450mmウエハースの生産設備配置が遅延するかもしれない。

450mmウエハースの生産設備配置が遅延するかもしれない。

450mmファブは2017年〜2018年に登場するだろう。

xbitlabs.com Deployment of 450mm Fabs Likely to Face Delays.450mm Fabs to Be Deployed in 2017 – 2018 [01/25/2011 10:56 PM] by Anton Shilov より。

以下要約。

  • 今から5年後に予定されていた450mm半導体ウエハースの生産設備の可動が10年近く先になるだろう。
  • IC InsightsのアナリストTrevor Yanceyによると、半導体産業は近年の経済状況に大きく影響を受け、450mm関連の投資を減速させ少なくとも2017年〜2018年にずれ込むだろうとのこと。
  • 「450mmの生産設備は確実にユニットあたりの製造コストを下げ、供給量を増やすことができるが、半導体製造設備を供給する企業はこれ以上大口径のウエハースは必要とされていないとしている。半導体製造設備企業は300mmウエハース製造設備への研究開発投資の収益率に納得できず、彼らは450mmウエハースの製造可能な設備開発への投資をためらっており、今後5年間は行うことはありえない。」とPiper JaffrayのアナリストGus RichardはEEtimesで語った。
  • 事実、今後5年間真剣に450mmウエハース製造設備への投資を行っている会社はIntelとSamsung Electronics、Taiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)のみである。 たった3社のために莫大な投資を行う会社があるだろうか。それに加えて450mmウエハース製造コストは高すぎて最高効率を要求するため経済性が悪い。Intelなどに450mmウエハースは製造コストが安いということに対する根拠を示すことは難しいだろう。
  • いくつかの工場では450mmウエハースの製造設備を開発段階で所有しているところがある。
  • これから半導体生産設備企業は450mmウエハース関連の研究を行うだろうが、設備企業は研究開発投資の伸びを止めるが、完全には止まらないだろうとVLSI ResearchのチーフエグゼクティブであるG. Dan Hutchesonは語った。

微細化技術に続きウエハース関連投資が縮小傾向というニュース。現在の状況では半導体の需要は伸びないとの判断?

スマートフォンはいずれx86 PCを葬るだろうとnVidia CEOは語る

xbitlabs.com Smartphones Will Bury x86 Personal Computers – Chief Executive of Nvidia.ARM Will Be the Most Important CPU Architecture – Jen-Hsun Huang [09/27/2010 10:15 AM] by Anton Shilov より。

スマートフォンはいずれx86 PCを埋葬するだろうとnVidia CEOは語る

ARMが最も重要なCPUアーキテクチャとなるだろう – Jen-Hsun Huang
Anton Shilov
2010年9月27日

パーソナルコンピュータ市場は未来には根本的な変化に直面するだろう – nVidia CEOであるJen-Hsun Huangは語った。ARMが未来の最も重要なマイクロプロセッサとなり、x86ベースシステムを葬るだろう。

「未来のPCは新しいOEM企業によって製造され、新しいディストリビュータにより販売され、そして新しいインストラクションセットのアーキテクチャが使われるだろう。ARMは未来の最も重要なCPUアーキテクチャであり、既に最も成長著しいプロセッサアーキテクチャである」とHuang氏はEETimesウェブサイトのインタビューに答えた

nVidia自身はTegraと呼ばれるARMコアと自社グラフィクスコントローラを統合したSoC製品を販売している。だがnVidia Tegraは多めに見ても成功したとはいえず、そのビジネスは成長しパワフルなスマートフォンで重要な市場で成長するだろうと見られている。だけれども、ARMは恐らくx86の非常に薄い部分しか獲得できるチャンスはないだろう。ARMは性能、特にサーバ分野においてx86に対し競争することが出来ない。それに加えx86チップは3社によって製造され、様々なPC市場やソフトウエア開発者により力強く支持されている。

nVidiaのコアビジネスはx86CPUをベースとしたPC向けグラフィクスカードある。その結果nVidiaの興味はx86マイクロプロセッサの成長を行儀よく見守ることでありGPU需要を換気させることである。

—-

現実見えてないよーw
xbitlabs.comのコメント欄でワロタ。