Southern Islands、Kepler、そしてApple A6 プロセッサの謎が解けた Semiaccurate Charlie Demerjian氏

Semiaccurate.com Southern Islands, Kepler, and Apple’s A6 process puzzle outed It all makes sense now By Charlie Demerjian より。

Southern Islands、Kepler、そしてApple A6 プロセッサの謎が解けた

たった今全てが判明する

By Charlie Demerjian

TSMCの28nm HKMGプロセスの最初のかけらは先週のSemiConにて公開され、全てが判明した。ChipworksはXilinx Kinetex-7 FPGAを手に入れ、作業テーブルの上でいくつかの秘密を暴露した。

もしあなたが思い出せるのなら、AMDはSemiAccurateを含む殆どの人々の予想よりもSouthern Islandsチップが早く製造ラインにのり、今四半期にさえ可能であると予測した。その現実的な疑問はそれらのチップがTSMCの40nm SiONもしくは28nm HKMGプロセスのどちらで製造されているかということである。40nm は大きく、熱く、南の島といういよりは火山島を思わせる制限があり、28nm SHP HKMGプロセスは直近の第1四半期まではサポートしないというのが最も良いケースであった。これらのショートストーリーではSouthern Islandsでは使われないということが最もらしいというものである。

28nm LPの名前で知られる28nm SiONをそのまま放置され、低消費電力ARMベースのSoCの為に存続が可能であったが、高い消費電力のGPUでは使えなかった。SiONのジオメトリがリークすることはなかった。Chipworksの良友は、SemiConのブースに入りそのもスターを手に入れた。それらは28nm TSMCプロセスをベースにしたFPGAの一部の情報を手に入れただけだが、それらの発見から何を予測できるのか?並べてみる。

出典: semiaccurate.com

これらのショートストーリーは他のプロセスのことであり、一つは数多く語られていない28nm HPLか28nm 低電力HKMGである。それはXilinxが使用しており、Appleのチップが最もらしく、AMDが確実にほとんどのラインを使用しているだろうということである。もし全ての詳細をホッしているのなら、Chipworksブログ記事を読むと良い。そしてもしレポートを購入したいのなら購入ページに行くと良い。低消費電力プロセスはほとんどの人が思っているほど必要性に意味はなく、単にそのプロセスが高性能プロセスに比べてことのあるスイートスポットを手に入れることができるからである。

私達のニュースソースはTSMC 28nm HPプロセスはこれまでの間あまりうまくいっていないと言い、彼らのスタンスがはっきりしたSemiCon前にチェックしている。二つのプロセスの大きな違いといえば、SiGeはより確実であり、HPプロセスはまた問題を抱えている状況のように見える。

GPUチップにとってに意味のあるプロセスは非常に単純であり、40nm SiONプロセスよりもより良いが、28nm HPプロセスとしてセグメントを統合されることはないだろう。
もしあなたが自分のチップのために使うことができるのなら、AMDはそれらを使うことができるし、あなたはHPプロセスが立ち上がる6ヶ月後まで待つことは出来ないだろう。

最近の第1四半期では多分、Keplerのために28nm HPプロセスラインの一部がが使用されるように見える。一つの関連事項は、低消費電力プロセスは低動作クロックを意味しやすく、Nvidiaはベースクロックの2倍の速度でシェーダーを動作させ、AMDがそれらのことを2倍付近で動作させるだろう。このことはNvidiaのアーキテクチャがまだ固まらない間にAMDが28nm HPLを使うことが可能になる点がキーになるであろう。

ショートストーリーとして、AMDはSouthern Islandsをまもなく登場させ、NvidiaはいくつかのローエンドSIパーツをTSMCの28nm HPプロセスで組むことが可能になるだろう。私達は第3四半期はNvidiaが痛みを伴う経験をするだろうと知っており、そしてその情報は第4四半期の間には繰り返しより鋭くなるであろう。Chipworksに謝意を伝え、私達は今それらのピースがラインナップされるのか知っていることになる。

————

ひさびさなんで変な訳文になって読みにくいです。すみません。これならGoogle翻訳が読みやすいかも。

広告

nVidiaのGPU製品不具合集団訴訟の対象リスト公開 – 各社とも和解が成立

japan.cnet.com NVIDIA、集団訴訟の和解で対象機種のリストを公表 文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、福岡洋一2010年10月1日 14時16分 より。

概要として、

  • nVidiaのGPUチップ不具合について2007年にHP、Dell、Appleの3社から訴えられていた。
  • これまで原告側が個別にユーザに対して不具合の対応をしていた。
  • nVidiaは不具合解決のため4億5000万ドルを費やしている。
  • 不具合内容は「多重画像、スクリーン上でのランダムな文字の表示、スクリーン上での線の表示、無画像」(Dell発表)
  • 2010年8月12日の和解を受けて、NVIDIAは9月30日に和解文章をPDFで公開
  • 各社の50以上の製品リストがPDFの4ページからリストされている。
  • 主張されている内容に関して、「不正行為や責任についてのすべての申し立てをこれまで否認してきたし、今後も否認する」とも述べている。

nVidiaには自社で製造したGPU製品に責任は無いとこれからも主張するらしい。これらの経費は誰が負担するのだろう…。

FTCはIntelの足元に火を放ち続ける。SemiAccurateのCharlie Demerjian氏記事パート2翻訳

semiaccurate.com FTC holds Intel’s feet to the fire Part 2: Sales, MCMs and Apple by Charlie Demerjian August 5, 2010 より。

パート1はこちらから。

FTCはIntelの足元に火を放ち続ける。

パート2 販売、MCM(Multi Chip Module 最近のIntelのx86CPUで採用されているパッケージ技術)そしてApple

by Charlie Demerjian

2010年8月5日

SemiAccurateが見たIntelとFTCの和解内容のパート2は、販売方法、リベート、MCM,鳥肌とAppleに開かれたひびを見ていこう。これについてはたくさんのスキャンダルがあり、いくつかの商慣行はあなたに頭痛をおこさせるだろう。

■販売方法とリベート

第IV章の中で、トピックは販売戦略であり、それはAMDとの同意の前にほとんど隠されていた。Intelはそもそも最初から疑いがかけられた振る舞いをしなかったので、合意内容によって引き続き気に触ることもなく陽気に実行した。ふう。

現在法的には禁じられた振る舞い、ふたたび言うが、Intelが競合会社たちを排除するためによく使われた独占、リベート、ディスカウント、その他いろいろなことを行うことは普通であった。今回は、冷ややかな目で見られた小さな谷から伝ってOEM会社や顧客たちが叩いた。だけれどもそこにはいくつかの宝石が転がっている。

最初の場所は第IV章のA項目7で、Intelは殆どに人々が露骨だと思う方法でディスカウントをしていることを禁じている項目である。Intelは確実に売上レベルに到達するときのみディスカウントしているだけに見える。もしIntelが1年間に50,000個以上ののCPUを注文するときにディスカウントを実行するとき、さらに10万個、そして更に15万個とこれらのレベルを設定することは今では実際には許容されない。

第IV章のA項目7には、例えばIntelはCPUの1〜49,999個までは一つあたりの価格を一つの値段の見つけるべきであり、50,000〜99,999個まではディスカウントを実施し、100,000〜149,999個のCPUでまたディスカウントの価格を決めると。Intelがすることができないことは、彼らが他で実行しているように最初の49,999個までのCPUに同じ金額でOEMメーカ先に遡及して提供することである。

この事が些細で掴み所の無い様に思える間、月当たり1万個多めにCPUチップをOEMメーカへ提供するようなことをするため、かつCPUチップを「ただ」で追加させるのに十分な仕入れをすることでディスカウントして提供することからIntelを阻止している。幾人かの人々がSemiAccurateに、IntelはAMDのチップ採用数をOEMメーカ向け販売数の10%と見ており、OEMメーカにこれ以上AMDの製品を購入する必要が無いようにさせるためにCPUを充分なだけ急激にディスカウントしているようだと語った。

この過去にさかのぼったディスカウントは、Intelがそれら新CPUを基本的に0ドルとして価格をつけることができ、そしてそれ以外の販売の90%以上で償却している。もし最初の90%のCPUが1個あたり100ドルで販売されたとしたら、Intel繰り返しこの様に言われて販売される。「私たちはもしあなたが仕入れの10%以上の売上目標に届くだけならば、すべての月の仕入れを10%ディスカウントし、あなたはいいえというだけの愚か者になる必要がある。」

もしOEMメーカがひと月に10万台のPCを提供するのなら、1個あたり100ドルのIntelCPUを9万個手に入れるのに900万ドルのコストがかかる。もしAMDが訪れて、彼らのCPUを1個あたり50ドルで残りの10%分を提供するなら、そのことはそれらのCPUを50万ドルでてにれることであり、OEMメーカのトータルのコストは950万ドルとなる。充分公正である。

その後Intelが訪れて、OEMメーカに対しAMDに変更するよりも追加で1個あたり90ドルで1万個のCPUを提供すると申し出、価格表の10%分をディスカウントする。その10%ディスカウントは顧客のその他の仕入れの90%まで及び、そしてOEMメーカは10万個のCPUを900万ドルで手に入れて取引を終了する。これはマジックだ。Intelは効果的にAMDを締め出し、最大AMDが獲得できるほぼ2倍の価格の平均販売価格を維持できる。

Intelの販売員はあなたの目をじっと見て、彼らはそれら1万個のCPUをOEMメーカに対し1個あたり90ドルで販売したと表向きは話すだろう。事実上だが、彼らはAMDを締め出してOEMメーカに1万個のCPUを提供していた。これは全く持って下品な方法だが法律は破っていない。ともかくその戦術は今は隠されたままである。

■MCMとでこぼこ

第IV章のB項目2に移動して、私たちはnVidiaのいくつかの奇妙な主張について取り上げる。それは、Intelは「コンピュータ製品の関連性のある製品に牽制するために同じようなモデルナンバーを使ってはいけない、またコンピュータ製品向けチップセットと同時に牽制するために対象企業の関連する製品を供給してはいけない、また対象企業に関連するコンピュータチップセットを供給してはいけない。」と述べている。

これは奇妙に見えるだろうが、その事を行うことは「開示された」いくつかの条文と連動した事柄であり、最新の分析では、nVidiaにIntelのMCMへつなげるよう強要させることである。Intelの「Arrandale」や「Clarkdale」MCMにnVidiaのメモリコントローラやGPUを一緒にヒートスプレッダの下に置くことを想像してみると、この考えが理解できる。

nVidiaのIntelに対しての対抗訴訟のなかで、112_200903261953290462.pdfとなめらかにタイトルをつけられたファイルのケース C.A.番号4373-VCSという編集済みの公開文章があり、この文章のトピックは35番目の段落で取り上げられており、それは「Intelと誠実に議論し解決しようと試みて、nVidiaはNvidiaの「Nehalem」互換のチップセットについてライセンスを継続してほしいとして詳細に渡る技術的な説明を提供した。nVidiaはIntelが不当に狭めた定義を用いることでさえ『編集して』チップセットのライセンスを継続するよう弁明し説明した。始め『それは了承できない』とnVidiaの詳細な技術的な説明文章が実際の会合の時に提出された後、Intelは即座にnVidiaのポジションを剥奪するという文章をnVidiaに送った。」

nVidiaがこの為に訪ねていることは、IntelのMCMと一緒についてくるチップの二つのうち一つを置き換えるということである。もしあなたがこれは健全な技術的な提案であると思い、この三つのパートの話(three part story ※英文 nVidiaの半導体設計開発力が以下にヘボいのかを解説している)を読んでみよう。その全体の企みはnVidiaのパッケージテクノロジに依存しており、いくつかは彼らはまだ実現することができない(※英文 FermiアーキテクチャのGeforce GTX480のこと)。もし近い将来ひび割れてでこぼこになった煙のくすぶる半分だけ動いているMCMの山を気がつくのなら、あなたは一人ではない。

nVidiaが約束した目標に到達することに失敗したことは、彼らは暴力的なまでにしゃくにさわっている。私は、もしFTCがnVidiaがパッケージテクノロジを開かれた市場にこの全てを実行させることができなかったとき、その悲劇を買い取るだろうかと不思議に思う。Intelはたくさんの技術を展開し、そして彼らはパッケージテクノロジーの巨匠である。nVidiaはその簡単な技術を適切に実現させることができないが、彼らはそれについて大声で怒鳴るだろう。

第IV章のB項目2ではnVidiaのパーツ無しの物と同じ物をnVidiaの部品と一緒になったCPUをMCMと呼ぶことからIntelに再発防止をさせている全てのについて書かれている。Intelの製品のネーミングが人にわかり易くしている間に(※英文)簡単に行う方法がある。Intelのパーツと一緒になったいかなるCPUは、nVidiaのチップと一緒にそれらを載せた等しいパーツより一つだけいくつかネーミングすることが可能になるだろう。より大きいことは良い事である。、いいかい、この場合、より大きいことは信頼性よりも良い事であるのだろう。

私はある未来を見ることができる。Intelの二つのチップが入った「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.785と、それと同等なIntelとnVidiaのハイブリッドモデルとして「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.7804ooOOO00O0Oo 型番00OoO930729/i33%&ARZ2125-NV=-HT1946+++ATHを。もし会社が所構わずすべての商標登録済みの製品を使わないのなら、SemiAccurateは市場ファンドの否定からIntelにこれらの同意をやめさせることができるとは思わない。

■Appleの壊れた自由

その他の爆弾は、第IV章のB項目8にあるAMDのCPUをAppleに採用の自由を与えることである。どのように?それはいかなる会社もIntelが技術的に支払われるのに充分な期間もしくは最初の製品が桁外れの支援を得て利益をえた時から30ヶ月のみ排他的な同意を可能とし「桁外れの支援」の提供を受けられると記載されている。

現在のPC業界における暗い秘密の一つはAppleはマザーボードを作らず、彼らは最も大きなIntelのホワイト(もしくはシルバー)ボックス(※PCショップなどで販売されている
ノーブランド・もしくはショップブランドのPC)販売業者ということである。Intelは群を抜いた偉大なマザーボードを製造しており、アップルは巨大な、いやそれ以上に大きな発注を行うことで信頼性を低下させたそれらに可愛らしいパッケージを施して包み隠している。MacBook Airを思い出せるか?あなたがそれについて認めるまでの類まれな技術的特徴はいくつかの機能が省かれたIntel Metroラップトップボードより勝るところは何もない。

それは二つの理由によってAMDのCPUがAppleの製品の中に入ることことは無い。最初の理由はAMDのCPUにはIntelのCPUと比較して全ての製品がそろっているわけでなく、特にそれはモバイルサイドで見られる。iMacがPhenomII HEが良い居所になるであろうと予測している間、その休みは公平に見ても不適応である。これは完全にAMD側の失態であり、彼らが新しいCPUコアを手に入れた時か、少なくともCPUコアの問題を見通すことがAppleにとって切実な理由が出るまでは修正することはないだろう。

それらのやむを得ない理由はLlanoであろう。その問題はあなたがAMDに、いつもAppleに入り込む可能性について尋ねるときであり、彼らはその事で動いているということを丁重に返答するだろうし、そして「独占的同意が…」とつぶやきながら歩き去っていくであろう。これらの同意について尋ねるとき、その要点は素早くすりかえられるであろう。

同意条項の様々な種類が現在効果的に隠蔽されており、私たちは来年にはLlanoを採用したiMacを見れるだろうか? ただしIntelは出来る限りグラフィクス部分と一緒に含めたがっており、私たちはおそらく実現するだろうと考えている。それらの規約が公的に失われた後までにIntelにグラフィクスについて真剣に捉えてくれるまであなたは息を止め続けていられないだろう。

パート3では、証拠の隠蔽、コンパイラ、そして技術的な監視について述べる。

—-

間違いだらけ。エキサイト翻訳より悪いかも。それでもパート3を読みたいのなら止めません。

「leddownは英文記事を勝手に翻訳しただけであり、このブログ以外で宣伝行為は一切しておりません」

FTCはIntelの足元に火を放ち続ける。

パート2 販売、MCM(Multi Chip Module 最近のIntelのx86CPUで採用されているパッケージ技術)そしてApple

by Charlie Demerjian
2010年8月5日

SemiAccurateが見たIntelとFTCの和解内容のパート2は、販売方法、リベート、MCM,鳥肌とAppleに開かれたひびを見ていこう。これについてはたくさんのスキャンダルがあり、いくつかの商慣行はあなたに頭痛をおこさせるだろう。

■販売方法とリベート

第IV章の中で、トピックは販売戦略であり、それはAMDとの同意の前にほとんど隠されていた。Intelはそもそも最初から疑いがかけられた振る舞いをしなかったので、合意内容によって引き続き気に触ることもなく陽気に実行した。ふう。

現在法的には禁じられた振る舞い、ふたたび言うが、Intelが競合会社たちを排除するためによく使われた独占、リベート、ディスカウント、その他いろいろなことを行うことは普通であった。今回は、冷ややかな目で見られた小さな谷から伝ってOEM会社や顧客たちが叩いた。だけれどもそこにはいくつかの宝石が転がっている。

最初の場所は第IV章のA項目7で、Intelは殆どに人々が露骨だと思う方法でディスカウントをしていることを禁じている項目である。Intelは確実に売上レベルに到達するときのみディスカウントしているだけに見える。もしIntelが1年間に50,000個以上ののCPUを注文するときにディスカウントを実行するとき、さらに10万個、そして更に15万個とこれらのレベルを設定することは今では実際には許容されない。

第IV章のA項目7には、例えばIntelはCPUの1〜49,999個までは一つあたりの価格を一つの値段の見つけるべきであり、50,000〜99,999個まではディスカウントを実施し、100,000〜149,999個のCPUでまたディスカウントの価格を決めると。Intelがすることができないことは、彼らが他で実行しているように最初の49,999個までのCPUに同じ金額でOEM先に遡及して提供することである。

この事が些細で掴み所の無い様に思える間、月当たり1万個多めにCPUチップをOEMへ提供するようなことをするため、かつCPUチップを「ただ」で追加させるのに十分な仕入れをすることでディスカウントして提供することからIntelを阻止している。幾人かの人々がSemiAccurateに、IntelはAMDのチップ採用数をOEM向け販売数の10%と見ており、OEMにこれ以上AMDの製品を購入する必要が無いようにさせるためにCPUを充分なだけ急激にディスカウントしているようだと語った。

この過去にさかのぼったディスカウントは、Intelがそれら新CPUを基本的に0ドルとして価格をつけることができ、そしてそれ以外の販売の90%以上で償却している。もし最初の90%のCPUが1個あたり100ドルで販売されたとしたら、Intel繰り返しこの様に言われて販売される。「私たちはもしあなたが仕入れの10%以上の売上目標に届くだけならば、すべての月の仕入れを10%ディスカウントし、あなたはいいえというだけの愚か者になる必要がある。」

もしOEMがひと月に10万台のPCを提供するのなら、1個あたり100ドルのIntelCPUを9万個手に入れるのに900万ドルのコストがかかる。もしAMDが訪れて、彼らのCPUを1個あたり50ドルで残りの10%分を提供するなら、そのことはそれらのCPUを50万ドルでてにれることであり、OEMのトータルのコストは950万ドルとなる。充分公正である。

その後Intelが訪れて、OEMに対しAMDに変更するよりも追加で1個あたり90ドルで1万個のCPUを提供すると申し出、価格表の10%分をディスカウントする。その10%ディスカウントは顧客のその他の仕入れの90%まで及び、そしてOEMは10万個のCPUを900万ドルで手に入れて取引を終了する。これはマジックだ。Intelは効果的にAMDを締め出し、最大AMDが獲得できるほぼ2倍の価格の平均販売価格を維持できる。

Intelの販売員はあなたの目をじっと見て、彼らはそれら1万個のCPUをOEMに対し1個あたり90ドルで販売したと表向きは話すだろう。事実上だが、彼らはAMDを湿出してEOMに1万個のCPUを提供していた。これは全く持って下品な方法だが法律は破っていない。ともかくその戦術は今は隠されたままである。

MCMとでこぼこ

第IV章のB項目2に移動して、私たちはnVidiaのいくつかの奇妙な主張について取り上げる。それは、Intelは「コンピュータ製品の関連性のある製品に牽制するために同じようなモデルナンバーを使ってはいけない、またコンピュータ製品向けチップセットと同時に牽制するために対象企業の関連する製品を供給してはいけない、また対象企業に関連するコンピュータチップセットを供給してはいけない。」と述べている。

これは奇妙に見えるだろうが、その事を行うことは「開示された」いくつかの条文と連動した事柄であり、最新の分析では、nVidiaにIntelのMCMへつなげるよう強要させることである。Intelの「Arrandale」や「Clarkdale」MCMにnVidiaのメモリコントローラやGPUを一緒にヒートスプレッダの下に置くことを想像してみると、この考えが理解できる。

nVidiaのIntelに対しての対抗訴訟のなかで、112_200903261953290462.pdfとなめらかにタイトルをつけられたファイルのケース C.A.番号4373-VCSという編集済みの公開文章があり、この文章のトピックは35番目の段落で取り上げられており、それは「Intelと誠実に議論し解決しようと試みて、nVidiaはNvidiaの「Nehalem」互換のチップセットについてライセンスを継続してほしいとして詳細に渡る技術的な説明を提供した。nVidiaはIntelが不当に狭めた定義を用いることでさえ『編集して』チップセットのライセンスを継続するよう弁明し説明した。始め『それは了承できない』とnVidiaの詳細な技術的な説明文章が実際の会合の時に提出された後、Intelは即座にnVidiaのポジションを剥奪するという文章をnVidiaに送った。」

nVidiaがこの為に訪ねていることは、IntelのMCMと一緒についてくるチップの二つのうち一つを置き換えるということである。もしあなたがこれは健全な技術的な提案であると思い、この三つのパートの話を読んでみよう。その全体の企みはnVidiaのパッケージテクノロジに依存しており、いくつかは彼らはまだ実現することができない。もし近い将来ひび割れてでこぼこになった煙のくすぶる半分だけ動いているMCMの山を気がつくのなら、あなたは一人ではない。

nVidiaが約束した目標に到達することに失敗したことは、彼らは暴力的なまでにしゃくにさわっている。私は、もしFTCがnVidiaがパッケージテクノロジを開かれた市場にこの全てを実行させることができなかったとき、その悲劇を買い取るだろうかと不思議に思う。Intelはたくさんの技術を展開し、そして彼らはパッケージテクノロジーの巨匠である。nVidiaはその簡単な技術を適切に実現させることができないが、彼らはそれについて大声で怒鳴るだろう。

第IV章のB項目2ではnVidiaのパーツ無しの物と同じ物をnVidiaの部品と一緒になったCPUをMCMと呼ぶことからIntelに再発防止をさせている全てのについて書かれている。Intelの製品のネーミングが人にわかり易くしている間に簡単に行う方法がある。Intelのパーツと一緒になったいかなるCPUは、nVidiaのチップと一緒にそれらを載せた等しいパーツより一つだけいくつかネーミングすることが可能になるだろう。より大きいことは良い事である。、いいかい、この場合、より大きいことは信頼性よりも良い事であるのだろう。

私はある未来を見ることができる。Intelの二つのチップが入った「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.785と、それと同等なIntelとnVidiaのハイブリッドモデルとして「ナニカイミノヨクワカラナイ」CPUモデル No.7804ooOOO00O0Oo 型番00OoO930729/i33%&ARZ2125-NV=-HT1946+++ATHを。もし会社が所構わずすべての商標登録済みの製品を使わないのなら、SemiAccurateは市場ファンドの否定からIntelにこれらの同意をやめさせることができるとは思わない。

■アップルの壊れた自由

その他の爆弾は、第IV章のB項目8にあるAMDのCPUをAppleに採用の自由を与えることである。どのように?それはいかなる会社もIntelが技術的に支払われるのに充分な期間もしくは最初の製品が桁外れの支援を得て利益をえた時から30ヶ月のみ排他的な同意を可能とし「桁外れの支援」の提供を受けられると記載されている。

現在のPC業界における暗い秘密の一つはAppleはマザーボードを作らず、彼らは最も大きなIntelのホワイト(もしくはシルバー)ボックス(※PCショップなどで販売されている
ノーブランド・もしくはショップブランドのPC)販売業者ということである。Intelは群を抜いた偉大なマザーボードを製造しており、アップルは巨大な、いやそれ以上に大きな発注を行うことで信頼性を低下させたそれらに可愛らしいパッケージを施して包み隠している。MacBook Airを思い出せるか?あなたがそれについて認めるまでの類まれな技術的特徴はいくつかの機能が省かれたIntel Metroラップトップボードより勝るところは何もない。

それは二つの理由によってAMDのCPUがAppleの製品の中に入ることことは無い。最初の理由はAMDのCPUにはIntelのCPUと比較して全ての製品がそろっているわけでなく、特にそれはモバイルサイドで見られる。iMacがPhenomII HEが良い居所になるであろうと予測している間、その休みは公平に見ても不適応である。これは完全にAMD側の失態であり、彼らが新しいCPUコアを手に入れた時か、少なくともCPUコアの問題を見通すことがAppleにとって切実な理由が出るまでは修正することはないだろう。

それらのやむを得ない理由はLlanoであろう。その問題はあなたがAMDに、いつもAppleに入り込む可能性について尋ねるときであり、彼らはその事で動いているということを丁重に返答するだろうし、そして「独占的同意…」とつぶやきながら歩き去っていくであろう。これらの同意について尋ねるとき、その要点は素早くすりかえられるであろう。

同意条項の様々な種類が現在効果的に隠蔽されており、私たちは来年にはLlanoを採用したiMacを見れるだろうか? ただしIntelは出来る限りグラフィクス部分と一緒に含めたがっており、私たちはおそらく実現するだろうと考えている。それらの規約が公的に失われた後までにIntelにグラフィクスについて真剣に捉えてくれるまであなたは息を止め続けていられないだろう。

パート3では、証拠の隠蔽、コンパイラ、そして技術的な監視について述べる。

AMD/ATIのGPUシェアがnVidiaを追い抜く 更新2010年8月2日

cnet.com AMD tops Nvidia in graphics chip shipments

cnet.com Graphics chip market seeing big changes より。

  • Mercury Researchによると、2010年の第2四半期のディスクリートGPU市場において、AMDが51%、nVidiaが49%とシェアが逆転した。
  • なおGPU全体の市場ではIntelが54.3%、AMDが24.5%、nVidiaが19.8%である。昨年の同時期ではnVidiaは29.6%、AMDが18.2%であった。
  • その結果ディスクリートGPU市場でAMDが1位となり、nVidiaを2位に追いやった。

とうとうGPUボードのシェアがAMD/ATIとnVidiaが逆転した。Rambusの特許侵害による米ITCの輸入禁止の最終決定が下ったばかりなのに。具体的な数値がnVidiaの凋落を物語っている。nVidiaが8月頃にGF106を出荷する時期に、AMDはSouthern IslandsチップHD6000シリーズや、AMDのGPU統合型CPUデスクトップ版 FusionAPU「Ontario」の情報が出てくるだろう。

nVidiaは本業のディスクリートGPUを疎かにしないで、Tegraなんかにリソースを割いている場合ではないと思うが。AMDもサーバ関連はIntelに食われているので後に引けないのは同じか?

なお、xbitlabs.comにより詳細な内容が記事になっていた。

  • nVidiaの2011年第1四半期の総売上は10億ドル。
  • うち一般向け製品が7億8,090万ドル。
  • QuadroやTeslaなどプロフェッショナル向けが1億8,970万ドル。
  • Tegraやコンシューマゲーム機のロイヤリティが3,120万ドル。
  • nVidiaは経済問題とメモリコストの上昇が売上減少につながっているとアナウンスしている。
  • だが根本的な原因はDirectX11チップを一般市場に十分に供給できない点と、Fermiアーキテクチャの失敗にある。
  • AMDの売上増にはチップセット統合型GPUは含まれていない。
  • 一般向けコンピュータシーズンでは新学期(海外では9月が一般的)に向けて、appleがiMacでGeforce9400MチップセットではなくAMD Radeon HDに切り替えた。
  • nVidiaは急いでGF106やGF108などメインストリーム・エントリー向けのGPUを出荷すべき。
  • その間にAMDはHD6000シリーズを出荷するかHD5000シリーズをより多く揃えることができる。

Tegraはゲーム機のロイヤリティ含めても売上の3%・・・。

追加 2010年8月2日

各GPUメーカの2010年第2四半期マーケットシェアの概要を追加した。

Brief Graphics Market Overview for Q2 2010 – Market Shares in %
Data by Mercury Research
Overall Desktop Discrete Mobile Discrete Total Discrete
ATI/AMD 24.5% 44.5% 56.3% 51.1%
Intel 54.3%
Nvidia 19.8% 55.2% 43.7% 48.8%
Matrox <0.1% 0.3% 0.1%
S3 Graphics/Via 0.7%
SiS 0.7% 0

表の引用元はxbitlabs.comより。