エルピーダ社長曰く、2011年3月以降はPC向けDRAMの価格は上昇するとの予想

digitimes.com Elpida CEO positive about PC DRAM demand after March Josephine Lien, Taipei; Jessie Shen, DIGITIMES [Thursday 10 February 2011] より。

DDR3メモリの供給は2011年3月のバランスポイントを超えた後、4月から5月にかけて非常に少なくなるだろうとエルピーダメモリ社長坂本幸雄は語った。PCのOEM会社のDRAM在庫は0.9ケ月分で、3月中旬に向けて0.8ヶ月分に下落するだろう。

「メモリの在庫を顧客と調整を行った結果、DRAMの価格下落は3月に2Gb DDR3パーツが3ドルへ上昇し始めるだろう、と坂本社長は語った。

それに加え、DRAM市場でいくつかの企業はさらなる淘汰・合併及び買収の波により2〜3社は脱落するだろうと予想している。彼はまたDRAM製造会社は生き残るためにモバイル向けDRAM製造へ
移行するだろうとコメントした。

「エルピーダ所有の広島工場の製造能力は殆どモバイル向けDRAM生産へと移行を済ませており、PC向けDRAMは現在台湾のパートナー会社から直接購入している。」

坂本社長は2011年2月9日のビデオカンファレンスで語った。

「エルピーダは2月25日に台湾から直接商品を販売することを始める計画を公開した。」

—-

メモリは2011年2月中が底値のようだ。

DRAMメーカのPowerchipとProMOSの2010年9月の売上が漸減したとの報告

digitimes.com DRAM makers Powerchip, ProMOS report sequential drops in September sales Jessie Shen, DIGITIMES, Taipei [Wednesday 6 October 2010] より。

DRAMの低価格化に影響され、Powerchip TechnologyとProMOS Technologiesは2010年9月の1ヶ月間の売上が減少したと語った。

Powerchipは9月の1ヶ月間の売上が2億4200万ドルと15.4%減少し、2010年3月以来続いていた売上増加が止まった。7月から9月の四半期の期間は製造コストが減少した。Powerchipはまたコスト競争力を加速させるために新しいプロセスシュリンクの導入を行うとしている。

ProMOSは9月の期間売上は22億3000万台湾ドルとし、1ヶ月に7.6%の減少であった。7月から9月までの期間に69億6000万台湾ドルが消失し、第2四半期の64億台湾ドルより8.67%増加した。

DRAM製造会社のNanya TechnorogyとRexchip Electronicsはまたメモリ価格の下落を受け9月の1ヶ月間の売上が漸減したと語った。各社の公開に先立って、Inotera Memoriesは台湾のDRAMメーカのみがこの1ヶ月間に成長したというトレンドに喜んだ。

DRAM chipmakers: Revenues, Aug 2009 – Aug 2010 (NT$m)
Month Nanya Inotera Rexchip Powerchip ProMOS
Sales Y/Y Sales Y/Y Sales Y/Y Sales Y/Y Sales Y/Y
Aug-10 5,259 44% 3,205 0.8% 4,814 8,888 236.5% 2,408 173.8%
Jul-10 5,098 54.7% 3,160 9.8% 4,611 8,617 483.8% 2,326 172.7%
Jun-10 5,229 105.2% 3,089 19.9% 4,245 8,555 302.9% 2,126 186.6%
May-10 5,267 82.2% 3,912 56.5% 4,587 8,136 440.1% 2,045 185.2%
Apr-10 5,221 97.3% 4,258 78.4% 4,623 7,531 613.6% 2,227 228.2%
Mar-10 5,257 136.8% 4,140 129.2% 4,274 6,846 572% 1,816 194.6%
Feb-10 4,141 112.6% 3,360 46.6% 3,975 5,517 323.8% 1,213 99.6%
Jan-10 4,722 135.7% 4,019 78.1% 3,909 5,932 270.1% 1,245 110.7%
Dec-09 4,964 246.9% 4,668 136.8%   5,515 320.8% 1,215 55.3%
Nov-09 6,051 314.3% 4,319 41.1%   5,380 222.2% 1,079 (21.2%)
Oct-09 5,675 75% 3,760 16.8%   4,239 62.9% 1,042 (48%)
Sep-09 4,559 38.6% 3,480 3.7%   3,312 (13.3%) 1,013 (61.9%)
Aug-09 3,654 (7.7%) 3,180 (13.3%)   2,641 (47.6%) 880 (71.9%)

*Figures are not consolidated
Source: TSE, compiled by Digitimes, October 2010

DDR3のスポット価格が2ドルに近づく – 今年最大の下げ幅となる

DDR3 spot prices close near US$2 Jessie Shen, DIGITIMES, Taipei [Tuesday 21 September 2010] より。

DDR3のスポット価格が2ドルに近づく

Jessie Shen
2010年9月21日

メインストリームである1Gbit DRAMメモリチップのスポット価格が本日9月21日下落傾向を続けており、1Gbit DDR3メモリが2ドル近くで取引されているという情報をDRAMeXchangeの開示された情報から明らかになった。

ブランドメモリ及び検査済ノーブランドメモリ(effectively tested – eTT)1Gbit DDR3メモリの両方が午後の取引中に平均2.09ドルとなった。その間、ブランド及び検査済ノーブランドの1Gbit DDR2メモリはそれぞれ1.77ドル及び1.83ドルであった。

1066MHz 1Gbit DDR3メモリのスポット価格は今年の3月以来最も速いペースでスライドしたとDigitimes Researchの半導体分野アナリストのNobunaga Chaiはコメントした。この継続的な価格の弱含みは、需要が供給と同じペースで増加していないことを暗にあわらしているとChaiは示した。

Chaiはまたこの第4四半期にDRAM価格の下落圧力があることを認識することが適切であるとサプライヤーの製品増産について警告した。Chaiは2010年の第4四半期に世界的なDRAM供給が需要を上回っていることを予測する以前の報告書を引用した。

サムスン電子の半導体部門社長のOh-Hyun Kwonは、PC市場の成長減速が原因によるDRAMチップの供給過剰は確実であるという最近のレポートを引用した。

—-
DRAMの価格下落が表面化したか。

サムスンがDDR3メモリを2010年第4四半期から36nmプロセスで大量生産開始 – 20%以上の価格下落を引き起こす?

digitimes.com Samsung to volume produce 2Gb DDR3 using 36nm technology Josephine Lien, Taipei; Jessie Shen, DIGITIMES [Monday 20 September 2010] より。

サムスンが2Gbit DDR3メモリを2010年第4四半期から36nmプロセスで大量生産する

Josephine Lien, Taipei; Jessie Shen, DIGITIMES
2010年9月20日

サムスン電子は2010年の第4四半期から36nmプロセステクノロジを用いて2Gbit DDR3メモリの大量生産を始める準備をしており、日本やアメリカの同業の強豪相手を引き離すためプロセスシュリンクの取り組みを続けている。大量生産は今年の終り頃からと予定しており、その生産設備は2011年第3四半期にはサムスンのDRAM全体の生産数の50%を超えると予測されている。

36nmへの改善は、現在のサムスンの主流なDRAM生産技術である46nmプロセスと比較して30%のコスト削減を達成するだろう。プロセス移行のあと、サムスンの2Gbit DDR3メモリの生産コストは平均1ドルカットされるだろう。

日本のElpida Memoryは63nmプロセスから直接45nmプロセスへ生産設備を移行しており、現在ElpidaのDRAMメモリ生産のメインストリームである。それまでの間Micron Technologyは50nmプロセスから42nmプロセスにシフトしている。

産業筋はサムスンの30nmクラスの生産設備開始は、サムスンの強豪相手により提示された額より低い見積もり価格をベンダーに提供するだろうという懸念を伝えている。それに加え、台湾を拠点としたDRAMメーカはElpidaとMicronからの技術供与を受けて生産を増加させており、価格戦争の可能性を無視することはできない。

DRAMeXchangeによると、DRAMの価格下落はこの第3四半期で13%漸減している。価格は第4四半期にはさらに20%漸減すると予測されており、1Gbit DDR3チップの価格は1.50ドルのレベルまで落ちるだろう。

—-

4GB DDR3メモリ年末までに価格が下落するの確実だな。

DRAMの製造コストが2006年始めに比べて増加している。要因はNanyaとエルピーダ?

digitimes.com DRAM production costs rise for first time in 15 quarters, says iSuppli Press release; Jessie Shen, DIGITIMES [Wednesday 15 September 2010] より。

DRAMの製造コストが15四半期始めに比べ増価しているとiSuppliは伝えている。

Press release; Jessie Shen
2010年9月15日

2010年第2四半期のDRAM製造コストは2006年第3四半期以来増加しているように見え、メモリ産業の製造経費は確実に上昇しているとiSuppliは伝えている。

DRAMの平均製造コストは2010年の第2四半期ではギガビットあたり2.03ドル出会ったが、2010年第1四半期の2.00ドルから上昇したとiSuppliは伝えた。ほんの1.2%の上昇が意味することは、2005年から始まって以来四半期ごとに平均9.2%製造コストが下落していたこれまでのトレンドの流れから逸脱していることを意味する、とiSuppliは示した。

この第2四半期における製造コストの上昇は、9ヶ月間の平均よりも少ない下落で終わる事が最大の要因であり、2009年の第3四半期以来平均してちょうど四半期あたり1.7%の下落で終了するだろうとiSuppliは伝えた。

そして、それぞれの期末の間3%だけ減少した前の2四半期と比較して、直近の四半期末にトレンドの流れが突然逆になった。2010年第1四半期をスタートポイントとして、もしコストがこれまで通りにより加工曲線に沿うのなら、第2四半期のコストは彼らが現実に見ているより21%以上下落しているはずであった、とiSuppliは示した。

「第2四半期間のDRAM製造コストの上昇は市場にいる二つのビッグプレイヤーの活動に従っている。世界第3位のサプライヤーである日本のElpida Memoryと、世界第5位の台湾を本拠地とするNanya Technologyである」と、iSuppliのDRAM市場シニアアナリストのMike Howardは言う。「Elpidaの経費が11%もの急上昇した時、Nanyaは製造コストが4%上昇したと見ている。」

一方、Nanyaは旧世代の平面露光テクノロジから新世代の積層型プロセスに移行する際に生じる困難な状況を現在の高いコストで賄っていることが原因と見ることが可能である。この移行時期の間歩留まりは低下し、そして結果として製品のビットあたりのコストが上昇しているのである。iSuppliが信じているそのトレンドは、NannyaのDRAMテクノロジーの歩留まりへの挑戦が解決すると素早くかつてのように戻り、その会社のコストは次の四半期が来る間に大幅に減少するだろうと予測している。

もう一方であるElpidaは、会社を他の製造工場にアウトソーシングする製品を増やしたあと、コスト構造を変化している現在の問題から抜け出すことが可能である。Elpidaは第2四半期の間台湾のパートナー企業から高いコストで直接DRAMを購入していたが、Elpidaは供給量が限界なため他に選択肢はない、とiSuppliは指摘している。

とはいえ、Nanyaの様に、Elpidaのコストはコスト構造をうまく整理することにより減少に向かうだろう。そしてまた調整が必要な産業界全体、とりわけ移行の間必要な半導体の湿潤露光技術の成熟度と関連し、製品コストは明確に下落させるべきであり、長期的に見て平均としては再びかつてのように下落するとiSuppliは信じている。

—-

日本のエルピーダメモリはかつてのDRAM製造会社から集めて作られた会社だから、社員間の連携がうまくいかないとか旧世代のプロセスから脱却できないとか取引スピードが遅いとかいろいろ言われていたからな。今は改善の最中?

訳しきれていない点は単に私の能力が問題なんで、暇があれば指摘してもらえると助かります。

DRAM価格が急激に落ち込んでいる – 2010年末には2GB DDR3メモリが30ドル(2,600円)以下になる?

digitimes.com DRAM contract price subjects to acute erosion pressure says inSpectrum Contributed by inSpectrum [Friday 10 September 2010] より。

inSpectrumによると、DRAMのASP(平均小売価格)が市場の要求により急激に下がるだろう。

メインストリームの2GB DDR3メモリモジュールの平均価格は9月前半に比べて12%漸減し平均36ドルとなり、1Gbitあたり2.13ドルであるが、DDR2セグメントはより一般向け電子機器に関連して移動して以来、2GBモジュールの価格は33.6ドルを安定を維持しており、1Gbitあたり1.98ドルである。

PC OEMメーカは調達戦略について非常に注意深く見守っており、棚卸資産をしぶしぶ積み上げいる。ほとんどのOEMメーカは現在平均3週間分のメモリ在庫を抱えているとinSpectrumは見積もっていた。台湾のほとんどのPC ODMメーカは7月に比べて8月の巨大な売上のリバウンドを記録したにもかかわらすinSpectrumは未だ第3四半期の全体売上予想について警戒しており、ノートPCの出荷数は横ばいか僅かずつ漸減すると見ている。

PCの売上には力強い勢いがあると見るのは適切でなく、供給量は次の四半期から増加し続け、DRAMのASP下落傾向は不可避のものであるとinSpectrumは伝えている。DRAMの供給過剰は第4四半期も引き続き、成長を続けるためにDRAMのカットをベンダーに求めるだろう。

今年末には2GB DDR3メモリモジュールのASPは30ドル以下に下落し、9月のASPに比べて15%以上下落するだろうとinSpectrumは予測している。

inSpectrum: DRAM spot prices, Sep 06-10, 2010 (US$)
Branded DDR2 White-brand DDR2 Branded DDR3 White-brand DDR3
09/06 2.02 2.01 2.26 1.92
09/07 2.00 2.01 2.25 1.92
09/08 2.00 2.01 2.24 1.90
09/09 1.97 1.99 2.22 1.88
09/10 1.96 1.98 2.20 1.86

Source: inSpectrum, compiled by Digitimes, September 2010

inSpectrum: Contract prices for mainstream DRAM modules, 1H Sep 2010 (US$)
Date 1GB DDR2 Change 2GB DDR2 Change 2GB DDR3 Change
2H Jun 20.0 (2.0%) 38.8 (4%) 44.4 (2%)
1H Jul 18.6 (7.0%) 36.4 (6%) 44.1 (1%)
2H Jul 18.3 (1.6%) 35.0 (4%) 43.1 (2%)
1H Aug 18.2 (0.5%) 34.4 (2%) 41.8 (3%)
2H Aug 18.2 0.0% 33.6 (2%) 40.7 (3%)
1H Sep 18.2 0.0% 33.6 0% 36.0 (12%)

Source: inSpectrum, compiled by Digitimes, September 2010

inSpectrum: NAND flash spot price, Sep 06-10, 2010 (US$)
16Gb 32Gb
09/06 4.36 5.34
09/07 4.32 5.31
09/08 4.39 5.35
09/09 4.50 5.36
09/10 4.56 5.36

Source: inSpectrum, compiled by Digitimes, September 2010

—-

システム新調はDDR3メモリの価格が底を打つ年末まで待つほうが利口なようだ。

半導体製造会社GlobalFoundriesが将来の技術を語る。SemiAccurate.com by Charlie Demerjian氏

semiaccurate.com Global Foundries talks future technologies GTC 2010: 450mm, stacking and diversity by Charlie Demerjian September 1, 2010 より。

GlobalFoundriesが将来の技術を語る。

Grobal Technology Conference 2010 : 450mmウエハース,積層技術そして地理的多様性

by Charlie Demerjian

2010年9月1日

GlobalFoundries(以下GloFo)はGTCと称されるGlobal Technology Conferenceを開催し、自身の会社について少しだけ話始めた。それは何のビッグバンもないが、たくさんの細々したことを大量のスライドと共に話し始めた。

Doug Grouseが最初に話し始め、彼はGloFlがこれまでやってきたいくつかのテクノロジについて話始めた。これらの箇条書きはGlofoが短期〜中期に計画していることを見るための窓である。

最初に話されたことはHigh-k Metal Gates(HKMG)であったが、これは既によく知られている。それはFinFets(集積回路基板上に二つのゲートを持ったトランジスタを非平面に実装する方法)に従っており、GloFoが多くは語らなかったいくつかの事である。一つ彼らは本当にこのルートを通ろうとしているのだろうか不思議に思う必要があり、その事は最近プレス関連には語られなかったが、技術的な進行状況のための信頼のある指標にならない。

それらの技術から、次の2番目は450mmウエハースと3DICs(3次元構造の集積回路)の話であり、それらはほとんどの人々が考えていた一緒に結び付けられるより離れている。450mmウエハースは死んだことについて語られ、我々はすべて知っており愛しているそれは標準的な300mmウエハースよりウエハーあたり2倍の面積がある。3DICsはより興味が惹かれ、このbuzzwordはたくさんの技術をカバーしており、それらの全ては「ダイスタッキング」技術という言葉で記述することが可能である。これはシリコンビア(集積回路で回路同士を接続するための楔)を通して基板接続することが可能であり、様々な問題を解決するかできないかのこれからの技術群の束である。

これが重要であることは携帯電話や小型機器はより一層の性能とより少ない基板面積が求められていることである。もしあなたがスタックされた(積層構造)のDRAMかflashメモリをCPU上に
載せることができたら、より小さな携帯電話を作ることが可能である。GloFoはこの問題に対しとりわけ語ろうとしなかったが、いくつかのワッチャー達には静かすぎた。それはほんの少しの箇条書きで、GloFoはその問題を度外視しているわけではないことをデモした。

その基調講演の最後のキーポイントは、供給の継続性である。GloFoは現在工場群に二つのクラスターをお有し、一つがシンガポールとその他はドイツにある。近い将来、ニューヨークがそのリストに加わる予定であり、GlobalFoudriesを真にグローバルにする。いくつかのバイヤーや政府は地理的に狭い地域に世界中の主要な製造工場が集まっていることについていくらか神経質になっている。一つは常軌を逸した嵐や軍事衝突、または災害が小型機器の部品の世界的な供給に深刻なダメージを与えるからである。もしあなたの会社がこれらのチップに依存しているのなら、これらのことで眠ることができないと思う。

3つの国の3つの工場群と共に、GloFoは単独の問題が彼らの製品今日急に影響を與えることはないと非常に強く主張している。いくつかのバイヤー達は、これは部品価格やGloFoの技術よりも重要な問題であるとしている。GloFoは技術と地理的な多様性を持った真にグローバルな企業となる。

—-

やはり製品の供給問題がAMD関連の製品の売上拡大の足かせであると認識しているのか。あのIntel Pentium4ですら潤沢な供給量で発熱量などの問題があっても採用されていたからな。

うわさ DRAM価格が8月中にも下落する?

digitimes.com DRAM contract prices for early August drop, says DRAMeXchange Josephine Lien, Taipei; Jessie Shen, DIGITIMES [Monday 16 August 2010] より。

うわさ DRAM価格が8月中にも下落する?

DRAMが8月の早い段階で価格が下落するとDRAMeXchangeが伝える。

Josephine Lien, Taipei; Jessie Shen

2010年8月16日

8月初旬に2GBのDDR2メモリモジュールが8%〜9%下落しており、DDR3セグメントは引き続き下方向へのトレンドが継続しているとDRAMeXchangeは伝えている。その価格下落はPC OEMメーカからの需要がぱっとしないことを意味している。

8月前半で、1GBのDDR2メモリの価格下落傾向は2.03ドル〜2.22ドルの間となり8.6%下落しており、2GB DDR2メモリモジュールは平均36.5ドルを維持していると、DRAMeXchangeのデータは示している。同じ容量密度のDDR3メモリパーツの価格もまた2GB DDR3メモリモジュールが42ドルと同じように押されて3.5%〜4%下落してしまっている。前者は大幅な値下がりを見せ、PCやサーバベンダーがDDR3に移行することを遮っている。

市場観測者は、PCベンダーが彼らの製品のメモリ容量を増加させることを促すことで価格下落に対応すると予想している。需要の回復は早くても第3四半期と考えることが妥当だろうと市場観測者は見ている。

それとは逆に、メインストリーム1Gbメモリチップのスポット価格は8月以降価格を戻している。DRAMeXchangeによると、ブランド品の1GB DDR2および同じ容量のDDR3メモリパーツはそれぞれ2.49ドルおよび2.13ドルと見積もられており、個別には台湾時間の8月16日午前11時に、7月30日に付けられた2.42ドルおよび2.02ドルという価格と比較して、近づいてきている。

Kingston Technologyのような会社がソースとして、はDDR2メモリモジュールが近年の価格まで上昇し調整されることを望んでいると引用した以前のレポートでは、原因としてメジャーなチップメーカがDDR3プロダクションに拡大しながら移行することが原因でチップ供給に制限が発生するとした。その価格戦略はまたDDR3メモリチップの価格を加速させる助けとなった。

—-

メモリを含めたシステムの新調は9月以降がお得かな?4GB DDR3メモリモジュールも安くなってきているし。