AMD Radeon HD6800ドキュメントがリーク – BartsがHD6800シリーズとなる?

vr-zone.com AMD Radeon HD 6800 Document Leaked Published on Friday, October 8 2010 2:59 pm by Sub より。

新たに登場する予定のRadeon HD6800シリーズのPDF概要ドキュメントのスクリーンショットがリークした。出典はIT.com.cnで、Chiphellが掲載した。だけれどもドキュメントは簡体中文であるが、いくつかもの詳細が暴露されている。たとえば命名体系やトレードマークの特徴などが英語で書かれている。予測されるRadeon HD6870の特徴はGDDR5メモリとPCI Express 2.1 x16をサポートし、DirectX11やEyefinityに加え、「EyeSpeed」と呼ばれる機能jが追加されている。UVD3も記載されているが、詳細は中国語である。意外ではないが、AMDはついにnVidia 3DVisionの代替技術を導入している。名前はAMD HD3Dである。そして極めて重要な情報がこの後記載されているが、Barts XTとはAMD Radeon HD6870であり、Barts Proは Radeon HD6850のことである。

噂では長い間Bartsはメインストリーム向けHD5700 Juniperの置換えであり、Caymanが性能重視のCypressの置き換え、dual-Caymanが高性能であるAntillesプロダクトであると信じられていた。これはBartsはHD6700、CaymanはHD6800、AntillesはHD6900であると論理的に導き出された結果である。BartsがHD6700の代わりにHD6800となるとしばらく噂が流れていたが、当初は高性能を重視する消費者によって無視されていた。だけれども、PDFドキュメントが正式なものであると仮定するのなら、もしBartsは実はHD6800であり、CaymanとAntillesはどの位置づけになるのだろう?確かに、CaymanはHD6850/6870になることが出来るが、Antillesについてはどうなるのか?そのスライドはまたAMDの命名他医系に衝いて言及しており、確実な接尾辞は「30」「50」「70」であり、HD6900は不確実である。それに加えこ噂のAntillles Proは事実ではない。そしてもしBartsがHD6800であり、この意味がHD5800より遅いのかかろうじて速いのだろうか?

明らかにいくつかの噂と数多くの相反する情報であり、多くのことが命名体系から推測する必要がある。

加えて、Chiphellの投稿者はHD6800の価格は300ドル未満であると強調している

参考元:Chiphell

うわさ AMD Radeon HD6870が2010年11月に登場 – チップ製造は非常に良好 SemiAccurate Charile Demerjian氏記事

AMD’s 6870 coming in November Early silicon doing very well by Charlie Demerjian September 24, 2010 より。

AMDのHD6870は11月にやってくる

初期シリコン製造は非常にうまくいっている
Charlie Demerjian
2010年9月24日

ATIが、おっとすまないAMDは、HD6870をうまく軌道に乗せているようである。早くもAMD中央からは二つの大きな情報が手に入った。

私たちは既にATIの、またすまないAMDの最初のシリーズである「Northern Islands」ファミリーの「Barts」が既にテープアウトしたことを伝えた。「Barts」はミドルレンジでNvidia GF104/GTX460に正面から対抗するために作られており、それはHD6770と呼ばれている。それはまもなく出荷準備をしており、強豪相手を消し去る予定である。

「Barts」の兄である「Cayman」は「Barts」の1ヶ月以内にテープアウトし、それは「Barts」から1ヶ月後に通りを埋め尽くすと予想している。これは11月の中旬から下旬にかけてHD6870として店に並ぶだろう。SemiAccurateのソースは私たちにそれが正確に起きることを話している。

OEMへの発送は「Barts」HD6770が通りを埋め尽くす時期に出荷開始される予定である。これは2週間〜4週間後のブラックフライデー(感謝祭翌日)に合わせるだろう。ブラックフライデー以前の噂は適切でなく、このカードは本当に出荷され、nVidiaが2009年にFermiを本物としてモックアップを掲げたときとは違う

この出来事ののもう一つの側面は、前回と異なり最後が870の数値以外のカードが今回は非常に大量に供給されているということである。それは既に需要に応じて初期の在庫不足が生じた時から、周辺のウエハース供給が非常に多く、頂点に達し歩留まりも非常によく、最初の工場からでたシリコンウエハースはHD5870/Cypressが同じラインで製造されたときよりも遥かに歩留まりが良くなっている。

結論として11月には「Northern Islands」カードのHD6800とHD6700の両方共非常に大量に供給されるだろう。もし需要が正常な場合、デュアル「Cayman」カードであるHD6900「Antilles」は2010年末よりも前に市場に登場するだろう。もしHD6870の需要が高すぎる場合、HD6970は適切に供給ができるようになるまで少しだけ登場が遅れるだろう。ATI、おっとまたまたすまないAMDは前回の件からそれについて強く学んでいる。

暇なのなら、2010年残りの時期はGPUのスタートポイントとして非常に興奮するだろう。そして2011年初旬もいい感じだろう。もしあなたがnVidiaの株式を保有しているのなら、あまり楽しめないだろうが。