ブラウザ Opera10.61 Linux版登場

opera.com よりダウンロード可能。Ubuntu Linux用.debパッケージもダウンロード可能。インストール後はメニューが正常に日本語表示される。ただしまだフォント設定が甘いのでこのあたりは各自でCSSを書き換えた方が良いだろう。

今まで問題であったibus-mozc等ibusでの日本語入力が可能になっている。この記事は実際Opera10.61 Ubuntu Linux版から掲載。

ただしYoutube等Flashプラグインも動作するが、amd64版ではoperapluginwrapper-nativeがopera起動時にsyslogに大量にSegment Faultログを吐き出す。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid LynxにGoogleデスクトップガジェットを導入したがすぐに使用を終了した。

先日Dellの液晶モニタU2711を導入し2560x1440pixelsの広いデスクトップを満喫しているが、お遊びとしてGoogle デスクトップガジェットをUbuntu Linux 10.04 Lucid Lynxにインストールしてみる。

まずはgetdeb.netのリポジトリを登録していない場合はdebパッケージをダウンロード・インストールする。

そして端末で、

$ sudo aptitude install google-gadgets-gtk

とインストールする。

そしてAlt+F2で

ggl-gtk

と実行すると右側にGoogleデスクトップガジェットのサイドバーが表示される。

だがCompiz-fusionが有効ではないのでサイドバーの背景がグレーで透明にならない。日本語も表示できガジェットの追加も出来るが、使いたいガジェットが無い。またネットにつながらない様でニュースの更新が行われず株式の表示も接続中のままで更新されず。円・ドル換算ガジェットも同様。天気予報もRSSアグリゲーターもシステムモニタもログビューアも既にGnomeアプレットやgKrellmで導入済。要らない子としてアンインストール。

$ sudo aptitude remove google-gadgets-gtk

私には縁がなかったとしよう…。