DRAMメーカのPowerchipとProMOSの2010年9月の売上が漸減したとの報告

digitimes.com DRAM makers Powerchip, ProMOS report sequential drops in September sales Jessie Shen, DIGITIMES, Taipei [Wednesday 6 October 2010] より。

DRAMの低価格化に影響され、Powerchip TechnologyとProMOS Technologiesは2010年9月の1ヶ月間の売上が減少したと語った。

Powerchipは9月の1ヶ月間の売上が2億4200万ドルと15.4%減少し、2010年3月以来続いていた売上増加が止まった。7月から9月の四半期の期間は製造コストが減少した。Powerchipはまたコスト競争力を加速させるために新しいプロセスシュリンクの導入を行うとしている。

ProMOSは9月の期間売上は22億3000万台湾ドルとし、1ヶ月に7.6%の減少であった。7月から9月までの期間に69億6000万台湾ドルが消失し、第2四半期の64億台湾ドルより8.67%増加した。

DRAM製造会社のNanya TechnorogyとRexchip Electronicsはまたメモリ価格の下落を受け9月の1ヶ月間の売上が漸減したと語った。各社の公開に先立って、Inotera Memoriesは台湾のDRAMメーカのみがこの1ヶ月間に成長したというトレンドに喜んだ。

DRAM chipmakers: Revenues, Aug 2009 – Aug 2010 (NT$m)
Month Nanya Inotera Rexchip Powerchip ProMOS
Sales Y/Y Sales Y/Y Sales Y/Y Sales Y/Y Sales Y/Y
Aug-10 5,259 44% 3,205 0.8% 4,814 8,888 236.5% 2,408 173.8%
Jul-10 5,098 54.7% 3,160 9.8% 4,611 8,617 483.8% 2,326 172.7%
Jun-10 5,229 105.2% 3,089 19.9% 4,245 8,555 302.9% 2,126 186.6%
May-10 5,267 82.2% 3,912 56.5% 4,587 8,136 440.1% 2,045 185.2%
Apr-10 5,221 97.3% 4,258 78.4% 4,623 7,531 613.6% 2,227 228.2%
Mar-10 5,257 136.8% 4,140 129.2% 4,274 6,846 572% 1,816 194.6%
Feb-10 4,141 112.6% 3,360 46.6% 3,975 5,517 323.8% 1,213 99.6%
Jan-10 4,722 135.7% 4,019 78.1% 3,909 5,932 270.1% 1,245 110.7%
Dec-09 4,964 246.9% 4,668 136.8%   5,515 320.8% 1,215 55.3%
Nov-09 6,051 314.3% 4,319 41.1%   5,380 222.2% 1,079 (21.2%)
Oct-09 5,675 75% 3,760 16.8%   4,239 62.9% 1,042 (48%)
Sep-09 4,559 38.6% 3,480 3.7%   3,312 (13.3%) 1,013 (61.9%)
Aug-09 3,654 (7.7%) 3,180 (13.3%)   2,641 (47.6%) 880 (71.9%)

*Figures are not consolidated
Source: TSE, compiled by Digitimes, October 2010

DRAMの製造コストが2006年始めに比べて増加している。要因はNanyaとエルピーダ?

digitimes.com DRAM production costs rise for first time in 15 quarters, says iSuppli Press release; Jessie Shen, DIGITIMES [Wednesday 15 September 2010] より。

DRAMの製造コストが15四半期始めに比べ増価しているとiSuppliは伝えている。

Press release; Jessie Shen
2010年9月15日

2010年第2四半期のDRAM製造コストは2006年第3四半期以来増加しているように見え、メモリ産業の製造経費は確実に上昇しているとiSuppliは伝えている。

DRAMの平均製造コストは2010年の第2四半期ではギガビットあたり2.03ドル出会ったが、2010年第1四半期の2.00ドルから上昇したとiSuppliは伝えた。ほんの1.2%の上昇が意味することは、2005年から始まって以来四半期ごとに平均9.2%製造コストが下落していたこれまでのトレンドの流れから逸脱していることを意味する、とiSuppliは示した。

この第2四半期における製造コストの上昇は、9ヶ月間の平均よりも少ない下落で終わる事が最大の要因であり、2009年の第3四半期以来平均してちょうど四半期あたり1.7%の下落で終了するだろうとiSuppliは伝えた。

そして、それぞれの期末の間3%だけ減少した前の2四半期と比較して、直近の四半期末にトレンドの流れが突然逆になった。2010年第1四半期をスタートポイントとして、もしコストがこれまで通りにより加工曲線に沿うのなら、第2四半期のコストは彼らが現実に見ているより21%以上下落しているはずであった、とiSuppliは示した。

「第2四半期間のDRAM製造コストの上昇は市場にいる二つのビッグプレイヤーの活動に従っている。世界第3位のサプライヤーである日本のElpida Memoryと、世界第5位の台湾を本拠地とするNanya Technologyである」と、iSuppliのDRAM市場シニアアナリストのMike Howardは言う。「Elpidaの経費が11%もの急上昇した時、Nanyaは製造コストが4%上昇したと見ている。」

一方、Nanyaは旧世代の平面露光テクノロジから新世代の積層型プロセスに移行する際に生じる困難な状況を現在の高いコストで賄っていることが原因と見ることが可能である。この移行時期の間歩留まりは低下し、そして結果として製品のビットあたりのコストが上昇しているのである。iSuppliが信じているそのトレンドは、NannyaのDRAMテクノロジーの歩留まりへの挑戦が解決すると素早くかつてのように戻り、その会社のコストは次の四半期が来る間に大幅に減少するだろうと予測している。

もう一方であるElpidaは、会社を他の製造工場にアウトソーシングする製品を増やしたあと、コスト構造を変化している現在の問題から抜け出すことが可能である。Elpidaは第2四半期の間台湾のパートナー企業から高いコストで直接DRAMを購入していたが、Elpidaは供給量が限界なため他に選択肢はない、とiSuppliは指摘している。

とはいえ、Nanyaの様に、Elpidaのコストはコスト構造をうまく整理することにより減少に向かうだろう。そしてまた調整が必要な産業界全体、とりわけ移行の間必要な半導体の湿潤露光技術の成熟度と関連し、製品コストは明確に下落させるべきであり、長期的に見て平均としては再びかつてのように下落するとiSuppliは信じている。

—-

日本のエルピーダメモリはかつてのDRAM製造会社から集めて作られた会社だから、社員間の連携がうまくいかないとか旧世代のプロセスから脱却できないとか取引スピードが遅いとかいろいろ言われていたからな。今は改善の最中?

訳しきれていない点は単に私の能力が問題なんで、暇があれば指摘してもらえると助かります。