Ubuntu Linux 11.04 Natty Narwhalでサウンドハウス CLASIC PRO / UPS1200LXを動作させる

先日紆余曲折はあったが、Ubuntu Linux 11.04 Natty Narwhalへのアップグレードは無事完了した。新ランチャのUnity desktopはGNOMEアプリケーションとの連携が数多く不具合を抱えているが、新しいUIということで今後に期待している。

一番の問題はUbuntu Linux 10.10 Maverick Meeakatでは無停電電源装置(UPS)であるサウンドハウス CLASIC PRO / UPS1200LXNetwork UPS Tools(NUT)利用していた(参照記事)が、動作しなくなった。

従来の/etc/nut/ups.confをまずは確認。

[ups1200lx]
driver = megatec_usb
vendorid = 0001
productid = 0000
subdriver = krauler
desc = “SoundHouse CLASSIC PRO UPS 1200LX”
port = /dev/usb/hiddenv0

どうやらNUTのバージョンアップによりドライバ名が変わったようだ。megatec_usbデバイスドライバファイルは/lib/nutに存在しなかった。OEM元はkraulerなので、NUTのページからHardware Compatibility Listを確認すると、ドライバ名が blazer_usb に変わっていた。

そこで /etc/nut/ups.conf を書き換える。

[ups1200lx]
driver = blazer_usb
vendorid = 0001
productid = 0000
subdriver = krauler
desc = “SoundHouse CLASSIC PRO UPS 1200LX”
port = /dev/usb/hiddenv0

書き換えた後、下記のコマンドを実行すると認識した。

  • $ sudo upsdrvctl start ups1200lx

最後に正しくUPSと通信が行われているかを確認。

  • $ upsc
    battery.voltage: 27.60
    battery.voltage.nominal: 24.0
    beeper.status: disabled
    device.mfr:
    device.model: 1200VA
    device.type: ups
    driver.name: blazer_usb
    driver.parameter.pollinterval: 2
    driver.parameter.port: /dev/usb/hiddenv0
    driver.parameter.productid: 0000
    driver.parameter.subdriver: krauler
    driver.parameter.vendorid: 0001
    driver.version: 2.6.0
    driver.version.internal: 0.03
    input.current.nominal: 7.2
    input.frequency: 60.0
    input.frequency.nominal: 60
    input.voltage: 98.0
    input.voltage.fault: 0.0
    input.voltage.nominal: 100
    output.voltage: 98.0
    ups.delay.shutdown: 30
    ups.delay.start: 180
    ups.firmware: V6.6
    ups.load: 77
    ups.mfr:
    ups.model: 1200VA
    ups.productid: 0000
    ups.status: OL
    ups.temperature: 29.0
    ups.type: offline / line interactive
    ups.vendorid: 0001

これでUPSの設定は完了。だがこれまで利用していたknutclientはパッケージから外されてしまっていた。別のクライアントを利用する必要がある。

Ubuntu Linux 10.10 Maverick Meeakatでサウンドハウス CLASIC PRO / UPS1200LXを動作させる

久々の掲載。2010年末に自宅のPC環境を刷新した。その際にメインマシンであるUbuntu Linux 10.10 Maverick Meeakatマシンもハードウエアを大幅に入れ替えた。

その際に、容量が大きく入手性の良いUPSを探していたら、Soundhouse CLASSIC PRO / UPS1200LXが見つかった。APCやオムロンなどは仕事でも使用していたので、今回挑戦の意味で購入した。

  • 容量:1200VA
  • 許容電力:720W
  • 運転方式:ラインインタラクティブ方式

容量そのものは良い。

  • ■出力:100V 50Hz/60Hz ±1%(バッテリーモード)
    波形:正弦波(通常時) ステップ波(バックアップ時)

バッテリ駆動時はステップ波だが、APCでも矩形波が多い中比較的信頼性が高いとみた。

  • インターフェース:USB
  • 電源管理ソフトウェア:「UPSilon2000」付属
    ・停電時に自動でPCをシャットダウン
    ・電源異常をメールで通知機能
    ・UPSの状態をモニタリング機能
    ・停電時にファイルを自動的に保存
    ・自己診断機能
    ・スケジュール機能
  • 対応OS:Windows95、NT、98、Me、2000、XP、Vista、Windows 2003 Server、Novell NetWare、Linux、FreeBSD

問題はこの部分。USB接続は良いとして、付属のLinux版UPS管理ソフトウエアのコピーライト表記がなんと1999年である。インストールしてみたが案の定動作せず。

そこで導入したソフトウエアがNetwork UPS Tools(NUT)である。デスクトップクライアントはknutclientを利用した。

インストールは下記のとおり。

$ sudo aptitude install nut knutclient

すると設定ファイルが/etc/nut/以下に作成される。

$ sudo vi /etc/nut/nut.conf

上記ファイル内に” MODE=standalone”を追加。次にupsmon.confで書く時間を設定する。

UPS1200LXとPCの接続が正しく認識されているか確認する。

$ lsusb

Bus 007 Device 002: ID 18ec:3290 Arkmicro Technologies Inc.
Bus 007 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 006 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 005 Device 003: ID 0a12:0001 Cambridge Silicon Radio, Ltd Bluetooth Dongle (HCI mode)
Bus 005 Device 002: ID 04a9:220e Canon, Inc. CanoScan N1240U/LiDE 30
Bus 005 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 004 Device 002: ID 0001:0000 Fry’s Electronics
Bus 004 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 015: ID 0424:4063 Standard Microsystems Corp.
Bus 002 Device 014: ID 0424:2640 Standard Microsystems Corp.
Bus 002 Device 013: ID 0424:2514 Standard Microsystems Corp. USB 2.0 Hub
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

どうやら”Fry’s Electronics”がUPS1200LXのようだ。続いてデバイス情報を調べると/dev/usb/hiddenv0らしい。

そして/etc/nut/ups.confに下記の情報を追加する。

[ups1200lx]
driver = megatec_usb
vendorid = 0001
productid = 0000
subdriver = krauler
desc = “SoundHouse CLASSIC PRO UPS 1200LX”
port = /dev/usb/hiddenv0

NUTを再起動する。

$ sudo /etc/init.d/nut restart

syslogに情報が表示されたら認識成功。knutclientからも認識できる。;