Ubuntu 11.10 Oneiric Ocelot で PT2キャラクタデバイス版ドライバを使う

Ubuntu 11.10 Oneiric Ocelot にて PT2録画サーバを構築する際には、カーネルバージョンに注意する必要がある。

インストールの流れなどは別サイトの解説を参照してもらうとして、PT2キャラクタデバイス版ドライバのコンパイルに焦点を当てる。

新BSチャンネル対応パッチを当てたアーカイブ

下記サイトからPT2デバイスドライバと新BS対応recpt1、新BS対応epgdumpr2、新BSチャンネル対応epgrecがダウンロードできる。

http://sourceforge.jp/projects/epgrec/releases/?package_id=12517

pcsc ICカードリーダ関連

Ubuntu 11.04にパッケージされたICカードリーダ関連はB-CASカードの読み取りに不具合を抱えており、Ubuntu 10.10からのバックポートが必要だったが、Ubuntu 11.10では標準パッケージで動作するようになった。

PT2キャラクタデバイス版ドライバの修正

Ubuntu 11.10 ではカーネル 3.0.0-12が採用されており、BKLが排除されているため修正が必要。

※上記サイトからも新カーネル対応PT2ドライバをダウンロード可能

下記解説サイトでソースコードのダウンロードを行う。

http://baalzephon.dyndns.org/tech/index.php?Linux%2F%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E9%96%A2%E9%80%A3%2FPT2

driver/pt1_pci.c を修正するが、spinlockを使用するように修正したソースをおいておく。なおカーネル3.0.0以上でしか動作しないので注意。

前述のPT2デバイスドライバのソースに上書きしてmakeするとよい。下記においておく。

(さらに…)