

—-

そろそろAMDのボトルネックであったノートPC分野に乗り込むための「Bobcat」APUの情報が多くなってきた。気になるのは「Brazos」プラットフォームのことだな。

nVidiaのノートPC向けDirectX11対応GPU Geforce GTX400Mシリーズがフルラインナップで登場

anandtech.com NVIDIA 400M: DX11 Top to Bottom Solutions Now Available by Jarred Walton on 9/3/2010 12:02:00 AM より。

4gamer.net NVIDIA,ノートPC向けGPU「GeForce 400M」の新製品7モデルを一挙発表 ライター:宮崎真一 より。

概要として、

  • nVidia Geforce GTX480MはGF100のダウンクロック版。
  • 実際デスクトップ向けGTX465と同じコア数。消費電力(TDP?)は驚異の100W。
  • Optimusテクノロジでアイドル時のGPU消費電力は0Wだそうだが。
NVIDIA High-End 400M Specifications
GeForce GTX 480M GeForce GTX 470M GeForce GTX 460M
Codename GF100 GF104? GF104?
CUDA Cores 352 288 192
Graphics Clock (MHz) 425 535 675
Processor Clock (MHz) 850 1100 1350
Memory Clock (MHZ) 1200 1250 1250
Standard Memory Configuration GDDR5 GDDR5 GDDR5
Memory Interface Width 256-bit 192-bit 192-bit
Memory Bandwidth (GB/sec) 76.8 60 60
SLI Ready Yes Yes Yes

票の出典はanandtech.com

  • 対応技術 : DirectX11, OpenGL 4.0, PhysX, Optimus, CUDA, DirectCompute, OpenCL, H.264/VC1/MPEG2 1080p ハードウエア動画デコード, Blu-ray デコードフル対応。HDMI 1.4a対応。
  • 直接の競合はAMDのMobility Radeon 5800・5700・5600シリーズ。
NVIDIA Performance and Mainstream 400M Specifications
GeForce GT 445M GeForce GT 435M GeForce GT 425M GeForce GT 420M GeForce GT 415M
Codename GF104 and GF106? GF106? GF106? GF106? GF108?
CUDA Cores 144 96 96 96 48
Graphics Clock (MHz) 590 650 560 500 500
Processor Clock (MHz) 1180 1300 1120 1000 1000
Memory Clock (MHZ) 800/1250 800 800 800 800
Standard Memory Configuration DDR3/GDDR5 DDR3 DDR3 DDR3 DDR3
Memory Interface Width 128/192-bit 128-bit 128-bit 128-bit 128-bit
Memory Bandwidth (GB/sec) 25.6/60.0 25.6 25.6 25.6 25.6
SLI Ready No No No No No

票の出典はanandtech.com

  • これらのチップはすべてSLI非対応。
  • とりあえず300Mシリーズ比で平均40%の性能向上を果たしている。
  • Optimus技術を使っている会社はAcer、Asus、Dell、Lenovo、Samsung、Toshibaだが、IntelのSandy Bridgeが登場したら必要なくなる可能性がある。

—-

どうみてもノートPCに採用できる消費電力じゃないな。AMDのノート向けGPUチップは注文が殺到しているようだが…

AMDがOpenCL 1.1に対応した ATI Stream SDK v2.2配布開始

tcmagazine.com AMD delivers ATI Stream SDK v2.2 with OpenCL 1.1 support より。

Intelの発表に合わせて、AMDもOpenCL 1.1に対応したライブラリ ATI Stream SDK v2.2の配布を開始した模様。

概要は下記の通り。

  • OpenCL1.1に対応したATI Stream v2.2は、音声認識、ジェスチャー、表情認識技術など次世代コンピューティングエクスペリエンスに貢献する。
  • また将来AMD Fusion APUと統合し利用することが可能

OpenCL1.1に合わせて、SDKのアップデートした内容は下記の通り。

  • 対応OSを拡張。Ubuntu Linux 10.04やRed Hat Enterprise Linux 5.5が含まれる。
  • SSE2.xかそれ以降を搭載したx86CPUに対応し、CPUの多様性に対応。
  • LinuxやWindowsのコンパイラサポートの追加として、GNU Compiler Collection 4.1以降、Microsoft Visual Studio 2010 Professional Edition、Minimalist GNU(4.4) for Windows(MinGW)である。
  • Single-channelフォーマットのサポートで、GPU上のキャッシュへのアクセスがより柔軟になる。
  • OpenCLとDirectX10との相互運用性により、ユーザが結果をディスプレイで確認したい際の使い勝手を高める。
  • HPCや科学計算分野アプリケーションで有用なOpenCLカーネルでの倍精度浮動小数点演算サポートの追加

ATI Stream SDK v2.2のダウンロードはこちらのページから。

これまで常であったAMDのソフトウエア関連サポートの不備が改善されつつある。OpenCLとの相互運用性というのはnVidia CUDAよりも有用そうである。ATI Stream SDK自身の品質は今後の報告待ちか。

IntelがOpenCL向けSDKを年度末に発表 ただしCPUのみを利用する

hardware-infos.com Intel springt auf den OpenCL-Zug auf より。

概要は下記の通り。

  • Intelが自社製品向けにOpenCL SDKを2010年末に提供すると発表した。
  • OpenCLはKhronos Groupによって策定されたヘテロジニアスアーキテクチャ向けパラレルプログラムライブラリ
  • ヘテロジニアスシステムとは、CPU+GPUという異なるアーキテクチャシステムの組み合わせのこと。現在のPC向けCPUは、コア毎に機能に違いのないホモジニアスアーキテクチャ。
  • Intelは自社のCPU向けにAVXやSSEに対応させたOpenCL SDKを提供する。これで15%前後性能が改善する。
  • 現在IntelはCPUとGPUが連動したSDKは提供する意向は見られない。
  • だが疑問点として、Sandy BridgeのようなGPU統合型CPUでOpenCLを実行する場合はGPUの機能を活用するのだろうか?

—-

AMDはFusion APUでOpenCL環境を提供するといううわさがあるんで、Intelも時期が来たら提供はするだろうけど積極的に推進することは当面無さそう。