AMDの「Zacate」プラットフォームのベンチマークは、Intel Core i5 GPUの2倍以上速い 更新 2010年9月15日

AMD Benchmarks Zacate APU, 2x Faster GPU Performance than Core i5 by Anand Lal Shimpi on 9/13/2010 11:06:00 PM より。

AMDの「Zacate」プラットフォームのベンチマークは、Intel Core i5 GPUの2倍以上速い

By Anand Lai Shimpi
2010年9月13日

AMDはIntelのIDFの間、身内だけのミーティングを開催し、今年も例外ではない。私はAMDのサーバやデスクトップ及び間近に迫るモバイル向けFusionローンチについていくつかを聞いた。私たちは詳細を聞く前にAMDの3つの新しいマイクロプロセッサについて聞いた。「Bulldozer」はハイエンドデスクトップ及びサーバ市場に2011年中(参考として第4四半期)に投入される。「Llano」は2011年のダイ2四半期の終り頃登場し、32nmプロセスのPhenomIIベースのマルチコアとAMDのDirectX11にしっかり対応したGPUとペアで登場する予定である。私たちが最も興奮したことは、2010年第4四半期に出荷される予定のメインストリームノートPC向け「Zacate」(TDP 18W)および「Ontario」(TDP 9W)である。

二つのAPUは低消費電力「Bobcat」コアにAMDのDirectX11 GPUと一緒に提供される予定である。AMDは公式にはGPU側がいくつのコアと組み合わされているか公表していないが、二つのダイはTSMCの40nmプロセスにより生産される予定である。そのパッケージはとんでもなくコンパクトである。

ダイサイズが非常に小さい。私たちが見るに74mm^2以下ではないか。チップの裏側は、あまり多くないボール数を見ることができる。

このシンプルなパッケージは可能な限り簡単に製造できるよう設計されている。パッケージの少ないボール数はこのパッケージがシングルチャネル 64bit DDR3メモリインターフェースであると暗に示している。だけれどもAMDの9W「Ontario」は明確にネットブック業界のIntel ATOMの後釜を狙っている(ATOMのインオーダ型と違い「Bobcat」のアウトオブオーダ型アーキテクチャは性能向上の成功を約束する)。「Zatate」は500ドル前後のメインストリームノートPC向け市場を目指している。AMDの提供したポイントは、Intel Core i5ノートブックと「Zacate」テストプラットフォームでゲーム「City of Heroes」を同じセッティング(1024×768 low quality)で動作させていた。

Intel Core 5iノートブックは14〜19FPSで動作していた。「Zacate」プラットフォームはより良い動作であった。

私が見たところ「Zacate」は27〜34FPSの性能だった。これはIntel HD Graphicsのほとんど2倍の性能である。「Zacate」は私たちが「Sandy Bridge」でみたものと同様の性能向上を果たしているように見える。確かにこれは「Sandy Bridge」のベンチマークではないが、基本的な性能アドバンテージは約束する。

AMDはまた二つのプラットフォームのInternet Explorer9(以下IE9)のベンチマークを用意し、その性能アドバンテージは明快であった。

IE9の電子ブック表示・ページめくりテストは2倍以上の性能改善が見られた。GPUをフルに活用したHTML5テストのPsychedelicベンチマークでは、完全に公園の外までノックアウトされてしまった。

AMDは私たちが満たハードウエアは2010年末に登場しシステムは1011年第1四半期には販売されると確約した。私たちはmini-ITXボードが同じ場所に置かれていたが、基本的な目的メインストリーム向けノートPC及び500ドル以下に価格が下がっているネットブック市場セグメント全体に当てることである。AMDはまた8時間以上のバッテリ駆動を設計にいくつか盛り込んでいることを約束したが、それはMobileMarkの数値であった。そのベンチマークは負荷率が低いのだ。

性能は完全に約束する。もし私たちがネットブックでグラフィクスの性能を見比べたのなら、私はそのフォームファクターが生き返るだろうと考える。

「Zacate」に付け加えるのなら、私たちは「Bulldozer」とAMDの「Northern Islands」GPUのローンチ情報の更新を行うだろう。そしてまもなく私たちは年末になる前にそのことについて聞けるだろう。いまはそれまで、今夜のIDFの報道から予測できるだろう。

—-

IDFの情報は他でたくさん書かれるからそれ以外を備忘録として載せておく。なお一部画像vr-zone.comより。

更新 2010年9月15日

anandtech.com AMD’s Zacate APU Performance Update by Anand Lal Shimpi on 9/15/2010 5:04:00 AM より。

Intel Core 5iの最新ドライバを導入した際のベンチマークがアップデートされている。

IE9のPhychedelicベンチマークではCore 5iが1774とZacateの1769を超えている。

またIE9のフレームレートもCore 5iが51fpsとZacateの47fpsを超えている。

あとはゲームのベンチマーク。


Zacate


Core 5i

Batman Arkham Asylum, FRAPS Walkthrough, 1024 x 768 High Quality

  • Zacate : 16.5 fps
  • Core 5i : 11.3 fps


Zacate


Core 5i

City of Heroes, FRAPS Walkthrough, 1024 x 768 Low Quality

  • Zacate : 39.6 fps
  • Core 5i : 25.5 fps

最後にDirectComputeのデモN-Body Simulationを。どんな計算かは「N体問題」で検索するといいかも。


Zacateの画像のみ

N-Body Simulation, DirectCompute Performance

  • Zacate : 23 GFLOPS
  • Core 5i : 8.8 GFLOPS

まあオフィススイート関連では僅差ながらCore 5iの新ドライバでZacateより性能が向上していることがわかる。ゲーム関連や演算性能そのものはZacateに軍配が上がるということか。

Intelのより汚いうわさ話はFTCによって綺麗にされた。SemiAccurateのCharlie Demerjian氏記事パート3翻訳

semiaccurate.com More Intel dirt cleaned by the FTC Part 3: Disclosures, burdens of proof, and compilers by Charlie Demerjian August 6, 2010 より。

パート1パート2はこちらから。

Intelのより汚いうわさ話はFTCによって綺麗にされた

パート3 情報公開、証拠の数々、そしてコンパイラ

by Charlie Demerjian

2010年8月6日

SemiAccurateの最後のパートはIntelとFTCの和解文で、Intelに対する最も悪い告発の数々の分析について見ていく。コンパイラでの偽装、技術的な開放性、そして監視について。Intelはこれらのいくつかの改善措置を深刻なまでに骨抜きにさせることが出来た。またそれにもかかわらず更に悪いことに、Intel自身が骨抜きにされてしまった。

■数々の変化、手錠そして証拠の数々

セクションVでは最も興味深いもののの一つに、Intelに対しいくつかの重大な手錠をはめている。底に光が届くことがないくらい充分な深さの穴を掘ることをIntelに強要させられている事すべてである。そしてIntelはそこに座って笑っている。セクションVは、Intelはいつでも、つまり他の競合相手の製品性能を低下させる事がIntelが技術的に有益な目的であるとされているという証明をする必要があり、いかなる場合も変革させると述べている。

nVidiaのGPU製品を骨抜きにしたPCI Expressバスの変更について覚えているだろうか。よろしい、もし再び発生した場合、Intelによって証拠の隠蔽が現在も行われている。母めんどりが神経質にすべてのRed Bull(※清涼飲料水)から動き回って、そして誰かにぶつかるようさがしている最中である。それも強烈に。Intelはその穴から抜け出す必要があり、精神安定剤をめんどりに与え、そして結果踊り出す。それも素早く。そしてそれをしている間かっこよく見せて、そして強くぶち当たる。

このパートは大変不運にも結構な何かをすることができ、Intelを弱気にさせている。もしあなたがIBMで起こったことを思い起こせるのなら、幾人かは罰を与えるのは正当であるといい、IBMがそれらの有名な同意判決を受けた時、同じ事がIntelにも起こっているだけである。もしIntelがそれの2番目を推測し始めるとき、素早くイノベーションを止め、製品群は劣化していく。Intelは競合相手の喉元を素早く欠き切ることができ、そしてそれは非常に恥ずべきことであろう。

だけどもあなたはそれについて嘆いている人々についてAMDやVIA、nVidiaから見つけられないだろう。ほとんどのIntelの競合会社や多くの味方がこれは半導体業界の怪獣の運命からはあまりにも甘すぎるとあなたに語るだろう。Intelは高い確率で同意しないが、これは信じるか信じないかにかかわらず彼らの同意文章であり、同じ場所で終わろうとするダラダラと長期化した法的な戦いに比べればより良いかまたは悪くなる。実際のところ非常に悪くなるように見える。もし何かがIntelの息の根を止め、それがそうなるだろう時、ほかにはただ彼らは文章をチェックし記載するだけである。数十億ドルがここにあり、実際の痛みはなく、ただ野球バットと一緒の母めんどりがいるだけである。

■情報公開と開放性

パートVIに移動して、私たちは情報公開同意について集中するが、同意文章の重要点は他にある。それは原則としてIntelが競合会社にロードマップ(製品計画)やその製品のインターフェースの技術的な詳細を与えるよう命ずる。いくつかの事柄が語られていないが、いくつかのことがより正確で桁外れなことが指示された。

パートVIのA項目中で、Intelは不確かで惑わすようなロードマップを提供してはいけないと言っている。これは重要な要点の中心で、Intelはこれらのことを誠実に実行すべきであると長大な文章量で述べている。これは言わば「目に刺してはいけない」とフォークの警告ラベルのようなもので、あなたはこのような冗長な情報開示が促されていることに疑問を持つ必要がある。けれどもこれらの事柄についてIntelは昔からそのようなプレイをしており、それらはこれからも行われ、間違いを犯すだろう。現代ビジネスとはそのようなものだ。

さらに付け加えて、IntelはNDA(機密保持契約)に従った競合相手に4年以上に渡ってインターフェースの詳細すべてのロードマップを発表する必要がある。それに加え、Intelはそのロードマップとインターフェースについていかなる質問にも誠実に答える必要があり、時間的なマナーを守りながら。Intelは競合相手にサンプルや更新情報、何であれ彼らが合法的なビジネスを目的にしたくない事を提供する必要はない。

パートVIのB項目3には一つのことが突出しているが、その文章はこうだ…「接続が必要な関連するGPUチップを競合会社が開発し、そしてそれが接続する能力があるなら要求されたインターフェースで接続されたメインストリームマイクロプロセッサであると記載する」だれがこの同意文章のセクションについて提案したのかに関して推測できるだろうか?

■コンパイラと汚い仕掛け

パートVIIではすべてコンパイラについて記載されており、それはIntelが否定しているが、すべての人が彼らが行なっていることを知っているすべての事柄についてIntelを非難している。それは要するにいくつかのIntel製品群によく管理されたヨーロッパのタバコのパッケージのようにみえる注意書きが搭載されている。さらにIntelの出資によってIntelのコンパイラで再コンパイルされたソフトウエアの数値に騙された人々の山を築き上げている。

これについてはAMDとの和解文のなかで触れられいているが、解決策はシンプルで、Intelは彼らが自分たちのコンパイラでできることをすることが可能だが、彼らはそのコンパイラが如何なる他の製造会社のCPUのために最適化しないだろうと強調して述べなければならない。Intelはそのコンパイラを利用するすべての顧客に尋ねる必要があり、彼らのコンパイラが金津氏も公平である必要はないと指摘できないか暗に伝えることはできない。あなたは何故具体的に声をあげて伝えないのだろうかと不思議に思う必要がある。

いや、実際のところあなたは不思議に思う必要はないかもしれない。Intelが平たく否定する背景として、IntelのコンパイラはIntel製ではないCPUでは彼らの流儀で最適化されなくなる。Intelはそれをすべての競合他社性の製品と自分たちのコンパイラのテストをすることができないとしているが、どういう訳かあらゆる他の様々なコンパイラ会社は、そのようなテストを実行しているように見える。

その流儀は過去にIntelがCPUの機能を決めるために自身のやり口で明確に妨害している。十分不思議なことに、これは他社製造のCPU上でコードを実行することは単に不利益なだけであった。私たちが言ったように、Intelはこれを拒否しているが、2〜3分間程度バイナリエディタで「もしIntelCPUならXを実行せよ」というような実行文を「もしIntelのCPUでは無いなら、Xを実行せよ」と書き換えると性能が変化することを見てとれるが、なんのクラッシュも起きない。それは衝撃的なことだ。

これがIntelは自身のコンパイラにそのようなことを行うだろうと疑う理由であり、ソフトウエアはそのコンパイラでコンパイルするとベンチマークで突出した数値をはじき出す。そしてその「公平な」業界団体のベンチマークがAMDとVIAに対して直接偏見の目で見せる。Intelは無垢を装い、それについて避難されたとき口を尖らせてふくれっ面を見せる。悲しいことに、たくさんの企業顧客がこの非建設なバイアスについて気がついていなかった。そしてそれがIntelの目的であるように見える。

そのコンパイラはたくさんのワーニングメッセージを出力するだけでなく、FTCとその和解文はいくつものベンチマークがそれに加担していると告発している。セクションVIIで、彼らはIntelにSYSmark、MbileMarkそしてその他名指しされているここの部分に警告文を表示させるよう指導している。それはAMDやVIA、Transmetaやその他数々の会社が何年にも渡って骨抜きにされてきたIntelのシステムで動かされていたことが全く持って素晴らしく開示している。

「性能テストで使われたSYSmarkやMobileMarkのようなソフトウエアやワークロードはコンピュータシステム、コンポーネント、ソフトウエア、操作、そして機能の指標として測定に使われており、Intelのマイクロプロセッサでのみ性能が最適化されている。これらの要素の如何なる様々な変化が結果に変更を引き起こさせる。あなたは購入する予定の他の製品と組み合わせて比較する際に製品の性能を含んだすべての見積りを手助けする第3社の情報や性能テストに助言を求めるべきである。」ろくでもないことだ。子供の使いか?

より問題点を悪くすることに、パートVIIIでではIntelはコンパイラ以外のいくつかのコンパイラで再コンパイルする際の顧客負担分を支払う基金を設立する必要があると記載している。もしあなたが数千万ドルで「Intelコンパイラ返済基金」を設立したいなら、あなたはまた自分自身のコードをコンパイルするのにお金を支払うことになる。もし過去にIntelコンパイラを使っていたのなら。いくつかの制限事項は実行されるだろう。より詳細は「Intelコンパイラ返済基金」の印刷物を読みなさい。

それはIntelはタールと羽を塗りたくる必要があるという辱めであり、それはこのような防護柵で覆われた街をパレードして通り抜けるといういことである。警告文が貼られ、人々は再コンパイル作業を費やし、あけすけにそれは公平なことだと命令されるのか?Intelは彼らの強い主張で言われた公平さから遠いとされる様々な証拠の山や簡単な証明テストより他に彼らの方がふさわしいのだろうか。これらの「不公平な」問題を是正することは「そのようなことをすることではなく」、たくさんの現場レベルで実行することであろう。

■母めんどり、野球バット、そして監視員

最後に最も高い確率で非常に厳しい賠償はカフェインでイライラしている母めんどりのいるパートIXにある。それは委員会はIntelを見渡し監視する一人かそれ以上のの技術コンサルタントを指名することが可能で、Intelはそれについて費用負担する必要がある。その上限は200万ドルで、それはIntelの意地汚い銀行を壊すほどではない。その金額の合計は「強制的に引き上げられたコンサルタント料」で数時間のうちに燃え広げることができ、その方法はNovelにどのようにSCOを破綻に追いやったのかを尋ねるだけで良い(※英文。SCOがLinuxに対して、Novelから買い取ったUNIX関連の権利を侵害しているとして何故かIBMに対して裁判を起こした事件のこと。その訴訟費用はLinux陣営に嫌がらせをするためMicrosoftから出されたという。だがSCOは権利侵害の確かな証拠を法廷で示せず、かつNovelはSCOにUNIX関連の権利を譲渡していないことを法的に証明し、結果IBMに対し敗訴、会社は破産という事件。日本語情報はこちら。)。

私たちが最初に話したことについて言うが、Intelは今誰か、幸運にも独立していて、彼らを見渡し、そして知っている人間を求めている。もし彼らの如何なる競合他社がいくつか欠陥があっても、彼らを支配する方法を教えることが可能な待っているたくさんのカフェインと、野球バットと一緒の母めんどりが今そこにいる。Intelは告発されたが、間抜けにも何一つとして実行できない。

様々な幸運と共に、Intelはそれを行動し完了し、そして公平にプレイするだろう。陰険で不公平な商慣行を使うことなく、彼らは彼らがそれを指定内と主張するまで、彼らは優位に立ち向かうことができる。もし彼らがそれしないなら、コケッコケッと鳴き、ブルブル震えまた鳴き、爆発するだろう。もしその元で留まり、すべてのIntelの技術リソースで可能な限りベストな業務遂行の仕事を実行させるなら、私は彼らの競争に対し不快に思うだろう。

もしこの場所に半導体のパズルをすべて持っている一つの会社があり、誰も行うことができないことを実現できる技術リソースがあり、幸運な経営者がいるのなら、それはIntelのことである。技術的な情報開示、販売に対する制限、情報公開、警告文、そして神経質なめんどりにもかかわらず、Intelは優位に勝つことができる。幸運なことに彼らは次の6年のために代替案を全く持って不快なものとして、それを試し実行するだろう。

—-

以上。こんな長文読む方に負担がかかるなw。そのためか評価されにくい。

「leddownは英文記事を勝手に翻訳しただけであり、このブログ以外で宣伝行為は一切しておりません」