AMD CEO Dirk Meyer「身売りしていないが有益な提案には耳傾ける」 – Oracle買収の噂否定

reuters.comChip maker AMD not for sale, CEO says By Tarmo Virki, European technology correspondent BARCELONA | Wed Oct 6, 2010 6:52am EDT

jp.reuters.com米AMD、身売りしていないが有益な提案には耳傾ける=CEO 2010年 10月 7日 12:10 JST より。

概要として、

  • バルセロナで行われているカンファレンスでAMD CEOのDirk Meyerは、「AMDを売ることはないが、そのような良い提案には耳を傾ける。また株主として参加することは歓迎する」と述べた。
  • 最近Oracle CEO Larry Ellisonが会社にマッチしたマイクロチップ技術を所有する会社を買収したいとの意向を先月語った。
  • AMDは世界で2番目に大きいマイクロチップメーカであり、PCのx86チップを製造している。
  • 近年携帯端末向けのARMを採用した製品がシェアを伸ばしているが、「ARMがAMDにとって驚異になることはない」とAMD CEOは語った。

まあ常識的な発言ですな。日本語ロイターの記事は元記事を省略しすぎ。

 

広告

うわさ AMDの28nmプロセス使用のGPUはGlobalfoundriesとTSMCの両方を使う? ソース元Fudzilla

vr-zone.com [Rumour] AMD to use both Globalfoundries and TSMC for 28nm GPUs Published on Thursday, August 19 2010 7:18 pm by Sub より。

概要は下記の通り。

  • 今年初め、AMDのCEOのダーク・マイヤーは28nmのATI GPUの「最初の製品」は Globalfoundriesの28nmプロセス(※英文)で製造されるだろうと伝えた。
  • うわさではいまだ完全にGlobalfoundriesに移動する可能性かTSMCとGlobalfoundriesとの間で分けるか議論が続いている。
  • FudzillaではAMDのGPUはTSMCとGlobalfoundriesで28nmプロセスでの製造が行われているという記事を掲載した。
  • だがそれについては不自然な点がある。
  • 可能性が高いのは、AMDのフラッグシップモデルのチップ生産をリクスの低いTSMC 28nmプロセスで生産し、その後派生モデルをGlobalfoundriesで行うという場合である。
  • AMDはかつて似たような方法で製品を製造した。
  • その製品とはRadeon HD4770で、Radeon HD4000シリーズでリスクを背負うことなく、HD4770でTSMCの40nmプロセス製造問題を経験した。
  • Radeon HD5000シリーズでも同じ製造問題にあったが、経験を生かすことでIntelとの競争で生き残るための成功をつかんだ。
  • AMDが長期的にはGlobalfoundriesを利用していく心構えであることに疑いを持たないが、高性能のGPUを製造する前に新しい世代に移行するリスクを負いたくはないであろう。
  • 最近のうわさではAMDのGlobalfoudriesの28nmプロセスGPUは2011年の早い時期(※英文)だろうとしているが、Fudzillaは2011年末という独自のタイムラインを示している。
  • まあそれよりも前に、TSMCの40nmプロセスで製造されるnVidia Geforce GTX 400シリーズと「Southern Islands」GPU,そしてAMD Fusion APU「Ontario」が先に動き出すだろう。

参照元 : Fudzilla

—-

まあ、Fudzillaの飛ばし記事wであるという前提で読んで。そこからvr-zoneの記者は分析しているという内容。記事を読んだあとに新しいことは何も書かれていないという寂しい例だな、この記事は。

[Rumour] AMD to use both Globalfoundries and TSMC for 28nm GPUs

Published on Thursday, August 19 2010 7:18 pm by Sub