DDR3のスポット価格が2ドルに近づく – 今年最大の下げ幅となる

DDR3 spot prices close near US$2 Jessie Shen, DIGITIMES, Taipei [Tuesday 21 September 2010] より。

DDR3のスポット価格が2ドルに近づく

Jessie Shen
2010年9月21日

メインストリームである1Gbit DRAMメモリチップのスポット価格が本日9月21日下落傾向を続けており、1Gbit DDR3メモリが2ドル近くで取引されているという情報をDRAMeXchangeの開示された情報から明らかになった。

ブランドメモリ及び検査済ノーブランドメモリ(effectively tested – eTT)1Gbit DDR3メモリの両方が午後の取引中に平均2.09ドルとなった。その間、ブランド及び検査済ノーブランドの1Gbit DDR2メモリはそれぞれ1.77ドル及び1.83ドルであった。

1066MHz 1Gbit DDR3メモリのスポット価格は今年の3月以来最も速いペースでスライドしたとDigitimes Researchの半導体分野アナリストのNobunaga Chaiはコメントした。この継続的な価格の弱含みは、需要が供給と同じペースで増加していないことを暗にあわらしているとChaiは示した。

Chaiはまたこの第4四半期にDRAM価格の下落圧力があることを認識することが適切であるとサプライヤーの製品増産について警告した。Chaiは2010年の第4四半期に世界的なDRAM供給が需要を上回っていることを予測する以前の報告書を引用した。

サムスン電子の半導体部門社長のOh-Hyun Kwonは、PC市場の成長減速が原因によるDRAMチップの供給過剰は確実であるという最近のレポートを引用した。

—-
DRAMの価格下落が表面化したか。

DRAMの製造コストが2006年始めに比べて増加している。要因はNanyaとエルピーダ?

digitimes.com DRAM production costs rise for first time in 15 quarters, says iSuppli Press release; Jessie Shen, DIGITIMES [Wednesday 15 September 2010] より。

DRAMの製造コストが15四半期始めに比べ増価しているとiSuppliは伝えている。

Press release; Jessie Shen
2010年9月15日

2010年第2四半期のDRAM製造コストは2006年第3四半期以来増加しているように見え、メモリ産業の製造経費は確実に上昇しているとiSuppliは伝えている。

DRAMの平均製造コストは2010年の第2四半期ではギガビットあたり2.03ドル出会ったが、2010年第1四半期の2.00ドルから上昇したとiSuppliは伝えた。ほんの1.2%の上昇が意味することは、2005年から始まって以来四半期ごとに平均9.2%製造コストが下落していたこれまでのトレンドの流れから逸脱していることを意味する、とiSuppliは示した。

この第2四半期における製造コストの上昇は、9ヶ月間の平均よりも少ない下落で終わる事が最大の要因であり、2009年の第3四半期以来平均してちょうど四半期あたり1.7%の下落で終了するだろうとiSuppliは伝えた。

そして、それぞれの期末の間3%だけ減少した前の2四半期と比較して、直近の四半期末にトレンドの流れが突然逆になった。2010年第1四半期をスタートポイントとして、もしコストがこれまで通りにより加工曲線に沿うのなら、第2四半期のコストは彼らが現実に見ているより21%以上下落しているはずであった、とiSuppliは示した。

「第2四半期間のDRAM製造コストの上昇は市場にいる二つのビッグプレイヤーの活動に従っている。世界第3位のサプライヤーである日本のElpida Memoryと、世界第5位の台湾を本拠地とするNanya Technologyである」と、iSuppliのDRAM市場シニアアナリストのMike Howardは言う。「Elpidaの経費が11%もの急上昇した時、Nanyaは製造コストが4%上昇したと見ている。」

一方、Nanyaは旧世代の平面露光テクノロジから新世代の積層型プロセスに移行する際に生じる困難な状況を現在の高いコストで賄っていることが原因と見ることが可能である。この移行時期の間歩留まりは低下し、そして結果として製品のビットあたりのコストが上昇しているのである。iSuppliが信じているそのトレンドは、NannyaのDRAMテクノロジーの歩留まりへの挑戦が解決すると素早くかつてのように戻り、その会社のコストは次の四半期が来る間に大幅に減少するだろうと予測している。

もう一方であるElpidaは、会社を他の製造工場にアウトソーシングする製品を増やしたあと、コスト構造を変化している現在の問題から抜け出すことが可能である。Elpidaは第2四半期の間台湾のパートナー企業から高いコストで直接DRAMを購入していたが、Elpidaは供給量が限界なため他に選択肢はない、とiSuppliは指摘している。

とはいえ、Nanyaの様に、Elpidaのコストはコスト構造をうまく整理することにより減少に向かうだろう。そしてまた調整が必要な産業界全体、とりわけ移行の間必要な半導体の湿潤露光技術の成熟度と関連し、製品コストは明確に下落させるべきであり、長期的に見て平均としては再びかつてのように下落するとiSuppliは信じている。

—-

日本のエルピーダメモリはかつてのDRAM製造会社から集めて作られた会社だから、社員間の連携がうまくいかないとか旧世代のプロセスから脱却できないとか取引スピードが遅いとかいろいろ言われていたからな。今は改善の最中?

訳しきれていない点は単に私の能力が問題なんで、暇があれば指摘してもらえると助かります。