うわさ ZFSのNative Linux moduleをインドの会社が2010年9月にリリースする?

phoronix.com Native ZFS Is Coming To Linux Next Month Published on August 27, 2010 Written by Michael Larabel より。

概要として、

  • Sun microsystems(現Oracle)がSolaris用に開発していたZFSが来月にはLinuxでNativeで動作するかも。
  • ZFSはSolarisの他に、OpenSolaris FreeBSD NetBSDにCDDLライセンスで提供されている。
  • だが、CDDLはLinuxカーネルのGNU GPLと相容れないためmainline kernelに統合はできなかった。
  • だけど2010年9月にはZFS moduleとしてFUSE無しで公にリリースされるだろう。
  • FUSEはユーザサイドでファイルシステムを動作させる際に有用で、既にZFS on FUSEがLinux向けに提供されている。
  • だがZFS on FUSEは性能面でどうしても劣ってしまう。
  • ちなみにアメリカのローレンスリバモア国立研究所ではLinuxのZFS Naitve実装されたポートがあるが、オープンソースではない。
  • KQ Infotechというインドの会社がNative ZFS Linux moduleを開発している。
  • このKQ InfotechはCDDLのZFSコードを単純にLinuxに移植している。
  • まだOracleからは法的な面の追求は行なっていない様。
  • ローレンスリバモア国立研究所のポートとは異なり、KQ InfotechのZFSバージョンは、ZFS Pool 18である。これはdeduplicationサポートなどは無い。
  • KQ Infotechはまた2010年9月15日前後にソースコードをリリースするとしている。
  • 対応バージョンは64bitのみ。Fedra12及びRed Hat Enterprise Linux 6 Beta 2向けのRPMも提供する。
  • Ubuntu Linux 10.04 LTSもサポートされるが、カーネルのコンパイルから始める必要がある。
  • 最後にZFSをLinux moduleで動作させることは法的に衝突する運命であり、使用に制限がある。KQ Infotechのソースはディストリビューションベンダーには採用されないだろう。
  • KQ Infotechには新しいZFS Pool 21以上に対応させるかどうかはっきりとしない。
  • 数年後にはBtrFS(Oracle開発)などのZFSと競合する次世代ファイルシステムが登場するだろう。

—-
危なくて使えねぇ…。

Flashのオープンソースクローン「Gnash 0.8.8」でYoutubeの動画再生やVAAPIに対応

sourceforge.jp YouTubeへの完全対応をうたうオープンソースのFlash実装「Gnash 0.8.8」リリース 2010年08月24日 12:48 より。

主な特徴は下記の通り。

  • Flashのオープンソースクローンである「Gnash 0.8.8」でYoutubeの動画再生
  • swf形式のコンテンツの再生が可能。
  • ライセンスはGPLv3
  • 動画再生形式はYoutubeに完全対応し、Flashが対応するすべての動画が再生可能。
  • 対応OSはGNU/Linux、組み込み系GNU/Linux、BSDなど。
  • x86, ARM, MIPS, PowerPC, 及び64bitアーキテクチャCPUに対応。
  • 対応ブラウザはFirefoxなどのGeckoエンジンブラウザ、Google Chrome、Konqueror、
  • VAAPIに対応したハードウエア動画再生支援機能が利用可能。Intel、nVidiaやAMDのGPUに搭載されている動画再生支援機能などが対象。
  • 再生レンダリングランタイムエンジンを切替可能。OpenGLやCairo、AGG等複数。
  • FFmpegとGStreamerのメディアハンドラの切り替えに対応。
  • ブラウザのJavascriptやActioncriptと連携可能。
  • 内部依存性を減らしコンパイル速度が向上、またraw framebufferを利用したインプットデバイスの速度向上。

Gnash Project http://gnashdev.org/

「Gnash 0.8.8」のダウンロードはこちらから http://www.getgnash.org/

CPUアーキテクチャが複数利用できるのは良い点かと。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx にアンチウィルスソフトウエアをインストール

Windows環境では必須のアンチウィルスソフトウエアだが、Ubuntu Linuxなどデスクトップ利用主体のディストリビューションが普及してきている現状では、Windows向けウィルスソフトが感染しなくても中間宿主にはなる可能性が高いので今後は必要であろう。

個人向けに無料で利用可能なウィルススキャン・チェックソフトウエアを列挙する。

  • Clam AV : Linuxでは定番のウィルススキャンソフト。ホスティングサービスのメールサーバでよく動作している。apt-getでインストール可能。Clam-tkというGUIもある。
  • AVG Free 8.5 for Linux : Linux版及びBSD版が無料で利用可能。i386のみでamd64は無いがUbuntu Linux 9.10では正常動作した。
  • Avira AntiVir Personal free for Linux FreeBSD OpenBSD Solaris : Avira公式ページはこちらだが、Linux版が探せなかった。tarballをコンパイルしてインストールする。contribディレクトリにAvira gnomeアプレットがあるのだが、コンパイルしてインストールしてもSegment Faultで利用できなかった。コマンドライン上では正常動作。
  • ESET NOD32 Antivirus 4 for Linux : i386とamd64のバイナリ。専用GUIインストーラでインストール。デスクトップログイン時にスプラッシュが表示され、gnome通知スペースにアイコンが表示。
  • avast! Linux Home Edition : i386のバイナリのみだが、debパッケージがあるのでdebianやUbuntuでインストールは簡単。SMTPアラート機能がある。

2010年6月現在はClamAVとESET NOD32 Antivirus 4 for Linuxを併用。マシンスペックと検出率を比較しながら利用すると良いだろう。