nVidia CEOはTegraの製造をTSMCからGlobalfoundriesに移行を否定する – nVidiaは虎の尾を踏んでしまったか?

Nvidia president denies shift of orders for Tegra from TSMC to Globalfoundries Monica Chen, Santa Clara; Joseph Tsai, DIGITIMES [Wednesday 6 October 2010] より。

台湾メディアの独占ニュースカンファレンスによると、nVidia代表取締役兼CEOであるJen-Hsun HuangはnVidiaがTegraプロセッサの製造委託先をTSMCからGlobalfoundriesに移行するだろうという噂を否定し、nVidiaとTSMCは力強く結ばれたパートナーであると強調した。

HuangはまたnVidiaのGPU市場シェアの減少は、第2四半期にたった二つのDirectX11ハイエンドFermiチップのみの出荷し、AMDにメインストリーム市場へのアドバンテージのチャンスを与えてしまったためと説明したが、nVidiaは既にFermiベースの製品のフルラインナップを用意しており、ノートPCおよびデスクトップPC向けディスクリートGPUカードの売上が上がると共に市場シェアも徐々に上がり始めると語った。

nVidiaは既にハイエンドGeforce GTX480/470とメインストリームGTX460とGTS450をローンチしており、エントリーレベルのGT430が新しいGPUシリーズのギャップを埋めるだろうとHuangは説明した。

現在の世界経済は素早く流動し第4四半期のPC市場の状態を正確に予測することは難しいことではあるが、Huangは四半期中のPC市場の需要について楽観的であり、中国の強い需要と、ヨーロッパやアメリカの需要が徐々に回復していると見ており、それ故nVidiaは第2四半期の売上は第2四半期に比べより力強いものであると見ている。

それに対してIntelとAMDの双方はCPUとGPUの統合を推し進めており、HuangはCPUとGPU演算方法は非常に複雑であると指摘し、それらを一緒にパッケーングする技術を開発することは難しい挑戦であり、もし如何なる問題が起きても製品ローンチに深刻な遅延を引き起こすだろう。事実AMD Fusionのローンチは2年間遅れ、現在のGPU統合型CPUに比べ低性能であり、IntelのSandy BridgeCPUは現在唯一DirectX10.1をサポートし二つを一緒に組み合わせる難しさを示している。

HuangはまたIntelの2012年のIby Bridge CPUは現在の問題を解決できるとは疑わしいと語った。それ故nVidiaはそのような状況に心配しておらず、nVidiaはGPU平行演算技術をかけがえのない技術になるであろうとしている。

nVidia Geforce GTS450が性能・消費電力・価格共に旧世代Geforceに及ばない

各レビューサイトにnVidia Geforce GTS450について掲載された。私自身は興味はないのだが、レビュー記事が面白かったのでリンクする。l

4gamer.net Fermi世代初のG92後継は,1万円台の市場に嵐を呼ぶか GeForce GTS 450 (MSI N450GTS Cyclone 1GD5/OC) より。

名言がいろいろあってわかり易いレビューである。

  • AMDが「ATI Radeon HD 5700」シリーズの後継製品を,そう遠くない将来に投入するという噂も聞こえてきているだけに,「それを待って,“後出しじゃんけんの法則”で勝てるス ペックに設定し,投入してくるのでは」などという穿った見方もできるが,ともあれ,このあたりの動向には注意を払っておくべきだろう。

メモリパターンに空きがあり、現在の128bit版から192bit版を販売する可能性を示唆しているが、明確に後出しじゃんけんと記述されている。

  • GTS 450を始めとするGeForce製品のテストに用いたグラフィックスドライバは,NVIDIAから全世界のレビュワーに配布された「GeForce Driver 260.52」

とりあえずレビュワー向けのチートドライバですか?

  • 失ったものが大きすぎた?HD 5750と互角の攻防を演じるGTS 450

販売が1年近く遅れて互角の性能とは…。さらにDirectX9等旧世代採用のゲームではGTS250にもベンチマークで負けてしまう。

  • DX9性能が弱点で,GTS 250からの乗り換えは「ない」 買いかどうかは店頭価格次第か
  • 以上,リファレンスクロックで動作する場合のGTS 450が持つポテンシャルを探ってきたが,正直に述べて,GTS 250からGTS 450に乗り換えるメリットはほとんどない。現在大いに注目されている「FINAL FANTASY XIV」を例に挙げるまでもなく,PCゲームの主流はDirectX 9世代だが,DirectX 9世代のゲームを前にしたとき,GTS 250と同等以下のパフォーマンスしか発揮できない可能性があるというのは,やはり痛いところだ。消費電力がHD 5770&5750より高いのも,このクラスでは看過できないところである。

ちなみにDirectX11ならRadeon HD5750を買うほうが良いと書かれてしまった。

pc watch ■多和田新也のニューアイテム診断室■ GF106コア採用のミドルレンジGPU「GeForce GTS 450」 より。

  • ざっくりいうとRadeon HD 5750よりは性能が良い傾向にあるが、Radeon HD 5770を上回るほどではない、といったところだろう。もちろん個別のタイトルではRadeon HD 5770に肉薄および上回れる部分はあるが、全体的にはやや勝ちきれない印象のほうが強い。

ここだけ注目。「Radeon HD 5750よりは性能が良い傾向にあるが、Radeon HD 5770を上回るほどではない」何がなんやら、日本語として破綻寸前の表現にレビュワーも擁護が難しいようだ。

GTS450は価格帯が1万2,000円〜1万6,000円程度になるようだが、それだったら絶賛処分価格のGTX285を買うな。

更新 2010年9月13日

4gamer.net 【リリース】ドスパラ,Low Profile版などPalit製GTS 450カード4製品を発売 より。

さらっと見逃していたが、ロープロファイルで2スロット占有のGTS450ボードだと!?そんなボードが動作するPCなんてどれだけあるんだよ???消費電力と排熱が追いつかないだろww

うわさ nVidia Geforce GT430は10月12日にリリースされる? ただしその頃にはRadeon HD6700が…

vr-zone.com [Rumour] NVIDIA GeForce GT 430 releasing October 12th Published on Tuesday, August 31 2010 9:32 pm by Sub より。

概要として、

  • 9月13日にnVidiaからGeforce GTS450がリリースされるが、10月13日にGT430がリリースされるらしい。
  • GT430はGF108ベースのGF100(Fermi)アーキテクチャの下位向けチップ。
  • 1GBのGDDR3メモリ、128bit以上のメモリ接続、細かい詳細は不明だがストリームプロセッサ数は96と思われる。
  • 情報はトルコのDonanimhaberから。
  • GF430の性能は前世代のGT220とGT240の間らしい。
  • 価格は長い間100ドル以下と言われていたが、実際100ドルを下回りそう。
  • GT240のGDDR5バージョンが現在70ドル〜80ドルの範囲。
  • もちろんDirectX11はサポートされているが、既にその価格層にはAMD Radeon HD5670があり、GT240より遅いGT430では勝負にならない。
  • 既に競合相手としてRadeon HD6700が10月中旬に登場する予定である。

参照元:Donanimhaber

—-

もうnVidia Geforce GF100の下位製品なんて興味無いw

うわさ ASUSのGeforce GTS450のボード・パッケージ写真が出回る? by Fudzilla

vr-zone.com NVIDIA GeForce GTS 450 Pictured Published on Monday, August 30 2010 7:02 pm by Sub より。

概要として、

  • nVidia Geforce GTS450の写真がブルガリアのオンラインショップlskamPC.comに一瞬だけ登場し削除された。
  • だがFudzillaが幸運にもその画像を保存していた。
  • 価は130ドル前後。
  • このカードはAsusオリジナルのDirectCUクーラ搭載である。

  • なおGTS450の消費電力は125Wらしい。
  • 競合相手のAMD Radeon HD5750は86W、HD5770は102Wである。
  • とりあえずGTS450は9月13日リリースらしいが、もう既にHD6700シリーズは10月か11月にリリースされるという噂である。

参照元 Fudzilla
—-
相変わらず発熱量は競合相手より上回っている。nVidia、AMDに対してGPU製品世代の2周遅れ確定ですか?

うわさ nVidia Geforce GTS450のスペックが明らかに…? by Fudzilla

fudzilla.com  Friday, 27 August 2010 10:33 Nvidia’s GTS 450 gets fully spec’d Written by Slobodan Simic より。

うわさ nVidia Geforce GTS450のスペックが明らかに…? by Fudzilla

概要として、

  • nVidia Geforce GTS450はGF106アーキテクチャ。
  • 192CUDAコア及び789MHzGPUクロックである。
  • メモリはGDDR5の1566MHz駆動で128bit接続で1GB搭載。
  • DirectX11をサポートし、nVidia独自技術へも対応(CUDA,PhysX)
  • TSMCの40nmプロセス製造される。
  • 競合製品はAMD Radeon HD5700シリーズ。

—-
今更感漂うGTS450だが、多少発熱が激しくてもこれからの季節は涼しくなるから問題は少ないかも。

既にRadeon HD6000の方に興味が移っているし。

うわさ nVidiaがGF108ベースのGeforce GT430を2010年9月中に投入する? ニュース元 Fudzilla

vr-zone.com [Rumour] NVIDIA preparing GeForce GT 430 Published on Monday, August 23 2010 7:15 pm by Sub より。

うわさ nVidiaがGeforce GT430を準備中?

by Sub

2010年8月23日

nVidiaの次の製品リリースは9月13日のGF106ベースであるGeforce GTS450(※英文)だと広く信じられている。FudzillaはnVidiaは派生物であるGT430を準備しているとレポートしている。興味深いことに、彼らはまたGTS450に言及している。これはGTS450との違いがあるかどうか、新しいリネーム製品なのか、または単純にタイプミスなのかもしれない。GT430は100ドル未満市場をターゲットとしたGF108ベースであると考えるのが最も適切であろう。

GT430のコアクロックは700MHzである。私たちはシェーダクロックを1,400MHzと予想しているが、シェーダ数は不明なままである。96ストリームプロセッサ数はかつてGF108のうわさで流れた数である。メモリインターフェースは128bitでメモリクロックは900MHzである。メモリ規格がGDDR3かGDDR5かどうかは言及されていない。

GT430のチップサイズは29mm×29mmと言及されており、それは841mm^2と同じであり、それは確実に間違っている。多分これはチップのみのサイズではなくダイパッケージを含んだ全体のサイズと考えるのが適当であろう。GF108は以前に130mm^2と見積もられている(※英文)。

nVidiaはうわさでは製品ラインにいくつかのカードを追加するようだ。 512ストリームプロセッサのGF100や、SPをすべて動作可能にしたGF104、デュアルGF104、2種類のGF106そして最後にGF108である。もし彼らが残りが見えるのならリリースするのであろう。GT430はGTS450の後にリリースするであろう。その場合は私たちは10月から11月の時間枠の中で行われると予測している。

参照元: Fudzilla

—-

いまあちこちで出回っているnVidia Geforce GT430についてのニュースの分析である。ソース元がFudzillaなので話半分で読んで
2010年10月にはAMDの次世代GPU「Southern Islands」HD6000シリーズが登場するといううわさもあるがnVidia大丈夫か?

うわさ Geforce GTX450は9月から出荷 ただし動作クロックをごまかして?

vr-zone [Rumour] GeForce GTS 450 in September; clock speeds revealed より。

トルコのウェブサイトDonanimhaberは nVidiaの次のリリース製品であるGeforce GTS450は当初予定されていた8月末から2週間ほど遅れて、9月13日にリリースされるだろうと伝えている。当初のクロックスピードは789MHzコアで3760MHzので1GB DDR5メモリで128bit以上のメモリバス接続と推定される。

さらなる情報は実用的なユニットについてはっきりしない点が残る。ほとんどの噂が192〜256SP(StreamProccessor)の間であると示唆している。
789MHzについて、それはまたこれまでのGeforceカードで最も高い動作クロックになり、GTX250(それ自身は9800GTX+のリネーム品である)をよりずば抜けたカードに置き換えられ、最後に4年前に登場し大いに成功した「G80」GPU製品の最後として記録されるだろう。

大変興味深いことに、近頃GTS450のPCB基板であると主張したリーク記事によると、192bitメモリインターフェースであると推測される。GTS450の直接の強豪であるHD5770は4800MHzメモリで128bit以上のメモリインターフェースであり、細いメモリ帯域であると考えられる。それ故nVidiaは192bitバスを提示する考えであろう。それはGTX460はより欠落したメモリ帯域にもかかわらずHD5830に対して落ち着いて対応しているように見える。それはまた一つは192bitバスであり、もう一つはGF104シリーズに近い128bitバス以外の二つのGF106が存在するという可能性がある。

GTS450はHD5770のリリース(2009年10月9日)から正確に11ヶ月後にリリースされる。と一緒に2010年第4四半期のいつかに「Southern Islands」の登場が予定されているおり、nVidiaは既にほぼ1世代遅れているカードのについてこれ以上不利な状況を被ることを回避することは簡単にできない。

ーーーー

nVidiaはGPU世代の世代遅れ確定ですか。

うわさ AMD/ATI 次世代GPU「Southern Islands」HD6000シリーズが10月に登場か?

vr-zone [Rumour] ATI’s next generation in late October より。

AMDの金融関係向けのカンファレンスが元の噂だが広く伝わっている内容によると、AMD/ATI 次世代GPU「Southern Islands」Radeon HD6000シリーズが10月に登場するということ。

「Southern Islands」は現世代「Evergreen」Radeon HD5000シリーズと32nmプロセスにより生産される予定の「Northern Islands」チップとの混成で40nmプロセスで生産とのこと。

同時期にnVidiaのGeforce GTS450やGF108と呼ばれるチップも登場予定。秋に向けて各社着実に進んでいる様子が伺える。