Ubuntu Linux 10.04 Lucid LynxとAsus M2A-VMでlm-sensorsを利用する。

以前Ubuntu Linux 9.10でAsus M2A-VM (AMD 690G + SB600) を利用した際に、CPUやマザーボードの温度・ファン速度・電圧などを表示するlm-sensorsがバグのため動作しなかった。

理由はACPIのI/Oマップがセンサー読み取りI/Oマップと衝突してしまうという問題だが、回避策としてカーネルパラメータに、

acpi_enforce_resources=lax

という文字列をgrub経由でカーネルに渡してやる必要があった。ただしデスクトップ利用の場合はファイルコピー等I/O処理に負荷をかけるとマウスやキーボード、画面表示のレスポンスがかくついて悪くなる副作用が出た。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxではカーネルバージョンとlm-sensorsのバージョンも上がりバグは修正されているとのことなので早速試した。

カーネルは2.6.32-23-preenmpt、lm-sensorsは3.1.2 (2010-02-02)を使用した。

ここからは非常に長いので飛ばして最後のみ読んでもらっても良い。

(さらに…)