DirectX 11世代のSLI vs CrossFireX対決 ゲームベンチマーク&消費電力&ノイズレビュー

techreport.com SLI vs. CrossFireX: The DX11 generation We test nearly everything by Scott Wasson — 9:24 PM on August 11, 2010 より。

概要として下記の通り。

  • AMD/ATIとnVidia双方でDirectX11世代へのラインナップが揃いつつある。
  • 各社の中価格帯〜高価格帯のGPUについて検証する。
  • 複数のGPUを同時に動作させてゲームグラフィクスのフレームレートを増加させる技術であるSLIとCrossFireXのゲームベンチマークを行う。
  • ゲームはAliens vs. Predator、Just Cause 2、DiRT 2: DX9・DX11、Battlefield: Bad Company 2、Metro 2033、 Borderlands。
  • 各種解像度と共に、消費電力量とノイズレベルも測定する。
  • 単体GPUに比べて、SLIやCrossFireXは1.7倍〜1.8倍程度フレームレートが上昇する。
  • nVidia製品のアイドル時及びSLI時の消費電力はAMD製品に比べて多い。
  • 特にAMD Radeon HD5000シリーズのアイドル時は単体GPU・CrossFireX時共に優秀。
  • ノイズレベルは圧倒的にnVidia製品が大きい。

ゲームベンチマークに関してはそれぞれ記事を見てもらうとして、Geforce GTX480 SLIの消費電力がゲーム中で678Wと家庭用エアコンの消費電力を上回っているw。さらにシステムノイズがゲーム中で60.4dbと市街地のショッピングモール並みの騒音だよ、おい。

AMD/ATIがハイエンド・メインストリームGPUカード市場を支配している。nVidiaは引き続き今期ではデスクトップGPU市場を率いている。

xbitlabs.com ATI Commands Markets of High-End, Mainstream Graphics Cards – Research.Nvidia Continues to Lead the Desktop Graphics Market in Terms of Volume より。

AMD/ATIがハイエンド・メインストリームGPUカード市場を支配している。nVidiaは引き続き今期ではデスクトップGPU市場を率いている。

AMDはデスクトップ向けディスクリートGPUカード市場シェアを明確に増加させるだけでなく、最新PCゲームや性能を求める消費者向けの1製品あたり300ドル以上の利益の上がる市場シェアをがっちりつかんだ。

Mercury Researchがリリースした最新の情報によると、、2010年の第2四半期でデスクトップ向け単体GPUカードは全体で1,550万個出荷され、2009年第2四半期に1,773万個出荷に比べて21%の落ち込みとなった。それに対してモバイルPC向け単体GPUチップセットは1,939万セットを売上げ、6%の上昇し、前年比105.2%であった。

デスクトップ向け単体GPUカードを販売するnVidiaは引き続き855万個のディスクリートGPUチップを出荷し今第2四半期で55.2%とリードが続いている。nVidiaはMercruy Researchによると2009年第2四半期より前年比10.9%の市場シェアを失った。

AMDはデスクトップ向け単体GPUを2010年第2四半期に690万個出荷し、昨年度末に比べて11%市場シェアが上昇した。けれどもデスクトップ向け単体GPUチップの市場で正確な出荷数は前期比0.7%、前年比17%増加と予想よりも控えめである。

デスクトップ向けGPUチップ市場が落ち込んでいることが予想より明確であることを考慮すると、その市場の最も儲かる部分を支配するベンダーにとって極めて重大なこととなる。nVidiaの最近(2010年4月)出荷されたGeforce GTX400シリーズのおかげで性能を求める消費者の反応はぱっとしないか欠乏しており、AMDは300ドル以上の高価なGPUカード市場の59.9%のシェアをつかみとった。

それでも今なおnVidiaは200ドル〜300ドルセグメントのシェアはつかんでいるが、高価なGPUカードの市場よりも思いのほか小さい。2つの企業は同じ数の100ドル〜200ドルのメインストリーム向けGPUチップを出荷しておりほんの少しだけAMDがリードしているが、nVidiaは2010年第2四半期にローエンド(100ドル以下)GPUデバイスの61.5%を占めているようだ。

Overview of Desktop Discrete GPU Market in Q2 2010
Data by Mercury Research
ATI Nvidia
Segment Units*
Share Share in Product Mix Units*
Share Share in Product Mix
$0 – $100 3584 38.5% 51.9% 5714 61.5% 66.8%
$100 – $200 2418 53.9% 35% 2067 46.1% 24.2%
$200 – $300 230 41.7% 3.3% 321 58.3% 3.8%
$300+ 668 59.9% 9.7% 447 40.1% 5.2%
Total 6900 8550

表の出典はxbitlabs.comより。(* in thousands)

—-

AMD/ATIのシェア奪還のニュースに対してnVidiaとの実際の市場シェアは驚くほどの差はなく、利益率の高いハイエンド向け市場をつかんだことが大きいということか。