うわさ ZFSのNative Linux moduleをインドの会社が2010年9月にリリースする?

phoronix.com Native ZFS Is Coming To Linux Next Month Published on August 27, 2010 Written by Michael Larabel より。

概要として、

  • Sun microsystems(現Oracle)がSolaris用に開発していたZFSが来月にはLinuxでNativeで動作するかも。
  • ZFSはSolarisの他に、OpenSolaris FreeBSD NetBSDにCDDLライセンスで提供されている。
  • だが、CDDLはLinuxカーネルのGNU GPLと相容れないためmainline kernelに統合はできなかった。
  • だけど2010年9月にはZFS moduleとしてFUSE無しで公にリリースされるだろう。
  • FUSEはユーザサイドでファイルシステムを動作させる際に有用で、既にZFS on FUSEがLinux向けに提供されている。
  • だがZFS on FUSEは性能面でどうしても劣ってしまう。
  • ちなみにアメリカのローレンスリバモア国立研究所ではLinuxのZFS Naitve実装されたポートがあるが、オープンソースではない。
  • KQ Infotechというインドの会社がNative ZFS Linux moduleを開発している。
  • このKQ InfotechはCDDLのZFSコードを単純にLinuxに移植している。
  • まだOracleからは法的な面の追求は行なっていない様。
  • ローレンスリバモア国立研究所のポートとは異なり、KQ InfotechのZFSバージョンは、ZFS Pool 18である。これはdeduplicationサポートなどは無い。
  • KQ Infotechはまた2010年9月15日前後にソースコードをリリースするとしている。
  • 対応バージョンは64bitのみ。Fedra12及びRed Hat Enterprise Linux 6 Beta 2向けのRPMも提供する。
  • Ubuntu Linux 10.04 LTSもサポートされるが、カーネルのコンパイルから始める必要がある。
  • 最後にZFSをLinux moduleで動作させることは法的に衝突する運命であり、使用に制限がある。KQ Infotechのソースはディストリビューションベンダーには採用されないだろう。
  • KQ Infotechには新しいZFS Pool 21以上に対応させるかどうかはっきりとしない。
  • 数年後にはBtrFS(Oracle開発)などのZFSと競合する次世代ファイルシステムが登場するだろう。

—-
危なくて使えねぇ…。

GPL違反で初の米司法の元で製品販売の停止命令・「BusyBox」のGPL違反訴訟でSFLCが勝訴

sourceforge.jp 「BusyBox」のGPL違反訴訟でSFCが勝訴、裁判所が製品の販売停止を命じる 2010年08月05日 19:41 より。

GPLで違反した製品の販売停止命令は始めて。違反した企業は制裁金も支払う必要があるという。

  • 2007年SFLC(Software Freedom Law Center)が家電メーカ・ネットワーク機器メーカ各社がGNU General Public LicenseであるBusyboxを利用しているにもかかわらず義務付けられているソース公開の窓口に連絡できなかったことで訴訟に踏み切った。
  • 他14社を訴訟した結果、Westinghouseは裁判を欠席したため(ひでえ…)懲罰金9万ドル・訴訟費用4万7,000ドルを原告に支払うよう裁判所は命じた。他社についてもGPL違反を認定している。

busyboxはubuntu等でルードパーティションを読み取れなかった際にramディスクに読み込まれてUNIXの各種コマンドを一つのプログラムで実行することで大幅に容量を小さくすることが可能なユーディリティ。組み込み系の製品によく使われていたが、GPLをよく判らない担当者に業を煮やして作者がSFLCに相談を持ちかけたことが発端。

判決文章はSoftware Freedom Conservancy(※英文)にある。

Westinghouseって原発部門含めて東芝がまるごと買収している。

  • スラッシュドットにタレコむ
  • あとで読む

Software Freedom Conservancy(SFC)は8月3日、GPL v2の下で公開されているユーティリティ「BusyBox」の製品への組み込みがライセンスに違反しているとして家電メーカーらを相手取って起こしていた 訴訟で、欠席裁判で米Westinghouse Digital Electronicsに勝訴したことを報告した。

OpenSolarisのクローズボックス部分をオープンソースに置き換えるプロジェクト「Illumos」が始まる

sourceforge.jp OpenSolarisから派生した「Illumos」プロジェクト始動、OpenSolarisのさらなるオープン化を目指す より。

Illumos」について

  • もともとOpenSolarisのカーネルとユーザランドにGNUツールを組み合わせてネットワークストレージOSを開発した「Nexenta Systems」が始めた。
  • Nexenta OSの特徴はZFSGNUツールの組み合わせによる強固なストレージサーバを可能とする。
  • OpenSolarisはlibc_i18n、NFSロックマネージャ、Crypto Frameworkの一部がクローズドであり、Illumosではこれらをオープンにしていく。
  • クローズドだったlibcや一部のドライバの置 き換え作業中。
  • NFS/CIFSロックマネージャ、kcfモジュール、依存関係解決に取り組み予定。
  • 対応予定アーキテクチャ : x86、amd64、VMware、VirtualBox、SPARC
  • 順次対応予定アーキテクチャ : PowerPC、ARM

OracleがSunを買収した際に、OracleとOpenSolarisコミュニティとの間で行き違いのいざこざが起きており、その後Oracle側から継続を約束するとのメッセージを伝えたという出来事があった。

なかなかおもしろそうなプロジェクトである。