Intelのより汚いうわさ話はFTCによって綺麗にされた。SemiAccurateのCharlie Demerjian氏記事パート3翻訳

semiaccurate.com More Intel dirt cleaned by the FTC Part 3: Disclosures, burdens of proof, and compilers by Charlie Demerjian August 6, 2010 より。

パート1パート2はこちらから。

Intelのより汚いうわさ話はFTCによって綺麗にされた

パート3 情報公開、証拠の数々、そしてコンパイラ

by Charlie Demerjian

2010年8月6日

SemiAccurateの最後のパートはIntelとFTCの和解文で、Intelに対する最も悪い告発の数々の分析について見ていく。コンパイラでの偽装、技術的な開放性、そして監視について。Intelはこれらのいくつかの改善措置を深刻なまでに骨抜きにさせることが出来た。またそれにもかかわらず更に悪いことに、Intel自身が骨抜きにされてしまった。

■数々の変化、手錠そして証拠の数々

セクションVでは最も興味深いもののの一つに、Intelに対しいくつかの重大な手錠をはめている。底に光が届くことがないくらい充分な深さの穴を掘ることをIntelに強要させられている事すべてである。そしてIntelはそこに座って笑っている。セクションVは、Intelはいつでも、つまり他の競合相手の製品性能を低下させる事がIntelが技術的に有益な目的であるとされているという証明をする必要があり、いかなる場合も変革させると述べている。

nVidiaのGPU製品を骨抜きにしたPCI Expressバスの変更について覚えているだろうか。よろしい、もし再び発生した場合、Intelによって証拠の隠蔽が現在も行われている。母めんどりが神経質にすべてのRed Bull(※清涼飲料水)から動き回って、そして誰かにぶつかるようさがしている最中である。それも強烈に。Intelはその穴から抜け出す必要があり、精神安定剤をめんどりに与え、そして結果踊り出す。それも素早く。そしてそれをしている間かっこよく見せて、そして強くぶち当たる。

このパートは大変不運にも結構な何かをすることができ、Intelを弱気にさせている。もしあなたがIBMで起こったことを思い起こせるのなら、幾人かは罰を与えるのは正当であるといい、IBMがそれらの有名な同意判決を受けた時、同じ事がIntelにも起こっているだけである。もしIntelがそれの2番目を推測し始めるとき、素早くイノベーションを止め、製品群は劣化していく。Intelは競合相手の喉元を素早く欠き切ることができ、そしてそれは非常に恥ずべきことであろう。

だけどもあなたはそれについて嘆いている人々についてAMDやVIA、nVidiaから見つけられないだろう。ほとんどのIntelの競合会社や多くの味方がこれは半導体業界の怪獣の運命からはあまりにも甘すぎるとあなたに語るだろう。Intelは高い確率で同意しないが、これは信じるか信じないかにかかわらず彼らの同意文章であり、同じ場所で終わろうとするダラダラと長期化した法的な戦いに比べればより良いかまたは悪くなる。実際のところ非常に悪くなるように見える。もし何かがIntelの息の根を止め、それがそうなるだろう時、ほかにはただ彼らは文章をチェックし記載するだけである。数十億ドルがここにあり、実際の痛みはなく、ただ野球バットと一緒の母めんどりがいるだけである。

■情報公開と開放性

パートVIに移動して、私たちは情報公開同意について集中するが、同意文章の重要点は他にある。それは原則としてIntelが競合会社にロードマップ(製品計画)やその製品のインターフェースの技術的な詳細を与えるよう命ずる。いくつかの事柄が語られていないが、いくつかのことがより正確で桁外れなことが指示された。

パートVIのA項目中で、Intelは不確かで惑わすようなロードマップを提供してはいけないと言っている。これは重要な要点の中心で、Intelはこれらのことを誠実に実行すべきであると長大な文章量で述べている。これは言わば「目に刺してはいけない」とフォークの警告ラベルのようなもので、あなたはこのような冗長な情報開示が促されていることに疑問を持つ必要がある。けれどもこれらの事柄についてIntelは昔からそのようなプレイをしており、それらはこれからも行われ、間違いを犯すだろう。現代ビジネスとはそのようなものだ。

さらに付け加えて、IntelはNDA(機密保持契約)に従った競合相手に4年以上に渡ってインターフェースの詳細すべてのロードマップを発表する必要がある。それに加え、Intelはそのロードマップとインターフェースについていかなる質問にも誠実に答える必要があり、時間的なマナーを守りながら。Intelは競合相手にサンプルや更新情報、何であれ彼らが合法的なビジネスを目的にしたくない事を提供する必要はない。

パートVIのB項目3には一つのことが突出しているが、その文章はこうだ…「接続が必要な関連するGPUチップを競合会社が開発し、そしてそれが接続する能力があるなら要求されたインターフェースで接続されたメインストリームマイクロプロセッサであると記載する」だれがこの同意文章のセクションについて提案したのかに関して推測できるだろうか?

■コンパイラと汚い仕掛け

パートVIIではすべてコンパイラについて記載されており、それはIntelが否定しているが、すべての人が彼らが行なっていることを知っているすべての事柄についてIntelを非難している。それは要するにいくつかのIntel製品群によく管理されたヨーロッパのタバコのパッケージのようにみえる注意書きが搭載されている。さらにIntelの出資によってIntelのコンパイラで再コンパイルされたソフトウエアの数値に騙された人々の山を築き上げている。

これについてはAMDとの和解文のなかで触れられいているが、解決策はシンプルで、Intelは彼らが自分たちのコンパイラでできることをすることが可能だが、彼らはそのコンパイラが如何なる他の製造会社のCPUのために最適化しないだろうと強調して述べなければならない。Intelはそのコンパイラを利用するすべての顧客に尋ねる必要があり、彼らのコンパイラが金津氏も公平である必要はないと指摘できないか暗に伝えることはできない。あなたは何故具体的に声をあげて伝えないのだろうかと不思議に思う必要がある。

いや、実際のところあなたは不思議に思う必要はないかもしれない。Intelが平たく否定する背景として、IntelのコンパイラはIntel製ではないCPUでは彼らの流儀で最適化されなくなる。Intelはそれをすべての競合他社性の製品と自分たちのコンパイラのテストをすることができないとしているが、どういう訳かあらゆる他の様々なコンパイラ会社は、そのようなテストを実行しているように見える。

その流儀は過去にIntelがCPUの機能を決めるために自身のやり口で明確に妨害している。十分不思議なことに、これは他社製造のCPU上でコードを実行することは単に不利益なだけであった。私たちが言ったように、Intelはこれを拒否しているが、2〜3分間程度バイナリエディタで「もしIntelCPUならXを実行せよ」というような実行文を「もしIntelのCPUでは無いなら、Xを実行せよ」と書き換えると性能が変化することを見てとれるが、なんのクラッシュも起きない。それは衝撃的なことだ。

これがIntelは自身のコンパイラにそのようなことを行うだろうと疑う理由であり、ソフトウエアはそのコンパイラでコンパイルするとベンチマークで突出した数値をはじき出す。そしてその「公平な」業界団体のベンチマークがAMDとVIAに対して直接偏見の目で見せる。Intelは無垢を装い、それについて避難されたとき口を尖らせてふくれっ面を見せる。悲しいことに、たくさんの企業顧客がこの非建設なバイアスについて気がついていなかった。そしてそれがIntelの目的であるように見える。

そのコンパイラはたくさんのワーニングメッセージを出力するだけでなく、FTCとその和解文はいくつものベンチマークがそれに加担していると告発している。セクションVIIで、彼らはIntelにSYSmark、MbileMarkそしてその他名指しされているここの部分に警告文を表示させるよう指導している。それはAMDやVIA、Transmetaやその他数々の会社が何年にも渡って骨抜きにされてきたIntelのシステムで動かされていたことが全く持って素晴らしく開示している。

「性能テストで使われたSYSmarkやMobileMarkのようなソフトウエアやワークロードはコンピュータシステム、コンポーネント、ソフトウエア、操作、そして機能の指標として測定に使われており、Intelのマイクロプロセッサでのみ性能が最適化されている。これらの要素の如何なる様々な変化が結果に変更を引き起こさせる。あなたは購入する予定の他の製品と組み合わせて比較する際に製品の性能を含んだすべての見積りを手助けする第3社の情報や性能テストに助言を求めるべきである。」ろくでもないことだ。子供の使いか?

より問題点を悪くすることに、パートVIIIでではIntelはコンパイラ以外のいくつかのコンパイラで再コンパイルする際の顧客負担分を支払う基金を設立する必要があると記載している。もしあなたが数千万ドルで「Intelコンパイラ返済基金」を設立したいなら、あなたはまた自分自身のコードをコンパイルするのにお金を支払うことになる。もし過去にIntelコンパイラを使っていたのなら。いくつかの制限事項は実行されるだろう。より詳細は「Intelコンパイラ返済基金」の印刷物を読みなさい。

それはIntelはタールと羽を塗りたくる必要があるという辱めであり、それはこのような防護柵で覆われた街をパレードして通り抜けるといういことである。警告文が貼られ、人々は再コンパイル作業を費やし、あけすけにそれは公平なことだと命令されるのか?Intelは彼らの強い主張で言われた公平さから遠いとされる様々な証拠の山や簡単な証明テストより他に彼らの方がふさわしいのだろうか。これらの「不公平な」問題を是正することは「そのようなことをすることではなく」、たくさんの現場レベルで実行することであろう。

■母めんどり、野球バット、そして監視員

最後に最も高い確率で非常に厳しい賠償はカフェインでイライラしている母めんどりのいるパートIXにある。それは委員会はIntelを見渡し監視する一人かそれ以上のの技術コンサルタントを指名することが可能で、Intelはそれについて費用負担する必要がある。その上限は200万ドルで、それはIntelの意地汚い銀行を壊すほどではない。その金額の合計は「強制的に引き上げられたコンサルタント料」で数時間のうちに燃え広げることができ、その方法はNovelにどのようにSCOを破綻に追いやったのかを尋ねるだけで良い(※英文。SCOがLinuxに対して、Novelから買い取ったUNIX関連の権利を侵害しているとして何故かIBMに対して裁判を起こした事件のこと。その訴訟費用はLinux陣営に嫌がらせをするためMicrosoftから出されたという。だがSCOは権利侵害の確かな証拠を法廷で示せず、かつNovelはSCOにUNIX関連の権利を譲渡していないことを法的に証明し、結果IBMに対し敗訴、会社は破産という事件。日本語情報はこちら。)。

私たちが最初に話したことについて言うが、Intelは今誰か、幸運にも独立していて、彼らを見渡し、そして知っている人間を求めている。もし彼らの如何なる競合他社がいくつか欠陥があっても、彼らを支配する方法を教えることが可能な待っているたくさんのカフェインと、野球バットと一緒の母めんどりが今そこにいる。Intelは告発されたが、間抜けにも何一つとして実行できない。

様々な幸運と共に、Intelはそれを行動し完了し、そして公平にプレイするだろう。陰険で不公平な商慣行を使うことなく、彼らは彼らがそれを指定内と主張するまで、彼らは優位に立ち向かうことができる。もし彼らがそれしないなら、コケッコケッと鳴き、ブルブル震えまた鳴き、爆発するだろう。もしその元で留まり、すべてのIntelの技術リソースで可能な限りベストな業務遂行の仕事を実行させるなら、私は彼らの競争に対し不快に思うだろう。

もしこの場所に半導体のパズルをすべて持っている一つの会社があり、誰も行うことができないことを実現できる技術リソースがあり、幸運な経営者がいるのなら、それはIntelのことである。技術的な情報開示、販売に対する制限、情報公開、警告文、そして神経質なめんどりにもかかわらず、Intelは優位に勝つことができる。幸運なことに彼らは次の6年のために代替案を全く持って不快なものとして、それを試し実行するだろう。

—-

以上。こんな長文読む方に負担がかかるなw。そのためか評価されにくい。

「leddownは英文記事を勝手に翻訳しただけであり、このブログ以外で宣伝行為は一切しておりません」

広告

FTCはIntelの足元に火を放ち続ける。SemiAccurateのCharlie Demerjian氏記事パート2翻訳

semiaccurate.com FTC holds Intel’s feet to the fire Part 2: Sales, MCMs and Apple by Charlie Demerjian August 5, 2010 より。

パート1はこちらから。

FTCはIntelの足元に火を放ち続ける。

パート2 販売、MCM(Multi Chip Module 最近のIntelのx86CPUで採用されているパッケージ技術)そしてApple

by Charlie Demerjian

2010年8月5日

SemiAccurateが見たIntelとFTCの和解内容のパート2は、販売方法、リベート、MCM,鳥肌とAppleに開かれたひびを見ていこう。これについてはたくさんのスキャンダルがあり、いくつかの商慣行はあなたに頭痛をおこさせるだろう。

■販売方法とリベート

第IV章の中で、トピックは販売戦略であり、それはAMDとの同意の前にほとんど隠されていた。Intelはそもそも最初から疑いがかけられた振る舞いをしなかったので、合意内容によって引き続き気に触ることもなく陽気に実行した。ふう。

現在法的には禁じられた振る舞い、ふたたび言うが、Intelが競合会社たちを排除するためによく使われた独占、リベート、ディスカウント、その他いろいろなことを行うことは普通であった。今回は、冷ややかな目で見られた小さな谷から伝ってOEM会社や顧客たちが叩いた。だけれどもそこにはいくつかの宝石が転がっている。

最初の場所は第IV章のA項目7で、Intelは殆どに人々が露骨だと思う方法でディスカウントをしていることを禁じている項目である。Intelは確実に売上レベルに到達するときのみディスカウントしているだけに見える。もしIntelが1年間に50,000個以上ののCPUを注文するときにディスカウントを実行するとき、さらに10万個、そして更に15万個とこれらのレベルを設定することは今では実際には許容されない。

第IV章のA項目7には、例えばIntelはCPUの1〜49,999個までは一つあたりの価格を一つの値段の見つけるべきであり、50,000〜99,999個まではディスカウントを実施し、100,000〜149,999個のCPUでまたディスカウントの価格を決めると。Intelがすることができないことは、彼らが他で実行しているように最初の49,999個までのCPUに同じ金額でOEMメーカ先に遡及して提供することである。

この事が些細で掴み所の無い様に思える間、月当たり1万個多めにCPUチップをOEMメーカへ提供するようなことをするため、かつCPUチップを「ただ」で追加させるのに十分な仕入れをすることでディスカウントして提供することからIntelを阻止している。幾人かの人々がSemiAccurateに、IntelはAMDのチップ採用数をOEMメーカ向け販売数の10%と見ており、OEMメーカにこれ以上AMDの製品を購入する必要が無いようにさせるためにCPUを充分なだけ急激にディスカウントしているようだと語った。

この過去にさかのぼったディスカウントは、Intelがそれら新CPUを基本的に0ドルとして価格をつけることができ、そしてそれ以外の販売の90%以上で償却している。もし最初の90%のCPUが1個あたり100ドルで販売されたとしたら、Intel繰り返しこの様に言われて販売される。「私たちはもしあなたが仕入れの10%以上の売上目標に届くだけならば、すべての月の仕入れを10%ディスカウントし、あなたはいいえというだけの愚か者になる必要がある。」

もしOEMメーカがひと月に10万台のPCを提供するのなら、1個あたり100ドルのIntelCPUを9万個手に入れるのに900万ドルのコストがかかる。もしAMDが訪れて、彼らのCPUを1個あたり50ドルで残りの10%分を提供するなら、そのことはそれらのCPUを50万ドルでてにれることであり、OEMメーカのトータルのコストは950万ドルとなる。充分公正である。

その後Intelが訪れて、OEMメーカに対しAMDに変更するよりも追加で1個あたり90ドルで1万個のCPUを提供すると申し出、価格表の10%分をディスカウントする。その10%ディスカウントは顧客のその他の仕入れの90%まで及び、そしてOEMメーカは10万個のCPUを900万ドルで手に入れて取引を終了する。これはマジックだ。Intelは効果的にAMDを締め出し、最大AMDが獲得できるほぼ2倍の価格の平均販売価格を維持できる。

Intelの販売員はあなたの目をじっと見て、彼らはそれら1万個のCPUをOEMメーカに対し1個あたり90ドルで販売したと表向きは話すだろう。事実上だが、彼らはAMDを締め出してOEMメーカに1万個のCPUを提供していた。これは全く持って下品な方法だが法律は破っていない。ともかくその戦術は今は隠されたままである。

■MCMとでこぼこ

第IV章のB項目2に移動して、私たちはnVidiaのいくつかの奇妙な主張について取り上げる。それは、Intelは「コンピュータ製品の関連性のある製品に牽制するために同じようなモデルナンバーを使ってはいけない、またコンピュータ製品向けチップセットと同時に牽制するために対象企業の関連する製品を供給してはいけない、また対象企業に関連するコンピュータチップセットを供給してはいけない。」と述べている。

これは奇妙に見えるだろうが、その事を行うことは「開示された」いくつかの条文と連動した事柄であり、最新の分析では、nVidiaにIntelのMCMへつなげるよう強要させることである。Intelの「Arrandale」や「Clarkdale」MCMにnVidiaのメモリコントローラやGPUを一緒にヒートスプレッダの下に置くことを想像してみると、この考えが理解できる。

nVidiaのIntelに対しての対抗訴訟のなかで、112_200903261953290462.pdfとなめらかにタイトルをつけられたファイルのケース C.A.番号4373-VCSという編集済みの公開文章があり、この文章のトピックは35番目の段落で取り上げられており、それは「Intelと誠実に議論し解決しようと試みて、nVidiaはNvidiaの「Nehalem」互換のチップセットについてライセンスを継続してほしいとして詳細に渡る技術的な説明を提供した。nVidiaはIntelが不当に狭めた定義を用いることでさえ『編集して』チップセットのライセンスを継続するよう弁明し説明した。始め『それは了承できない』とnVidiaの詳細な技術的な説明文章が実際の会合の時に提出された後、Intelは即座にnVidiaのポジションを剥奪するという文章をnVidiaに送った。」

nVidiaがこの為に訪ねていることは、IntelのMCMと一緒についてくるチップの二つのうち一つを置き換えるということである。もしあなたがこれは健全な技術的な提案であると思い、この三つのパートの話(three part story ※英文 nVidiaの半導体設計開発力が以下にヘボいのかを解説している)を読んでみよう。その全体の企みはnVidiaのパッケージテクノロジに依存しており、いくつかは彼らはまだ実現することができない(※英文 FermiアーキテクチャのGeforce GTX480のこと)。もし近い将来ひび割れてでこぼこになった煙のくすぶる半分だけ動いているMCMの山を気がつくのなら、あなたは一人ではない。

nVidiaが約束した目標に到達することに失敗したことは、彼らは暴力的なまでにしゃくにさわっている。私は、もしFTCがnVidiaがパッケージテクノロジを開かれた市場にこの全てを実行させることができなかったとき、その悲劇を買い取るだろうかと不思議に思う。Intelはたくさんの技術を展開し、そして彼らはパッケージテクノロジーの巨匠である。nVidiaはその簡単な技術を適切に実現させることができないが、彼らはそれについて大声で怒鳴るだろう。

第IV章のB項目2ではnVidiaのパーツ無しの物と同じ物をnVidiaの部品と一緒になったCPUをMCMと呼ぶことからIntelに再発防止をさせている全てのについて書かれている。Intelの製品のネーミングが人にわかり易くしている間に(※英文)簡単に行う方法がある。Intelのパーツと一緒になったいかなるCPUは、nVidiaのチップと一緒にそれらを載せた等しいパーツより一つだけいくつかネーミングすることが可能になるだろう。より大きいことは良い事である。、いいかい、この場合、より大きいことは信頼性よりも良い事であるのだろう。

私はある未来を見ることができる。Intelの二つのチップが入った「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.785と、それと同等なIntelとnVidiaのハイブリッドモデルとして「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.7804ooOOO00O0Oo 型番00OoO930729/i33%&ARZ2125-NV=-HT1946+++ATHを。もし会社が所構わずすべての商標登録済みの製品を使わないのなら、SemiAccurateは市場ファンドの否定からIntelにこれらの同意をやめさせることができるとは思わない。

■Appleの壊れた自由

その他の爆弾は、第IV章のB項目8にあるAMDのCPUをAppleに採用の自由を与えることである。どのように?それはいかなる会社もIntelが技術的に支払われるのに充分な期間もしくは最初の製品が桁外れの支援を得て利益をえた時から30ヶ月のみ排他的な同意を可能とし「桁外れの支援」の提供を受けられると記載されている。

現在のPC業界における暗い秘密の一つはAppleはマザーボードを作らず、彼らは最も大きなIntelのホワイト(もしくはシルバー)ボックス(※PCショップなどで販売されている
ノーブランド・もしくはショップブランドのPC)販売業者ということである。Intelは群を抜いた偉大なマザーボードを製造しており、アップルは巨大な、いやそれ以上に大きな発注を行うことで信頼性を低下させたそれらに可愛らしいパッケージを施して包み隠している。MacBook Airを思い出せるか?あなたがそれについて認めるまでの類まれな技術的特徴はいくつかの機能が省かれたIntel Metroラップトップボードより勝るところは何もない。

それは二つの理由によってAMDのCPUがAppleの製品の中に入ることことは無い。最初の理由はAMDのCPUにはIntelのCPUと比較して全ての製品がそろっているわけでなく、特にそれはモバイルサイドで見られる。iMacがPhenomII HEが良い居所になるであろうと予測している間、その休みは公平に見ても不適応である。これは完全にAMD側の失態であり、彼らが新しいCPUコアを手に入れた時か、少なくともCPUコアの問題を見通すことがAppleにとって切実な理由が出るまでは修正することはないだろう。

それらのやむを得ない理由はLlanoであろう。その問題はあなたがAMDに、いつもAppleに入り込む可能性について尋ねるときであり、彼らはその事で動いているということを丁重に返答するだろうし、そして「独占的同意が…」とつぶやきながら歩き去っていくであろう。これらの同意について尋ねるとき、その要点は素早くすりかえられるであろう。

同意条項の様々な種類が現在効果的に隠蔽されており、私たちは来年にはLlanoを採用したiMacを見れるだろうか? ただしIntelは出来る限りグラフィクス部分と一緒に含めたがっており、私たちはおそらく実現するだろうと考えている。それらの規約が公的に失われた後までにIntelにグラフィクスについて真剣に捉えてくれるまであなたは息を止め続けていられないだろう。

パート3では、証拠の隠蔽、コンパイラ、そして技術的な監視について述べる。

—-

間違いだらけ。エキサイト翻訳より悪いかも。それでもパート3を読みたいのなら止めません。

「leddownは英文記事を勝手に翻訳しただけであり、このブログ以外で宣伝行為は一切しておりません」

FTCはIntelの足元に火を放ち続ける。

パート2 販売、MCM(Multi Chip Module 最近のIntelのx86CPUで採用されているパッケージ技術)そしてApple

by Charlie Demerjian
2010年8月5日

SemiAccurateが見たIntelとFTCの和解内容のパート2は、販売方法、リベート、MCM,鳥肌とAppleに開かれたひびを見ていこう。これについてはたくさんのスキャンダルがあり、いくつかの商慣行はあなたに頭痛をおこさせるだろう。

■販売方法とリベート

第IV章の中で、トピックは販売戦略であり、それはAMDとの同意の前にほとんど隠されていた。Intelはそもそも最初から疑いがかけられた振る舞いをしなかったので、合意内容によって引き続き気に触ることもなく陽気に実行した。ふう。

現在法的には禁じられた振る舞い、ふたたび言うが、Intelが競合会社たちを排除するためによく使われた独占、リベート、ディスカウント、その他いろいろなことを行うことは普通であった。今回は、冷ややかな目で見られた小さな谷から伝ってOEM会社や顧客たちが叩いた。だけれどもそこにはいくつかの宝石が転がっている。

最初の場所は第IV章のA項目7で、Intelは殆どに人々が露骨だと思う方法でディスカウントをしていることを禁じている項目である。Intelは確実に売上レベルに到達するときのみディスカウントしているだけに見える。もしIntelが1年間に50,000個以上ののCPUを注文するときにディスカウントを実行するとき、さらに10万個、そして更に15万個とこれらのレベルを設定することは今では実際には許容されない。

第IV章のA項目7には、例えばIntelはCPUの1〜49,999個までは一つあたりの価格を一つの値段の見つけるべきであり、50,000〜99,999個まではディスカウントを実施し、100,000〜149,999個のCPUでまたディスカウントの価格を決めると。Intelがすることができないことは、彼らが他で実行しているように最初の49,999個までのCPUに同じ金額でOEM先に遡及して提供することである。

この事が些細で掴み所の無い様に思える間、月当たり1万個多めにCPUチップをOEMへ提供するようなことをするため、かつCPUチップを「ただ」で追加させるのに十分な仕入れをすることでディスカウントして提供することからIntelを阻止している。幾人かの人々がSemiAccurateに、IntelはAMDのチップ採用数をOEM向け販売数の10%と見ており、OEMにこれ以上AMDの製品を購入する必要が無いようにさせるためにCPUを充分なだけ急激にディスカウントしているようだと語った。

この過去にさかのぼったディスカウントは、Intelがそれら新CPUを基本的に0ドルとして価格をつけることができ、そしてそれ以外の販売の90%以上で償却している。もし最初の90%のCPUが1個あたり100ドルで販売されたとしたら、Intel繰り返しこの様に言われて販売される。「私たちはもしあなたが仕入れの10%以上の売上目標に届くだけならば、すべての月の仕入れを10%ディスカウントし、あなたはいいえというだけの愚か者になる必要がある。」

もしOEMがひと月に10万台のPCを提供するのなら、1個あたり100ドルのIntelCPUを9万個手に入れるのに900万ドルのコストがかかる。もしAMDが訪れて、彼らのCPUを1個あたり50ドルで残りの10%分を提供するなら、そのことはそれらのCPUを50万ドルでてにれることであり、OEMのトータルのコストは950万ドルとなる。充分公正である。

その後Intelが訪れて、OEMに対しAMDに変更するよりも追加で1個あたり90ドルで1万個のCPUを提供すると申し出、価格表の10%分をディスカウントする。その10%ディスカウントは顧客のその他の仕入れの90%まで及び、そしてOEMは10万個のCPUを900万ドルで手に入れて取引を終了する。これはマジックだ。Intelは効果的にAMDを締め出し、最大AMDが獲得できるほぼ2倍の価格の平均販売価格を維持できる。

Intelの販売員はあなたの目をじっと見て、彼らはそれら1万個のCPUをOEMに対し1個あたり90ドルで販売したと表向きは話すだろう。事実上だが、彼らはAMDを湿出してEOMに1万個のCPUを提供していた。これは全く持って下品な方法だが法律は破っていない。ともかくその戦術は今は隠されたままである。

MCMとでこぼこ

第IV章のB項目2に移動して、私たちはnVidiaのいくつかの奇妙な主張について取り上げる。それは、Intelは「コンピュータ製品の関連性のある製品に牽制するために同じようなモデルナンバーを使ってはいけない、またコンピュータ製品向けチップセットと同時に牽制するために対象企業の関連する製品を供給してはいけない、また対象企業に関連するコンピュータチップセットを供給してはいけない。」と述べている。

これは奇妙に見えるだろうが、その事を行うことは「開示された」いくつかの条文と連動した事柄であり、最新の分析では、nVidiaにIntelのMCMへつなげるよう強要させることである。Intelの「Arrandale」や「Clarkdale」MCMにnVidiaのメモリコントローラやGPUを一緒にヒートスプレッダの下に置くことを想像してみると、この考えが理解できる。

nVidiaのIntelに対しての対抗訴訟のなかで、112_200903261953290462.pdfとなめらかにタイトルをつけられたファイルのケース C.A.番号4373-VCSという編集済みの公開文章があり、この文章のトピックは35番目の段落で取り上げられており、それは「Intelと誠実に議論し解決しようと試みて、nVidiaはNvidiaの「Nehalem」互換のチップセットについてライセンスを継続してほしいとして詳細に渡る技術的な説明を提供した。nVidiaはIntelが不当に狭めた定義を用いることでさえ『編集して』チップセットのライセンスを継続するよう弁明し説明した。始め『それは了承できない』とnVidiaの詳細な技術的な説明文章が実際の会合の時に提出された後、Intelは即座にnVidiaのポジションを剥奪するという文章をnVidiaに送った。」

nVidiaがこの為に訪ねていることは、IntelのMCMと一緒についてくるチップの二つのうち一つを置き換えるということである。もしあなたがこれは健全な技術的な提案であると思い、この三つのパートの話を読んでみよう。その全体の企みはnVidiaのパッケージテクノロジに依存しており、いくつかは彼らはまだ実現することができない。もし近い将来ひび割れてでこぼこになった煙のくすぶる半分だけ動いているMCMの山を気がつくのなら、あなたは一人ではない。

nVidiaが約束した目標に到達することに失敗したことは、彼らは暴力的なまでにしゃくにさわっている。私は、もしFTCがnVidiaがパッケージテクノロジを開かれた市場にこの全てを実行させることができなかったとき、その悲劇を買い取るだろうかと不思議に思う。Intelはたくさんの技術を展開し、そして彼らはパッケージテクノロジーの巨匠である。nVidiaはその簡単な技術を適切に実現させることができないが、彼らはそれについて大声で怒鳴るだろう。

第IV章のB項目2ではnVidiaのパーツ無しの物と同じ物をnVidiaの部品と一緒になったCPUをMCMと呼ぶことからIntelに再発防止をさせている全てのについて書かれている。Intelの製品のネーミングが人にわかり易くしている間に簡単に行う方法がある。Intelのパーツと一緒になったいかなるCPUは、nVidiaのチップと一緒にそれらを載せた等しいパーツより一つだけいくつかネーミングすることが可能になるだろう。より大きいことは良い事である。、いいかい、この場合、より大きいことは信頼性よりも良い事であるのだろう。

私はある未来を見ることができる。Intelの二つのチップが入った「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.785と、それと同等なIntelとnVidiaのハイブリッドモデルとして「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.7804ooOOO00O0Oo 型番00OoO930729/i33%&ARZ2125-NV=-HT1946+++ATHを。もし会社が所構わずすべての商標登録済みの製品を使わないのなら、SemiAccurateは市場ファンドの否定からIntelにこれらの同意をやめさせることができるとは思わない。

■アップルの壊れた自由

その他の爆弾は、第IV章のB項目8にあるAMDのCPUをAppleに採用の自由を与えることである。どのように?それはいかなる会社もIntelが技術的に支払われるのに充分な期間もしくは最初の製品が桁外れの支援を得て利益をえた時から30ヶ月のみ排他的な同意を可能とし「桁外れの支援」の提供を受けられると記載されている。

現在のPC業界における暗い秘密の一つはAppleはマザーボードを作らず、彼らは最も大きなIntelのホワイト(もしくはシルバー)ボックス(※PCショップなどで販売されている
ノーブランド・もしくはショップブランドのPC)販売業者ということである。Intelは群を抜いた偉大なマザーボードを製造しており、アップルは巨大な、いやそれ以上に大きな発注を行うことで信頼性を低下させたそれらに可愛らしいパッケージを施して包み隠している。MacBook Airを思い出せるか?あなたがそれについて認めるまでの類まれな技術的特徴はいくつかの機能が省かれたIntel Metroラップトップボードより勝るところは何もない。

それは二つの理由によってAMDのCPUがAppleの製品の中に入ることことは無い。最初の理由はAMDのCPUにはIntelのCPUと比較して全ての製品がそろっているわけでなく、特にそれはモバイルサイドで見られる。iMacがPhenomII HEが良い居所になるであろうと予測している間、その休みは公平に見ても不適応である。これは完全にAMD側の失態であり、彼らが新しいCPUコアを手に入れた時か、少なくともCPUコアの問題を見通すことがAppleにとって切実な理由が出るまでは修正することはないだろう。

それらのやむを得ない理由はLlanoであろう。その問題はあなたがAMDに、いつもAppleに入り込む可能性について尋ねるときであり、彼らはその事で動いているということを丁重に返答するだろうし、そして「独占的同意…」とつぶやきながら歩き去っていくであろう。これらの同意について尋ねるとき、その要点は素早くすりかえられるであろう。

同意条項の様々な種類が現在効果的に隠蔽されており、私たちは来年にはLlanoを採用したiMacを見れるだろうか? ただしIntelは出来る限りグラフィクス部分と一緒に含めたがっており、私たちはおそらく実現するだろうと考えている。それらの規約が公的に失われた後までにIntelにグラフィクスについて真剣に捉えてくれるまであなたは息を止め続けていられないだろう。

パート3では、証拠の隠蔽、コンパイラ、そして技術的な監視について述べる。