Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meerkatベータ版のレビュー

journal.mycom.co.jp 【レビュー】 Maverick Meerkatはどこまで型破りか!? Ubuntu 10.10をベータ版で試す 2010/09/13 佐々木宣文 より。

主な変更点は下記の通り。

  • インストーラのUIが変更。テーマは引き続きUbuntu Linux 10.04のLightが使用されているが修正される可能性あり。
  • Linuxカーネルバージョンは2.6.35。
  • GNOME 2.31
  • Btrfsのサポート(標準はext4)
  • Ubuntuソフトウェアセンターの改善
  • 標準の写真管理ツールをShotwellに
  • Evolution 2.30.2の採用
  • マイクロブログクライアントGwibberの改善
  • サウンドインジゲータにRhythmboxのコントロール機能を拡張
  • Ubuntu Oneの使いやすさを向上

個人的にはBtrFSが利用できるようになることでバグの洗い出しが一気に進むのではと期待している。XFSはstack overflow問題が解決できそうにないし、ext4は当分16TiB以上のストレージは作れそうにないし、Redhat GFS・GFS2は大げさだしね。BtrFSのLVMのような動的容量変更がファイルシステムレベルで可能な点、16TiB以上のストレージを扱える点が気に入っている。SSD対応やRAID機能はあまり重視していない。

広告

Linuxカーネル2.6.35がリリースされる。ネットワーク負荷軽減機構やH.264ハードウェアデコードサポート

sourceforge.jp Linuxカーネル2.6.35リリース、ネットワーク負荷軽減機構やH.264ハードウェアデコードなどをサポート

linuxfoundation.jp Linux Weather Forecast より。

新しいLinux カーネル 2.6.35の新機能は主に下記の通り。

  • マルチCPU環境でネットワークスループットを向上させる「Receive Packet Steering(RPS)」および「Receive Flow Steering(RFS)」サポート。なお性能がアップするのは8コア以上からなので個人向けへの影響は今後だろう。
    http://lwn.net/Articles/328339/によると下記のとおり性能がアップ。

    • tg3 on 8 core Intel
      Without RPS: 90K tps at 34% CPU
      With RPS: 285K tps at 70% CPU
    • e1000 on 8 core Intel
      Without RPS: 90K tps at 34% CPU
      With RPS: 292K tps at 66% CPU
    • foredeth on 16 core AMD
      Without RPS: 117K tps at 10% CPU
      With RPS: 327K tps at 29% CPU
    • bnx2x on 16 core AMD
      Single queue without RPS: 139K tps at 17% CPU
      Single queue with RPS: 352K tps at 30% CPU
      Multi queue (1 queues per CPU) 204K tps at 12% CPU
      _
  • SGI開発のカーネルデバッグツール「KDB」の追加
  • メモリの断片化を軽減する「Memory compaction」の追加。使用中のメモリページを連続した大きなページに移動することでメモリ使用効率の改善を図るというもの。近年の大容量メモリ搭載システム向け。
  • カーネルモードセットドライバの改善。IntelのG45チップセットなどが備えるH.264およびVC-1デコード機能、Radeonドライバの各種改良など。
  • Btrfsでファイルシステムのキャッシュを通さずに直接I/Oを行う「Direct I/O」をサポート
  • xfsでI/Oが大量に発生した際の遅延ロギングのサポート
  • perfコマンドの改良
  • multiple multicast route tablesのサポート
  • L2TP Version 3(RFC 3931)のサポート
  • ST-Ericssonのモデムで利用されているCommunication CPU to Application CPU Interface(CAIF)プロトコルのサポート
  • ACPI Platform Error Interfaceのサポート(先日のUbuntu Linux 10.10 Maverick Meeakatのニュース参照)
  • Linux Software RAIDのRAID0⇔RAID10,RAID4,RAID5の引継ぎが可能になった。ただしRAID6については記述なし。
  • AMDの新CPU PhenomII X6 1090Tなどで採用された動作コアを減らす代わりに動作クロックを上げる「Turbo CORE」対応のCPUでpowernow-k8の「Turbo Boost」制御が可能となる。

2010年8月2日現在Ubuntu Linux kernel-ppa mainlineには2010年7月31日ビルドバージョンがある。

Linux kernel Changelog 2.6.35の解説は下記のページを参照。

http://kernelnewbies.org/Linux_2_6_35

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのppa xorg-edgerドライバの更新頻度が増えている

7月の終りからUbuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのppa xorg-edgerドライバの更新頻度が増えている。

Ubuntu Linux 10.10 Maverick MeeakatのリリースやLinux kernel 2.6.35の正式リリースに合わせてX.org本体のアップデート作業が山場を迎えているのかもしれない。

そういえばxorg-edger Radeonドライバの導入方法をメモしていなかった。

詳しくはwiki.cchtml.comを参照。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid LynxのRadeonドライバは下記の通りで導入可能。

$ sudo add-apt-repository ppa:xorg-edgers/ppa
$ sudo apt-get update

以上。あとX.orgのRadeon、RadeonHDドライバの開発進捗状況は下記ページを参照。

Ubuntu Linux 10.04 + ASUS M2A-VMマシンが暑さでメモリが熱暴走

ここ最近Ubuntu Linuxマシンが突然フリーズする現象に襲われていた。規則性などは特になく突然である。

syslogを読んでもフリーズ前のログに不審な点はなかった。ただ一度だけフリーズする前にPCI Expressに接続しているデバイス全てでタイムアウトエラーを記録していた。

そこでLinuxカーネルのバージョンを2.6.31-21から2.6.32-23や2.6.35-rc2などいろいろ試したがフリーズ現象は変わらず。CPUかチップセットの熱暴走を疑ってPhenom X4 9750やAMD 690G、SB600に風が行き渡るようPCファンを設置したが現象は変わらず。

最後にDDR2-800MHz 2GB×2、1GB×2のメモリにファンで冷却するとフリーズ現象はピタリと止まった。

暑さでコンピュータが不安定な場合CPUやチップセット、増設ボードのみでなくメモリ冷却も気をつけてみるといいかも。

なおJetway MA3-79GDG COMBO/D + PhenomII X4 955BE@3.7GHz 1.4750v + Radeon HD4850 マシンはGPUボードの排熱がCreative Audigyに伝わり再起動がかかったw

ケース側面のカバーを外すと安定動作。本当に趣味のPCいじりは熱との戦いだ。

Linuxカーネル 2.6.35フィックスまでもう少し

gihyo.jp Linux Daily Topics 2010年7月9日 カーネル2.6.35のフィックスは秒読み? Linus氏休暇中も開発は進む より。

linuxカーネルの2.6.35 RCのバグフィクスが順調なようで、もう少しするとリリースされそうとのこと。

Ubuntu Linux 10.10に間に合いそう。

Ubuntu 10.04 Lucid Lynxのカーネルバージョンアップ 2.6.35-999.201007011005

http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/daily/2010-07-01-maverick/

より。

先日 Ubuntu Linux のカーネルを2.6.32-23-preempt にアップデートした。今度はethernetコントローラーモジュールでsyslogにOopsと表示されてフリーズしてしまった。

そこでkernel-ppa/mainlineの2010年7月1日ビルドのカーネル2.6.35-999.201007011005をインストール。しばらく様子を見る。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのカーネルバージョン2.6.35でVMware PlayerのVMMonのコンパイルでエラーが発生

カーネルバージョンアップの後、VMware Player 3.0.1のモジュールコンパイルが始まったが、VMMonのコンパイル時にエラーが発生する。

ネットを検索すると、VMware vmmon compilation issues on 64-bit kernel 2.6.35 という記事を発見。

どうやらiommu.c内のiommu_map_range と iommu_unmap_rangeの関数名が iommu_map と iommu_unmap へ変更になったようだ。リンク先の記事を参考にvmmonモジュールを書き換える。

$ cd /tmp
$ tar xvf /usr/lib/vmware/modules/source/vmmon.tar -C /tmp
$ perl -pi -e 's,_range,,' vmmon-only/linux/iommu.c
$ sudo tar cvf /usr/lib/vmware/modules/source/vmmon.tar vmmon-only

その後 vmplayer を起動すると、モジュールコンパイル&インストール確認ダイアログが表示されるのでinstallを選んで実行。

無事完了しVMware Player 3.0.1が起動した。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxのカーネルを2.6.35-dailyにバージョンアップ

以前カーネルのバージョンアップを行なったが、Ubuntu Linux 標準カーネル2.6.32ではPromise Supertrack ex8350のデバイスドライバstexでセグメントフォルトで動作しなかった。そのためUbuntu Linux 9.10のカーネル2.6.32-21を利用していた。

そろそろ改善されたかと思い、Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx次期バージョン10.10 Maverick Meerkatのデイリーカーネルをインストールする。

カーネルパッケージはkernel-ppa/mainline/daily/2010-06-15-maverick/ から。amd64イメージとヘッダーをインストールした。

アップデート後に再起動したがstexドライバはしばらくしたらsyslogに大量にread failerを吐き出す。まだダメのようだ。もしかして既にメンテナンスされていない?

※カーネルをバージョン2.6.32以上にするとハードディスクのデバイスディレクトリが大幅に入れ替わってしまう現象は相変わらず。(/dev/sda -> /dev/sdi)