Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meeakat のアップデート失敗 – その後復旧

Ubuntu Linux 10.04から10.10にupdate-managerでアップデートを実行したが失敗した(スクリプトエラーを表示したままフリーズ)。その結果起動自体しなくなってしまった。

とりあえずシステムとデータの復旧は成功したので一安心。備忘録として手順をまとめておく。

  1. Ubuntu Linux 10.10のCDイメージをダウンロードしCD-Rに記録する。
  2. CDから起動後、通常のインストールに進み、partitionorの段階で既存のディスクにルートディレクトリとスワップ領域を割り当てる。
  3. Alt+ctrl+F2でコンソールを切り替え、/etcと/homeを別ディスクにバックアップする。
  4. またAlt+ctrl+F1でpartitionorに戻り、「パーティションをフォーマットしない」を選択する。すると/binや/sbin、/etcなどを削除するけど良いかと確認してくるのでOKする。
  5. しばらくインストールしリスタート。
  6. 無事起動するがRAIDやLVM設定ファイル等/etcディレクトリが標準に戻ってしまうので、ログイン後バックアップディスクからコピーする。
  7. 再び再起動すると起動時にRAIDやLVMパーティションを認識しfstabの記述通りにマウントする。
  8. 日本語パッケージのリポジトリなどを登録する。
  9. あとは足りないアプリケーションソフトウエアを追加インストールして完了。

さてASUS M2A-VMの環境で変化した点は、xorg Radeonデバイスドライバでcompiz-fusionが有効になるが、1920×1440以上の解像度では画面右端の表示が乱れる現象である。metacityでは発生しないのでmesa-driかxserver-xorg-video-radeonかどちらかの問題であろう。

 

広告

nVidiaのノートPC向けDirectX11対応GPU Geforce GTX400Mシリーズがフルラインナップで登場

anandtech.com NVIDIA 400M: DX11 Top to Bottom Solutions Now Available by Jarred Walton on 9/3/2010 12:02:00 AM より。

4gamer.net NVIDIA,ノートPC向けGPU「GeForce 400M」の新製品7モデルを一挙発表 ライター:宮崎真一 より。

概要として、

  • nVidia Geforce GTX480MはGF100のダウンクロック版。
  • 実際デスクトップ向けGTX465と同じコア数。消費電力(TDP?)は驚異の100W。
  • Optimusテクノロジでアイドル時のGPU消費電力は0Wだそうだが。
NVIDIA High-End 400M Specifications
GeForce GTX 480M GeForce GTX 470M GeForce GTX 460M
Codename GF100 GF104? GF104?
CUDA Cores 352 288 192
Graphics Clock (MHz) 425 535 675
Processor Clock (MHz) 850 1100 1350
Memory Clock (MHZ) 1200 1250 1250
Standard Memory Configuration GDDR5 GDDR5 GDDR5
Memory Interface Width 256-bit 192-bit 192-bit
Memory Bandwidth (GB/sec) 76.8 60 60
SLI Ready Yes Yes Yes

票の出典はanandtech.com

  • 対応技術 : DirectX11, OpenGL 4.0, PhysX, Optimus, CUDA, DirectCompute, OpenCL, H.264/VC1/MPEG2 1080p ハードウエア動画デコード, Blu-ray デコードフル対応。HDMI 1.4a対応。
  • 直接の競合はAMDのMobility Radeon 5800・5700・5600シリーズ。
NVIDIA Performance and Mainstream 400M Specifications
GeForce GT 445M GeForce GT 435M GeForce GT 425M GeForce GT 420M GeForce GT 415M
Codename GF104 and GF106? GF106? GF106? GF106? GF108?
CUDA Cores 144 96 96 96 48
Graphics Clock (MHz) 590 650 560 500 500
Processor Clock (MHz) 1180 1300 1120 1000 1000
Memory Clock (MHZ) 800/1250 800 800 800 800
Standard Memory Configuration DDR3/GDDR5 DDR3 DDR3 DDR3 DDR3
Memory Interface Width 128/192-bit 128-bit 128-bit 128-bit 128-bit
Memory Bandwidth (GB/sec) 25.6/60.0 25.6 25.6 25.6 25.6
SLI Ready No No No No No

票の出典はanandtech.com

  • これらのチップはすべてSLI非対応。
  • とりあえず300Mシリーズ比で平均40%の性能向上を果たしている。
  • Optimus技術を使っている会社はAcer、Asus、Dell、Lenovo、Samsung、Toshibaだが、IntelのSandy Bridgeが登場したら必要なくなる可能性がある。

—-

どうみてもノートPCに採用できる消費電力じゃないな。AMDのノート向けGPUチップは注文が殺到しているようだが…

うわさ ASUSのGeforce GTS450のボード・パッケージ写真が出回る? by Fudzilla

vr-zone.com NVIDIA GeForce GTS 450 Pictured Published on Monday, August 30 2010 7:02 pm by Sub より。

概要として、

  • nVidia Geforce GTS450の写真がブルガリアのオンラインショップlskamPC.comに一瞬だけ登場し削除された。
  • だがFudzillaが幸運にもその画像を保存していた。
  • 価は130ドル前後。
  • このカードはAsusオリジナルのDirectCUクーラ搭載である。

  • なおGTS450の消費電力は125Wらしい。
  • 競合相手のAMD Radeon HD5750は86W、HD5770は102Wである。
  • とりあえずGTS450は9月13日リリースらしいが、もう既にHD6700シリーズは10月か11月にリリースされるという噂である。

参照元 Fudzilla
—-
相変わらず発熱量は競合相手より上回っている。nVidia、AMDに対してGPU製品世代の2周遅れ確定ですか?

Ubuntu Linux 10.04.1 Lucid Lynx + ASUS M2A-VM + Dell U2711液晶モニタでGnome-Panel表示が正常になった。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx + Dell U2711液晶モニタで2560×1440 pixelsの解像度で、Gnomeデスクトップ上のGnome-Panel表示が正常に描画されない問題は、アップデートにより正常に描画されるようになった。

  • 2010年8月17日付のUbuntu Linux 10.04.1ポイントリリース版
  • Linuxカーネルは2.6.32-24-preempt
  • 2010年8月23日付のxorg-edgers Radeonドライバ

これで毎回ログイン時にGnome-Panel上で「プロパティ」から位置を変更し手動で再描画させなくても良くなったので楽になった。

うわさ AMDのCPU価格が下げられると共に新モデルが登場する?

semiaccurate.com AMD quietly drops CPU prices No huge discounts by Lars-Göran Nilsson August 17, 2010 より。

AMDが静かにCPUの価格を下げる。

大幅なディスカウントは無し

by Lars-Göran Nilsson

2010年8月17日

先日AMDは多くのPhenomIIやAthlonIIシリーズの価格を下げたが、一番大きな下げ幅でもほんの18.9%である。いくつかのモデルでは99セント以下の値下げで、一つのモデルは4ドルの上昇であった。私たちはあなたが価格変化を簡単に眺められるように数を集めて表にしたが、そこには何の興奮するような事柄はなかった。

いくつかの価格調整は私たちは限定的なモデルの終了を見ることができると提案する。例えば、PhenomII X2 550、550 Black Edition、555 Black Editionはすべて1,000小発注時の単価は87ドルとなっている。同じようにPhenomII X4 925、X4 945、そしてX4 955 Black Edtitionでもすべて単価が139ドルである。

※表の出典はsemiaccurate.comより。

私たちはAthlon II X4 630、635、640が現在すべて単価99ドルであることからAthlonIIでも同じ事が起きていると見ている。Athlon II X4 435、440、445もまた等しく単価74ドルであり、AthlonII X2 245、250、255もすべて単価64ドルである。

※表の出典はsemiaccurate.comより。

実際にバーゲンでヒドイ目に合うことはないが、AMDの標準的なAthlon IIプロセッサの新しい価格は100ドルを割っている。いくつかの低消費電力モデルは未だ効果であるが、いずれにせよそれらのモデルの価格が高価であることは一般的な消費者向け市場として意図されたわけではない。すべてのデュアルコアPhenomIIプロセッサはまた現在100ドル未満で、最も高価な4コアでもほんの159ドルで、残りのモデルも139ドルと完全にバーゲン向け価格である。6コアモデルには多くのディスカウントは見られなかったが、しかし再びそれらが未だにAMDのフラッグシップモデルであると予想するのは難しい。

私たちはいくつかの新しいモデルが来月前半に情報が来ると見ているが、AMDはそのロードマップを変更し、3種類の6コアプロセッサがロードマップに登場し、Phenom II X6 1035T、1045T、1075Tとはっきりと書かれ、そしてそれらは現行の2モデルの間に割って入ることになる。私たちはまた同時に早い段階でPhenom II X4 970、PhenomII X2 560が登場すると見ている。いくつかのAthlonIIの新モデルはまた現在から年末の間に登場すると見ているが、私たちはそれらが登場する具体的なタイムラインは判らない。

—-

とうとうPhenomII X4 945が在庫処分に入ったか。店頭で安くなったらAsus M2A-VM用に一つ購入するかな?

Ubuntu Linux 10.04 Lucid LynxでAsus M2A-VMにDell U2711 Flat Panel MonitorをDVI-Dデュアルリンク接続

さてこれまでHyundaiの1280×1.204 pixels の液晶モニタを使っていたが、仕事の関係で16:9のモニタが必要になった。

だが一般的な2万円前後の1920×1080 pixelsのモニタには不満を持っていた。

  1. 横の解像度は高いが縦の解像度が低い。これは1024pixels→1080pixelsだとほとんど変化がない。縦1200pixelsのモニタも同様。
  2. 低価格のTN液晶では見る角度により色の変化が激しすぎる。これは大きなモニタほど顕著になる。右下や左下でホワイトバランスが異なって見える。
  3. 液晶表面のグレア加工は画像のコントラストを際立たせて美しく見せる効果があるが環境によっては映り込みがひどくてコントラストに弱い画面の読み取りが難しくなる。
  4. Asus M2A-VMのチップセットであるAMD 690Gのグラフィクスの最大解像度が2560x1440pixelsなので一度試して見たかった。

そこで様々なメーカの液晶モニタを調べたところ、Dell U2711 Flat Panel Monitorが合致していた。

  • 解像度が2560×1440 pixelsと一般的な液晶の1920×1080 pixelsより一回り高い。
  • インターフェースにDisplayport x1、DVI-D x2、VGA D-sub x1、Compositeなど多彩。特にDisplayportは今後GPUボードを買い換えたときに有効になるだろう。
  • 液晶がIPS液晶で見る角度による色の変化が少ない。多少はあるが。
  • 液晶表面の映り込みがないノングレア加工で環境に左右されずにモニタを見ることができる。

購入は8月に価格が下がった段階で5%クーポンを利用した。49,800円前後の出費で済んだのはお買い得であった。

さて注文が8月3日、到着予定は8月12日だったが何故か本日8月5日に届くという嬉しい誤算があった。配送会社のページではまだ東京の倉庫にあると表示されていたのだが…。

今まで利用していた液晶モニタは妻に進呈。さっそくUbuntu Linux 10.04 マシンに接続する。

最終的には何も設定等を書き換えずにxserverで最大解像度2560×1440が利用できたのだが、つまずいた点をいくつか列挙する。

  • Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxを使用。Linuxカーネルは2.6.32-24-preempt、カーネルモードセットは有効、xorg-edgers Radeonドライバを使用。
  • ASUS M2A-VMのDVI-D接続ではPOST画面・BIOS画面が出力されない(BIOS version 5001)ので、まずはVGA端子とDVI端子の両方をM2A-VMと接続する。
  • Ubuntu Linux起動後、XサーバはVGA接続認識で最大解像度が1600×1200になった。
  • GNOMEメニューの「システム」→「設定」→「モニタ」を選んで、「すべてのモニタで同じ画像」チェックボックスを外す。これが重要。二つの端子につないでいるので、デュアルディスプレイとして認識する。
  • 次に「モニタの検出」ボタンを押して新しいモニタが検出されたら、新しいDVI接続のモニタの最大解像度が2560×1440となるので変更し、「有効」ラジオボタンをクリック、もう一方のVGA接続のモニタは「無効」ラジオボタンをクリックする。そして「適用」ボタンを押す。
  • 「適用」ボタンを押した後、U2711のメニューから「Input Sources」→「DVI-D1」でDVI接続表示に切り替え、正常に表示されたらそのまますぐにUbuntu Linuxを一度電源を落とし、VGA接続をM2A-VMから外しDVI接続のみにする。
  • その後、再起動するとBIOS画面は表示されないが起動していることがBEEP音でわかる。しばらくするとカーネルモードセットにより起動端末画面、Ubuntuロゴ画面が最大解像度で表示される。
  • 最後にGDMが表示され、ログインすると正常にデスクトップが表示された。
  • Compiz-fusionは設定を有効にしても、実際には無効になるので注意。

使ってみた印象は、「とにかくでかい・眩しい・デスクトップが広い・熱いw」

  • 眩しい件はBrightnessを下げて対応。数値は0〜10ぐらい。
  • デスクトップが広い件はマウスカーソルの速度と加速度をあげて対応。
  • Dell U2711付属のUSBハブに差し込んだUSBメモリ・メモリカードリーダに差し込んだSDカード共にUbuntu Linuxで正常にデバイス認識した。
  • gnome-panelがどうやら横幅最大1920pixelsまでしか認識できないようで、パネルの右側が途中で切れて表示されずパネル上のアイコンが表示されないなど横2560pixelsでの表示がうまくいかない。対応方法として、ログイン後gnome-panelの上で右クリックし「プロパティ」から表示位置を適当に移動させると正常に描画される。
  • 他のブログで指摘されている液晶表面の油膜感・ギラ粒感は、30cm以内に画面を近づけると分かるが気になることは一切無い。灰色の部分で感じる程度。

なお、Dellから2010年9月には30インチ2560×1600 pixelsのU3011が登場するという噂もある。ただし私のPCデスクには載る大きさではないのでDell U3011の検討は見送った。

セットアップ後は、GIMPカラーマネジメントAdobeRGBとU2711のICCプロファイルを設定した。

多分M2A-VMでDVIの最大解像度+Ubunt Linuxのレポートはネットでも初めてかも。

追記 2010年8月8日 Dell U2711の工場設定モード(ファクトリーモード)の表示方法

  • 電源を切った状態で 2番目と4番目のボタンに触れたまま電源ボタンを押す。
  • するとボタンのランプがすべて光った状態でPCの画面が表示される。
  • 一番上のボタンに触れると工場設定モードが表示される。だが普段は使わないので下手にいじらないこと。
  • また電源を切った状態で2番目と3番目のボタンに触れたまま電源を入れるとバックライトの点灯時間と電源投入回数が表示される。

うわさ nVidiaのノートPC向けGT425MはFermiアーキテクチャかG218のリネームか? 更新 2010年9月3日

semiaccurate.com Nvidia GT 425M tips up in listings GF108 or renamed G218, that is the question by Charlie Demerjian August 3, 2010 より。

うわさ nVidia GT 425Mがリストに載せられた

GF108なのかG218のリネームなのか、それが問題だ。

nVidiaは古いリネームゲームを企んでるのか、また世界で2番目に熱いGPUのローンチについてだろうか、いずれにしてもnVidiaのノートPC向けGPU GT 425Mは混沌の度合いを増したようだ。

これではDirectX10と書かれている。

これは何も言及していない。

これは特に記載はない。

最後の情報もまた曖昧だ。

手短に話すが、あなたが上記で見たように、新しいnVidia GT 425Mについてモバイル部分では1GBのGDDR3メモリとのたくさんの記述がある。ほとんど記載された内容はDirectX10デバイスか特に記載されていない様に見える。ついにDirectX11として記載されているものが一つあるが、それはまだ何の情報も書かれていない。それらすべてはAsusの新しい17インチノートPCである。

GF106は9月13日に登場する予定であり、GF108は「GF106の前に」登場する予定であったが、過去と現在の間になにかあったのか。あなたはもしこれがおろかにもGF108のカットダウンされたものであるか、またはG21xのリネーム品であるか不思議に思うべきである。GDDR3メモリ採用はそれがG21xであることを示唆しており、GF10x製品はGDDR5のみである。もしnVidiaがGDDR3メモリのGF10xを推進しているとしたら、それはIntelのグラフィクス性能の首元を厳しく見張っているのであろう。それはどちらかを補完するものではない。

ともかく、この世界はGPUについてあくびが出るまで長くは待たない。最新のFermiチップから出た熱であなたの足が焼かれて「ひーっ」と叫んでひどくがっかりさせられることに備えよう。

—-

Charlie曰く、FermiアーキテクチャのノートPCだとしたらどんだけ熱いんだよ!?ということかと。そうじゃなくてもすでにDirectX11でのモバイル向けGPUを消費者は求めているが、どうやらAMD/ATIのみが製品を供給できそうだ。Intelもあの性能ではねえ。

更新 2010年9月3日

nVidiaのノートPC向けGPU Geforce 400Mシリーズが登場した。最上位GPUである480Mの消費電力は100Wとのこと。

消費電力500ワット超! デュアルGTX480 Asus MARS II

techpowerUp! ASUS Working on MARS II Dual GTX 480 Graphics Accelerator より。

AsusからnVidia GTX480のデュアルGPU MARS IIが発表。

PCI Express外部電源8ピンが3つも必要。1ピンあたり150wなので、外部電源のみで450w、PCI Expressスロットの最大電力75w合わせるとなんと525wもの消費電力w

とうとう単体GPUボードがエアコンの消費電力量に並んでしまった…。これは酷すぎる。エコな風潮にアヴァンギャルドな製品で対抗するとは。

Asusは初代MARS、ARESと来たが今回のMARS IIが本命であろう(何の?)。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx AMD 690G Radeonグラフィクスでカーネルモードドライバを有効化する

Ubuntu Linux 9.10から10.04にバージョンアップした際に自動的にAMD 690G Radeonのカーネルモードドライバが有効にされたが、起動時にフリーズするため無効化していた。

今回カーネルとxorg-edgerドライバのバージョンアップを行なった上でRadeonカーネルモードドライバが動作するか検証した。なおすべてオープンソースドライバで確認したため、プロプライエタリのfglrxドライバは不明である。

カーネルバージョンは2.6.32-23-preempt、xorg-edgerのRadeonドライバは6.13.99+git20100709.06691376-0を利用。マザーボードはいつもの通りAsus M2A-VM。

まずは2箇所設定ファイルを修正する。

$ sudo vi /etc/default/grub

にてテキストエディタでファイルを開き、下記の行の「nomodeset」を削除した。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”splash nomodeset”

修正後にgrubのアップデートを行う。

$ sudo update-grub

次にRadeonドライバの設定。

$ sudo vi /etc/modprobe.d/radeon-kms.conf

にて下記の行を「0」→「1」と書き換えてカーネルモードドライバを有効化する。

options radeon modeset=1

そして再起動する。

再起動時にgrubの表示後VGA 640×480 60Hzのコンソールでブートプロセスログが表示されたあと画面がちらついてUbuntuロゴが1280×1024@75Hzの解像度で表示された。ちゃんと液晶モニタのDDC(Display Data Channel)経由でEDID(Extended Display Identification Data)を読み出し解像度とリフレッシュレートを設定したようだ。

gdmを表示する際に一瞬画面がちらついたが正常に表示され、ログイン後もCompiz-fusionが利用出来た。

正常に動作すると見てよいだろう。

ただ何かの表示で画面全体がちらつくことがごくまれにあった。いつもどおりsyslogを確認すると下記のログが出力されていた。

Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607917] [drm:edid_is_valid] *ERROR* Raw EDID:
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607923] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607925] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607927] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607929] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607931] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607933] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607935] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607936] <3>00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00  …………….
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607938]
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607941] radeon 0000:01:05.0: HDMI Type A-1: EDID invalid.
Jul 12 16:15:48 server kernel: [12440.607947] [drm:radeon_dvi_detect] *ERROR* HDMI Type A-1: probed a monitor but no|invalid EDID

ログを読むと、「radeonのHDMI Type A-1のEDIDが不正だよ。drm Radeon DVI端子検出時にモニタを確認したところEDIDが無いか不正確だよ。」と書かれている。

現在液晶モニタはVGA D-sub15ピン接続でDVI端子には何も接続していないのでエラー内容の通りである。なので無視しても問題ない。

Ubuntu Linux 10.04 + ASUS M2A-VMマシンが暑さでメモリが熱暴走

ここ最近Ubuntu Linuxマシンが突然フリーズする現象に襲われていた。規則性などは特になく突然である。

syslogを読んでもフリーズ前のログに不審な点はなかった。ただ一度だけフリーズする前にPCI Expressに接続しているデバイス全てでタイムアウトエラーを記録していた。

そこでLinuxカーネルのバージョンを2.6.31-21から2.6.32-23や2.6.35-rc2などいろいろ試したがフリーズ現象は変わらず。CPUかチップセットの熱暴走を疑ってPhenom X4 9750やAMD 690G、SB600に風が行き渡るようPCファンを設置したが現象は変わらず。

最後にDDR2-800MHz 2GB×2、1GB×2のメモリにファンで冷却するとフリーズ現象はピタリと止まった。

暑さでコンピュータが不安定な場合CPUやチップセット、増設ボードのみでなくメモリ冷却も気をつけてみるといいかも。

なおJetway MA3-79GDG COMBO/D + PhenomII X4 955BE@3.7GHz 1.4750v + Radeon HD4850 マシンはGPUボードの排熱がCreative Audigyに伝わり再起動がかかったw

ケース側面のカバーを外すと安定動作。本当に趣味のPCいじりは熱との戦いだ。