Adobe FlashのLinux 64bitサポートが再開されるが再生支援機能は使えず – フリーのGnashとLightsparkは絶賛対応中

Adobe FlashのLinux 64bitバージョンのサポートが再開される。

phoronix.com 64-bit Adobe Flash Linux Support Is Back Posted by Michael Larabel on September 16, 2010 より。

2010年初頭にAdobeは64bit LinuxでのFlash Playerサポートを止めるという幾分奇妙な決定をしたが、現在彼らは64bitバージョンのLinux、Mac OS X、Windowsの各OS用Flash Playerのリリースを再開した。

Adobe Labs経由のリリース情報によると、現在コードネーム「Square」と呼ばれている次世代Flash開発のマイルストーンバージョンはx86 64bit上で動作するWindows/Mac/Linux OSと64bit対応ウェブブラウザにネイティブサポートを提供する。

現在Flash「Square」マイルストーンバージョンが提供するその他の特徴は、つい最近ベータバージョンとしてリリースされたMicrosoft Internet Explorer9でサポートされたハードウエア支援機能が追加されたWindowsバージョンのみである。Adobe Flash Player Linuxバージョンは何のハードウエア動画再生支援機能も無い状態が続いている。AdobeのリードLinuxエンジニアはLinux video APIについて大言壮語を吐いたが、使用するのに適切に見えるVA-APIもしくはVDPAUインターフェース経由のサポートは結局未だに実現されていない。

この興味深い新しいAdobe Flash beta for x86/x86_64 LinuxバージョンはAdobe labsから見つけてダウンロードできる。またGnashLightsparkはFlash/SWF形式再生の代替ソフトウエアとして存在しているが、双方とも64bit LinuxやVA-APIを利用したハードウエア動画再生支援機能がハードウエアとデバイスドライバによりサポートされている。

—-

ワロタw オープンソースのFlashプレイヤーであるGnash 0.8.8はVA-API対応やFFmpeg、GStreamerの切り替えに対応し、Youtube完全対応しているのにw

Google が新入社員にWindowsの使用を禁止 Chrome OSへの移行準備か

techcrunch日本語版より。

どうやら中国政府当局の中国人権運動家アカウントクラッキング事件より、Windowsのセキュリティ脆弱性に要因があると判断したようです。

Mac OS XかLinuxカーネル採用のChrome OSへの移行を促すようですがこのあたりのドラスティックな判断はGoogleらしいかと。

GNU/Linuxはカーネルはともかくユーザランドの脆弱性の保守