nVidiaのGPU製品不具合集団訴訟の対象リスト公開 – 各社とも和解が成立

japan.cnet.com NVIDIA、集団訴訟の和解で対象機種のリストを公表 文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、福岡洋一2010年10月1日 14時16分 より。

概要として、

  • nVidiaのGPUチップ不具合について2007年にHP、Dell、Appleの3社から訴えられていた。
  • これまで原告側が個別にユーザに対して不具合の対応をしていた。
  • nVidiaは不具合解決のため4億5000万ドルを費やしている。
  • 不具合内容は「多重画像、スクリーン上でのランダムな文字の表示、スクリーン上での線の表示、無画像」(Dell発表)
  • 2010年8月12日の和解を受けて、NVIDIAは9月30日に和解文章をPDFで公開
  • 各社の50以上の製品リストがPDFの4ページからリストされている。
  • 主張されている内容に関して、「不正行為や責任についてのすべての申し立てをこれまで否認してきたし、今後も否認する」とも述べている。

nVidiaには自社で製造したGPU製品に責任は無いとこれからも主張するらしい。これらの経費は誰が負担するのだろう…。

広告

無線USB規格1.1は3mの距離で480Mbpsを実現 – 規格仕様が確定

xbitlabs.com Wireless USB 1.1 Delivers “Key Performance Enhancements”.Wireless USB 1.1 Spec Finally Available [09/30/2010 01:47 PM] by Anton Shilov より。

Wireless USB 1.1は「性能向上目標」に到達する

無線USB1.1のスペックが最終確定に

Anton Shilov
2010年9月30日

Wireless USB(WUSB)策定グループはWireless USB 1.1 規格の策定を完了したとアナウンスした。技術ガイドラインは次世代無線USB製品を市場に届けるための製品開発者向けに提供される。その仕様は当初2008年に提供される予定であったが、結果2年以上遅れた。新しい仕様はより良い性能、低消費電力といくつかの改善をもたらした。

Wireless USB 1.1はWUSB技術に「性能向上目標」を提供し、6GHzよりも上のUWBより高い帯域と周波数となり、現在の一般向け無線USB製品と後方互換性を持つ。無線USBはまた消費電力への効果に対する最適化と簡単に利用できるように進化している。待機時のより低い消費電力によりバッテリ性能を改善し、新しいアソシエーションモデルは近接通信(Near Field Communication – NFC)と代理転送アソシエーションモデルをサポートしており、無線USBデバイスのインストールをより簡単に使いやすくしている。

無線USBは、無線技術による簡便性と有線高速USBのスピードとセキュリティを提供する個人向け無線相互接続技術である。WUSB 3.0は有線USBと後方互換があり、ユーザは127デバイスの接続と現在3メートルで480Mbps、10メートルで110Mbpsを提供する(あと200Mbpsのサポートについてのアナウンスがある)。無線USBはWiMedia Alliance Ultra-wideband Common Radio Platform(UWB)をベースにしている。

「Wireless USB 1.1 仕様策定は無線USB技術の次なるステップである。消費者はPCから手持ちのデバイスに高速で簡単にコンテンツを転送できることを望んでいる。Wireless USB 1.1はロバスト転送、デバイス同士の高速無線接続のソリューションを提供する。」とUSB-IFプレジデント・チェアマンのJeff Ravencraft氏は語った。

Wireless USB 策定グループは7つの企業の参加により構成されている。HP、Intel、LSI Logic、Microsoft、NEC、NXP Semiconductors、Samsung Electronicsである。

AMDの公式ブログで「Bulldozer」の20の質問パート2 バカ訳すみません

AMDの公式ブログで「Bulldozer」の20の質問パート2

  • 同じモジュール内でコア同士の「プログラム可能な」同期機能はある?またもし自分のマルチスレッドアルゴリズムを互いのスレッドに近いペアを組むことで性能を上げることはできるの?
    – Edward Yang

    • うん、良い質問だ。
    • 基本的にはOSがスレッドのスケジュールを管理する。WindowsやLinuxなら効果的にBulldozerのコア間のスケジュールをこなすよ。
    • OSは最高性能か最高ワットパフォーマンスのどちらを優先させるかでコア性能をブースとさせるよ。
    • だけど違うモジュールで最高性能をだすために自分でスケジューリングできるよ。
    • 二つの整数演算コアは完全に別れており、実行パイプラインはL1キャッシュではデータ共有されない。これはソフト側で最適化する必要はないから。
    • L2キャッシュは二つの整数演算コアで共有されており、同時に実行パイプラインから読むことができるが書込はどちらか一つのみなんで注意ね。
    • ということは、二つのスレッドが共有するL2キャッシュにフィットするようなデータを自分でセットすることが可能。これで性能がより向上するだろう。
    • 忘れないでほしいのは他のコアのこと。データ共有のメリットと次の実行可能なコアにデータを送るためのメリットを天秤にかける必要があるよ。
    • 通常すぐに実行可能なスレッドの側に次のスレッドを準備しておくことが良い。
    • もしマルチスレッドアプリケーションがL2キャッシュ向けに最適化していないかL3キャッシュ向けに最適化している場合、はっきりとスレッドを分けたほうが良い。努力しない方がいいよ。そうしなくてもスケジューラが最適に実行するから。
  • Bulldozerで違うモジュールの二つのコアで実行する場合と同じモジュールで二つのスレッドを実行する場合どのくらい性能がアップするの?
    – Simon

    • Hot Chip22でプレゼンした資料を見て。CMP(Chip MultiProsessing 複数のコアチップを一つのコアに納めた単純な方法)と比較して、二つの整数演算コアでの性能は大体80%向上する。
    • けどこれはリソースを共有しているから出せる性能。
    • CMPはいくつか欠点があり、それは熱とダイサイズが大きくなること。そのため性能が消費電力により制限されてしまう。
    • 簡単に考えて、4シリンダの300馬力と6シリンダーの360馬力のエンジンではどちらが排気ガスが少ない?
    • シリンダーあたりの馬力比は、75馬力/4シリンダーと60馬力/6シリンダーとなり、4シリンダーの方がシリンダーあたりの性能が高い。
    • けどエンジン全体で見ると、4シリンダのエンジンは低い性能で高いコストになり、より排気ガスが多くなるよ。
  • 現在IntelのNehalem EXベースの8ソケット64コアサーバをIBMとHPが出しているよね。Bulldozerベースのサーバではスケーラビリティをどのように出すことができるの?
    – David Roff

    • Bulldozerは現在の「Maranello」「San Marino/Adelaide」プラットフォームに適しているね。
    • 「Maranello」は4CPUをサポートしている高性能プラットフォーム。
    • 「Maranello」プラットフォームと16コア「Interlagos」プロセッサを組み合わせると4ソケット×16コア=64コアになるよ。
    • IDCによると、8ソケットのx86プラットフォーム市場は26%落ち込んでいる。
    • 2009年が不況だからだというなら、2007年や2008年の8ソケットx86プラットフォーム市場と比べると横ばい。
    • すなわち市場は成長していないんだよ。この事は結構市場にインパクトを与えられるんだよ。
    • 8ソケット64コアではメモリ搭載に必要な面積が大きくなるが、4ソケットだと低価格で小さいサイズ、低消費電力になる。
    • Bulldozerは2011年にこれを実現するからよろしくー。
  • 性能を見る限りだと、Bulldozerは一般・ビジネス向けCPUに求められる消費電力制御を持っていない様に見えるよ。現在のマルチコアユーザが乗り換える意味のある新しい特徴はないの?Bulldozerが現在ビジネスに求められている新しい消費電力削減機能を細かく説明できる?
    – Jeremy Stewart

    • 「Maranello」プラットフォーム向けの現在出荷中のOpteron 6100シリーズにBulldozerが備えている電力削減機能は既に組み込み済み。
    • 既に公式ブログには書いたけど、現在のマルチコアプロセッサの水準を上げる性能を提供するよ。
    • 私たちは動的共有及び動的リソース配分を備えた消費電力に効果的なマイクロアーキテクチャを実装しているよ。高速なクロックとパワーゲーティングを活用してね。
    • プロセッサのチップレベルのコアパワーゲーティングをサポートしているよ。
    • そのOpteron6100の新しい技術はPowerNow!やCoolCore、低電圧DDR3メモリサポートで非常に良い感じ。
    • 33%のコア数増加とより大きなキャッシュで、現在の我々の12コアプロセッサと同じ消費電力なんだよ。

—-

Nehalem EXの言い訳は苦しいな、AMDw。あとJeremy偉そうだぞ。謙虚に質問しろよ。

DellとHewlett Packardから「Solaris」搭載のサーバが発売される

computerworld.jp デルおよびHP、オラクルのOSと仮想化ソフトを再販へ より。

簡単な流れを。

  • OracleSun microsystemsを買収。SunのOS「Solaris」を手に入れる。
  • Oracleはこれまで「Miracle Linux」「Enterprise Linux」を販売していた。
  • 今回DellとHPから「Solaris」「Enterprise Linux」搭載のサーバが発表された。
  • また「Oracle VM」(多分VirtualBox…じゃなくてXenだw)も搭載するとのこと。
  • Dellはこれまで「Red Hat Enterprise Linux」を、HPは自社製UNIX「HP-UX」をサーバに搭載して発売していた。

HP製サーバにSolarisとかなんか鉄壁な組み合わせに感じるw(タンデムコンピュータのこと)。あとDellがOracle Enterprise LinuxにシフトすることでRed Hatは厳しい状況になりそう。これからエンタープライズ関連の動きが加速するかも。

うわさ AMD デスクトップ向けFusion APU「Zacate」が2010年第4四半期に登場?

vr-zone [Rumour] First AMD Fusion APUs in Q4 2010 より。

AMDのFusion APU「Ontario」は40nmプロセスの消費電力10W以内の低消費電力のCPUとGPUのハイブリッドチップだが、「Zacate」は消費電力10W〜23Wの範囲となる。本命のFusion APU「Llano」は消費電力10W〜100Wと可変するがこれはGrobalFounderiesの32nmプロセス問題により2011年登場にずれ込むとこれまで通り。

DellやHPの年末商戦向けに出荷されるのだろうか。