AMD Radeon HD6800ドキュメントがリーク – BartsがHD6800シリーズとなる?

vr-zone.com AMD Radeon HD 6800 Document Leaked Published on Friday, October 8 2010 2:59 pm by Sub より。

新たに登場する予定のRadeon HD6800シリーズのPDF概要ドキュメントのスクリーンショットがリークした。出典はIT.com.cnで、Chiphellが掲載した。だけれどもドキュメントは簡体中文であるが、いくつかもの詳細が暴露されている。たとえば命名体系やトレードマークの特徴などが英語で書かれている。予測されるRadeon HD6870の特徴はGDDR5メモリとPCI Express 2.1 x16をサポートし、DirectX11やEyefinityに加え、「EyeSpeed」と呼ばれる機能jが追加されている。UVD3も記載されているが、詳細は中国語である。意外ではないが、AMDはついにnVidia 3DVisionの代替技術を導入している。名前はAMD HD3Dである。そして極めて重要な情報がこの後記載されているが、Barts XTとはAMD Radeon HD6870であり、Barts Proは Radeon HD6850のことである。

噂では長い間Bartsはメインストリーム向けHD5700 Juniperの置換えであり、Caymanが性能重視のCypressの置き換え、dual-Caymanが高性能であるAntillesプロダクトであると信じられていた。これはBartsはHD6700、CaymanはHD6800、AntillesはHD6900であると論理的に導き出された結果である。BartsがHD6700の代わりにHD6800となるとしばらく噂が流れていたが、当初は高性能を重視する消費者によって無視されていた。だけれども、PDFドキュメントが正式なものであると仮定するのなら、もしBartsは実はHD6800であり、CaymanとAntillesはどの位置づけになるのだろう?確かに、CaymanはHD6850/6870になることが出来るが、Antillesについてはどうなるのか?そのスライドはまたAMDの命名他医系に衝いて言及しており、確実な接尾辞は「30」「50」「70」であり、HD6900は不確実である。それに加えこ噂のAntillles Proは事実ではない。そしてもしBartsがHD6800であり、この意味がHD5800より遅いのかかろうじて速いのだろうか?

明らかにいくつかの噂と数多くの相反する情報であり、多くのことが命名体系から推測する必要がある。

加えて、Chiphellの投稿者はHD6800の価格は300ドル未満であると強調している

参考元:Chiphell

うわさ AMDの次世代GPU Radeon HD6700とHD6800のスペック表がリーク – 予想以上の性能向上を実現?

vr-zone.com UPDATED: [Rumour] AMD Radeon HD 6700 Specification Chart leaked Published on Monday, September 27 2010 1:19 am by Sub より。

噂 AMD RadeonHD6700のスペック表がリーク

PCinlifeフォーラムメンバーがRadeon HD5700シリーズと比較する目的のため登場予定のHD6700/HD6800のスペック表をリークした。最新のリーク情報はHD5700シリーズから激しくアップグレードされることを伺わせており、コードネーム「Barts XT」HD6770の特徴は320個の4VLIWシェーダクラスタで1280ストリームプロセッサ(SP)となる。特徴はHD5870と同じく256bitメモリインターフェース及び32レンダーアウトプットパイプライン(ROP)が特徴で、逆にTMUは80から46に減っている。コアクロックはとてつもなく高い900MHzで、これまでのディスクリートGPUで最も速いクロックスピードとなる。メモリクロックとメモリ帯域はHD5870に比べ下げられており、134.4GB/secとなる。「Barts Pro」HD6750は280シェーダクラスタ、もしくは1120SPで56TMUでクロックスピードはより下げられて750MHzであるが、メモリスピードは1GHzからたった50MHzしか下げられていない。ついでにクロックスピードはHD5850と同じである。

この表はまた「Barts」コアのSIMD構造についての詳細を暴露している。「Evergreen」シリーズのSIMDは16個の5VLIWシェーダクラスタで5シェーダが接続されており、トータルで80SPであった。それぞれのSIMDはまた4TMUにつながれていた。最上位製品である「Cypress XT」HD5870はまた20SIMD、320クラスタで1600SPおよび80TMUであった。最初のメジャーな変更点は、既に広く知られているが、それぞれのシェーダクラスタ構造である。いまや4シェーダしかない。だけれども、それぞれのクラスタは現在より効率的になっており、少ないダイサイズ中の面積にこれまでと同じかより向上した性能を実現する。それぞれのSIMDユニット数は現在奇妙にも20個の4VLIWクラスタからなる(通常ならば8・16・32…という数字が予想される)SIMDユニットあたりのトータルシェーダ数は同じ80異なるが、彼らは異なる改良を行なっており、故に「Barts XT」は64TMUを特徴としている。もしこれらのスペック表が本物だとしたら、HD6770は確実にHD5850の息の根を止める結果となり、最近の噂のとおり、性能はHD5870に非常に近くなる。これだけの効果のあるシェーダークラスターに感謝し、これらの性能全てが現在の「Cypress」より同じ40nmプロセスでの製造にかかわらず低消費電力でかつ小さなダイサイズで達成されることになる。これらの噂が本当か否かにかかわらず「マイナーな改善」という噂からとてつもなく大きな性能向上である。

もちろん、これらのリーク情報が非常に大きな塩の塊であるということを覚えていく事に価値はある。前の噂では960SP及び1120SPであるという内容であった。現在私たちはまた1280SPというリーク情報を受け取っている。明らかなのはこれらの全てが真実であるということは無く、もしくは全て嘘であるかもしれない。だがもしこれらのスペック表が偽物でも、よくできた噂であり口にするには丁度良い噂ではある。

参照元 PCinlife

更新

ChiphellのNapoleonにより、同じ表のフルバージョンがリークされた。二つの表は異なる情報元からでているが酷似しており、先程の情報源に比べこの表は確実性が非常に高い。フルバージョンの表では更に消費電力について詳細が記載されている。HD6770の消費電力はHD5700より上でHD5850より下であり、ほとんどのGPUを軽くけちらすだろう。HD6770は146W TDPであり、HD6750は丁度良い116Wである。アイドル時の消費電力はそれぞれ23Wと20Wである。このことはHD6770の消費電力は150W以下であり、二つのPCI Express電源コネクタであると考えるのが妥当であり、HD6750は一つだけであると簡単に推測できる。

うわさ AMD Radeon HD6870が2010年11月に登場 – チップ製造は非常に良好 SemiAccurate Charile Demerjian氏記事

AMD’s 6870 coming in November Early silicon doing very well by Charlie Demerjian September 24, 2010 より。

AMDのHD6870は11月にやってくる

初期シリコン製造は非常にうまくいっている
Charlie Demerjian
2010年9月24日

ATIが、おっとすまないAMDは、HD6870をうまく軌道に乗せているようである。早くもAMD中央からは二つの大きな情報が手に入った。

私たちは既にATIの、またすまないAMDの最初のシリーズである「Northern Islands」ファミリーの「Barts」が既にテープアウトしたことを伝えた。「Barts」はミドルレンジでNvidia GF104/GTX460に正面から対抗するために作られており、それはHD6770と呼ばれている。それはまもなく出荷準備をしており、強豪相手を消し去る予定である。

「Barts」の兄である「Cayman」は「Barts」の1ヶ月以内にテープアウトし、それは「Barts」から1ヶ月後に通りを埋め尽くすと予想している。これは11月の中旬から下旬にかけてHD6870として店に並ぶだろう。SemiAccurateのソースは私たちにそれが正確に起きることを話している。

OEMへの発送は「Barts」HD6770が通りを埋め尽くす時期に出荷開始される予定である。これは2週間〜4週間後のブラックフライデー(感謝祭翌日)に合わせるだろう。ブラックフライデー以前の噂は適切でなく、このカードは本当に出荷され、nVidiaが2009年にFermiを本物としてモックアップを掲げたときとは違う

この出来事ののもう一つの側面は、前回と異なり最後が870の数値以外のカードが今回は非常に大量に供給されているということである。それは既に需要に応じて初期の在庫不足が生じた時から、周辺のウエハース供給が非常に多く、頂点に達し歩留まりも非常によく、最初の工場からでたシリコンウエハースはHD5870/Cypressが同じラインで製造されたときよりも遥かに歩留まりが良くなっている。

結論として11月には「Northern Islands」カードのHD6800とHD6700の両方共非常に大量に供給されるだろう。もし需要が正常な場合、デュアル「Cayman」カードであるHD6900「Antilles」は2010年末よりも前に市場に登場するだろう。もしHD6870の需要が高すぎる場合、HD6970は適切に供給ができるようになるまで少しだけ登場が遅れるだろう。ATI、おっとまたまたすまないAMDは前回の件からそれについて強く学んでいる。

暇なのなら、2010年残りの時期はGPUのスタートポイントとして非常に興奮するだろう。そして2011年初旬もいい感じだろう。もしあなたがnVidiaの株式を保有しているのなら、あまり楽しめないだろうが。

AMDの次世代GPUの「Barts」のメモリコントローラについて妄想してみる

semiaccurate.com Northern Islands Barts benefits to moar, bigger? by Stephen Werner September 20, 2010 より。

概要は下記の通り。

  • AMD Radeon HD6770について非常に期待されているが、いったいどのくらいの価格帯なのか?
  • Radeon HD6770もしくは「Barts」は256bitメモリインターフェースと噂されているが従来のRadeonの価格帯では128bitが通例だった。
  • 製造コストを上げてまでAMDは256bitを採用するのか、HD5770「Juniper」の2倍の帯域が必要なのか見ていこう。
  • まずはRadeon HD5770のGPU動作周波数とメモリ周波数を調整する。Crysisと3DMark Vantageの数値から見ていく。実際にはDDR5のECCによる帯域への影響が結果として出るかもしれない。
  • メモリクロックをテストが失敗しない数値まで増加させた。結果数値は動かない。ベンチマークを他の日にもう一度動かしても数値は動かないので結果には自信がある。

Vantageは8.3%のメモリクロックまでで不具合を起こした。 **全体の合計より大きい点に注意

  • これらのテストではAMD PhenomII X4 3.2GHz、4GBメモリ、Windows7 64bitを使い、CPUのボトルネックが発生していないことを似たようなベンチマークを使って確認している。
  • 結果GPUのオーバークロックはメモリのオーバークロックより効果的であり、DDR5のECCによる帯域への結果は出ていない。結果として合計で35%の性能向上ができた。
  • 興味深い点はCrysisのスコアである。GPUとメモリのオーバークロックは個別にオーバークロックしたときの合計よりも性能向上につながる。
  • この結果からHD5770はバランスの良い製品であるという明快な結果が出た。

他のGPUでも試す。

  • HD4890は二つのチップを載せているが、DirectX11対応ではない。もちろんメモリコントローラも既に古い。
  • 理論的にはHD5770とHD4890の間にはメモリ帯域により20%の性能差がある。
  • HD4890をだしたのはメモリコントローラの違いを測定するためではなく、メモリ帯域がHD5770の76.8GB/secに対して124.8GB/secと67%大きい点で比べた。
  • 注意して表の数値を比べてみて欲しい。二つのGPUボードには20%の性能差がある。

  • 興味深い点はHD4890のメモリ帯域により性能が100%拡大しているわけではないところである。それでも30%〜40%の性能向上は見られるのだが、HD4890はHD4870よりメモリは遅い。
  • HD4870はHD5770より50%もメモリ帯域が大きいが、これ以上速いメモリが必要ではない。よってメモリを速くしても少ししか性能は上昇しない。
  • 更にnVidia Geforce 9600GTと9800GTで比較する。両方とも256bitメモリコントローラである。スペックか下記のとおり。

  • 9800GTは9600GTにほとんどの点で優っており、9800GTのテクセルフィルレートや浮動小数点演算能力は9600GTに比べ62%も上である。
  • メモリフィルレートは9800GTと9800GTXはほぼ同じである。
  • 一般的に9800GTは9600GTより15%性能が上であり、その結果メモリの帯域上昇による全体の性能上昇は小さいことがわかる。

メモリ帯域増加によるコスト

  • X-bit labsはRV770のメモリコントローラサイズを4,000万〜4,500万トランジスタと計算している。これはRV770の全体のトランジスタ数の5%未満である。
  • RV770とJuniperは似ている点があり、メモリ帯域が増加することによりトランジスタ数が増加していない点である。
  • この意味はJuniperのメモリコントローラが2,200万トランジスタか全体のトランジスタ数の2%前後であることがわかる。
  • ダイサイズに何が占有しているかはわからないが、一般的なメモリコントローラのトランジスタ密度を知らなくてもある程度のトランジスタ数を見積もることができる。
  • ポイントとして、「メモリコントローラーは128bitと256bitでダイサイズの影響は殆ど無い」ということである。
  • ダイサイズのコストはその大きさが小さくなると歩留まりが少しだけ上がる。もしPCB基板のコストが1層あたり10ドル上がるとした場合、コストの大半はPCB基板が占めるだろう。
  • 9800GTと9600GTを比較することにより、シェーダ数とテクスチャユニット数が性能向上に有効な点がわかる。メモリコントローラを2倍にしてもダイサイズ上では2%〜10%の間に留まるだろう。
  • シェーダ数とテクスチャユニット数の増加は性能向上もあるがダイサイズを大きくしてしまう。だがほとんどのコストを占めるPCB基板のコスト上昇は抑えられる。
  • 数多くの選択肢からどの道を行くのかを決めており、AMDとnVidiaは自身のパートナーの粗利を壊すことなく自身の粗利を確保しているだろう。
  • 歩留まりは予測され決定される必要があり、適切なコストは目標としている性能カテゴリの主要な要素であり、バランスが必要である。

「Barts」は256bitメモリコントローラか否か

  • 「Barts」の競合製品が何であるか思い出すことは非常に重要だ。それはnVidia Geforce 460GTXで、「256bitメモリコントローラ」を持っている。
  • AMDがそのような製品に128bitメモリコントローラを採用した製品で競争することは無いだろう。
  • 「Cayman」シリーズのDDR5メモリコントローラが「Barts」の1,600MHz(x4)であり、25%しかメモリ帯域が大きくない点がそれを示している。
  • もし40%以上のメモリ帯域を上乗せしても全体の性能は10%未満であろう。
  • 256bitメモリコントローラは確かに20%の性能向上をもたらす。
  • ただ確かな点は「Barts」は他のアーキテクチャ改善を行っているだろう。より多くのメモリ帯域は性能向上を提供するが、GPUとメモリクロックを一緒に上昇させたときの素晴らしい性能向上を思い出して欲しい。

最後に誰もが新しいアーキテクチャはダイサイズが小さくなるとメモリ帯域の制限により性能が制限されてしまうだろうと思うが、より大きなメモリコントローラは「Barts」シリーズに性能改善の多大なる貢献をするだろう。

AMDは同意しているかって?あと数週間でわかるよ。

—-

とりあえずスケジュールがHD5000シリーズ時より1ヶ月遅れているようなので2010年10月頃発表・月末販売開始か?

AMDの次世代GPU「Barts」の情報がリークされる – Geforce GTX460キラーとなるのか?

semiaccurate.com Supposed AMD Barts specifications leak Looking very promising if the price is right by Lars-Göran Nilsson September 16, 2010 より。

噂されていたAMDの「Barts」の詳細がリークされる。

もし金額設定が正しいのなら見る価値アリ
by Lars-Göran Nilsson
2010年9月16日

今回登場したものはChiphell経由で再びこれから登場予定のGPUについてのAMDプレゼンテーションスライドで、それはAMDの登場予定の次世代GPU「Barts」の価格を予測させる全てが暴露されている。AMDはnVidiaのGeforce GTX460モデルに対し2種類のパーツを登場させ、性能と価格の項目両方で比較している興味深いスライドである。

二つのうち下のクラスのGPU「Barts Pro」は768MB GTX460に対して登場し、「Barts XT」は1GB GTX460に対してぶつけられる。私たちがそれらの記載されたカードの組み合わせはより速いオーバークロック出荷バージョンカードの潜在能力を秘めた現在のRadeon HD5830とHD5850にどこか近い性能で落ち着くだろうと推測される。それは、性能はAMDが元々弱点であったベンチマークでの性能を引き上げることに依存した性能向上であろうと言われている。

「Barts Pro」はコアクロックが700〜725MHzで、1GBの256bit GDDR5の実行クロック4GHzのメモリインターフェースを搭載しているだろう。それは10個のSIMDユニットを持ち、40個のテクスチャユニット、800シェーダ、32ROPsおよび128Z/Stencilの性能になるだろう。そのプレゼンスライドは「Barts Pro」が150W以下であると書かれている。「Barts XT」はコアクロック850MHzで実行クロックが4.2GHzに引き上げられた同容量メモリ・メモリインターフェースを搭載しているとある。AMDはまた12個のSIMDユニット、48個のテクスチャユニット、960シェーダまで性能向上されていること特徴としている。「Barts XT」は150W以上であると書かれている。

これは理論上は良く見え、AMDがnVidia GTX460の性能面で打ちのめす役割である「Barts」に大きな問題は存在しないということが隠蔽されている。疑問はそれらのGPUカードがどのくらいの金額で販売されるのかということだが、幸運にもAMDはここで冷静に、私たちは「Barts Pro」が150ドル〜160ドルの間、および「Barts XT」が200ドル以下の価格設定になるだろうと見ている。これは「Barts」が信じられないくらい一般向けのGPUカードとして提供される事になるが、現在のnVidiaの製品価格から判断し、これはあまりにも安すぎてnVidiaが提供するよりも速くて価格に上乗せすることが可能なより速いGPUカードをAMDが提供する場合その価格には期待できないだろう。

—-

AMDのBartsがメインストリーム向けGPUとして登場するということか。

AMDの次世代GPU「Barts XT」のボード画像がリーク – Radeon HD6700かHD6800かそれが問題だ。

AMD Barts XT Pictured Published on Friday, September 10 2010 10:19 pm by Sub より。

AMDの次世代GPU「Barts XT」のボード画像がリーク

今週中頃に、ChiphellのナボレオンはAMDのRadeon HD6000シリーズカードの画像を携えて戻ってきた。今回は「Barts」の番である。噂では大成功したRadeon HD5700シリーズであるという。お願いだから、これはただのエンジニアサンプル品であり、最終製品ボードとは異なることを心に留めておいて欲しい。それはまた隙間が多すぎてメモリなどすべてを冷やすことのできないGPUクーラーが物語っている。

最終製品バージョンのクーラーはPCB上に搭載され、それはデュアルスロットタイプであろう。そのカードは二つのDVI端子、一つのHDMI端子、そして二つのDisplayPort端子の様に見える端子軍が特徴である。「Barts XT」は二つの6ピンPCI-Express電源コネクタを搭載し、消費電力はおよそ150W前後であると示唆している。もちろん、二つの6ピン電源コネクタはテスト目的のただのプロトタイプであるという可能性もあり、最終製品カードではRadeon HD5770の様に多分たった1つの6ピン電源コネクタのみになるだろう。そのカードはHD5770よりも長く、HD5850に近い長さである。噂の256bitメモリインターフェースが有効なように見える。

カード裏はダイサイズが「Juniper」よりも大きいことを示唆している。それらの全てが示唆していることは、「Barts XT」がRadeon HD5770よりも確実に性能が向上しており、これは「Barts」がRadeon HD6700シリーズではなくHD6800シリーズとして発表されるだろうということだ。だけれども一つのミッシングリンクが存在する。それはCrosFireコネクタである。HDx8xxシリーズとは異なり、「Barts」は2つのGPUをCrossFireで接続するための一つのCrossFireコネクタしか備えていないという点である。

ソース元では、最終的な「Barts」カードは一般向けの製品として投入されるだろうと言及している。かれらはそれがRadeon HD6700シリーズかHD6800シリーズでブランディングされるかどうか含みを残しているように見える。確実に言えることは、Radeon HD6000シリーズはHD5000シリーズから少しだけ再設計されているだろうということである。

参照元 : TechPowerUp

—-

見た目もいかにもエンジニアリングサンプル品らしいボードだな。

AMDの次世代GPU「Southern Islands」は実は「Northern Islands」だった? By SemiAccurate Charlie Demerjian氏記事

semiaccurate.com What is AMD’s Northern Islands? A look at what is coming in October by Charlie Demerjian September 6, 2010 より。

最新のやられてしまったことは、AMDがATIを再び切り捨てる(※英文)だけでなくRadeon HD6000シリーズについてだって?このストーリーは長く複雑で、以前まで見えていたことが少しだけいくつかのことがより明快になったことである。

私たちがSemiAccurateとして大変悪かったと謝罪する、それは「Southern Islands」(以下SI)の名前についてである。いいや、SIは本物であり、数カ月前から現在まで「Northern Islands」(以下NI)と呼ばれていた28nmプロセスのチップのことである。日付や機能、そして我々の話したことは置いておいて、ただチップのファミリーネームを入れ替えるだけである。

なぜ?そのことについてはTSMCが非難を受けるべきである。私たちの話しは、AMDが32nmプロセスのNIのテープアウト前にTSMCが32nmプロセスをキャンセル(※英文)した所から始まる。幾人かの人々はそのクソッタレな決定にもちろんカナダ人のような気品あるマナーで大騒ぎしながら暴れたが、あなたは何をすることができた?nVidiaが同じように病気を移されたような発言を行なったが、彼らはテープアウトに近づくことができなくなってしまった。

それは混乱の中からスタートした。32nm NIの一部は「Cozumel」「Kauai」「Ibiza」と呼ばれ(※英文)、それらは突然瞬いた。次の一時しのぎは同じ時期に私たちがSIという名前を聞いたチップについてであり、それはその週占い師に私たちの占いをしてもらった。そのバックアップとして、政府向けHDデコーダボックスが一時しのぎのファミリーとして新しいコードネームを混乱させた。

その一時しのぎのファミリーには最初なんの名前もついていなかったが、その後NI-40と呼ばれるようになり、その後再びNIとだけ呼ばれた。28nmの情報と同じ時期に始まったこれらのことはぷかぷか浮き始め、不幸なことにデコーダがぐずり始めた。私たちはそのファミリーネームを間違ってしまったが、すべてが間違っているわけではない。

内部的に、新しいコードネームとして、「Cayman」「Bats」(※英文)という筋書きが置かれ、その後結局NIラインに再びと称された。私にまだ何かある?もしそうじゃないのなら、いいだろう、わたしはまた間違ってしまった。ともかくそれは私たちが困惑した部分であり理由である。

「Barts」はNIファミリであり、なぜそれらが?ええと、それらは実に単純で、彼らは本気になって「Evergreen」ファミリーをやり直している。その大幅な変化はシェーダー内に秘密があり、それらは4つのシンプルシェーダに1つの複合スシェーダの組み合わせから4つの同じ機能(※ミディアム)の複合シェーダになった。これはの圧倒的な演算量を単純な演算を行う古い方法より遅くならないようにするべきであるが、複合命令(※VLIWのことか?)のほとんどはまた高速に動作する。

その理由として新しい「均等な機能」のシェーダは組み合わせて同じ時間に一つのことしか行うことができないと要約することができるが、それら以上のことがあり、彼らはシェーダ数をより多く入れることができた。かつてGPUはマシンのスループットに支配され、デバイスのレイテンシには行き着かなかったがあなたはその違いを確認できず、それはいくつかの種類の命令がより速く動作するようになっただけであろう。

それらは多分構造的なものか2倍ほど少しだけ遅くなるが、サンプル品のリークがまもなく浮いているサイドデッキの攻撃店を探している。nVidiaがCESでFermiがHeaven benchmarkで多くの箇所でHD5870よりも速いことをプレゼンテーションしていたことを思い出せるか?売上や地位がどのようにして追われたか(※英文)を覚えているか?本物のベンチマーク数値を待って、絶望的に早口のビッググリーンFUD砲(※nVidia広報部によるネガティブキャンペーンのこと)について心配する必要はない。

かつてのシェーダ数は従来のグループの80%となり、いくらかスペースを削減でき、AMDが長い時間かけて最適化したスペースを上部に持ってきている。下部にはわずかばかり大きくなったシェーダがあるが、最終的な結果は従来の4+1シェーダグループよりも新しい4シェーダクラスタがよりスペースが小さく、より速くなる。

アンコア部、もしくは少なくともシェーダ以外も同じように強化され、それは特に強調すべき効果的な強化となっている。最終結果、シェーダの活用の非常に役立つことになり、性能はそれらによりまた増加されている。いくつかのシェーダグループが投入され、NIファミリーは特筆すべき性能向上となる。

HD6000シリーズがローンチされるのは何時かって?それは10月12日であるという噂があちこちで流布しているが、それはローンチ日ではない。10月12日には、HD6000シリーズ関連のイベントが行われるが、それはスケジュール上10月25日の±1日〜2日までカードは販売されないだろう。

その時何がローンチされるのかって?現在AMDがラインナップの穴を開けている175ドル〜250ドルレンジの商品からローンチされ、そこには仮定としてHD6700シリーズがあてられるだろう。驚くべきちょっとした偶然で、それは最初にローンチされることは確実で、その後すぐにHD6800およびHD6900シリーズがそれに続く。2011年初頭には、エントリー向けカードがあとからラインナップに埋められ、そしてそれらはローンチを完了するだろう。28nmプロセスがやってくるまでは。そのとき本当に興味深いことになる。

近い将来に話を戻すと、HD6000シリーズのローンチは基本的に市場に存在するnVidiaのチャンスを埋没させてしまうだろう。緑色のチームはすでに現在のAMD Radeon HD5000シリーズより高コスト構造になっており、最後の手段として、価格下落およびキックバックにより現在の活気のない売上に成功をもたらす必要がある。AMDはその間常に最高価格を維持し続けているが、HD5700シリーズは少しだけゆっくりと値を下げている。

あたかもAMDが部屋に入り込んで彼らの新しいチップをPCのスロットに挿入するようにnVidiaの希望と夢に酷い仕打ちをするだろう。事実、AMDがしていることは確実にnVidiaの儲ける必要のある利益を破壊しており、同じ時期にAMDの在庫は空になっている。

AMDは現在HD5000シリーズを運転席に載せており、nVidiaの競合製品であるGTX400シリーズを2週間以内でHD6000シリーズに置き換えることを実行するだろう。AMDはHD6000シリーズのラインナップが完全に揃うまでの間、開いた穴を従来製品の値下げで対応することができるが、その間、nVidiaは何の反応もできない。

AMDはDirectX11へ最初に対応する競争にHD5000シリーズでたやすくnVidiaに勝利した。HD6000シリーズでは、かれらはより多くの利益と経営状況、そして性能で2度勝利するだろう。TSMCの28nmプロセスが始まるまではnVidiaには何のチャンスもない。しかしその情報は既に少しずつ漏れだしていて、それらことからほんの少しも罵倒されることは予測できない。

—-

Charlie反省文w。この文のすこしまとまりのない部分はvr-zone.comでわかりやすく整理され解説されているが、残念なことにスペースが足りないため翻訳することができない Byフェルマー w。

うわさ AMDのノートPC向け次世代GPU「Blackcomb」はMobility Radeon HD6000シリーズのフラッグシップか?

vr-zone.com [Rumour] “Blackcomb” is AMD Mobility Radeon HD 6000 Series Flagship Published on Sunday, September 5 2010 1:18 am by Sub より。

DonanimhaberはAMD Mobility Radeon HD6000シリーズのコードネーム「Blackcomb」が陣頭を取るだろうというレポートを発表した。もちろん、「Blackcomb」はデスクトップ向けのチップベースで、おそらく「Barts」か「Cayman」のどちらかだろう。AMDはMobility Radeon HD5000シリーズには「Cypress」を完全にスキップし、Mobility Radeon HD5870には800SPで128bitメモリインターフェースの「Juniper」を充てている。「Blackcomb」は256bitメモリインターフェースが特徴だが、いくつかの機能ユニットが劇的に増加していると予測される。

これは「Blackcomb」が「Cayman」チップに似ているという必要性に意味はなく、おそらくいまだ「Barts」ベースであろう。だけれども、Radeon HD6700の性能を有する「Barts」は256bitメモリインターフェースを特徴とする噂があり、それはHDx700とHDx800の性能ギャップを埋めることになるだろう。それ故我々は「Juniper」が「Cypress」との差よりも「Barts」と「Cayman」との差はより小さいと予測することが可能である。

Mobility Radeon HD6000シリーズは結果として、シリーズ全体の性能を劇的に向上している。だけれどもノートPC向けGPUとして性能が常に制限をかけられる要因があり、私達は新しい製品がMobility Radeon HD5870よりも高い速度であると予測できない。だけれども未だに性能の大幅な工場になることは疑いようがないだろう。しれはまたUVD3やEyefinityを特徴としている。nVidiaは新しくアナウンスしたノートPC向けGeforce 400M製品群ではOptimus技術(GPUを動的に切り替えて消費電力や発熱量を抑える技術)や3D Visionを強くプッシュしており、AMDは競合技術を回答として発表するだろう。

参照元 : Donanimhaber

—-

ノート向けGPUにも劇的な性能向上の兆しが出てきているな。ノートPCが販売の主流の日本では流行るかもしれない。