Ubuntu Linux 10.04 Lucid LynxのLinuxカーネル kernel-ppa mainline 2.6.36 2010年9月8日版でOracle Virtualbox 3.2.8を動作させる。

Ubuntu Linux 10.04のkernel-ppaに、Maverick Meeakat用のカーネル2.6.36のdebパッケージがアップされていたのだが、Oracle Virtualbox 3.2.8のkernel moduleのコンパイルに失敗する。実際に動作させる方法を備忘録としてメモする。

1. Oracle Virtualbox 3.2.8をインストールする。

Oracle Virtualbox公式ページからLinuxホスト用バイナリパッケージを参照してインストール。

2. Linux カーネル 2.3.36をインストールする。

http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/daily/

.debファイルをクリックしてカーネルイメージとヘッダファイルをインストールする。ヘッダファイルはgeneric -> amd64の順番でインストール。

3. Virtualbox 3.2.8の修正パッチをあてる。

http://permalink.gmane.org/gmane.comp.emulators.virtualbox.devel/3134

上記のページ下部からAttachment (diff_vboxnetadp_vbox_3.2.8_linux_2.6.36) 3134-001.bin をダウンロードしておく。

$ sudo -s

$ cd /usr/share/virtualbox/src/vboxnetadp

$ patch -p0 < /ダウンロードしておいたディレクトリ/3134-001.bin

$ /etc/init.d/vboxdrv setup

これでモジュールが正常にコンパイル完了。

実はVMware Player 3.1を2.6.36で動作させることができなかったので乗り換えたw。しばらくすればVirtualboxのアップデートでパッチを充てなくても済むようになるだろう。あとGuestOSがWindowsVIstaやWindows7の場合サウンドドライバが見つからず音が出ないが、realteck.com.twあたりからAC97コーデックドライバをダウンロードしインストールすると音がなる。

Ubuntu Linux kernel-ppaにLinuxカーネル2.6.36が登場

http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/daily/ より。

Ubuntu linux 10.10 Maverick Meeakat用Linuxカーネルバージョン2.6.36がdebパッケージでダウンロード可能。

現在linux-headersと共にインストール中。

changelogはkernel.orgから読んで。

更新

カーネルバージョンアップデート後正常に起動し、xorg-edgers Radeonドライバも問題なく動作。ただしVirutalbox-oseは起動するが、vmware-playerは例のごとくiommc.cで関数名の書き換えが必要かつvmware起動毎にカーネルモジュールを再コンパイルする現象が発生したので2.6.36の使用は一旦終了。