AMDの次世代GPU「Barts XT」のボード画像がリーク – Radeon HD6700かHD6800かそれが問題だ。

AMD Barts XT Pictured Published on Friday, September 10 2010 10:19 pm by Sub より。

AMDの次世代GPU「Barts XT」のボード画像がリーク

今週中頃に、ChiphellのナボレオンはAMDのRadeon HD6000シリーズカードの画像を携えて戻ってきた。今回は「Barts」の番である。噂では大成功したRadeon HD5700シリーズであるという。お願いだから、これはただのエンジニアサンプル品であり、最終製品ボードとは異なることを心に留めておいて欲しい。それはまた隙間が多すぎてメモリなどすべてを冷やすことのできないGPUクーラーが物語っている。

最終製品バージョンのクーラーはPCB上に搭載され、それはデュアルスロットタイプであろう。そのカードは二つのDVI端子、一つのHDMI端子、そして二つのDisplayPort端子の様に見える端子軍が特徴である。「Barts XT」は二つの6ピンPCI-Express電源コネクタを搭載し、消費電力はおよそ150W前後であると示唆している。もちろん、二つの6ピン電源コネクタはテスト目的のただのプロトタイプであるという可能性もあり、最終製品カードではRadeon HD5770の様に多分たった1つの6ピン電源コネクタのみになるだろう。そのカードはHD5770よりも長く、HD5850に近い長さである。噂の256bitメモリインターフェースが有効なように見える。

カード裏はダイサイズが「Juniper」よりも大きいことを示唆している。それらの全てが示唆していることは、「Barts XT」がRadeon HD5770よりも確実に性能が向上しており、これは「Barts」がRadeon HD6700シリーズではなくHD6800シリーズとして発表されるだろうということだ。だけれども一つのミッシングリンクが存在する。それはCrosFireコネクタである。HDx8xxシリーズとは異なり、「Barts」は2つのGPUをCrossFireで接続するための一つのCrossFireコネクタしか備えていないという点である。

ソース元では、最終的な「Barts」カードは一般向けの製品として投入されるだろうと言及している。かれらはそれがRadeon HD6700シリーズかHD6800シリーズでブランディングされるかどうか含みを残しているように見える。確実に言えることは、Radeon HD6000シリーズはHD5000シリーズから少しだけ再設計されているだろうということである。

参照元 : TechPowerUp

—-

見た目もいかにもエンジニアリングサンプル品らしいボードだな。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx AMD 690G Radeonグラフィクスでカーネルモードドライバを有効化する

Ubuntu Linux 9.10から10.04にバージョンアップした際に自動的にAMD 690G Radeonのカーネルモードドライバが有効にされたが、起動時にフリーズするため無効化していた。

今回カーネルとxorg-edgerドライバのバージョンアップを行なった上でRadeonカーネルモードドライバが動作するか検証した。なおすべてオープンソースドライバで確認したため、プロプライエタリのfglrxドライバは不明である。

カーネルバージョンは2.6.32-23-preempt、xorg-edgerのRadeonドライバは6.13.99+git20100709.06691376-0を利用。マザーボードはいつもの通りAsus M2A-VM。

まずは2箇所設定ファイルを修正する。

$ sudo vi /etc/default/grub

にてテキストエディタでファイルを開き、下記の行の「nomodeset」を削除した。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”splash nomodeset”

修正後にgrubのアップデートを行う。

$ sudo update-grub

次にRadeonドライバの設定。

$ sudo vi /etc/modprobe.d/radeon-kms.conf

にて下記の行を「0」→「1」と書き換えてカーネルモードドライバを有効化する。

options radeon modeset=1

そして再起動する。

再起動時にgrubの表示後VGA 640×480 60Hzのコンソールでブートプロセスログが表示されたあと画面がちらついてUbuntuロゴが1280×1024@75Hzの解像度で表示された。ちゃんと液晶モニタのDDC(Display Data Channel)経由でEDID(Extended Display Identification Data)を読み出し解像度とリフレッシュレートを設定したようだ。

gdmを表示する際に一瞬画面がちらついたが正常に表示され、ログイン後もCompiz-fusionが利用出来た。

正常に動作すると見てよいだろう。

ただ何かの表示で画面全体がちらつくことがごくまれにあった。いつもどおりsyslogを確認すると下記のログが出力されていた。

Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607917] [drm:edid_is_valid] *ERROR* Raw EDID:
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607923] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607925] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607927] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607929] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607931] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607933] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607935] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607936] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607938]
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607941] radeon 0000:01:05.0: HDMI Type A-1: EDID invalid.
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607947] [drm:radeon_dvi_detect] *ERROR* HDMI Type A-1: probed a monitor but no|invalid EDID

ログを読むと、「radeonのHDMI Type A-1のEDIDが不正だよ。drm Radeon DVI端子検出時にモニタを確認したところEDIDが無いか不正確だよ。」と書かれている。

現在液晶モニタはVGA D-sub15ピン接続でDVI端子には何も接続していないのでエラー内容の通りである。なので無視しても問題ない。