Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meeakatでサウンドハウス CLASIC PRO / UPS1200LXを動作させる

久々の掲載。2010年末に自宅のPC環境を刷新した。その際にメインマシンであるUbuntu Linux 10.10 Maverick Meeakatマシンもハードウエアを大幅に入れ替えた。

その際に、容量が大きく入手性の良いUPSを探していたら、Soundhouse CLASSIC PRO / UPS1200LXが見つかった。APCやオムロンなどは仕事でも使用していたので、今回挑戦の意味で購入した。

  • 容量:1200VA
  • 許容電力:720W
  • 運転方式:ラインインタラクティブ方式

容量そのものは良い。

  • ■出力:100V 50Hz/60Hz ±1%(バッテリーモード)
    波形:正弦波(通常時) ステップ波(バックアップ時)

バッテリ駆動時はステップ波だが、APCでも矩形波が多い中比較的信頼性が高いとみた。

  • インターフェース:USB
  • 電源管理ソフトウェア:「UPSilon2000」付属
    ・停電時に自動でPCをシャットダウン
    ・電源異常をメールで通知機能
    ・UPSの状態をモニタリング機能
    ・停電時にファイルを自動的に保存
    ・自己診断機能
    ・スケジュール機能
  • 対応OS:Windows95、NT、98、Me、2000、XP、Vista、Windows 2003 Server、Novell NetWare、Linux、FreeBSD

問題はこの部分。USB接続は良いとして、付属のLinux版UPS管理ソフトウエアのコピーライト表記がなんと1999年である。インストールしてみたが案の定動作せず。

そこで導入したソフトウエアがNetwork UPS Tools(NUT)である。デスクトップクライアントはknutclientを利用した。

インストールは下記のとおり。

$ sudo aptitude install nut knutclient

すると設定ファイルが/etc/nut/以下に作成される。

$ sudo vi /etc/nut/nut.conf

上記ファイル内に” MODE=standalone”を追加。次にupsmon.confで書く時間を設定する。

UPS1200LXとPCの接続が正しく認識されているか確認する。

$ lsusb

Bus 007 Device 002: ID 18ec:3290 Arkmicro Technologies Inc.
Bus 007 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 006 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 005 Device 003: ID 0a12:0001 Cambridge Silicon Radio, Ltd Bluetooth Dongle (HCI mode)
Bus 005 Device 002: ID 04a9:220e Canon, Inc. CanoScan N1240U/LiDE 30
Bus 005 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 004 Device 002: ID 0001:0000 Fry’s Electronics
Bus 004 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 015: ID 0424:4063 Standard Microsystems Corp.
Bus 002 Device 014: ID 0424:2640 Standard Microsystems Corp.
Bus 002 Device 013: ID 0424:2514 Standard Microsystems Corp. USB 2.0 Hub
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

どうやら”Fry’s Electronics”がUPS1200LXのようだ。続いてデバイス情報を調べると/dev/usb/hiddenv0らしい。

そして/etc/nut/ups.confに下記の情報を追加する。

[ups1200lx]
driver = megatec_usb
vendorid = 0001
productid = 0000
subdriver = krauler
desc = “SoundHouse CLASSIC PRO UPS 1200LX”
port = /dev/usb/hiddenv0

NUTを再起動する。

$ sudo /etc/init.d/nut restart

syslogに情報が表示されたら認識成功。knutclientからも認識できる。;

広告