うわさ nVidia自身がGPUボードを生産する? – 3dfxの末路をたどるか

vr-zone.com NVIDIA becomes its own AIC? Published on Tuesday, October 5 2010 12:52 pm by Sub より。

nVidia自身がAIC(Add In Card)ベンダーになる?

GPUの業界に措いて、GPU設計者(nVidiaやAMD)がGPUを設計する。その生産はfab(TSMC)などにアウトソーシングし、リファレンスデザインがAIC/AIB(Add In Card,Add In Board)パートナー(XFXやAsus等)に手渡され、パートナーがビデオカードを組み立てる。時々パートナーはGPU周辺部分を自社オリジナルで設計したカードをつくるが、それは例外である。だけれどもnVidiaは大胆にもこの流れを破ろうとし、汲み立てから販売まで自身で行おうとしている。HardOCPはnVidiaのGTX460カードをいくつか購入し写真を掲載しているが、直接nVidiaから購入し、恐らくどこのAICパートナーも関与していない。

興味深いことにnVidiaのコールセンター代理店からはnVidiaから直接購入できるカードの存在を知らない。これは尋常ではないことを暗示し、それ故少しだけどのようにAICを通さないnVIdiaのカードがある日突然BestBuyの店頭に並んだのかは謎である。これらの謎めいた新しいカードの存在を理由に推測することは早すぎるが、より多くの情報がフィルタを通り抜けて来るだろう。

—-
かつてPCゲーム向けにはVoodooチップを生産している3dfxが君臨していたが、DirectXの普及とボードメーカ買収による自社ブランドのみのボード生産でパートナーの離反を招き販売網をATI(当時)やnVidiaに奪われ、結局nVidiaに買収された経緯がある。それを彷彿させる噂である。

うわさ AMD Radeon HD6870が2010年11月に登場 – チップ製造は非常に良好 SemiAccurate Charile Demerjian氏記事

AMD’s 6870 coming in November Early silicon doing very well by Charlie Demerjian September 24, 2010 より。

AMDのHD6870は11月にやってくる

初期シリコン製造は非常にうまくいっている
Charlie Demerjian
2010年9月24日

ATIが、おっとすまないAMDは、HD6870をうまく軌道に乗せているようである。早くもAMD中央からは二つの大きな情報が手に入った。

私たちは既にATIの、またすまないAMDの最初のシリーズである「Northern Islands」ファミリーの「Barts」が既にテープアウトしたことを伝えた。「Barts」はミドルレンジでNvidia GF104/GTX460に正面から対抗するために作られており、それはHD6770と呼ばれている。それはまもなく出荷準備をしており、強豪相手を消し去る予定である。

「Barts」の兄である「Cayman」は「Barts」の1ヶ月以内にテープアウトし、それは「Barts」から1ヶ月後に通りを埋め尽くすと予想している。これは11月の中旬から下旬にかけてHD6870として店に並ぶだろう。SemiAccurateのソースは私たちにそれが正確に起きることを話している。

OEMへの発送は「Barts」HD6770が通りを埋め尽くす時期に出荷開始される予定である。これは2週間〜4週間後のブラックフライデー(感謝祭翌日)に合わせるだろう。ブラックフライデー以前の噂は適切でなく、このカードは本当に出荷され、nVidiaが2009年にFermiを本物としてモックアップを掲げたときとは違う

この出来事ののもう一つの側面は、前回と異なり最後が870の数値以外のカードが今回は非常に大量に供給されているということである。それは既に需要に応じて初期の在庫不足が生じた時から、周辺のウエハース供給が非常に多く、頂点に達し歩留まりも非常によく、最初の工場からでたシリコンウエハースはHD5870/Cypressが同じラインで製造されたときよりも遥かに歩留まりが良くなっている。

結論として11月には「Northern Islands」カードのHD6800とHD6700の両方共非常に大量に供給されるだろう。もし需要が正常な場合、デュアル「Cayman」カードであるHD6900「Antilles」は2010年末よりも前に市場に登場するだろう。もしHD6870の需要が高すぎる場合、HD6970は適切に供給ができるようになるまで少しだけ登場が遅れるだろう。ATI、おっとまたまたすまないAMDは前回の件からそれについて強く学んでいる。

暇なのなら、2010年残りの時期はGPUのスタートポイントとして非常に興奮するだろう。そして2011年初旬もいい感じだろう。もしあなたがnVidiaの株式を保有しているのなら、あまり楽しめないだろうが。

AMDの次世代GPU「Southern Islands」ファミリーの「Cayman」と「Caicos」の写真がリーク?

vr-zone.com AMD Cayman and Caicos Pictures Leaked Published on Monday, September 6 2010 4:57 pm by Sub より。

「Cayman」と「Caicos」のエンジニアサンプリング品の画像がChiphellによってリークされた。最初のリークは「Cayman XT」である。いくつかの噂ではRadeon HD6870として製品化されると言われている。パット見、「Cayman XT」サンプル品はサイドに赤い稲妻を模したラインが引かれ、Radeon HD5870に非常によく似ているように見える。このカードは5つのディスプレイインターフェースが特徴である。

その他にリークした画像は「Caicos」で、噂ではRadeon HD6300シリーズとして製品化されると言われている。このサンプル品はロープロファイルでヒートシンクのみで、スモールケースやHTPC向けだと思われる。Radeon HD6000シリーズのエントリー向けカードは1GBのDDR3メモリで64bitメモリインターフェース以上である。コアクロックは650MHz、メモリクロックは800MHzと言及されている。Fusion世代の最初のアプローチとして、AMDはエントリー向けディスクリートGPUカードの商品化を諦めていない。

強く言及するが、これらは単にエンジニアリングサンプル品であり、最終製品バージョンとは確実に異なる。

参照元 : Chiphell, Chiphell

—-

とうとうAMDの次世代GPU「Southern Islands」のカード写真のリークが始まった。ATIロゴがシロッコファンに貼られているのは、AMDが最近ATIブランドを終息させたことに関連しそれ以前にGPUカードが配布されていたことを示唆している。

nVidiaがGeforce GTX460の価格を下げる – 思ったより売れず他にAMDに対抗できる手段がない?

vr-zone.com NVIDIA GeForce GTX 460 Prices Cut Published on Sunday, September 5 2010 7:24 pm by Sub より。

nVidiaがGeforce GTX460の価格を下げる

nVidiaはGF104シリーズとして、Geforce GTX460はより利益率の高い製品の市場シェアを取り戻す為に大々的にリリースされた。GTX460のアグレッシブな価格設定は高性能を求める消費者の眉毛を釣り上げさせ、価格をその対価として受け取った。不幸なことに、Geforce GTX460は供給を上回るような予測よりも売れていない。その結果として既にGTX460はバーゲン特価になり、全体として価格が下げられた。GTX460 768MBの以前の価格は200ドルであったが、現在は180ドル以下となり、GTX460 1GBはまた220ドルに落ちた。

もちろんこの価格下落は驚くことではなく、既にGTX470とGTX480の価格カットの噂と予測があった。リファレンス仕様のGeforce GTX460 768MBはネットショップNeweggでAIC製のボードが現在179ドルから189ドルの間を推移し、199ドルから下がっている。Best DealではEVGA GTX768MB Superclockedは、13%の高クロックスピードによる性能改善を特徴としている。信じられないことに、Neweggでは189ドルで購入可能で、メールリベート(※アメリカの小売店で一般的な値引き方法。購入後メキシコなどにあるリベート送金会社に手紙を送るとその金額だけ数カ月後に返送して貰える)ではなんと179ドルで購入可能である。

1GBバージョンもほんのわずかではあるが同じように影響を受けている。リファレンス仕様のGeforce GTX460 1GBは229ドルでリリースされたが、現在ではZotac、Sparkle、PalitなどのようにAIC製のボードが219ドルに下がっている。オーバークロックエディションはまた平均10ドルほど価格が下がっている。

nVidiaのGeforce GTX470およびGTX480は引き続き300ドルと450ドルで推移している。GTX465は既に姿を消し始めており、例外として200ドル以下でバーゲン価格で販売されているが、GTX460以上のボードを購入する良い買い物とは言えない。不幸にもAMD側では価格が動いておらず、一番安いHISやGigabyte製のATI Radeon HD5830では190ドル、AIC製は199ドルの価格を維持している。HISはまた最も安いRadeon HD5830ボードを270ドルとして販売している。

いろいろな意味で、nVidiaのとんでもないアグレッシブな価格設定はGTX200シリーズを思い起こさせる。400ドルでリリースされたGTX260はATI Radeon HD4870の影響で1週間後にすぐに300ドル以下となった。55nmプロセスにシュリンクされ、216SPのGTX260+は500mm^2もの巨大なダイサイズにもかかわらず、2009年中頃には160ドル以下になった。その競争相手であるRadeon HD4870はたったの256mm^2のダイサイズであった。

Geforce GTX460は既に価格として優れた価値を有しており、その価格はよりバーゲンとして下げられるだろう。179ドルでGTX460はより遅いRadeon HD5770に危険なまでに価格が近づく。それはより遅くより高価なRadeon HD5830を購入する理由を少しだけ上げる。

AMD Radeon HD6000シリーズがリリース寸前に来て、我々はnVidiaがAMDと同じステージで価格競争するだけの余裕があるとは思えない。AMDは既にHD5000シリーズで確固たる性能向上とダイサイズのアドバンテージを有し更に向上するだけだろう。nVidiaにとっては価格を下落させることが唯一の対抗手段である。消費者のためにも短期間で良いニュースが聴ければよいが、私たちが求めている最新のニュースは一つの会社がGPU市場を占有しているということである。

—-

ここ2年ほどAMDがnVidiaとの性能・価格競争で連続勝利中だな。おかげでHD5000シリーズは一向に値段が下がらない…。

nVidiaがGeforce GTX460の価格を下げる

AMDが公式にATIブランドを消滅させた

AMD Officially Drops ATI Brand from FirePro and Radeon Marking. New Logotypes for Radeon Graphics Cards Revealed [08/30/2010 02:31 PM] by Anton Shilov より。

上段が通常のAMD GPUブランドロゴマーク。下段がカリフォルニアを拠点としている企業向けOEMロゴマークだそうでw。

25年間続いたATIブランドともこれでさようなら。

うわさ nVidia Geforce GT430は10月12日にリリースされる? ただしその頃にはRadeon HD6700が…

vr-zone.com [Rumour] NVIDIA GeForce GT 430 releasing October 12th Published on Tuesday, August 31 2010 9:32 pm by Sub より。

概要として、

  • 9月13日にnVidiaからGeforce GTS450がリリースされるが、10月13日にGT430がリリースされるらしい。
  • GT430はGF108ベースのGF100(Fermi)アーキテクチャの下位向けチップ。
  • 1GBのGDDR3メモリ、128bit以上のメモリ接続、細かい詳細は不明だがストリームプロセッサ数は96と思われる。
  • 情報はトルコのDonanimhaberから。
  • GF430の性能は前世代のGT220とGT240の間らしい。
  • 価格は長い間100ドル以下と言われていたが、実際100ドルを下回りそう。
  • GT240のGDDR5バージョンが現在70ドル〜80ドルの範囲。
  • もちろんDirectX11はサポートされているが、既にその価格層にはAMD Radeon HD5670があり、GT240より遅いGT430では勝負にならない。
  • 既に競合相手としてRadeon HD6700が10月中旬に登場する予定である。

参照元:Donanimhaber

—-

もうnVidia Geforce GF100の下位製品なんて興味無いw

うわさ AMD Radeon HD6700シリーズは256bitでリリースされる? HD5770〜HD5850間の製品ギャップを解消

vr-zone.com [Rumour] AMD Radeon HD 6700 Series to feature 256-bit memory Published on Wednesday, September 1 2010 5:27 pm by Sub より。

概要として、

  • 情報はトルコのDonanimhaberから。
  • AMD Radeon HD6700シリーズは256bitメモリインターフェースを特徴とする。
  • これは現行のHD5700の128bitの倍のバス幅である。
  • HD5700とHD5800では致命的な性能差がある。そのために一番性能の悪いHD5830がそのギャップを埋めていた。
  • AMDはメインストリーム向けGPUのx700番台を高性能のx800番台に近づけるため性能を上げることを決定した。
  • HD6700シリーズは予想として、比較的遅いメモリクロックである1200MHzか現在のHD5800シリーズと同じクロックになるだろう。
  • そしてHD6800シリーズは非常に早い1600MHzになるだろう。この速度は典型的なnVidia Geforce 400シリーズのGPUカードの2倍近い速度である。
  • 速度が速くなったHD6700シリーズがHD6000ファミリ全体に与える影響としていくつか挙げられる。
  • 一つは、現在HD5400、HD5500シリーズが位置している70ドル〜100ドルの市場をつかみとることになる。
  • そしてHD6600シリーズが現在のHD5700シリーズの低価格向けチップを置き換えることになるだろう。
  • またHD6700シリーズはHD5770やHD5830を置き換えるだろう。
  • AMDは現在のHD5000シリーズが抱えている150ドル〜300ドルの価格層向けの製品ギャップをたった一つの低性能の製品で埋めることを望んでいない。
  • HD6700はHD5000シリーズのスイートスポットである180ドル〜250ドルの価格層向け製品に新たな選択肢を提供する。
  • Radeon HD6700カードが登場するまで1ヶ月ちょっとである。リリーススケジュールは10月13日。

参照元:Donanimhaber

—-

この分析は面白い。HD5830が位置する価格層を拡充するというAMDの戦略が見て取れる。

うわさ Radeon HD6870はシングルGPU最速のベンチマークスコアをたたき出す?

vr-zone.com More Radeon HD 6870 Benchmarks Leaked Published on Monday, August 30 2010 12:30 am by Sub より。

概要として、

  • Radeon HD6870のベンチマーク情報が追加で中国のサイトから流れた。
  • 前回の3DMark VantageのスコアはX12092とデュアルGPUのRadeon HD5970に近いスコアであった。
  • パフォーマンススコアはP24499とnVidia Geforce GTX480より20%高い。
  • 今回はCrysisと Unigine’s Heaven Benchmarkの二つのスコア。
  • CrysisはVery High設定で1980×1200 4xAAでは29.57〜43.55FPS。IQ設定もHighの状態。
  • Radeon HD6870の「最低」のFPSはRadeon HD5870やGeforce GTX480の「平均」のFPSと同じ値。
  • Unigine’s Heaven テッセレーションはRadeon HD5000シリーズの大きな弱点の一つであった。
  • Geforce GTX400はテッセレーションでは非常に良いスコアをたたき出す。GTX480はHD5870に比べ75%も早い。
  • Unigine’s Heavenの1920×1200 4xAA Extreme設定ではGTX480は900+、HD5870は500+のスコア。
  • だがRadeon HD6870は驚異の922のスコアである。
  • だが前述二つのGPUのスコアはUnigine’s Heaven 2.0で、HD6870はUnigine’s Heaven 2.1である。
  • AMDは真剣にテッセレーションの性能を克服している。
  • もしこれらの数字が本当なら、一般的な予想の範囲を超える。
  • Radeon HD6870はシングルGPUで最速に位置するが、AMDの戦略はスモールダイサイズ/デュアルGPUなのである。
  • すべてのスクリーンショットはPCinlife(※中文)にある。

—-

AMD、GPU関連ではIntelとnVidiaに対して容赦ないなw

うわさ AMDのVision・FusionブランディングにATIを統合させるためATIブランドが消える?

vr-zone.com [Rumour] AMD to phase out “ATI” logo from Radeon cards Published on Sunday, August 29 2010 2:30 pm by Sub より。

うわさ AMDが「ATI」ロゴをRadeonカードからフェーズアウトさせている

先週、広くAMDがRadeon HD6000シリーズからATIロゴを外す計画を立てているという噂が広まった。AMDは以前からプロフェッショナルおよびストリームコンピューティグ向けGPU製品群からATIブランドを外し FirePro及びAMD FireStreamとしている。AMDが残しているように見える「ATI」ブランドを完全に収束させるかどうかにかかわらず人々はATIのロゴが削除された新しいロゴを見るだろう。
それは多くのATI信者がAMDによってブランドを取り除かれることを非難することは疑いようもない。だけれども、それは以外でも何でも無いが、AMDの長期戦略である「Fusion」計画とって当然の帰結である。AMDは既にGPU・CPU・チップセットを一つの会社で提供する完全なプラットフォームソリューションを推進しており、少し前から「Vision」ブランディングを推進している。「ATI」ブランドを外すことは感情的な問題はあるけれども論理的なことである。
「ATI」ロゴは確実に取り除かれるだろう。そして私たちはAMDが彼らの製品ラインナップに「ATI」の文字をいくつか継続して使用することができると願うだろう。だけれども、私たちはAMDの「Fusion」計画に寄り合致するものとして受け入れるべきである。

—-

まあAMDのATI買収から時間もかなり経ったことだし、マーケティング的に統合していくことはいいことかと。

これからIntelはゲーム向けPCのGPUとしてこれからも「ATI」として呼ぶんだろうな。

うわさ AMD Radeon HD6870の3DMark Vantageのベンチマークがリークした?

vr-zone.com Alleged ATI Radeon HD 6870 3DMark Vantage Benchmark leaked Published on Friday, August 27 2010 1:58 pm by Sub より。

うわさ AMD Radeon HD6870の3DMark Vantageのベンチマークがリークした?

概要として、

  • GPU-Zの表示は HD6870である。
  • 3DMark VantageのRadeon HD6870のスコアは X11963。
  • Geforce GTX480はX10000以下。
  • Radeon HD5870はX9000ぐらい。
  • GPU-ZではGPU IDは6178。この事からコードネームは「Cayman XT」かも。
  • あくまでもうわさレベルだから。

—-

私の勝手な妄想では、すでにHD6000シリーズはカードベンダーやゲームディベロッパーにES品が配布されていると考えているが、そろそろHD6000シリーズのリーク情報が出回るだろうか。