Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meerkatベータ版のレビュー

journal.mycom.co.jp 【レビュー】 Maverick Meerkatはどこまで型破りか!? Ubuntu 10.10をベータ版で試す 2010/09/13 佐々木宣文 より。

主な変更点は下記の通り。

  • インストーラのUIが変更。テーマは引き続きUbuntu Linux 10.04のLightが使用されているが修正される可能性あり。
  • Linuxカーネルバージョンは2.6.35。
  • GNOME 2.31
  • Btrfsのサポート(標準はext4)
  • Ubuntuソフトウェアセンターの改善
  • 標準の写真管理ツールをShotwellに
  • Evolution 2.30.2の採用
  • マイクロブログクライアントGwibberの改善
  • サウンドインジゲータにRhythmboxのコントロール機能を拡張
  • Ubuntu Oneの使いやすさを向上

個人的にはBtrFSが利用できるようになることでバグの洗い出しが一気に進むのではと期待している。XFSはstack overflow問題が解決できそうにないし、ext4は当分16TiB以上のストレージは作れそうにないし、Redhat GFS・GFS2は大げさだしね。BtrFSのLVMのような動的容量変更がファイルシステムレベルで可能な点、16TiB以上のストレージを扱える点が気に入っている。SSD対応やRAID機能はあまり重視していない。

Gnome環境のメール・住所・タスク管理ツールEvolutionでゴミ箱フォルダ内のメールが削除時にエラーが出る件について

Ubuntu Linux 10.01 Lucid Lynxの標準DE(デスクトップ環境)であるGnomeにはメールクライアントソフトウエアとしてEvolutionがインストールされているが、日本語環境の文字化けやCPU負荷が大きいので動作が緩慢になりやすいなどでThunderbirdSylpheedを利用している人も多いかと思う(Mewもある?)。

Evolutionの日本語情報もネット上ではかなり少ない。Microsoft Outlookクローンを目指しているだけあってスケジュール管理やタスク管理、メモなど一元管理できるので私は使い続けている。

さてメールを利用する際に必ず悩まされるのが迷惑メール。その迷惑メールを自動的に選別するスパムフィルターはEvolutionでは標準でBogofilterSpamAssassinを選択して利用できる。私は動作が軽快なBogofilterを利用しているが、迷惑メールは定期的に自動的にゴミ箱フォルダに移動する設定にしている。

そのゴミ箱フォルダに迷惑メールが多すぎるとゴミ箱を空にする際にエラーダイアログが出て迷惑メールを削除できない場合がある。これはメールインデックスに問題がある場合が多い。そこで解決策をまとめる。

まずはEvolutionを終了させる。

  1. $ cp -a ./.evolution .evolution.backup
  2. $ cd ./.evolution/mail/local/
  3. $ rm ./*.cmeta
  4. $ rm ./*.ibex.index
  5. $ rm ./*.ibex.index.data

そしてEvolutionを再起動する。起動時にメールフォルダ内のメールからインデックスを自動作成するのでインデックスが壊れていたり同期が取れていない場合もこれで解決する。

メール本体やメールフォルダの構成は変わらないが念の為Evolutionディレクトリごとバックアップをとってから実行すること。