Southern Islands、Kepler、そしてApple A6 プロセッサの謎が解けた Semiaccurate Charlie Demerjian氏

Semiaccurate.com Southern Islands, Kepler, and Apple’s A6 process puzzle outed It all makes sense now By Charlie Demerjian より。

Southern Islands、Kepler、そしてApple A6 プロセッサの謎が解けた

たった今全てが判明する

By Charlie Demerjian

TSMCの28nm HKMGプロセスの最初のかけらは先週のSemiConにて公開され、全てが判明した。ChipworksはXilinx Kinetex-7 FPGAを手に入れ、作業テーブルの上でいくつかの秘密を暴露した。

もしあなたが思い出せるのなら、AMDはSemiAccurateを含む殆どの人々の予想よりもSouthern Islandsチップが早く製造ラインにのり、今四半期にさえ可能であると予測した。その現実的な疑問はそれらのチップがTSMCの40nm SiONもしくは28nm HKMGプロセスのどちらで製造されているかということである。40nm は大きく、熱く、南の島といういよりは火山島を思わせる制限があり、28nm SHP HKMGプロセスは直近の第1四半期まではサポートしないというのが最も良いケースであった。これらのショートストーリーではSouthern Islandsでは使われないということが最もらしいというものである。

28nm LPの名前で知られる28nm SiONをそのまま放置され、低消費電力ARMベースのSoCの為に存続が可能であったが、高い消費電力のGPUでは使えなかった。SiONのジオメトリがリークすることはなかった。Chipworksの良友は、SemiConのブースに入りそのもスターを手に入れた。それらは28nm TSMCプロセスをベースにしたFPGAの一部の情報を手に入れただけだが、それらの発見から何を予測できるのか?並べてみる。

出典: semiaccurate.com

これらのショートストーリーは他のプロセスのことであり、一つは数多く語られていない28nm HPLか28nm 低電力HKMGである。それはXilinxが使用しており、Appleのチップが最もらしく、AMDが確実にほとんどのラインを使用しているだろうということである。もし全ての詳細をホッしているのなら、Chipworksブログ記事を読むと良い。そしてもしレポートを購入したいのなら購入ページに行くと良い。低消費電力プロセスはほとんどの人が思っているほど必要性に意味はなく、単にそのプロセスが高性能プロセスに比べてことのあるスイートスポットを手に入れることができるからである。

私達のニュースソースはTSMC 28nm HPプロセスはこれまでの間あまりうまくいっていないと言い、彼らのスタンスがはっきりしたSemiCon前にチェックしている。二つのプロセスの大きな違いといえば、SiGeはより確実であり、HPプロセスはまた問題を抱えている状況のように見える。

GPUチップにとってに意味のあるプロセスは非常に単純であり、40nm SiONプロセスよりもより良いが、28nm HPプロセスとしてセグメントを統合されることはないだろう。
もしあなたが自分のチップのために使うことができるのなら、AMDはそれらを使うことができるし、あなたはHPプロセスが立ち上がる6ヶ月後まで待つことは出来ないだろう。

最近の第1四半期では多分、Keplerのために28nm HPプロセスラインの一部がが使用されるように見える。一つの関連事項は、低消費電力プロセスは低動作クロックを意味しやすく、Nvidiaはベースクロックの2倍の速度でシェーダーを動作させ、AMDがそれらのことを2倍付近で動作させるだろう。このことはNvidiaのアーキテクチャがまだ固まらない間にAMDが28nm HPLを使うことが可能になる点がキーになるであろう。

ショートストーリーとして、AMDはSouthern Islandsをまもなく登場させ、NvidiaはいくつかのローエンドSIパーツをTSMCの28nm HPプロセスで組むことが可能になるだろう。私達は第3四半期はNvidiaが痛みを伴う経験をするだろうと知っており、そしてその情報は第4四半期の間には繰り返しより鋭くなるであろう。Chipworksに謝意を伝え、私達は今それらのピースがラインナップされるのか知っていることになる。

————

ひさびさなんで変な訳文になって読みにくいです。すみません。これならGoogle翻訳が読みやすいかも。

広告

NVIDIAのProject Denverのファーストシリコンは8コアARM、256CUDAコアのAPU?

1st Silicon with NVIDIA Project Denver is an 8-Core ARM, 256 CUDA Core APU? 7/18/2011 by: Theo Valich – Get more from this author より。

NVIDIAのProject Denverのファーストシリコンは8コアARM、256CUDAコアのAPU?

複数のニュースソースから聞いた情報によると、NVIDIAは最近コードネーム「Project Denver」のSoCである最初の「CPU」を目標とした設計を公開し展開を始めた。

私達が入手した情報は、プロジェクトデンバーCPUコアが「T40 – Tegra4 (Wayne)」に非常に似ているように見える。内部スケジュールによると、Wayneのシリコンは今後2週間以内にテープアウトする予定であり、ディベロッパーはそれらのプロトタイプシリコンを2011年12月に手に取ることができるとしている。Wayneシリコンは4つ以上のARMコアから成り立っており(NVIDIAはコアのタイプを公開しておらず、ふざけてて言うならA15かPDであろう)、64個以上のGPUコアを含む。

同じ2011年12月の間に、NVIDIAはProject Dennverをベースにしたファーストシリコンをテープアウトする予定である。それらは8コア以上のNVIDIAカスタムの64bit ARM CPUにGeForce 600クラスのGPUを組み合わせた物である。NVIDIAはCPUの開発に数多くの問題を抱え、一般的な意見としてはNVIDIAはシングルの28nm PD CPU設計と28nm Fermiベースの設計を細葉した慎重なアプローチを取るだろうと言われている。 言い換えれば、ノートPC・ローエンドデスクトップPC向け GeForce 600シリーズカード(「GeForce300」を思い出す?)にリフレッシュしたFermiベースの設計であると噂されてる。

他のニュースソースによるとこのニュースの題名のとおり、シリコンのGPU部分は「少なくとも256 CUDAコア」で、「Northern Islands」とBulldozer拡張CPUを組み合わせたAMDのTrinity APUを目標としているとのこと。VLIW4アーキテクチャとAMDのキーとなるAPUは2012年に登場する予定である。計算処理能力を拡張するため、NVIDIAは天国に登るような高い動作クロックを求めず、それぞれIPC(クロックあたりの処理可能な命令数)の向上を可能な限り高めることを求めている。まだその製品は現実的には2.0-2.5GHzでCPUやGPUが動作するだろうと予測されており、メモリーコントローラーとシリコンの残りの部分はより低い比率のクロックのまま動作すると予測されている。

AMDのAPU設計と異なり、CPUとGPUパーツはDDR3メモリの速度で動作するメモリコントローラにより接続されており、Project DenverはCPUとGPUがより緊密に通信可能な方法を模索しており、言い換えれば最も良いGPU設計は広帯域な接続により実現できるということである。NVIDIAはL1、L2、L3キャッシュの設計を従来通りでは設計せず、GPU部分がキャッシュメモリと1TB/sec以上のコネクションを持っており、噂にあったDenverコア設計と非常に良く似たアプローチをとっている。GPU部分同様に、メモリコントローラーはシリコンダイ面積をとっており、CUDAコアはCPUコアと接続されCPUは接続帯域の要求に対し優先してアクセスできる。

だけれどもNVIDIAはCPUに必要な全帯域の10-20%のみを必要としており、GPUは引き続きシステムメモリが充てられるだろう。

またノートPCやデスクトップ、サーバーのマザーボード設計が進行中で、PCI Express 3.0はメインコネクションの特徴であるとうたわれており、USB3.0やSATA 5GBpsが同時に接続される。これらの与えられた情報によると、NVIDIAは残りの全ての前線に攻撃を仕掛けるようだ。軽量ノートPC分野には低スケールTegra3と4(スマートフォン/タブレット/ネットブック)を割り当て、よりパワフルなシリコンは軽量ノートPCやデスクトップに使われ、サーバー分野にはより興味深い戦略で望むのだろう。

一方、PD CPUの1世代に、NVIDIAはパワフルなGPUを武器にブレードサーバ市場に算入することを望んでいるが、また一方でNVIDIAはTeslaのビジネスでIntelやAMDのx86コアへの依存を排除したがっている(一つのTeslaGPGPUは一つの- XeonかOpteron -が要求される)。それらが等しくx86からの脱却は確実に利益を多く見せるだろうが、一方でAMDとIntelは頭から足の先まで同じシリコンを使ったデスクトップ・ノートPCで利益を充填し楽しんでいる。

AMD Radeon HD6800ドキュメントがリーク – BartsがHD6800シリーズとなる?

vr-zone.com AMD Radeon HD 6800 Document Leaked Published on Friday, October 8 2010 2:59 pm by Sub より。

新たに登場する予定のRadeon HD6800シリーズのPDF概要ドキュメントのスクリーンショットがリークした。出典はIT.com.cnで、Chiphellが掲載した。だけれどもドキュメントは簡体中文であるが、いくつかもの詳細が暴露されている。たとえば命名体系やトレードマークの特徴などが英語で書かれている。予測されるRadeon HD6870の特徴はGDDR5メモリとPCI Express 2.1 x16をサポートし、DirectX11やEyefinityに加え、「EyeSpeed」と呼ばれる機能jが追加されている。UVD3も記載されているが、詳細は中国語である。意外ではないが、AMDはついにnVidia 3DVisionの代替技術を導入している。名前はAMD HD3Dである。そして極めて重要な情報がこの後記載されているが、Barts XTとはAMD Radeon HD6870であり、Barts Proは Radeon HD6850のことである。

噂では長い間Bartsはメインストリーム向けHD5700 Juniperの置換えであり、Caymanが性能重視のCypressの置き換え、dual-Caymanが高性能であるAntillesプロダクトであると信じられていた。これはBartsはHD6700、CaymanはHD6800、AntillesはHD6900であると論理的に導き出された結果である。BartsがHD6700の代わりにHD6800となるとしばらく噂が流れていたが、当初は高性能を重視する消費者によって無視されていた。だけれども、PDFドキュメントが正式なものであると仮定するのなら、もしBartsは実はHD6800であり、CaymanとAntillesはどの位置づけになるのだろう?確かに、CaymanはHD6850/6870になることが出来るが、Antillesについてはどうなるのか?そのスライドはまたAMDの命名他医系に衝いて言及しており、確実な接尾辞は「30」「50」「70」であり、HD6900は不確実である。それに加えこ噂のAntillles Proは事実ではない。そしてもしBartsがHD6800であり、この意味がHD5800より遅いのかかろうじて速いのだろうか?

明らかにいくつかの噂と数多くの相反する情報であり、多くのことが命名体系から推測する必要がある。

加えて、Chiphellの投稿者はHD6800の価格は300ドル未満であると強調している

参考元:Chiphell

Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meeakat のアップデート失敗 – その後復旧

Ubuntu Linux 10.04から10.10にupdate-managerでアップデートを実行したが失敗した(スクリプトエラーを表示したままフリーズ)。その結果起動自体しなくなってしまった。

とりあえずシステムとデータの復旧は成功したので一安心。備忘録として手順をまとめておく。

  1. Ubuntu Linux 10.10のCDイメージをダウンロードしCD-Rに記録する。
  2. CDから起動後、通常のインストールに進み、partitionorの段階で既存のディスクにルートディレクトリとスワップ領域を割り当てる。
  3. Alt+ctrl+F2でコンソールを切り替え、/etcと/homeを別ディスクにバックアップする。
  4. またAlt+ctrl+F1でpartitionorに戻り、「パーティションをフォーマットしない」を選択する。すると/binや/sbin、/etcなどを削除するけど良いかと確認してくるのでOKする。
  5. しばらくインストールしリスタート。
  6. 無事起動するがRAIDやLVM設定ファイル等/etcディレクトリが標準に戻ってしまうので、ログイン後バックアップディスクからコピーする。
  7. 再び再起動すると起動時にRAIDやLVMパーティションを認識しfstabの記述通りにマウントする。
  8. 日本語パッケージのリポジトリなどを登録する。
  9. あとは足りないアプリケーションソフトウエアを追加インストールして完了。

さてASUS M2A-VMの環境で変化した点は、xorg Radeonデバイスドライバでcompiz-fusionが有効になるが、1920×1440以上の解像度では画面右端の表示が乱れる現象である。metacityでは発生しないのでmesa-driかxserver-xorg-video-radeonかどちらかの問題であろう。

 

nVidia CEOはTegraの製造をTSMCからGlobalfoundriesに移行を否定する – nVidiaは虎の尾を踏んでしまったか?

Nvidia president denies shift of orders for Tegra from TSMC to Globalfoundries Monica Chen, Santa Clara; Joseph Tsai, DIGITIMES [Wednesday 6 October 2010] より。

台湾メディアの独占ニュースカンファレンスによると、nVidia代表取締役兼CEOであるJen-Hsun HuangはnVidiaがTegraプロセッサの製造委託先をTSMCからGlobalfoundriesに移行するだろうという噂を否定し、nVidiaとTSMCは力強く結ばれたパートナーであると強調した。

HuangはまたnVidiaのGPU市場シェアの減少は、第2四半期にたった二つのDirectX11ハイエンドFermiチップのみの出荷し、AMDにメインストリーム市場へのアドバンテージのチャンスを与えてしまったためと説明したが、nVidiaは既にFermiベースの製品のフルラインナップを用意しており、ノートPCおよびデスクトップPC向けディスクリートGPUカードの売上が上がると共に市場シェアも徐々に上がり始めると語った。

nVidiaは既にハイエンドGeforce GTX480/470とメインストリームGTX460とGTS450をローンチしており、エントリーレベルのGT430が新しいGPUシリーズのギャップを埋めるだろうとHuangは説明した。

現在の世界経済は素早く流動し第4四半期のPC市場の状態を正確に予測することは難しいことではあるが、Huangは四半期中のPC市場の需要について楽観的であり、中国の強い需要と、ヨーロッパやアメリカの需要が徐々に回復していると見ており、それ故nVidiaは第2四半期の売上は第2四半期に比べより力強いものであると見ている。

それに対してIntelとAMDの双方はCPUとGPUの統合を推し進めており、HuangはCPUとGPU演算方法は非常に複雑であると指摘し、それらを一緒にパッケーングする技術を開発することは難しい挑戦であり、もし如何なる問題が起きても製品ローンチに深刻な遅延を引き起こすだろう。事実AMD Fusionのローンチは2年間遅れ、現在のGPU統合型CPUに比べ低性能であり、IntelのSandy BridgeCPUは現在唯一DirectX10.1をサポートし二つを一緒に組み合わせる難しさを示している。

HuangはまたIntelの2012年のIby Bridge CPUは現在の問題を解決できるとは疑わしいと語った。それ故nVidiaはそのような状況に心配しておらず、nVidiaはGPU平行演算技術をかけがえのない技術になるであろうとしている。

うわさ nVidia自身がGPUボードを生産する? – 3dfxの末路をたどるか

vr-zone.com NVIDIA becomes its own AIC? Published on Tuesday, October 5 2010 12:52 pm by Sub より。

nVidia自身がAIC(Add In Card)ベンダーになる?

GPUの業界に措いて、GPU設計者(nVidiaやAMD)がGPUを設計する。その生産はfab(TSMC)などにアウトソーシングし、リファレンスデザインがAIC/AIB(Add In Card,Add In Board)パートナー(XFXやAsus等)に手渡され、パートナーがビデオカードを組み立てる。時々パートナーはGPU周辺部分を自社オリジナルで設計したカードをつくるが、それは例外である。だけれどもnVidiaは大胆にもこの流れを破ろうとし、汲み立てから販売まで自身で行おうとしている。HardOCPはnVidiaのGTX460カードをいくつか購入し写真を掲載しているが、直接nVidiaから購入し、恐らくどこのAICパートナーも関与していない。

興味深いことにnVidiaのコールセンター代理店からはnVidiaから直接購入できるカードの存在を知らない。これは尋常ではないことを暗示し、それ故少しだけどのようにAICを通さないnVIdiaのカードがある日突然BestBuyの店頭に並んだのかは謎である。これらの謎めいた新しいカードの存在を理由に推測することは早すぎるが、より多くの情報がフィルタを通り抜けて来るだろう。

—-
かつてPCゲーム向けにはVoodooチップを生産している3dfxが君臨していたが、DirectXの普及とボードメーカ買収による自社ブランドのみのボード生産でパートナーの離反を招き販売網をATI(当時)やnVidiaに奪われ、結局nVidiaに買収された経緯がある。それを彷彿させる噂である。

nVidiaのGPU製品不具合集団訴訟の対象リスト公開 – 各社とも和解が成立

japan.cnet.com NVIDIA、集団訴訟の和解で対象機種のリストを公表 文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、福岡洋一2010年10月1日 14時16分 より。

概要として、

  • nVidiaのGPUチップ不具合について2007年にHP、Dell、Appleの3社から訴えられていた。
  • これまで原告側が個別にユーザに対して不具合の対応をしていた。
  • nVidiaは不具合解決のため4億5000万ドルを費やしている。
  • 不具合内容は「多重画像、スクリーン上でのランダムな文字の表示、スクリーン上での線の表示、無画像」(Dell発表)
  • 2010年8月12日の和解を受けて、NVIDIAは9月30日に和解文章をPDFで公開
  • 各社の50以上の製品リストがPDFの4ページからリストされている。
  • 主張されている内容に関して、「不正行為や責任についてのすべての申し立てをこれまで否認してきたし、今後も否認する」とも述べている。

nVidiaには自社で製造したGPU製品に責任は無いとこれからも主張するらしい。これらの経費は誰が負担するのだろう…。

スマートフォンはいずれx86 PCを葬るだろうとnVidia CEOは語る

xbitlabs.com Smartphones Will Bury x86 Personal Computers – Chief Executive of Nvidia.ARM Will Be the Most Important CPU Architecture – Jen-Hsun Huang [09/27/2010 10:15 AM] by Anton Shilov より。

スマートフォンはいずれx86 PCを埋葬するだろうとnVidia CEOは語る

ARMが最も重要なCPUアーキテクチャとなるだろう – Jen-Hsun Huang
Anton Shilov
2010年9月27日

パーソナルコンピュータ市場は未来には根本的な変化に直面するだろう – nVidia CEOであるJen-Hsun Huangは語った。ARMが未来の最も重要なマイクロプロセッサとなり、x86ベースシステムを葬るだろう。

「未来のPCは新しいOEM企業によって製造され、新しいディストリビュータにより販売され、そして新しいインストラクションセットのアーキテクチャが使われるだろう。ARMは未来の最も重要なCPUアーキテクチャであり、既に最も成長著しいプロセッサアーキテクチャである」とHuang氏はEETimesウェブサイトのインタビューに答えた

nVidia自身はTegraと呼ばれるARMコアと自社グラフィクスコントローラを統合したSoC製品を販売している。だがnVidia Tegraは多めに見ても成功したとはいえず、そのビジネスは成長しパワフルなスマートフォンで重要な市場で成長するだろうと見られている。だけれども、ARMは恐らくx86の非常に薄い部分しか獲得できるチャンスはないだろう。ARMは性能、特にサーバ分野においてx86に対し競争することが出来ない。それに加えx86チップは3社によって製造され、様々なPC市場やソフトウエア開発者により力強く支持されている。

nVidiaのコアビジネスはx86CPUをベースとしたPC向けグラフィクスカードある。その結果nVidiaの興味はx86マイクロプロセッサの成長を行儀よく見守ることでありGPU需要を換気させることである。

—-

現実見えてないよーw
xbitlabs.comのコメント欄でワロタ。

AMDの次世代GPU Radeon HD6000シリーズのローンチが遅延し、その間にnVidiaはGPU価格を更に下げる

digitimes.com AMD to delay the launch of Radeon HD 6000 series, while Nvidia drops GPU price Monica Chen, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES [Tuesday 28 September 2010] より。

AMDは次世代GPUであるRadeon HD6000シリーズ(Southern Islands)のローンチスケジュールを当初の2010年10月12日から11月に延期したとの情報がグラフィクスカード市場から伝えられた。

複数のニュースソースは、このチャンスを捉えてnVidiaは新しいエントリー向けGPUを10月に既存のGPU価格より切り下げてローンチし市場シェアを取り戻す意向である。

AMDとnVidiaの双方は自身のGPU製品のローンチスケジュールについてコメントを拒否している。

TSMCがGPU向け32nmプロセスのR&Dをスキップし、直接28nmプロセスのR&Dを行うため、AMDは自身の計画を修正し新しいRadeon HD6000シリーズを40nmに合わせて継続することを決定した。だがそのため新GPUの構造とプロセスは既存のHD5000シリーズに近いと市場関係者は新製品は少し保守的な製品になると語っている。

その反応に対し、nVidiaは新しいエントリー向けGPUであるGeforce GT430を10月にローンチする計画であり、Geforce GT220およびGTX460 768MBグラフィクスカードの価格を切り下げることにした。

—-
nVidiaは誰得なGPUカードの価格を下げるんだなw

更新2010年10月2日

dititimesから記事が。2010年10月19日台湾で開催されるAMD’s Technical Forum and Exhibition 2010 でRadeon HD6000シリーズが公開されるとのこと。ここの記事はなんか玉石の差が大きすぎるな。

うわさ AMDの次世代GPU Radeon HD6700とHD6800のスペック表がリーク – 予想以上の性能向上を実現?

vr-zone.com UPDATED: [Rumour] AMD Radeon HD 6700 Specification Chart leaked Published on Monday, September 27 2010 1:19 am by Sub より。

噂 AMD RadeonHD6700のスペック表がリーク

PCinlifeフォーラムメンバーがRadeon HD5700シリーズと比較する目的のため登場予定のHD6700/HD6800のスペック表をリークした。最新のリーク情報はHD5700シリーズから激しくアップグレードされることを伺わせており、コードネーム「Barts XT」HD6770の特徴は320個の4VLIWシェーダクラスタで1280ストリームプロセッサ(SP)となる。特徴はHD5870と同じく256bitメモリインターフェース及び32レンダーアウトプットパイプライン(ROP)が特徴で、逆にTMUは80から46に減っている。コアクロックはとてつもなく高い900MHzで、これまでのディスクリートGPUで最も速いクロックスピードとなる。メモリクロックとメモリ帯域はHD5870に比べ下げられており、134.4GB/secとなる。「Barts Pro」HD6750は280シェーダクラスタ、もしくは1120SPで56TMUでクロックスピードはより下げられて750MHzであるが、メモリスピードは1GHzからたった50MHzしか下げられていない。ついでにクロックスピードはHD5850と同じである。

この表はまた「Barts」コアのSIMD構造についての詳細を暴露している。「Evergreen」シリーズのSIMDは16個の5VLIWシェーダクラスタで5シェーダが接続されており、トータルで80SPであった。それぞれのSIMDはまた4TMUにつながれていた。最上位製品である「Cypress XT」HD5870はまた20SIMD、320クラスタで1600SPおよび80TMUであった。最初のメジャーな変更点は、既に広く知られているが、それぞれのシェーダクラスタ構造である。いまや4シェーダしかない。だけれども、それぞれのクラスタは現在より効率的になっており、少ないダイサイズ中の面積にこれまでと同じかより向上した性能を実現する。それぞれのSIMDユニット数は現在奇妙にも20個の4VLIWクラスタからなる(通常ならば8・16・32…という数字が予想される)SIMDユニットあたりのトータルシェーダ数は同じ80異なるが、彼らは異なる改良を行なっており、故に「Barts XT」は64TMUを特徴としている。もしこれらのスペック表が本物だとしたら、HD6770は確実にHD5850の息の根を止める結果となり、最近の噂のとおり、性能はHD5870に非常に近くなる。これだけの効果のあるシェーダークラスターに感謝し、これらの性能全てが現在の「Cypress」より同じ40nmプロセスでの製造にかかわらず低消費電力でかつ小さなダイサイズで達成されることになる。これらの噂が本当か否かにかかわらず「マイナーな改善」という噂からとてつもなく大きな性能向上である。

もちろん、これらのリーク情報が非常に大きな塩の塊であるということを覚えていく事に価値はある。前の噂では960SP及び1120SPであるという内容であった。現在私たちはまた1280SPというリーク情報を受け取っている。明らかなのはこれらの全てが真実であるということは無く、もしくは全て嘘であるかもしれない。だがもしこれらのスペック表が偽物でも、よくできた噂であり口にするには丁度良い噂ではある。

参照元 PCinlife

更新

ChiphellのNapoleonにより、同じ表のフルバージョンがリークされた。二つの表は異なる情報元からでているが酷似しており、先程の情報源に比べこの表は確実性が非常に高い。フルバージョンの表では更に消費電力について詳細が記載されている。HD6770の消費電力はHD5700より上でHD5850より下であり、ほとんどのGPUを軽くけちらすだろう。HD6770は146W TDPであり、HD6750は丁度良い116Wである。アイドル時の消費電力はそれぞれ23Wと20Wである。このことはHD6770の消費電力は150W以下であり、二つのPCI Express電源コネクタであると考えるのが妥当であり、HD6750は一つだけであると簡単に推測できる。