Southern Islands、Kepler、そしてApple A6 プロセッサの謎が解けた Semiaccurate Charlie Demerjian氏

Semiaccurate.com Southern Islands, Kepler, and Apple’s A6 process puzzle outed It all makes sense now By Charlie Demerjian より。

Southern Islands、Kepler、そしてApple A6 プロセッサの謎が解けた

たった今全てが判明する

By Charlie Demerjian

TSMCの28nm HKMGプロセスの最初のかけらは先週のSemiConにて公開され、全てが判明した。ChipworksはXilinx Kinetex-7 FPGAを手に入れ、作業テーブルの上でいくつかの秘密を暴露した。

もしあなたが思い出せるのなら、AMDはSemiAccurateを含む殆どの人々の予想よりもSouthern Islandsチップが早く製造ラインにのり、今四半期にさえ可能であると予測した。その現実的な疑問はそれらのチップがTSMCの40nm SiONもしくは28nm HKMGプロセスのどちらで製造されているかということである。40nm は大きく、熱く、南の島といういよりは火山島を思わせる制限があり、28nm SHP HKMGプロセスは直近の第1四半期まではサポートしないというのが最も良いケースであった。これらのショートストーリーではSouthern Islandsでは使われないということが最もらしいというものである。

28nm LPの名前で知られる28nm SiONをそのまま放置され、低消費電力ARMベースのSoCの為に存続が可能であったが、高い消費電力のGPUでは使えなかった。SiONのジオメトリがリークすることはなかった。Chipworksの良友は、SemiConのブースに入りそのもスターを手に入れた。それらは28nm TSMCプロセスをベースにしたFPGAの一部の情報を手に入れただけだが、それらの発見から何を予測できるのか?並べてみる。

出典: semiaccurate.com

これらのショートストーリーは他のプロセスのことであり、一つは数多く語られていない28nm HPLか28nm 低電力HKMGである。それはXilinxが使用しており、Appleのチップが最もらしく、AMDが確実にほとんどのラインを使用しているだろうということである。もし全ての詳細をホッしているのなら、Chipworksブログ記事を読むと良い。そしてもしレポートを購入したいのなら購入ページに行くと良い。低消費電力プロセスはほとんどの人が思っているほど必要性に意味はなく、単にそのプロセスが高性能プロセスに比べてことのあるスイートスポットを手に入れることができるからである。

私達のニュースソースはTSMC 28nm HPプロセスはこれまでの間あまりうまくいっていないと言い、彼らのスタンスがはっきりしたSemiCon前にチェックしている。二つのプロセスの大きな違いといえば、SiGeはより確実であり、HPプロセスはまた問題を抱えている状況のように見える。

GPUチップにとってに意味のあるプロセスは非常に単純であり、40nm SiONプロセスよりもより良いが、28nm HPプロセスとしてセグメントを統合されることはないだろう。
もしあなたが自分のチップのために使うことができるのなら、AMDはそれらを使うことができるし、あなたはHPプロセスが立ち上がる6ヶ月後まで待つことは出来ないだろう。

最近の第1四半期では多分、Keplerのために28nm HPプロセスラインの一部がが使用されるように見える。一つの関連事項は、低消費電力プロセスは低動作クロックを意味しやすく、Nvidiaはベースクロックの2倍の速度でシェーダーを動作させ、AMDがそれらのことを2倍付近で動作させるだろう。このことはNvidiaのアーキテクチャがまだ固まらない間にAMDが28nm HPLを使うことが可能になる点がキーになるであろう。

ショートストーリーとして、AMDはSouthern Islandsをまもなく登場させ、NvidiaはいくつかのローエンドSIパーツをTSMCの28nm HPプロセスで組むことが可能になるだろう。私達は第3四半期はNvidiaが痛みを伴う経験をするだろうと知っており、そしてその情報は第4四半期の間には繰り返しより鋭くなるであろう。Chipworksに謝意を伝え、私達は今それらのピースがラインナップされるのか知っていることになる。

————

ひさびさなんで変な訳文になって読みにくいです。すみません。これならGoogle翻訳が読みやすいかも。

広告

NVIDIAのProject Denverのファーストシリコンは8コアARM、256CUDAコアのAPU?

1st Silicon with NVIDIA Project Denver is an 8-Core ARM, 256 CUDA Core APU? 7/18/2011 by: Theo Valich – Get more from this author より。

NVIDIAのProject Denverのファーストシリコンは8コアARM、256CUDAコアのAPU?

複数のニュースソースから聞いた情報によると、NVIDIAは最近コードネーム「Project Denver」のSoCである最初の「CPU」を目標とした設計を公開し展開を始めた。

私達が入手した情報は、プロジェクトデンバーCPUコアが「T40 – Tegra4 (Wayne)」に非常に似ているように見える。内部スケジュールによると、Wayneのシリコンは今後2週間以内にテープアウトする予定であり、ディベロッパーはそれらのプロトタイプシリコンを2011年12月に手に取ることができるとしている。Wayneシリコンは4つ以上のARMコアから成り立っており(NVIDIAはコアのタイプを公開しておらず、ふざけてて言うならA15かPDであろう)、64個以上のGPUコアを含む。

同じ2011年12月の間に、NVIDIAはProject Dennverをベースにしたファーストシリコンをテープアウトする予定である。それらは8コア以上のNVIDIAカスタムの64bit ARM CPUにGeForce 600クラスのGPUを組み合わせた物である。NVIDIAはCPUの開発に数多くの問題を抱え、一般的な意見としてはNVIDIAはシングルの28nm PD CPU設計と28nm Fermiベースの設計を細葉した慎重なアプローチを取るだろうと言われている。 言い換えれば、ノートPC・ローエンドデスクトップPC向け GeForce 600シリーズカード(「GeForce300」を思い出す?)にリフレッシュしたFermiベースの設計であると噂されてる。

他のニュースソースによるとこのニュースの題名のとおり、シリコンのGPU部分は「少なくとも256 CUDAコア」で、「Northern Islands」とBulldozer拡張CPUを組み合わせたAMDのTrinity APUを目標としているとのこと。VLIW4アーキテクチャとAMDのキーとなるAPUは2012年に登場する予定である。計算処理能力を拡張するため、NVIDIAは天国に登るような高い動作クロックを求めず、それぞれIPC(クロックあたりの処理可能な命令数)の向上を可能な限り高めることを求めている。まだその製品は現実的には2.0-2.5GHzでCPUやGPUが動作するだろうと予測されており、メモリーコントローラーとシリコンの残りの部分はより低い比率のクロックのまま動作すると予測されている。

AMDのAPU設計と異なり、CPUとGPUパーツはDDR3メモリの速度で動作するメモリコントローラにより接続されており、Project DenverはCPUとGPUがより緊密に通信可能な方法を模索しており、言い換えれば最も良いGPU設計は広帯域な接続により実現できるということである。NVIDIAはL1、L2、L3キャッシュの設計を従来通りでは設計せず、GPU部分がキャッシュメモリと1TB/sec以上のコネクションを持っており、噂にあったDenverコア設計と非常に良く似たアプローチをとっている。GPU部分同様に、メモリコントローラーはシリコンダイ面積をとっており、CUDAコアはCPUコアと接続されCPUは接続帯域の要求に対し優先してアクセスできる。

だけれどもNVIDIAはCPUに必要な全帯域の10-20%のみを必要としており、GPUは引き続きシステムメモリが充てられるだろう。

またノートPCやデスクトップ、サーバーのマザーボード設計が進行中で、PCI Express 3.0はメインコネクションの特徴であるとうたわれており、USB3.0やSATA 5GBpsが同時に接続される。これらの与えられた情報によると、NVIDIAは残りの全ての前線に攻撃を仕掛けるようだ。軽量ノートPC分野には低スケールTegra3と4(スマートフォン/タブレット/ネットブック)を割り当て、よりパワフルなシリコンは軽量ノートPCやデスクトップに使われ、サーバー分野にはより興味深い戦略で望むのだろう。

一方、PD CPUの1世代に、NVIDIAはパワフルなGPUを武器にブレードサーバ市場に算入することを望んでいるが、また一方でNVIDIAはTeslaのビジネスでIntelやAMDのx86コアへの依存を排除したがっている(一つのTeslaGPGPUは一つの- XeonかOpteron -が要求される)。それらが等しくx86からの脱却は確実に利益を多く見せるだろうが、一方でAMDとIntelは頭から足の先まで同じシリコンを使ったデスクトップ・ノートPCで利益を充填し楽しんでいる。

AMD Radeon HD6800ドキュメントがリーク – BartsがHD6800シリーズとなる?

vr-zone.com AMD Radeon HD 6800 Document Leaked Published on Friday, October 8 2010 2:59 pm by Sub より。

新たに登場する予定のRadeon HD6800シリーズのPDF概要ドキュメントのスクリーンショットがリークした。出典はIT.com.cnで、Chiphellが掲載した。だけれどもドキュメントは簡体中文であるが、いくつかもの詳細が暴露されている。たとえば命名体系やトレードマークの特徴などが英語で書かれている。予測されるRadeon HD6870の特徴はGDDR5メモリとPCI Express 2.1 x16をサポートし、DirectX11やEyefinityに加え、「EyeSpeed」と呼ばれる機能jが追加されている。UVD3も記載されているが、詳細は中国語である。意外ではないが、AMDはついにnVidia 3DVisionの代替技術を導入している。名前はAMD HD3Dである。そして極めて重要な情報がこの後記載されているが、Barts XTとはAMD Radeon HD6870であり、Barts Proは Radeon HD6850のことである。

噂では長い間Bartsはメインストリーム向けHD5700 Juniperの置換えであり、Caymanが性能重視のCypressの置き換え、dual-Caymanが高性能であるAntillesプロダクトであると信じられていた。これはBartsはHD6700、CaymanはHD6800、AntillesはHD6900であると論理的に導き出された結果である。BartsがHD6700の代わりにHD6800となるとしばらく噂が流れていたが、当初は高性能を重視する消費者によって無視されていた。だけれども、PDFドキュメントが正式なものであると仮定するのなら、もしBartsは実はHD6800であり、CaymanとAntillesはどの位置づけになるのだろう?確かに、CaymanはHD6850/6870になることが出来るが、Antillesについてはどうなるのか?そのスライドはまたAMDの命名他医系に衝いて言及しており、確実な接尾辞は「30」「50」「70」であり、HD6900は不確実である。それに加えこ噂のAntillles Proは事実ではない。そしてもしBartsがHD6800であり、この意味がHD5800より遅いのかかろうじて速いのだろうか?

明らかにいくつかの噂と数多くの相反する情報であり、多くのことが命名体系から推測する必要がある。

加えて、Chiphellの投稿者はHD6800の価格は300ドル未満であると強調している

参考元:Chiphell

AMD CEO Dirk Meyer「身売りしていないが有益な提案には耳傾ける」 – Oracle買収の噂否定

reuters.comChip maker AMD not for sale, CEO says By Tarmo Virki, European technology correspondent BARCELONA | Wed Oct 6, 2010 6:52am EDT

jp.reuters.com米AMD、身売りしていないが有益な提案には耳傾ける=CEO 2010年 10月 7日 12:10 JST より。

概要として、

  • バルセロナで行われているカンファレンスでAMD CEOのDirk Meyerは、「AMDを売ることはないが、そのような良い提案には耳を傾ける。また株主として参加することは歓迎する」と述べた。
  • 最近Oracle CEO Larry Ellisonが会社にマッチしたマイクロチップ技術を所有する会社を買収したいとの意向を先月語った。
  • AMDは世界で2番目に大きいマイクロチップメーカであり、PCのx86チップを製造している。
  • 近年携帯端末向けのARMを採用した製品がシェアを伸ばしているが、「ARMがAMDにとって驚異になることはない」とAMD CEOは語った。

まあ常識的な発言ですな。日本語ロイターの記事は元記事を省略しすぎ。

 

nVidia CEOはTegraの製造をTSMCからGlobalfoundriesに移行を否定する – nVidiaは虎の尾を踏んでしまったか?

Nvidia president denies shift of orders for Tegra from TSMC to Globalfoundries Monica Chen, Santa Clara; Joseph Tsai, DIGITIMES [Wednesday 6 October 2010] より。

台湾メディアの独占ニュースカンファレンスによると、nVidia代表取締役兼CEOであるJen-Hsun HuangはnVidiaがTegraプロセッサの製造委託先をTSMCからGlobalfoundriesに移行するだろうという噂を否定し、nVidiaとTSMCは力強く結ばれたパートナーであると強調した。

HuangはまたnVidiaのGPU市場シェアの減少は、第2四半期にたった二つのDirectX11ハイエンドFermiチップのみの出荷し、AMDにメインストリーム市場へのアドバンテージのチャンスを与えてしまったためと説明したが、nVidiaは既にFermiベースの製品のフルラインナップを用意しており、ノートPCおよびデスクトップPC向けディスクリートGPUカードの売上が上がると共に市場シェアも徐々に上がり始めると語った。

nVidiaは既にハイエンドGeforce GTX480/470とメインストリームGTX460とGTS450をローンチしており、エントリーレベルのGT430が新しいGPUシリーズのギャップを埋めるだろうとHuangは説明した。

現在の世界経済は素早く流動し第4四半期のPC市場の状態を正確に予測することは難しいことではあるが、Huangは四半期中のPC市場の需要について楽観的であり、中国の強い需要と、ヨーロッパやアメリカの需要が徐々に回復していると見ており、それ故nVidiaは第2四半期の売上は第2四半期に比べより力強いものであると見ている。

それに対してIntelとAMDの双方はCPUとGPUの統合を推し進めており、HuangはCPUとGPU演算方法は非常に複雑であると指摘し、それらを一緒にパッケーングする技術を開発することは難しい挑戦であり、もし如何なる問題が起きても製品ローンチに深刻な遅延を引き起こすだろう。事実AMD Fusionのローンチは2年間遅れ、現在のGPU統合型CPUに比べ低性能であり、IntelのSandy BridgeCPUは現在唯一DirectX10.1をサポートし二つを一緒に組み合わせる難しさを示している。

HuangはまたIntelの2012年のIby Bridge CPUは現在の問題を解決できるとは疑わしいと語った。それ故nVidiaはそのような状況に心配しておらず、nVidiaはGPU平行演算技術をかけがえのない技術になるであろうとしている。

Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meeakatのリリースに向けてフリーズ宣言 – リリースまでバグつぶし

gihyo.jp Ubuntu Weekly Topics 2010年9月24日号 10.10のFinal Freeze・Papercuts(6)・UWN#211・Hardware Summit・カーネルのセキュリティアップデート  2010年9月24日 吉田史

gihyo.jp  2010年10月1日号 10.10のRC・Ubuntu Font・10.10のPapercuts(7)・UWN#212・9.04のEOL・LibreOffice 2010年10月1日 吉田史 より。

Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meeakatのメジャーリリースに向けてリポジトリパッケージのフリーズが宣言された模様。あとはひたすらバグつぶし。

あとはユーザ操作を損ねるバグや挙動を100個潰していく修正マラソン「Hundred Papercut」で下記の内容が修正された模様。

  • LP#16492 マウスが利用されていない状況でキーボード入力があった場合,マウスカーソルを隠すべき。
  • LP#44082 何かの弾みでGNOMEの右側にあるべきアイコンが移動してしまうのを何とかしたい。
  • LP#206837 geditのウインドウの右端に,なぜか1ピクセル分の空きがある。
  • LP#386900 「Auto eth0」ではなく「eth0」と表記されるべき。
  • LP#387799 Nautilusと,GTKのファイルダイアログの間でファイルの並び替え機能が合致していない。
  • LP#410636 右クリックで開かれるメニューにおいて,「右クリックによってメニュー項目を実行できる」ようになっているため,油断するとメニューを開いた瞬間に処理を実行してしまうことがある。
  • LP#530751 「バッテリが放電中」ではなく「バッテリで動作中」とすべき。感電しそう。
  • LP#376966 gdebiがパッケージをインストールする際,「完了したら閉じる」チェックボックスを一度チェックしたら,それ以降のgdebiの利用時にも覚えておいてほしい。
  • LP#509656 ファイルの「詳細」表示時,時刻で並び替えを行った際,右端に表示される矢印の向きがNautilusとファイルダイアログで逆転している。
  • LP#550955 Software CenterのAboutダイアログが,設計と違ってモーダルダイアログになってしまっている。
  • LP#616569 Jockyの処理中,タイトルのついていないウインドウが表示される。
  • LP#39328 ウインドウ上でマウスホイールのスクロールを行うとウインドウが切り替えられる機能は,ノートPC上で悲惨な挙動になるので止めた方が良い。
  • LP#342567 NotifyOSD環境では,特定のキーを押し続けることでアクセシビリティ設定を行うことができない。
  • LP#395692 メニューエディタ上でドラッグアンドドロップすると,場所によって全く異なる操作になる。
  • LP#442940 インストール時にユーザー名を登録する際,スペルチェッカをかけた方がよい。ミススペルで悲しい想いをすることがある。
  • LP#507788 ヘルプにおいて,目次が表示される場所を左右どちらかに統一すべき。
  • LP#391223 Bluetoothデバイスをダブルクリックしたら,デバイス上のファイルを閲覧できるようにした方がよい。
  • LP#411559 管理者権限を利用した操作を行う時のパスワード認証においては,間違ったパスワードが入力された場合は「認証失敗」ではなく「パスワードが違います」といったものを出力した方がよい。
  • LP#618723 「アップデート・マネージャ」は「ソフトウェア・アップデータ」の方が分かりやすい。
  • LP#387382 アップデート・マネージャは,アップデートを試みる前にインターネット接続を確認すべき。
  • LP#66015 一部のアプリケーションで,スペルチェック辞書を選択するメニューで同じ言語を意味する項目が重複している。
  • LP#111939 ドラッグアンドドロップ中,Alt+Tabが効かないのは直すべき。
  • LP#155930 Synapticにおいて,「すべてのマークを外す」と,インストール済みといった情報まで消えてしまう。
  • LP#393358 Synapticやダウンロードマネージャで,ダウンロードが完了すると「ダウンロード速度」が「不明」になるのはナンセンス。
  • LP#426708 アップデート・マネージャにおいて,「バッテリで動作しています」という警告は良くない。「安全にアップデートするにはAC電源に接続すべき」といった記述にすべき。
  • LP#426710 ACアダプタを接続しているのに,「バッテリで動作しています」という警告が消えない。
  • LP#484249・LP#494772 アップデート・マネージャが自動的に起動したあげく,いきなり「バッテリで動作しています」と言い出すことがある。何のことだか分からない。
  • LP#492825 Ubiquityにおいて,「インストール」ボタンにアクセラレータ(ショートカットキー)が設定されていない。
  • LP#515682 「デスクトップを表示」のキーバインドは,Windowsと同じくSuper+Dにすべき。
  • LP#531400 インストール直後に生成される~/Examplesディレクトリに,異常に古いファイルやよくわからないファイル名のサンプルが放置されたままになっている。
  • LP#555213 プリンタジョブの表示部分だけ,システムのテーマの設定を無視している。
  • LP#586928・LP#600804 アップデート適用後の画面表示において,メニューに「再起動が必要です」と表示するのでは目的が不明瞭。「再起動(アップデート完了には必須)」といった 記述になるべき。しかも状況によっては,不要パッケージの削除の後に表示されるので,削除完了には再起動が必要なのかと思わされる。難解なので操作UIを 整理しなおすべき。

できればRadeonオープンソースドライバのGallium3Dでのバージョンアップが含まれていると嬉しい。(すぐにxorg-edgersいれるだろうけど)

  • LP#39328 ウインドウ上でマウスホイールのスクロールを行うとウインドウが切り替えられる機能は,ノートPC上で悲惨な挙動になるので止めた方が良い。
  • LP#342567 NotifyOSD環境では,特定のキーを押し続けることでアクセシビリティ設定を行うことができない。
  • LP#395692 メニューエディタ上でドラッグアンドドロップすると,場所によって全く異なる操作になる。
  • LP#442940 インストール時にユーザー名を登録する際,スペルチェッカをかけた方がよい。ミススペルで悲しい想いをすることがある。
  • LP#507788 ヘルプにおいて,目次が表示される場所を左右どちらかに統一すべき。
  • LP#391223 Bluetoothデバイスをダブルクリックしたら,デバイス上のファイルを閲覧できるようにした方がよい。
  • LP#411559 管理者権限を利用した操作を行う時のパスワード認証においては,間違ったパスワードが入力された場合は「認証失敗」ではなく「パスワードが違います」といったものを出力した方がよい。
  • LP#618723 「アップデート・マネージャ」は「ソフトウェア・アップデータ」の方が分かりやすい。
  • LP#387382 アップデート・マネージャは,アップデートを試みる前にインターネット接続を確認すべき。
  • LP#66015 一部のアプリケーションで,スペルチェック辞書を選択するメニューで同じ言語を意味する項目が重複している。
  • LP#111939 ドラッグアンドドロップ中,Alt+Tabが効かないのは直すべき。
  • LP#155930 Synapticにおいて,「すべてのマークを外す」と,インストール済みといった情報まで消えてしまう。
  • LP#393358 Synapticやダウンロードマネージャで,ダウンロードが完了すると「ダウンロード速度」が「不明」になるのはナンセンス。
  • LP#426708 アップデート・マネージャにおいて,「バッテリで動作しています」という警告は良くない。「安全にアップデートするにはAC電源に接続すべき」といった記述にすべき。
  • LP#426710 ACアダプタを接続しているのに,「バッテリで動作しています」という警告が消えない。
  • LP#484249・LP#494772 アップデート・マネージャが自動的に起動したあげく,いきなり「バッテリで動作しています」と言い出すことがある。何のことだか分からない。
  • LP#492825 Ubiquityにおいて,「インストール」ボタンにアクセラレータ(ショートカットキー)が設定されていない。
  • LP#515682 「デスクトップを表示」のキーバインドは,Windowsと同じくSuper+Dにすべき。
  • LP#531400 インストール直後に生成される~/Examplesディレクトリに,異常に古いファイルやよくわからないファイル名のサンプルが放置されたままになっている。
  • LP#555213 プリンタジョブの表示部分だけ,システムのテーマの設定を無視している。
  • LP#586928・LP#600804 アップデート適用後の画面表示において,メニューに「再起動が必要です」と表示するのでは目的が不明瞭。「再起動(アップデート完了には必須)」といった 記述になるべき。しかも状況によっては,不要パッケージの削除の後に表示されるので,削除完了には再起動が必要なのかと思わされる。難解なので操作UIを 整理しなおすべき。

GlobalfoudriesとSamsungのIBM製32nmプロセス製造に問題無し – アナリストの製造問題指摘に対して

xbitlabs.com Globalfoundries, Samsung Deny Problems with IBM’s 32nm Fabrication Process. 32nm High-K Gate-First Process Tech Has No Problems, IBM’s Fab Club Says[09/28/2010 10:50 PM] by Anton Shilov より。

GlobalfoudriesとSamsungのIBM製32nmプロセス製造に問題無し

初めての32nm High-K ゲートプロセス技術は問題無しとIBM Fabクラブは語った。
Anton Shilov
2010年9月28日

GlobalfoundriesとSamsung Electronicsの通称「IBM Fabクラブ」のメンバーは、初めての32nmおよび28nmゲートプロセス技術に如何なる問題も発生していないと語った。双方の会社はプロセス技術関連の問題が原因のチップ製造の遅れについて金融アナリストがAMDを介して確認したと主張している内容について否定した。

Barclays Bank所属のアナリストAndrew Luは、High-K メタルゲートファースト技術の最初の採用者が電子的に酸化させた層を積み上げているpMOS(positive tyme Metal Oxiide Semiconductor)で深刻になる温度により電圧のしきい値が変化し、ゲートスタックがまた積み上がってしまうことに関連したいくつかの問題に遭遇していると投資家に少し前に言及したと語った。単独でAMDは、x86コアとGPUが一つになった32nmSOIプロセス技術を採用したコードネーム「Llano」が2011年初旬から中旬にリリースが遅れることを発表した。

「High-Kメタルゲートファーストを採用した最初の半導体についていくつか誤解があるようだ。それらは電圧安定問題も存在せず、最近のプロセス製造と比較しても32nmゲートプロセスは優れた性能を発揮している。我々の32nm High-K/メタルゲートは「Fab1」から早期に製造開始しており、我々は顧客に対し性能に自信を持っており、半導体製造業界における我々の先進的なリーダーシップのポジションを維持している。我々は現在28nm技術の全ての設計を引き受けている。複数の顧客の設計品が既にシリコンチップとして製造しており、より数多くのテストチップがFab1から2010年末に早期リスク製造のプロトタイプ製造を行う。」との文章をGlobalfoundriesが発表した

GlobalfoundriesとIBM Fabクラブとは対照的に、TSMCとIntelはゲートラストのアプローチを使用している。ここ数日のうちに2世代High-Kメタルゲートベースの製品が出荷される。

「思い出してほしいことは、Samsungが2010年6月に32nm低電圧High-Kメタルゲートを我々のSラインで全ての認証に合格したことをアナウンスした。それは1000時間もの高温使用寿命(High Temp Operatiing Life)の定性分析を全て含み、何の問題も発生していない。」とSamsung広報者は語った。

—-

Llanoの出荷が遅れている理由は何だろう?

nVidiaはCUDAのx86アーキテクチャへの最適化にほとんど興味がない – アナリスト談

xbitlabs.com Nvidia Hardly Interested in Optimal Performance of CUDA on x86 Processors – Analyst. Despite CUDA x86 Cross-Compiler, Life of Programmers Will Not Get Easier [09/28/2010 07:49 PM] by Anton Shilov より。

nVidiaはCUDAのx86アーキテクチャへの最適化にほとんど興味がない – アナリスト談

CUDAのx86向けクロスコンパイラに反して、プログラマの生活はより良くはならないだろう。
Anton Shilov
2010年9月28日

nVidiaとPortland Groupは先週nVidia CUDAアーキテクチャからx86へ、又は逆にx86からCUDAへソフトウエアを開発することができる特別なコンパイラを登場させた。これはソフトウエア開発者が彼らのプログラムに広く互換性を保証し、高並列GPUアーキテクチャを活用できることを提案している。だけれども、ソフトウエアメーカの生活はより良くなることはないだろうと、Jon Peddie ResearchのAlex Herreraは語った。

異なるアプリケーションのため、これらにはスーパーコンピュータ分野も含まれるが、より高い性能を照らす光明があるにもかかわらずATI RadeonやnVidia Geforceのようなグラフィクスプロセッサのために作り直されることはない多くの理由がある。主な理由の一つは、これまでも使われているレガシーなコードがあり、既に業務で使用されているためほとんどど捨てることができない。コンパイラはPGIとnVidiaが共同でソフトウエア開発者にCUDAベースのソフトウエアをx86プラットフォームにアプローチすることでテストしてもらいたがっており、信頼度を測ってもらいたがっている。それにもかかわらず、十分に安定して動作しているが、CUDAベースのソフトウエアのx86アーキテクチャでの性能はほとんど最適化されていない、とHerrera氏は主張している。

GPUベースのnVidia PhysXがそうであるようにCUDAもまたSSE2等のSIMDインストラクションをサポートしていない。新しいコンパイラはAMD BulldozerやIntel Sandy Bridgeマイクロプロセッサで使われる予定のAVXのようなものもサポートしないだろう。その結果、アプリケーションソフトウエアはx86プラットフォームでは最高性能を発揮できないだろ。

「x86で動作するCUDAはCUDAを使用しないでx86アーキテクチャに最適化されたアプリケーションソフトより遅くなるだろう。そしてx86で動作するCUDAアプリケーションやFermiで動作するアプリケーションを動作させる開発者は、最初に簡便に最適化できるCUDA無しのx86プラットフォームのほうが他のCUDAベースのアプリケーションよりも速く動作するのを目撃するだろう。より大きな性能向上によるベンチマーク数値はnVidiaが多くの浮動小数点演算を多用するアプリケーションソフトウエアでCPUよりもGPUのほうがより速いと宣伝する目的で使用されるだろう。」とアナリストは語った。

最後に、特定の目的および一般向け商用ソフトウエアの設計者は異なるハードウエアのために異なるコードを実装する必要が出てくるだろうし、いくつかは既に行われている。


開発側の負担が大きくなるだけで誰も得をしないということだな、nVidiaのCUDAは。あくまでも宣伝用でしか無いと。

AMDの次世代GPU Radeon HD6000シリーズのローンチが遅延し、その間にnVidiaはGPU価格を更に下げる

digitimes.com AMD to delay the launch of Radeon HD 6000 series, while Nvidia drops GPU price Monica Chen, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES [Tuesday 28 September 2010] より。

AMDは次世代GPUであるRadeon HD6000シリーズ(Southern Islands)のローンチスケジュールを当初の2010年10月12日から11月に延期したとの情報がグラフィクスカード市場から伝えられた。

複数のニュースソースは、このチャンスを捉えてnVidiaは新しいエントリー向けGPUを10月に既存のGPU価格より切り下げてローンチし市場シェアを取り戻す意向である。

AMDとnVidiaの双方は自身のGPU製品のローンチスケジュールについてコメントを拒否している。

TSMCがGPU向け32nmプロセスのR&Dをスキップし、直接28nmプロセスのR&Dを行うため、AMDは自身の計画を修正し新しいRadeon HD6000シリーズを40nmに合わせて継続することを決定した。だがそのため新GPUの構造とプロセスは既存のHD5000シリーズに近いと市場関係者は新製品は少し保守的な製品になると語っている。

その反応に対し、nVidiaは新しいエントリー向けGPUであるGeforce GT430を10月にローンチする計画であり、Geforce GT220およびGTX460 768MBグラフィクスカードの価格を切り下げることにした。

—-
nVidiaは誰得なGPUカードの価格を下げるんだなw

更新2010年10月2日

dititimesから記事が。2010年10月19日台湾で開催されるAMD’s Technical Forum and Exhibition 2010 でRadeon HD6000シリーズが公開されるとのこと。ここの記事はなんか玉石の差が大きすぎるな。

うわさ AMDの次世代GPU Radeon HD6700とHD6800のスペック表がリーク – 予想以上の性能向上を実現?

vr-zone.com UPDATED: [Rumour] AMD Radeon HD 6700 Specification Chart leaked Published on Monday, September 27 2010 1:19 am by Sub より。

噂 AMD RadeonHD6700のスペック表がリーク

PCinlifeフォーラムメンバーがRadeon HD5700シリーズと比較する目的のため登場予定のHD6700/HD6800のスペック表をリークした。最新のリーク情報はHD5700シリーズから激しくアップグレードされることを伺わせており、コードネーム「Barts XT」HD6770の特徴は320個の4VLIWシェーダクラスタで1280ストリームプロセッサ(SP)となる。特徴はHD5870と同じく256bitメモリインターフェース及び32レンダーアウトプットパイプライン(ROP)が特徴で、逆にTMUは80から46に減っている。コアクロックはとてつもなく高い900MHzで、これまでのディスクリートGPUで最も速いクロックスピードとなる。メモリクロックとメモリ帯域はHD5870に比べ下げられており、134.4GB/secとなる。「Barts Pro」HD6750は280シェーダクラスタ、もしくは1120SPで56TMUでクロックスピードはより下げられて750MHzであるが、メモリスピードは1GHzからたった50MHzしか下げられていない。ついでにクロックスピードはHD5850と同じである。

この表はまた「Barts」コアのSIMD構造についての詳細を暴露している。「Evergreen」シリーズのSIMDは16個の5VLIWシェーダクラスタで5シェーダが接続されており、トータルで80SPであった。それぞれのSIMDはまた4TMUにつながれていた。最上位製品である「Cypress XT」HD5870はまた20SIMD、320クラスタで1600SPおよび80TMUであった。最初のメジャーな変更点は、既に広く知られているが、それぞれのシェーダクラスタ構造である。いまや4シェーダしかない。だけれども、それぞれのクラスタは現在より効率的になっており、少ないダイサイズ中の面積にこれまでと同じかより向上した性能を実現する。それぞれのSIMDユニット数は現在奇妙にも20個の4VLIWクラスタからなる(通常ならば8・16・32…という数字が予想される)SIMDユニットあたりのトータルシェーダ数は同じ80異なるが、彼らは異なる改良を行なっており、故に「Barts XT」は64TMUを特徴としている。もしこれらのスペック表が本物だとしたら、HD6770は確実にHD5850の息の根を止める結果となり、最近の噂のとおり、性能はHD5870に非常に近くなる。これだけの効果のあるシェーダークラスターに感謝し、これらの性能全てが現在の「Cypress」より同じ40nmプロセスでの製造にかかわらず低消費電力でかつ小さなダイサイズで達成されることになる。これらの噂が本当か否かにかかわらず「マイナーな改善」という噂からとてつもなく大きな性能向上である。

もちろん、これらのリーク情報が非常に大きな塩の塊であるということを覚えていく事に価値はある。前の噂では960SP及び1120SPであるという内容であった。現在私たちはまた1280SPというリーク情報を受け取っている。明らかなのはこれらの全てが真実であるということは無く、もしくは全て嘘であるかもしれない。だがもしこれらのスペック表が偽物でも、よくできた噂であり口にするには丁度良い噂ではある。

参照元 PCinlife

更新

ChiphellのNapoleonにより、同じ表のフルバージョンがリークされた。二つの表は異なる情報元からでているが酷似しており、先程の情報源に比べこの表は確実性が非常に高い。フルバージョンの表では更に消費電力について詳細が記載されている。HD6770の消費電力はHD5700より上でHD5850より下であり、ほとんどのGPUを軽くけちらすだろう。HD6770は146W TDPであり、HD6750は丁度良い116Wである。アイドル時の消費電力はそれぞれ23Wと20Wである。このことはHD6770の消費電力は150W以下であり、二つのPCI Express電源コネクタであると考えるのが妥当であり、HD6750は一つだけであると簡単に推測できる。