うわさ FacebookがARMベースのサーバを採用した? SemiAccurate.com Charlie Demerjian氏

semiaccurate.com Facebook is the first to jump into ARM servers Tectonic change of our time by Charlie Demerjian August 23, 2010 より。

うわさ Facebookがx86ベースからARMベースサーバへ最初にジャンプした?

概要として、

  • FacebookがオレゴンデータセンターでARMベースアーキテクチャのサーバの置換えを始めた。
  • もしこのうわさが本当なら、ARMベースサーバを置き換え、x86サーバを近くの川に投げ込んでいる。
  • うわさの発端はオースティンにあるSmooth-Stone(※英文)である。SuperMicroにもいくつかのうわさがある。
  • これはARMCPUが「充分早い」と言うことであり、疑問としてはワットパフォーマンス及びスレッドパフォーマンスである。
  • Intel/AMDのx86CPUはより多いスレッドをより多い消費電力で動作させる。
  • スレッドあたりの消費電力は少なくともFacebookのPHPベースシステムではARMでは少なくて済む。
  • だけれどもIntelは愚かに恐怖すると思うのは数多くものXeonCPUが多大な消費電力のために潜在的に置き換えらることでもなく、それはAtomで勝利することでもない。実際彼らはARMインストラクションセットアーキテクチャがライバルであるとは直接答えなかった。
  • もしFacebookの実験が良い結果になるのなら、データセンター内で同じように置き換えが始まり、価格を圧縮するだろう。
  • 実際のところFacebookは実験ではなくARMに移行し、そしてより先見性のある代替品に置き換えるだろう。
  • この事はデータセンター内で変化し、あなたはその結果をまだ見ることはないだろう。

—-

斜め読み失礼。最近噂のARMベースサーバですか。かつてのmipsやSPARCなど様々なCPUがサーバで動作していた時代に回帰する感じだろうか。
なおTransmetaは省電力サーバとして生き残りをはかろうとして失敗したが、AMDの「Bulldozer」アーキテクチャは一般向けは浮動小数点演算を、サーバ向けは整数演算を重視されるようになると予想を立て各演算コアを分離独立して動作するようなモジュールアーキテクチャを採用している。

DirectX 11世代のSLI vs CrossFireX対決 ゲームベンチマーク&消費電力&ノイズレビュー

techreport.com SLI vs. CrossFireX: The DX11 generation We test nearly everything by Scott Wasson — 9:24 PM on August 11, 2010 より。

概要として下記の通り。

  • AMD/ATIとnVidia双方でDirectX11世代へのラインナップが揃いつつある。
  • 各社の中価格帯〜高価格帯のGPUについて検証する。
  • 複数のGPUを同時に動作させてゲームグラフィクスのフレームレートを増加させる技術であるSLIとCrossFireXのゲームベンチマークを行う。
  • ゲームはAliens vs. Predator、Just Cause 2、DiRT 2: DX9・DX11、Battlefield: Bad Company 2、Metro 2033、 Borderlands。
  • 各種解像度と共に、消費電力量とノイズレベルも測定する。
  • 単体GPUに比べて、SLIやCrossFireXは1.7倍〜1.8倍程度フレームレートが上昇する。
  • nVidia製品のアイドル時及びSLI時の消費電力はAMD製品に比べて多い。
  • 特にAMD Radeon HD5000シリーズのアイドル時は単体GPU・CrossFireX時共に優秀。
  • ノイズレベルは圧倒的にnVidia製品が大きい。

ゲームベンチマークに関してはそれぞれ記事を見てもらうとして、Geforce GTX480 SLIの消費電力がゲーム中で678Wと家庭用エアコンの消費電力を上回っているw。さらにシステムノイズがゲーム中で60.4dbと市街地のショッピングモール並みの騒音だよ、おい。

エコキュートで停電

うちはアパート2世帯住宅+太陽光発電+エコキュート(電気温水器)な環境だが、先日深夜23時50分頃突然停電した。

そのとき私はRAIDのオンライン拡張中作業中で、蛍光灯などすべての電気が切れた瞬間5秒ほど思考が固まってしまった。

手探りでLEDライトを工具箱から取り出し家族の安否を確認しつつ電気消費量の高い家電機器を利用しているか、隣家などでも停電かどうか調べた。

  • 街灯は明るく、隣家の窓は明るいのでうちだけ停電している。
  • エアコンは利用しておらず、扇風機とテレビ、PCのみ利用。

状況を認識したあと配電盤を確認する。うちの電灯線契約は30Aだが、個別のブレーカーではなく大本のブレーカースイッチがオフになっていた。

RAIDのことを気にしつつブレーカースイッチをオンにすると部屋の明かりが戻ってきた。元に戻ったは良いが原因がわからないと最悪ショートによる火災発生につながるのでいくつかチェックすると一つ思い当たることがあった。

  • 電気温水器の水量が残り20%だった。

そこで以下の流れを考えてみた。

  1. 電灯線契約と電力会社への売電契約を行なったことにより時間別料金である。
  2. 深夜23時から翌日7時まで通常料金の約半額の電気料金である。
  3. その安い電気料金を利用してエコキュート(電気温水器)はタイマーでお湯を温める。
  4. その日はお湯を大量に使ったためお湯を温める熱量が増え電気量消費が増大した。
  5. それで電灯線容量がオーバーしたためブレーカースイッチが切れた。

エアコンよりも消費電力が高いとはエコキュートはほんとにエコなのかw

ちなみにRAIDのオンライン拡張は無事再開し完了した。