AMDの次世代GPU「Barts XT」のボード画像がリーク – Radeon HD6700かHD6800かそれが問題だ。

AMD Barts XT Pictured Published on Friday, September 10 2010 10:19 pm by Sub より。

AMDの次世代GPU「Barts XT」のボード画像がリーク

今週中頃に、ChiphellのナボレオンはAMDのRadeon HD6000シリーズカードの画像を携えて戻ってきた。今回は「Barts」の番である。噂では大成功したRadeon HD5700シリーズであるという。お願いだから、これはただのエンジニアサンプル品であり、最終製品ボードとは異なることを心に留めておいて欲しい。それはまた隙間が多すぎてメモリなどすべてを冷やすことのできないGPUクーラーが物語っている。

最終製品バージョンのクーラーはPCB上に搭載され、それはデュアルスロットタイプであろう。そのカードは二つのDVI端子、一つのHDMI端子、そして二つのDisplayPort端子の様に見える端子軍が特徴である。「Barts XT」は二つの6ピンPCI-Express電源コネクタを搭載し、消費電力はおよそ150W前後であると示唆している。もちろん、二つの6ピン電源コネクタはテスト目的のただのプロトタイプであるという可能性もあり、最終製品カードではRadeon HD5770の様に多分たった1つの6ピン電源コネクタのみになるだろう。そのカードはHD5770よりも長く、HD5850に近い長さである。噂の256bitメモリインターフェースが有効なように見える。

カード裏はダイサイズが「Juniper」よりも大きいことを示唆している。それらの全てが示唆していることは、「Barts XT」がRadeon HD5770よりも確実に性能が向上しており、これは「Barts」がRadeon HD6700シリーズではなくHD6800シリーズとして発表されるだろうということだ。だけれども一つのミッシングリンクが存在する。それはCrosFireコネクタである。HDx8xxシリーズとは異なり、「Barts」は2つのGPUをCrossFireで接続するための一つのCrossFireコネクタしか備えていないという点である。

ソース元では、最終的な「Barts」カードは一般向けの製品として投入されるだろうと言及している。かれらはそれがRadeon HD6700シリーズかHD6800シリーズでブランディングされるかどうか含みを残しているように見える。確実に言えることは、Radeon HD6000シリーズはHD5000シリーズから少しだけ再設計されているだろうということである。

参照元 : TechPowerUp

—-

見た目もいかにもエンジニアリングサンプル品らしいボードだな。

DirectX 11世代のSLI vs CrossFireX対決 ゲームベンチマーク&消費電力&ノイズレビュー

techreport.com SLI vs. CrossFireX: The DX11 generation We test nearly everything by Scott Wasson — 9:24 PM on August 11, 2010 より。

概要として下記の通り。

  • AMD/ATIとnVidia双方でDirectX11世代へのラインナップが揃いつつある。
  • 各社の中価格帯〜高価格帯のGPUについて検証する。
  • 複数のGPUを同時に動作させてゲームグラフィクスのフレームレートを増加させる技術であるSLIとCrossFireXのゲームベンチマークを行う。
  • ゲームはAliens vs. Predator、Just Cause 2、DiRT 2: DX9・DX11、Battlefield: Bad Company 2、Metro 2033、 Borderlands。
  • 各種解像度と共に、消費電力量とノイズレベルも測定する。
  • 単体GPUに比べて、SLIやCrossFireXは1.7倍〜1.8倍程度フレームレートが上昇する。
  • nVidia製品のアイドル時及びSLI時の消費電力はAMD製品に比べて多い。
  • 特にAMD Radeon HD5000シリーズのアイドル時は単体GPU・CrossFireX時共に優秀。
  • ノイズレベルは圧倒的にnVidia製品が大きい。

ゲームベンチマークに関してはそれぞれ記事を見てもらうとして、Geforce GTX480 SLIの消費電力がゲーム中で678Wと家庭用エアコンの消費電力を上回っているw。さらにシステムノイズがゲーム中で60.4dbと市街地のショッピングモール並みの騒音だよ、おい。