Ubuntu Linux 11.04 Natty Narwhal へのアップグレード失敗について

日本時間の4月28日夜にUbuntu Linux 11.04 Natty Narwhal のダウンロード及びアップグレードが可能になったとの通知がupdate-manager経由で知った。早速update-managerを利用しアップデートしたが、

An unresolvable problem occurred while calculating the upgrade: E:Error, pkgProblemResolver::Resolve generated breaks, this may be caused by held packages.

というメッセージと共にアップデートが中断する。作業のログは /var/log/dist-upgrade/ 以下にディレクトリが作成されるので、apt.logというファイルを確認する。

  • xserver-xorg関連で大量に「Broken xserver-xorg-core:amd64 Breaks on xserver-xorg-video-8 [ amd64 ] < none > ( none )」などのメッセージが記録されている。

xorg-edgersのppaを利用しているせいだろう。次の作業を行う。

  1. sudo aptitude install ppa-purge
  2. sudo ppa-purge xorg-edgers
  3. sudo aptitude remove libdrm-* libgl1*
  4. sudo aptitude update
  5. sudo aptitude upgrade
  6. sudo do-release-upgrade

これで無事アップデート処理が開始された。

広告

Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meeakat のアップデート失敗 – その後復旧

Ubuntu Linux 10.04から10.10にupdate-managerでアップデートを実行したが失敗した(スクリプトエラーを表示したままフリーズ)。その結果起動自体しなくなってしまった。

とりあえずシステムとデータの復旧は成功したので一安心。備忘録として手順をまとめておく。

  1. Ubuntu Linux 10.10のCDイメージをダウンロードしCD-Rに記録する。
  2. CDから起動後、通常のインストールに進み、partitionorの段階で既存のディスクにルートディレクトリとスワップ領域を割り当てる。
  3. Alt+ctrl+F2でコンソールを切り替え、/etcと/homeを別ディスクにバックアップする。
  4. またAlt+ctrl+F1でpartitionorに戻り、「パーティションをフォーマットしない」を選択する。すると/binや/sbin、/etcなどを削除するけど良いかと確認してくるのでOKする。
  5. しばらくインストールしリスタート。
  6. 無事起動するがRAIDやLVM設定ファイル等/etcディレクトリが標準に戻ってしまうので、ログイン後バックアップディスクからコピーする。
  7. 再び再起動すると起動時にRAIDやLVMパーティションを認識しfstabの記述通りにマウントする。
  8. 日本語パッケージのリポジトリなどを登録する。
  9. あとは足りないアプリケーションソフトウエアを追加インストールして完了。

さてASUS M2A-VMの環境で変化した点は、xorg Radeonデバイスドライバでcompiz-fusionが有効になるが、1920×1440以上の解像度では画面右端の表示が乱れる現象である。metacityでは発生しないのでmesa-driかxserver-xorg-video-radeonかどちらかの問題であろう。

 

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxで運用中のRAID6ユニットが3つ以上Faultした。その後復旧。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynxで運用中のRAID6のデバイスが3つ以上Faultしてしまい動作しなくなくなった。

  • まず mdadm -QE  -scan を実行してmetadataから読み出しが可能か確認。なおハードディスクは10台でRAID6構築。
  • 読み出しはOKだが、mdadm –run /dev/md0 ではInput/Output Errorと表示されて動作しない。
  • cat /proc/mdstat でも/dev/md0は表示されない。
  • mdadm -A /dev/md0 -u UUID値 –run –force で強制的に動作させてもダメ。
  • mdadm -A /dev/md0 /dev/sd[klmnopqrst]1 で更に強制的に動作させても、3つ以上のユニットデバイスがremoved状態で一つがspare状態で復旧しない。
  • 基本に戻って https://raid.wiki.kernel.org/index.php/Linux_Raid を読み直す。
  • https://raid.wiki.kernel.org/index.php/RAID_Recovery に記載されている「Don’t Panic」を心に刻むw
  • https://raid.wiki.kernel.org/index.php/Reconstruction に記載されているmdstat –assemble –force /dev/md0 を実行。
  • すると、cat /proc/mdstat で/dev/md0の情報が表示された。
  • どうやら3つのブロックデバイスが removedになって再構築ができない様だ。
  • 3wareの3dm2をつかってハードディスクの情報をsudo tw_cli /cX showで表示すると4つのデバイスが「Not Presents」と表示されている。どうやらケーブル関連のようだ
  • マシンを停止して、ハードディスクとRAIDボードのケーブルをいくつか交換する。
  • 再起動するとこれまで通り/dev/md0は動作しない。
  • そして mdadm –assemble –force /dev/md0 を打ち込むと、なんとcat /proc/mdstatで/dev/md0デバイスがactiveとなり、Recovery(復旧)モードになった。
  • そのまま現在Recoveryモードで復旧中。
  • なおmountでちゃんとマウントOKである。

これにて復旧終了。3時間かかった。Recovery完了までは5日程度で完了予定。

うわさ ZFSのNative Linux moduleをインドの会社が2010年9月にリリースする?

phoronix.com Native ZFS Is Coming To Linux Next Month Published on August 27, 2010 Written by Michael Larabel より。

概要として、

  • Sun microsystems(現Oracle)がSolaris用に開発していたZFSが来月にはLinuxでNativeで動作するかも。
  • ZFSはSolarisの他に、OpenSolaris FreeBSD NetBSDにCDDLライセンスで提供されている。
  • だが、CDDLはLinuxカーネルのGNU GPLと相容れないためmainline kernelに統合はできなかった。
  • だけど2010年9月にはZFS moduleとしてFUSE無しで公にリリースされるだろう。
  • FUSEはユーザサイドでファイルシステムを動作させる際に有用で、既にZFS on FUSEがLinux向けに提供されている。
  • だがZFS on FUSEは性能面でどうしても劣ってしまう。
  • ちなみにアメリカのローレンスリバモア国立研究所ではLinuxのZFS Naitve実装されたポートがあるが、オープンソースではない。
  • KQ Infotechというインドの会社がNative ZFS Linux moduleを開発している。
  • このKQ InfotechはCDDLのZFSコードを単純にLinuxに移植している。
  • まだOracleからは法的な面の追求は行なっていない様。
  • ローレンスリバモア国立研究所のポートとは異なり、KQ InfotechのZFSバージョンは、ZFS Pool 18である。これはdeduplicationサポートなどは無い。
  • KQ Infotechはまた2010年9月15日前後にソースコードをリリースするとしている。
  • 対応バージョンは64bitのみ。Fedra12及びRed Hat Enterprise Linux 6 Beta 2向けのRPMも提供する。
  • Ubuntu Linux 10.04 LTSもサポートされるが、カーネルのコンパイルから始める必要がある。
  • 最後にZFSをLinux moduleで動作させることは法的に衝突する運命であり、使用に制限がある。KQ Infotechのソースはディストリビューションベンダーには採用されないだろう。
  • KQ Infotechには新しいZFS Pool 21以上に対応させるかどうかはっきりとしない。
  • 数年後にはBtrFS(Oracle開発)などのZFSと競合する次世代ファイルシステムが登場するだろう。

—-
危なくて使えねぇ…。

Ubuntu Linux 10.04.1 Lucid Lynx + ASUS M2A-VM + Dell U2711液晶モニタでGnome-Panel表示が正常になった。

Ubuntu Linux 10.04 Lucid Lynx + Dell U2711液晶モニタで2560×1440 pixelsの解像度で、Gnomeデスクトップ上のGnome-Panel表示が正常に描画されない問題は、アップデートにより正常に描画されるようになった。

  • 2010年8月17日付のUbuntu Linux 10.04.1ポイントリリース版
  • Linuxカーネルは2.6.32-24-preempt
  • 2010年8月23日付のxorg-edgers Radeonドライバ

これで毎回ログイン時にGnome-Panel上で「プロパティ」から位置を変更し手動で再描画させなくても良くなったので楽になった。

Ubuntu Linux kernel-ppaにLinuxカーネル2.6.36が登場

http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/daily/ より。

Ubuntu linux 10.10 Maverick Meeakat用Linuxカーネルバージョン2.6.36がdebパッケージでダウンロード可能。

現在linux-headersと共にインストール中。

changelogはkernel.orgから読んで。

更新

カーネルバージョンアップデート後正常に起動し、xorg-edgers Radeonドライバも問題なく動作。ただしVirutalbox-oseは起動するが、vmware-playerは例のごとくiommc.cで関数名の書き換えが必要かつvmware起動毎にカーネルモジュールを再コンパイルする現象が発生したので2.6.36の使用は一旦終了。

Ubunu Linux 10.04 Lucid LynxのLinuxカーネルのセキュリティアップデート2.6.32-24.41がきた

Ubunu Linux 10.04 Lucid LynxのLinuxカーネルのセキュリティアップデート2.6.32-24.39が、アップデートマネージャで2.6-32-24.41にアップデート可能。

その他xorg-edgersのxserver-xorg-video-radeonやmesa-driなどもアップデートが来ている。

ブラウザ Opera10.61 Linux版登場

opera.com よりダウンロード可能。Ubuntu Linux用.debパッケージもダウンロード可能。インストール後はメニューが正常に日本語表示される。ただしまだフォント設定が甘いのでこのあたりは各自でCSSを書き換えた方が良いだろう。

今まで問題であったibus-mozc等ibusでの日本語入力が可能になっている。この記事は実際Opera10.61 Ubuntu Linux版から掲載。

ただしYoutube等Flashプラグインも動作するが、amd64版ではoperapluginwrapper-nativeがopera起動時にsyslogに大量にSegment Faultログを吐き出す。

本日8月17日はUbuntu Linux 10.04.1 のポイントリリースの日だよね? ようやく来た

前回Ubuntu Linuxのポイントアップデートのアナウンスでは8月12日だったが、コメントされた方に17日に延期されたことを教えてもらった。ありがとうございます。

今日8月17日の深夜以降にUbuntu Linuxのアップデートマネージャーで10.04.1にアップデート可能になるか?

更新 8月18日

どうやらちゃんとアップデートが来たようだ。libc6を含むアップデート実施中。

更新 8月22日

ubuntu.comにUbuntu Linux 10.04.1ポイントリリースのchangelogが掲載されたが…長すぎるw

AMDがOpenCL 1.1に対応した ATI Stream SDK v2.2配布開始

tcmagazine.com AMD delivers ATI Stream SDK v2.2 with OpenCL 1.1 support より。

Intelの発表に合わせて、AMDもOpenCL 1.1に対応したライブラリ ATI Stream SDK v2.2の配布を開始した模様。

概要は下記の通り。

  • OpenCL1.1に対応したATI Stream v2.2は、音声認識、ジェスチャー、表情認識技術など次世代コンピューティングエクスペリエンスに貢献する。
  • また将来AMD Fusion APUと統合し利用することが可能

OpenCL1.1に合わせて、SDKのアップデートした内容は下記の通り。

  • 対応OSを拡張。Ubuntu Linux 10.04やRed Hat Enterprise Linux 5.5が含まれる。
  • SSE2.xかそれ以降を搭載したx86CPUに対応し、CPUの多様性に対応。
  • LinuxやWindowsのコンパイラサポートの追加として、GNU Compiler Collection 4.1以降、Microsoft Visual Studio 2010 Professional Edition、Minimalist GNU(4.4) for Windows(MinGW)である。
  • Single-channelフォーマットのサポートで、GPU上のキャッシュへのアクセスがより柔軟になる。
  • OpenCLとDirectX10との相互運用性により、ユーザが結果をディスプレイで確認したい際の使い勝手を高める。
  • HPCや科学計算分野アプリケーションで有用なOpenCLカーネルでの倍精度浮動小数点演算サポートの追加

ATI Stream SDK v2.2のダウンロードはこちらのページから。

これまで常であったAMDのソフトウエア関連サポートの不備が改善されつつある。OpenCLとの相互運用性というのはnVidia CUDAよりも有用そうである。ATI Stream SDK自身の品質は今後の報告待ちか。