nVidiaのノートPC向けDirectX11対応GPU Geforce GTX400Mシリーズがフルラインナップで登場

anandtech.com NVIDIA 400M: DX11 Top to Bottom Solutions Now Available by Jarred Walton on 9/3/2010 12:02:00 AM より。

4gamer.net NVIDIA,ノートPC向けGPU「GeForce 400M」の新製品7モデルを一挙発表 ライター:宮崎真一 より。

概要として、

  • nVidia Geforce GTX480MはGF100のダウンクロック版。
  • 実際デスクトップ向けGTX465と同じコア数。消費電力(TDP?)は驚異の100W。
  • Optimusテクノロジでアイドル時のGPU消費電力は0Wだそうだが。
NVIDIA High-End 400M Specifications
GeForce GTX 480M GeForce GTX 470M GeForce GTX 460M
Codename GF100 GF104? GF104?
CUDA Cores 352 288 192
Graphics Clock (MHz) 425 535 675
Processor Clock (MHz) 850 1100 1350
Memory Clock (MHZ) 1200 1250 1250
Standard Memory Configuration GDDR5 GDDR5 GDDR5
Memory Interface Width 256-bit 192-bit 192-bit
Memory Bandwidth (GB/sec) 76.8 60 60
SLI Ready Yes Yes Yes

票の出典はanandtech.com

  • 対応技術 : DirectX11, OpenGL 4.0, PhysX, Optimus, CUDA, DirectCompute, OpenCL, H.264/VC1/MPEG2 1080p ハードウエア動画デコード, Blu-ray デコードフル対応。HDMI 1.4a対応。
  • 直接の競合はAMDのMobility Radeon 5800・5700・5600シリーズ。
NVIDIA Performance and Mainstream 400M Specifications
GeForce GT 445M GeForce GT 435M GeForce GT 425M GeForce GT 420M GeForce GT 415M
Codename GF104 and GF106? GF106? GF106? GF106? GF108?
CUDA Cores 144 96 96 96 48
Graphics Clock (MHz) 590 650 560 500 500
Processor Clock (MHz) 1180 1300 1120 1000 1000
Memory Clock (MHZ) 800/1250 800 800 800 800
Standard Memory Configuration DDR3/GDDR5 DDR3 DDR3 DDR3 DDR3
Memory Interface Width 128/192-bit 128-bit 128-bit 128-bit 128-bit
Memory Bandwidth (GB/sec) 25.6/60.0 25.6 25.6 25.6 25.6
SLI Ready No No No No No

票の出典はanandtech.com

  • これらのチップはすべてSLI非対応。
  • とりあえず300Mシリーズ比で平均40%の性能向上を果たしている。
  • Optimus技術を使っている会社はAcer、Asus、Dell、Lenovo、Samsung、Toshibaだが、IntelのSandy Bridgeが登場したら必要なくなる可能性がある。

—-

どうみてもノートPCに採用できる消費電力じゃないな。AMDのノート向けGPUチップは注文が殺到しているようだが…

Linuxカーネル2.6.35がリリースされる。ネットワーク負荷軽減機構やH.264ハードウェアデコードサポート

sourceforge.jp Linuxカーネル2.6.35リリース、ネットワーク負荷軽減機構やH.264ハードウェアデコードなどをサポート

linuxfoundation.jp Linux Weather Forecast より。

新しいLinux カーネル 2.6.35の新機能は主に下記の通り。

  • マルチCPU環境でネットワークスループットを向上させる「Receive Packet Steering(RPS)」および「Receive Flow Steering(RFS)」サポート。なお性能がアップするのは8コア以上からなので個人向けへの影響は今後だろう。
    http://lwn.net/Articles/328339/によると下記のとおり性能がアップ。

    • tg3 on 8 core Intel
      Without RPS: 90K tps at 34% CPU
      With RPS: 285K tps at 70% CPU
    • e1000 on 8 core Intel
      Without RPS: 90K tps at 34% CPU
      With RPS: 292K tps at 66% CPU
    • foredeth on 16 core AMD
      Without RPS: 117K tps at 10% CPU
      With RPS: 327K tps at 29% CPU
    • bnx2x on 16 core AMD
      Single queue without RPS: 139K tps at 17% CPU
      Single queue with RPS: 352K tps at 30% CPU
      Multi queue (1 queues per CPU) 204K tps at 12% CPU
      _
  • SGI開発のカーネルデバッグツール「KDB」の追加
  • メモリの断片化を軽減する「Memory compaction」の追加。使用中のメモリページを連続した大きなページに移動することでメモリ使用効率の改善を図るというもの。近年の大容量メモリ搭載システム向け。
  • カーネルモードセットドライバの改善。IntelのG45チップセットなどが備えるH.264およびVC-1デコード機能、Radeonドライバの各種改良など。
  • Btrfsでファイルシステムのキャッシュを通さずに直接I/Oを行う「Direct I/O」をサポート
  • xfsでI/Oが大量に発生した際の遅延ロギングのサポート
  • perfコマンドの改良
  • multiple multicast route tablesのサポート
  • L2TP Version 3(RFC 3931)のサポート
  • ST-Ericssonのモデムで利用されているCommunication CPU to Application CPU Interface(CAIF)プロトコルのサポート
  • ACPI Platform Error Interfaceのサポート(先日のUbuntu Linux 10.10 Maverick Meeakatのニュース参照)
  • Linux Software RAIDのRAID0⇔RAID10,RAID4,RAID5の引継ぎが可能になった。ただしRAID6については記述なし。
  • AMDの新CPU PhenomII X6 1090Tなどで採用された動作コアを減らす代わりに動作クロックを上げる「Turbo CORE」対応のCPUでpowernow-k8の「Turbo Boost」制御が可能となる。

2010年8月2日現在Ubuntu Linux kernel-ppa mainlineには2010年7月31日ビルドバージョンがある。

Linux kernel Changelog 2.6.35の解説は下記のページを参照。

http://kernelnewbies.org/Linux_2_6_35