DDR3のスポット価格が2ドルに近づく – 今年最大の下げ幅となる

DDR3 spot prices close near US$2 Jessie Shen, DIGITIMES, Taipei [Tuesday 21 September 2010] より。

DDR3のスポット価格が2ドルに近づく

Jessie Shen
2010年9月21日

メインストリームである1Gbit DRAMメモリチップのスポット価格が本日9月21日下落傾向を続けており、1Gbit DDR3メモリが2ドル近くで取引されているという情報をDRAMeXchangeの開示された情報から明らかになった。

ブランドメモリ及び検査済ノーブランドメモリ(effectively tested – eTT)1Gbit DDR3メモリの両方が午後の取引中に平均2.09ドルとなった。その間、ブランド及び検査済ノーブランドの1Gbit DDR2メモリはそれぞれ1.77ドル及び1.83ドルであった。

1066MHz 1Gbit DDR3メモリのスポット価格は今年の3月以来最も速いペースでスライドしたとDigitimes Researchの半導体分野アナリストのNobunaga Chaiはコメントした。この継続的な価格の弱含みは、需要が供給と同じペースで増加していないことを暗にあわらしているとChaiは示した。

Chaiはまたこの第4四半期にDRAM価格の下落圧力があることを認識することが適切であるとサプライヤーの製品増産について警告した。Chaiは2010年の第4四半期に世界的なDRAM供給が需要を上回っていることを予測する以前の報告書を引用した。

サムスン電子の半導体部門社長のOh-Hyun Kwonは、PC市場の成長減速が原因によるDRAMチップの供給過剰は確実であるという最近のレポートを引用した。

—-
DRAMの価格下落が表面化したか。

サムスンがDDR3メモリを2010年第4四半期から36nmプロセスで大量生産開始 – 20%以上の価格下落を引き起こす?

digitimes.com Samsung to volume produce 2Gb DDR3 using 36nm technology Josephine Lien, Taipei; Jessie Shen, DIGITIMES [Monday 20 September 2010] より。

サムスンが2Gbit DDR3メモリを2010年第4四半期から36nmプロセスで大量生産する

Josephine Lien, Taipei; Jessie Shen, DIGITIMES
2010年9月20日

サムスン電子は2010年の第4四半期から36nmプロセステクノロジを用いて2Gbit DDR3メモリの大量生産を始める準備をしており、日本やアメリカの同業の強豪相手を引き離すためプロセスシュリンクの取り組みを続けている。大量生産は今年の終り頃からと予定しており、その生産設備は2011年第3四半期にはサムスンのDRAM全体の生産数の50%を超えると予測されている。

36nmへの改善は、現在のサムスンの主流なDRAM生産技術である46nmプロセスと比較して30%のコスト削減を達成するだろう。プロセス移行のあと、サムスンの2Gbit DDR3メモリの生産コストは平均1ドルカットされるだろう。

日本のElpida Memoryは63nmプロセスから直接45nmプロセスへ生産設備を移行しており、現在ElpidaのDRAMメモリ生産のメインストリームである。それまでの間Micron Technologyは50nmプロセスから42nmプロセスにシフトしている。

産業筋はサムスンの30nmクラスの生産設備開始は、サムスンの強豪相手により提示された額より低い見積もり価格をベンダーに提供するだろうという懸念を伝えている。それに加え、台湾を拠点としたDRAMメーカはElpidaとMicronからの技術供与を受けて生産を増加させており、価格戦争の可能性を無視することはできない。

DRAMeXchangeによると、DRAMの価格下落はこの第3四半期で13%漸減している。価格は第4四半期にはさらに20%漸減すると予測されており、1Gbit DDR3チップの価格は1.50ドルのレベルまで落ちるだろう。

—-

4GB DDR3メモリ年末までに価格が下落するの確実だな。

うわさ DRAM価格が8月中にも下落する?

digitimes.com DRAM contract prices for early August drop, says DRAMeXchange Josephine Lien, Taipei; Jessie Shen, DIGITIMES [Monday 16 August 2010] より。

うわさ DRAM価格が8月中にも下落する?

DRAMが8月の早い段階で価格が下落するとDRAMeXchangeが伝える。

Josephine Lien, Taipei; Jessie Shen

2010年8月16日

8月初旬に2GBのDDR2メモリモジュールが8%〜9%下落しており、DDR3セグメントは引き続き下方向へのトレンドが継続しているとDRAMeXchangeは伝えている。その価格下落はPC OEMメーカからの需要がぱっとしないことを意味している。

8月前半で、1GBのDDR2メモリの価格下落傾向は2.03ドル〜2.22ドルの間となり8.6%下落しており、2GB DDR2メモリモジュールは平均36.5ドルを維持していると、DRAMeXchangeのデータは示している。同じ容量密度のDDR3メモリパーツの価格もまた2GB DDR3メモリモジュールが42ドルと同じように押されて3.5%〜4%下落してしまっている。前者は大幅な値下がりを見せ、PCやサーバベンダーがDDR3に移行することを遮っている。

市場観測者は、PCベンダーが彼らの製品のメモリ容量を増加させることを促すことで価格下落に対応すると予想している。需要の回復は早くても第3四半期と考えることが妥当だろうと市場観測者は見ている。

それとは逆に、メインストリーム1Gbメモリチップのスポット価格は8月以降価格を戻している。DRAMeXchangeによると、ブランド品の1GB DDR2および同じ容量のDDR3メモリパーツはそれぞれ2.49ドルおよび2.13ドルと見積もられており、個別には台湾時間の8月16日午前11時に、7月30日に付けられた2.42ドルおよび2.02ドルという価格と比較して、近づいてきている。

Kingston Technologyのような会社がソースとして、はDDR2メモリモジュールが近年の価格まで上昇し調整されることを望んでいると引用した以前のレポートでは、原因としてメジャーなチップメーカがDDR3プロダクションに拡大しながら移行することが原因でチップ供給に制限が発生するとした。その価格戦略はまたDDR3メモリチップの価格を加速させる助けとなった。

—-

メモリを含めたシステムの新調は9月以降がお得かな?4GB DDR3メモリモジュールも安くなってきているし。