AMDの次世代CPU「Bulldozer」の詳細情報がHot Chip22で公開される。

概要として、「Bulldozer」と「Bobcat」はx86コアを二つの市場向けにチューニングしている。

  • 「Bulldozer」は「Sandtiger」ミドルクラスサーバ・ワークステーション向けCPUから登場する予定。
  • 「Bobcat」はノートPCやクラウドコンピューティングのクライアント機向け。

  • 「Bulldozer」コアはモジュール形式。
  • 二つの4パイプラインコアが浮動小数点演算スケジューラと二つの128bitFMACを共有する。
  • 「Bulldozer」はGlobalfoundriesの32nm SOI技術により製造される予定。

  • 二つの4パイプラインコアが浮動小数点演算スケジューラと二つの128bitFMACを共有する。
  • IntelのシングルチップHyperThreadingよりスループットが向上。

  • これは今日のデスクトップでは浮動小数点演算のコード量は非常に少なく、共有浮動小数点演算スケジューラを導入することで消費電力を抑えることが可能。またダイサイズ減少に貢献している。
  • また二つの128bitFMACは組み合わせて256bitFMACとして利用可能。
  • 「Bulldozer」はダイナミックに各コンポーネントとの接続を切り替えることで最大限のワットパフォーマンスを実現。
  • それぞれのコアは共有L2キャッシュを搭載している。

  • それぞれのモジュールはHyperTransportバスを介して様々な構成のマルチコアプロセッサを組み上げることが可能。
  • 各コアは共有L3キャッシュと接続され、統合型メモリコントローラがその先に接続されている。

  • コアが33%増加すると50%性能アップ。これは同じ消費電力の現行CPU「Magny-Cours」(Opteron6000シリーズ)と比較した場合。
  • 2011年中に提供される予定。
  • 6000シリーズのサーバ向けプロセッサは12〜16コアで6〜8モジュール構成である。
  • 4000シリーズは4〜8コアである。
  • サーバ向けチップセットは現在の市場ではG34・C32ソケットを利用可能である。これらのプロセッサは置き換えるだけで性能向上やコア数増加が可能である。
  • 重要な強化点としてメモリコントローラが大幅なメモリ帯域増加を提供することである。

  • 2番目の整数演算コアを追加するのに全体の12%の回路のみで良い。
  • そしてチップレベルでは全体のダイサイズの5%の追加で可能となる。
  • また「Bulldozer」に内蔵されたデスクトップPC向けノースブリッジより低消費電力で発達し粒度の細かいクロックゲートを実現。
  • DDR3メモリが利用可能で、またAMDの「TurboCore」テクノロジによりプロセッサをオーバクロックさせるモードを搭載している。
  • デスクトップPC向けは4〜8コアの「Bulldozer」が採用されると予想される。
  • ソケットはAM3+となり、現行のAM2やAM3ソケットでは「Bulldozer」は対応しない。
  • なおAM2+、AM3 CPUはAM3+ソケットで利用可能。

  • AMD FusionAPU「Ontario」に搭載される「Bobcat」コアと接続図

  • ノートPC向け「Bobcat」コアはデュアルx86コアにアウトオブオーダ実行、低消費電力が特徴。IntelのAtomはインオーダ型。

IntelのHyperThreadingとAMD Modulesが競合技術になるのか。また現行のAM3では「Bulldozer」コアが使えないらしいので、新たなAMDチップセットが登場するかもしれない。

あと、AMD Hot Chip ニュースサイト向けプレスキットはこちらから。

追加でAMDの公式ブログで「Bulldozer」の20の質問ラウンド1が掲載開始。

  • いろんなコードネームのチップが合って混乱しているんだけどどうなの?
    • これ読んどけ。基本はコア数だ。
    • “Interlagos” – 16-core server processor
    • “Valencia” – 8-core server processor
    • “Zambezi” – 8-core client processor
  • Intelの製品と比べ、AMDの仮想化技術の利点は?
    • コア数で簡単に比較できるよ。Opteron6100を二つ使えばコア数は24個、なんで24VMが動作できる。
    • また共有L2キャッシュもいい感じ。
  • 「Bulldozer」とFusion APU「Ontario」は同じコアなの?
    • 違う。「Bobcat」コアをベースにした違う設計チップ。
  • 「Thuban」チップのように「TurboCore」に対応するの?
    • その通り。サーバ分野で初めて「TurboCore」を導入するよ。
  • 「Bulldozer」チップはサーバ分野ではどのようなインパクトがあるの?
    • いろんな視点があるけど、まずはモジュール構造の導入が挙げられる。
    • 他には性能向上と低消費電力。
    • また仮想化技術の一層の性能向上。

バカ訳ですみません。

続きのパート2はこちらから読めます

Intelの次世代SoCのATOMプラットフォームではフルHDTV再生をサポートする

xbitlabs.com Next-Gen Intel Atom SoC to Support Full-HD Video. Intel Medfield Details Revealed: Graphics Performance Set to Improve [08/18/2010 11:14 PM] by Anton Shilov より。

Intelの次世代SoCのATOMプラットフォームではフルHDTV再生をサポートする

Intelの「Medfielsd」の詳細が公開された。グラフィクス性能の改善に本気で取り組む。

by Anton Shilov

2010年8月18日

Intelの次世代ATOMベースのSoC(System On Chips)製品は大幅なグラフィクス性能の改善を特徴とするであろう。そのデバイス、コードネーム「Medfield」と呼ばれるモバイルプラットフォームは、720p動画のエンコード能力があり、1080pの解像度の動画をデコードできる予定である。

IntelのInfoworldウェブサイト(※英文)によって見つけられたIntelのウェブサイトにうっかり掲載されてしまったドキュメント(※英文)によると、「Medfiled」プラットフォームは前世代「Meniow」や現世代「Moorestown」プラットフォームと同様にスマートフォンやタブレット端末、その他超小型携帯デバイスにより適しているとされる。そのSoC自身はサイズが144mm^2のみであり現在の「Moorestown」が32nmプロセス製造より恩恵を受けている低スタンバイ電力より低い電力となり、その製品はIntelのPowerVR SGX535グラフィクスコアである「Menlow」プラットフォームと比較してグラフィクス性能が4倍に向上するだろう。

目下のところIntelの「Penwell」SoCで「Avantel Passage」コアロジックで構成される「Medfield」がMicrosoft Windows OSをサポートするかどうかはっきりしない。Intelの「Moorestown」はIntelとNokiaの「MeeGo」プラットフォームを動作させるLinuxのいろいろなビルドのみをサポートしており、それはそのSoCで使うことができるアプリケーションの数を大幅に減らしてしまっている。

「Medfield」が720pの動画エンコードおよび1080pの解像度の動画再生能力を有する事実から成り立つことは、その製品をBlu-rayディスクプレーヤや、HDTVのセットトップボックス(STB)などのような家庭内の様々な一般向け家電製品に内蔵されると予想することが論理的である。事実、「MeeGo」プラットフォームはタブレット型端末やスマートフォンだけでなくネットブックやSTBなどその他低消費電力デバイスを動作させる能力を持っている。

Intelはこのニュースに関してコメントしなかった。

—-

Intelのグラフィクス性能の本気度は携帯端末向けのチップで発揮させるのか。PowerVRアーキテクチャなら従来のIntelチップセット内蔵GPUより実績あるからそっちの方が手っ取り早いかと。nVidiaははますますビジネス領域を縮小されそう。

うわさ nVidiaがx86チップを発表する…?

semiaccurate.com Nvidia announces x86 chip We told you so… by Charlie Demerjian August 17, 2010 より。

概要として、

  • nVidiaがMorgan Stanley conferenceでx86チップをアナウンスしたそうだが情報のソースが見当たらない。
  • The Inquireからの情報だがよく判らない。
  • とにかく何も確実なことは判らない。

それでわかったことは、

semiaccurate.com Details emerge about Nvidia’s x86 CPU Details, lawyers, and execution by Charlie Demerjian August 17, 2010 より。

  • どうやら正体は「T50」こと「Tegra 5」らしい。
  • Tegra 5はARM A9CPUアーキテクチャだが、x86アーキテクチャを動作させる場合、技術的な点と法的な点で問題がある。
  • 技術的な問題点は、ARM A9は低消費電力のIntel ATOMクラスの演算能力だが、Transmetaのコードモーフィングを利用して期待される性能は得られるのか。
  • 法的な問題点としては、AMDやVIAはガチガチにx86アーキテクチャの基本的な特許を持っている。
  • さらに先日のIntelとFTCとの和解文章では、「x86アーキテクチャ互換マイクロプロセッサの製造に関する交渉をすることを認めているが、エミュレーションを含む非互換のマイクロプロセッサにx86アーキテクチャを動作させることを除いている」事が明記されており、実際には難しいのでは?

—-

斜め読み失礼。個人的にはnVidiaのx86互換チップは楽しみである。

うわさ nVidiaはタブレット型端末のために新しいチップを作るのにTransmetaの技術を使う?

xbitlabs.com Nvidia Uses Transmeta Technology to Create New Chip for Tablets – Rumours. Nvidia Reportedly Works with Transmeta’s Code-Morphing Software [08/16/2010 04:20 PM] by Anton Shilov より。

うわさ nVidiaはタブレット型端末のために新しいチップを作るのにTransmetaの技術を使う?

by Anton Shilov

nVidiaは伝えられるところによれば、タブレット型端末やその他の小型モバイルデバイス市場でIntelのAtomマイクロプロセッサに対して競争するため、Transmetaによって開発された独自のコードモーフィングソフトウエア技術を利用したチップを開発しているという。

だけれどもnVidiaは自身のTegraシリーズSoCデバイスを2年前からリリースしており、そのプロジェクトは大変成功しているようには未だ見えない。いくつかの自社製品採用獲得はあるが、Texas InstrumentsやQualcomm、そしてその他のような競合他社はARMベースのSOCを携帯電話やタブレット型端末、セットトップボックスやその他低消費電力デバイス製品の最も巨大な供給会社として製品を出荷し続けている。nVidiaはその潜在能力を有するTegraファミリーラインナップの改良を続けている。しかしいくつかの非公式のソースはSanta Clara、カリフォルニアを起点とした会社もまたチップを開発中であり、それはx86アーキテクチャ業界でIntelのAtomベースSoCに対して接戦を繰り広げるであろうと主張している。

Bloombergニュース配信社によって引用されたその非公式ソースからの情報(※英文)は、nVidiaは「Intelのチップが動作する方法を複製したソフトウエアを使うTransmetaによって開発された技術を活用する」プロジェクトが進行していると主張している。nVidiaはTransmetaから特許を自身のものとして以来、これは会社が非x86チップをx86チップとして機能させることが可能なコードモーフィングソフトウエア初期の指標であろう。TransmetaがCrusoeやEfficeonマイクロプロセッサで普及に失敗したあとの2番目の挑戦である。そのSoCは伝えられるところによればタブレット型端末向けとして設計されている。

Google AndroidやNokia/Intel Meegoその他タブレット型端末向けのOSの多くの潜在能力を考慮するなら、(デスクトップPCやノートPCと異なり)Microsoft Windows OSの要求に激しく答える必要は無い。その結果として伝統的なPCに気まずくもx86を必要とすることもない。それ故、nVidiaがWindowsやそれを覆う数多くのコードモーフィングに確実に挑戦することは予想以上に驚くことである。

nVidiaがx86アーキテクチャをエミュレートするコンピューティングを保有するかどうかは完全にはっきりしているわけでなはい。ARMアーキテクチャベースのプロセッサは一般的にAMDやIntelのx86チップと比較して低性能であると受け止められており、かつてもし最も最新のARM設計によりx86をエミュレートすることが可能なら、最終的な性能は酷いことになるであろう。またnVidiaのスカラー型Geforce GPUでx86をエミュレートすることは良いアイデアには見えない。

それに加えてTransmetaのコードモーフィングソフトウエアは消費電力減少のための非常に洗練された技術であり、彼らがそれを使用することはnVidia TegraのみでなくGeforce、Quadro
、Teslaやその他の製品群の為だけに使われるということは無いと考えるのが論理的である。

nVidiaはこのニュースに対してコメントしていない。

—-

この手があったか。nVidiaやるなあ。TransmetaLinusが在籍していたことでも知られた会社で、低消費電力が得意としていたが、CPU以外のチップセットがかなり電力食いかつCPUが低性能で、結局IntelやAMDが低消費電力CPUやチップセットを開発してシェアを確保できず資産売却&知的財産売却で解散した会社。

Crusoe採用の富士通ノートPCが欲しかったんだよな、当時。

インテルはFTCと和解する。VIAとnVidiaは大きな勝利を収める。SemiAccurateのCharlie Demerjian氏記事パート1翻訳

semiaccurate.com Intel settles with the FTC, Via and Nvidia win big Part 1: PCI busses, fabbing, and hens with baseball bats by Charlie Demerjian August 4, 2010 より。

インテルはFTCと和解する。VIAとnVidiaは大きな勝利を収める。

パート1:PCIバス、fabbing、野球バットと一緒のめんどり

by Charlie Demerjian

2010年8月4日

Intelは語る、そして言葉はインテルのより強固でほとんど誰も気がつかないくらい微妙な力の意思表示をした。申し立てられた数多くの病的な和解は半導体の怪物にとって残酷であり、nVidiaとVIAの両方が大きな大きな勝者となる。

和解文章はFTCのページで見つけることができ、Intelに対するすべての避難のアウトラインを表す最高傑作で、それらの全てに取り組み、そして問題があったことに何も言及しないまま和解するということである。結局Intelはすべての技術文章を詮索者から遠ざけ、手錠をかけ、目隠しをして、それらの上を母面取りが泣きながら横切り、苦労して終了させた。野球バットと大量のカフェイン入りの飲み物と共に。

その罰則が厳しくなろうとしたとき、Intelはダラダラと続く議論を行ない、公開裁判事件という選択肢よりもより良い選択をした。Intelは何の悪事も働かず、冒涜的な手榴弾を投げ込む怠惰な弁護士のために開かれた扉から去ることを認められた。誰もがIntelが行なった行為のために労力を咲くべきであろう。Intelは賢い方法で解決を図り、それは明確に正しい行為と呼べる。

それで、罰則とIntelにかけられた手錠についていくつか細かく見ていこう。明白に書かれていることに加えて、私たちは若い文章のいくつかのバックグラウンドについて詳細に調査しようと試みる。それのほとんどがあれこれと最近のIntelの病的な振る舞いについてのいくつかの疑惑について直接示している。

今回の告訴のこの文章について喜びや悲しみなどIntelやnVidia、VIAや他の様々な人々の意見を取り上げてはいない。長年当事者や製品、今回の若い文章に関係する産業界みてきたことを元にした単なる著者の意見である。

■PCIバス

最初の興味深いポイントはPDFの9ページ第II章で、それはPCI Expressバスについて取り扱っている。これは少なくとも今後6年間についてすべての「メインストリームマイクロプロセッサプラットフォーム」にPCI Expressバスを含めることをIntelに要求している。Intelはそれを使うPCI Expressのバージョンのことをつつくだろうが、「様々な関連したGPUの実行や故意に性能に制限をする」だろうことについて何の実効性もない。

これはIntelにとって問題である。なぜなら興味深いx86アーキテクチャのSoC(Sillicon On Chip)群から、それらを防ぐことは難しいからである。SoCの全体のポイントは、あなたが何らかの仕事をする際に必要となるいかなる追加カードを必要とせず、それらはすべて一つのチップの上に載っていることである。これは驚くほど効率的かつコストに影響するが、今IntelはPCI Expressバスと付属ピンを含める必要があり、参照設計の沿うことが適当と思われる。デスクトップPC向けチップのためにこれはほとんど関係ないが、悪いことにAtom CPU側にとって傷ができることになる。FTCのAtomを含むメインストリーム向けマイクロプロセッサープラットフォームの定義条項にはそれらの製品ラインを傷つけるだろう。

そして再び、トラックで通り抜けるのに十分な二つの大きな穴があることがわかる。最初の穴は第II章のA項目、それはこう書かれている…「標準PCIバス」と。そして第II章B項目には「標準PCI Expressバス」と。PCI – Expressではない – は標準PCIバスである。もしIntelがnVidiaにまがい物をつかませるなら、Intelは彼らのすべてのプラットフォームにPCIバス規格バージョン1.0のピン配列を置いておくだろう。そしてnVidiaは欠落したバス帯域で首を閉められる。これは法的な文章として通じるだろう。

更新:幾人かの読者が書き込んでいるところでは、HHセクションではすべてのPCI Expressベースの規格の意味として「標準PCIバス」は定義されてることによってカバーされるとのこと。

2番目に、Intelはまがい物をつかませる必要はなく、彼らはただAtomの上にゴミのような通常の半分の帯域のPCI Express2.0リンクを提供し続けるだけである。これは現代的なGPUに古いアナログのタバコ販売機のようなマシンを動作させるのに十分なバス帯域しか提供しない。もしIntelが自分たちのプラットフォームにGPUを必要としないなら、法的文章に順守するのは容易であり、nVidiaにXXXするまでである。それを見ることは楽しいと思わないか?

噂ではIntelはnVidiaのGPUを検出し、それらの性能を縛り付けるチップセットに切り替えさせているという。GPU全てにその行為をさせることはあまりにも露骨すぎるが、性能低下は本の少しだけ水掛け論を呼び起こすだけである。これらは壊れたPCI Expressスペックで変えられるが、大量の専用機器、技術者養成と時間を費やすこと無しに提供することは基本的に不可能である。性能低下はnVidiaの泣き言であり、単純に(かつての)GPUの巨人の単なる技術力を悪さであると思われることがより妥当である。その他は今は議論の余地がある。

■ライセンスと生産について

誰が何をどこで作ることができるのかについての全ての事柄は第III章で適切に対応されている。Intelは長い年月の間、サードパーティに対して脅迫し、それらの行為に対しての疑問に対し単に答えないというビジネスのやり方に疑いがかけられてきた。
Intelは曖昧な脅迫を数多く行い、他の裁判所での同意したことについて単に語らなかった。

第III章のA項目では興味深いがつい最近までほとんど明らかにされなかったAMDとIntelのライセンス条項についてである。それは多かれ少なかれ誰かがAMDの製造工場であると言ったり、ViaもしくはnVidiaのクロスライセンス条項は条項によって特許と製品をカバーするということを話すことができるというように。舞台の背後で演じられてきたゲームは通常のビジネスの流れのように必要になる時同様にそれらの会社に話すことを許可していないようにも見える。

第III章のB項目で、より興味が楚々されることに、FTCは現在から2018年4月7日までトータルで15年間の間IntelにVIAのライセンス条項適用を延長させた。Viaは今様々な疑問が期限切れになるまで明確に販売することができ、オースティンの少年たちに大きな勝利を与えている。

第III章のC項目3でFTCは、IntelはViaがx86アーキテクチャのポーつを作ることができるかを尋ねた時必ず公開文章にする必要があると法制化した。これは「君たち全員笑顔でそこで首を立てにふってくれ」という項目であり、数々の要求に答えなかったいくつかの過去のゲームでIntelはそれは引き起こされ、質問者は法的な辺境にとばされてしまった。それは、いやかつては汚いゲームであったがなんでも言葉に技工を凝らして悪いと言う事無しに汚いゲームをすることが十分簡単になってしまった。

第III章は基本的に「あなたは良いところにいる。もし偶然うまく騙せたら恥じ入りなさい」という販売方針を引き寄せるIntelの手法を排除している。Intelがこれをすることについてではなく、それらについて尋ねるだけだが、わたしはいくつかのIntelの顧客達がIntelの社員達はそれをするだけであるということを個人的に聞いた事がある。全く異なる問題であるかどうか証明されるだろうが今はその必要はない。FTCは野球バットと一緒の母めんどりと認可したのであり、それは6個の空のRed Bull(清涼飲料水)の容器が見えている。

パート2ではは隠蔽されている販売、MCM(Multi Chip Module 最近のIntelのx86CPUで採用されているパッケージ技術)、アップルについて記述する。

—-

続きパート2は気が向いたから翻訳した。途中でxserverは落ちるはmozcはSegment Fault吐くは散々な目にあったw。

「leddownは英文記事を勝手に翻訳しただけであり、このブログ以外で宣伝行為は一切しておりません」一応ね。

IntelがFTC(連邦取引委員会)と和解。VIAとnVidiaに勝利をもたらす…?

semiaccurate.com Intel settles with the FTC, Via and Nvidia win big Part 1: PCI busses, fabbing, and hens with baseball bats by Charlie Demerjian August 4, 2010

マイコミジャーナル Intelが連邦取引委員会と和解、競争阻害と不公正取引をめぐる訴訟 より。

簡単に概要のみを。

  • FTCとIntelの間で和解が成立した。
  • それはPCIバスなどに制限をかけることが不当競争行為に当たるということらしい。ただしPCI Express2.0では無さそう。
  • IntelのAtomや各種CPUに接続するPCIバスやPCI Expressの性能に制限をつけることを禁ずるという。
  • その結果、ディスクリートGPUカードを主力としているnVidiaは何を逃れてビジネスを続けられるということ。
  • またx86関連のIntel/AMDが所有している各種ライセンスや特許をVIAは2018年まで利用可能。その結果NanoなどのCPUビジネスは存続可能になる。
  • Intel Compilerで、Intel以外のCPUの場合最適化を行わず意図的にプログラムが遅くなるようにすることを今後止めること。

IntelはSandybridgeというAMD FusionAPUにあたるSoCを発表しているが、nVidiaが直接のビジネス上の障害に成りうるので和解は大勝利ということか。またVIAも当分はx86ビジネスを続けられるということ。AMDのCPUの件については、Intelのコンパイラで自社製品ではないものに最適化する必要はないけど、意図的に遅くするのはどうかと。Charlie氏の記事の翻訳はこちらからどうぞ。

うわさ AMDの次世代FusionAPU「Ontario」はかなりの低消費電力かも

xbitlabs.com Source Denies Excessive Power Consumption of the First AMD Fusion Processors.より。

今まで噂になっていたAMDのFusionAPU「Ontario」の消費電力は、18W〜25Wの間で、薄型ノートブックPCやネットブックPC向けと言われていた。だが実際にはその噂は間違っていて、最終的な製品は実はとんでもない電力効率であるという

「Ontario」はコードネーム「Bobcat」と呼ばれるx86プロセッサをベースにした1〜2コアで、DirectX11GPUを統合したAPUである。

「Bobcat」は低消費電力コンピューティングを目指しており、それ故Intelの「Atom」プロセッサが直接の競合相手である。「Bobcat」はアウトオブオーダー実行型のコアを持ち、「Atom」より低消費電力を目指している。AMDは「Bobcat」チップを「1W以下」の消費電力を約束している。ここから二つの事実を導き出すと、より低消費電力なデバイスに使用できることが可能であることと、最初の「Bobcat」チップの18Wという消費電力の予想は当たらないだろう。

だがソース元は最初のFusionベースのチップのいかなる詳細な電力消費量について開示してくれなかったが、X-bit labsによってコードネーム「Llano」プロセッサについて記載された文章を元にしていることに気づくべきである -「Llano」はPhenomIIクラスのハイパフォーマンスx86エンジンにハイエンドGPUコアの統合を特徴としている -。
「Llano」はAMDのマイクロプロセッサとグラフィックプロセッサの技術者に設計された多大な消費電力カットに貢献されて20W以下の熱設計に抑えられているということを意味している。

だけれどもこの点は何も確かなことではない。ただコードネーム「Ontario」と「Llano」プロセッサファミリーが性能や消費電力量が明確に重なり合うだろうということは疑わしい。

ーーーー

どうやら「Ontario」は想像より性能が高く低消費電力になるかも。「Atom」がインオーダー実行のCPUで性能を犠牲にして低消費電力と低価格を提供しているが、AMDはそれを上回る製品を設計しているようだ。ATIとの合併がここでも相乗効果を表すか?